なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『スタイル(스타일) 』見ました


スタイル(스타일)  ☆
SBS,の土日ドラマ、全16話    http://tv.sbs.co.kr/style/

ファッション誌の制作現場を舞台としたドラマ。
d0060962_11423436.jpg

小説が原作のようですが、どうも、原作とはかなり内容が違っているようですね。
小説の主人公はイ・ソギョンだということですが、ドラマの主役はパク・キジャですし、ラブストーリーの部分もまるで違うようです。
ドラマでは、イ・ソギョンの視点でパク・キジャの真の魅力が明かされるという構成になっているのだと思います。(正直、あまり成功しているとは思えませんが)
ということで、このドラマが面白く思えるかどうかは、ヒロインのパク・キジャが素敵に思えるかどうかで決まるんじゃないかなあ。
わたしは最後まで、彼女の魅力は全く分かりませんでした…。

お話の方もねえ。原作小説を安易にドラマむきに変更したんじゃないの?って感じなんですよね。
イ・ソギョンのキャラには一貫性がないし、ウジンに至っては、女ふたりの間をふらふらしちゃうマザコン男になっちゃっていますし。
ウジンを演じるリュ・シウォンさんって、日本でファンの多い人だと思うんですが、ファンの方も、こんなキャラで大丈夫なのかなあ…。
そして、雑誌の特集記事をいろいろ提案するんですが、それも、あまり魅力的とは思えなくって。このあたりも安易に作った感じがしてしまいます。
その上ラストもねえ…。いかにも陳腐なドラマ!
韓国では話題になっていましたし、視聴率も悪くはなかったんですよね。
わたしには、それが全く謎のドラマでした。

それから、このウジン、番組HPを見てもマクロビオティック料理のシェフという設定ですが、ステーキまで出してますからねえ。マクロビオティックという名称を使ってこのドラマを日本で公開すると、面倒なことになりそうな気が…。

では、いつものように、4話までのあらすじを。

イ・ソギョン(イ・ジア)はファッション誌「スタイル」で鬼副編集長パク・キジャ(キム・ヘス)の元で働くアシスタント。
頭に血が上ると、訳がわかんなくなっちゃうタイプ。
昨日も公開辞表なんてて貼り出して帰っちゃったもんだから、朝から大変!
朝一番に出社して、捨てちゃうつもりが、パク・キジャ、早い! 一足違いで読まれてしまって嫌みを言われたあげく、ハイヒールの靴で思いっきり腰を踏まれます。
その上、新しく入ったカメラマン、キム・ミンジュン(イ・ヨンウ)に見とれていて、スーパーモデルの胸にコサージュの針を刺して怪我させてしまい、撮影が中止になっちゃいます。
このキム・ミンジュン、キジャがロンドンから呼び寄せたんだけれど、彼、キジャの恋人だという噂です。
失敗に落ち込んでいる間もなく、ソギョンには、次の仕事が回っています。それは、政治家のク・ヨンジャのインタビューをとること。彼女、若い頃はモデルをしていたんだけれど、今では背広しか着なくって、ドレスなんか、といった感じです。
完璧にガードされているク・ヨンジャを追って、なんとかホテルのパーティ会場に入りこむことに成功したソギョンでしたが、ライバル社の記者と争いになって、痛めた腰を又、痛めてしまいます。
きついジーンズを履いてたから、余計にね。そこに、パーティの料理を担当していたソ・ウジン(リュ・シウォン)が現れ、問答無用でソギョンの腰に針を打つのね。脱げないジーンズをハサミでジョキジョキ切って。頭に来て、文句を言いつつウジンの部屋まで追いかけてきたところで、パク・キジャと遭遇。彼女、社長直々の命令で、ウジンのインタビューを取ろうと、支配人に部屋の中に入れてもらっていたのね。ふたりとも追い出され、キジャは責任を取るにはウジンのインタビューを取れ!、とソギョンに命じます。
オープン準備中のウジンのレストランを訪れ、インタビューを頼むソギョンに、料理のことを知るにはまず、野菜の準備から、と、下働きをやらせるウジン。
翌日も、準備のためのスタッフとしてもパーティについて行くことに。
無事パーティを終え、再びウジンからインタビューの約束を取ろうと奮闘していたソギョンですが、ちょうどその場所にカレ(元カレ?)を発見するの。昨日「時間をおこう」と言ってきたのに、他の女の子と親しげにしているのね。
また、頭に血が上って、野菜を投げつけながら彼を追いかけます。
ソギョンの信じられない行動に困ったウジン、インタビューを受けるから、と言って、無理矢理、店まで連れて帰ります。そして、穀物コーヒーと蓬プリンで落ち着かしていたところに、キジャ、再び登場です。キジャ、編集長から圧力を受けて、自分でインタビューを取りに来たのね。彼女、以前、ニューヨーク時代にウジンのインタビューをしたことがあるみたいで、そのことがどうも悪印象を与えているようです。
でも、結局ウジンは写真付きメイン記事、8ページという条件で受けることになります。ただし、インタビュアーにはソギョンを指名します。
スタッフはウジンの済州島でのイベントに合わせてインタビューに行くことになるのね。これは、スタイルの社長御一行の旅行とも日程を合わせているの。
スタッフを顎で使う編集長と副編集長ですが、社長の前ではもう、彼女の言いなり。次々と無理な要求を叶えなくてはいけません。
インタビューは無事に終え、あとは写真撮影。小さな島に渡って、撮影用の料理の準備をしていましたが、貝が足りなくなってソギョンが浜へ掘りに行きますが、そこで、例のカレがまた、女の子といるところに遭遇!(こんな偶然、アリ?!って感じもするけど)ソギョンは仕事を放り出して、ふたりを追います。
帰ってこないソギョンのせいで、キジャが貝掘りに行きますが、またもやウジンと喧嘩。泥だらけです…。
さて、ようやく正気に戻り、撮影現場に戻ってきたソギョン、こんどは撮影用のジャケットが行方不明です。いくら探しても見つからない…。
キジャを怒らせてしまったソギョンは部屋に帰ることができないで(部屋が確保できなくって、キジャと同室になっちゃったのね)デッキチェアーで夜明かしする態勢です。
それを見かねたウジンが自室のエキストラベッドで休むように言ってくれ、そうするものの、出てくる時にキジャとミンジュンに遭遇。誤解を招いたような感じです。キジャとソギョン、つかみ合いの喧嘩になってプールに落ちちゃいます。
それを見ていたウジンとミンジュン、どちらもキジャに向かって一直線。ソギョンは完璧に眼中に無しって感じです。
ミンジュンは分かるにしても、ウジンは何で~?って感じですよね。あんなに敵対しているのに、気になっているってこと?
結局はウジンの方がキジャを助け、悔しそうなミンジュンです。
写真撮影ができず、暗い気持ちでソウルに戻ってきたスタッフ達ですが、ミンジュンに失くした筈のジャケットをそっと差し出すソギョンの同僚。彼、ジャケットが素敵で、ちょっとだけ借りてみるつもりが、そのまま忘れてしまっていたのね。
ジャケットの件でひどく叱りつけた上に、プールに落ちた彼女を放置したことに対する罪悪感か、ソギョンに靴をプレゼントするミンジュンでしたが、靴売り場でやはり婦人靴を選んでいるウジンとキジャに出くわします。実はウジンもソギョンのために靴を選ぶのに、キジャに助けてもらっているところだったの。
一方、キジャと編集長は社長に呼ばれ、ウジンの記事を差し止めるよう命じます。
自分で命じておいて、自分でやめさせる社長に納得のいかないキジャです。ウジンと社長の間に、何かがある?って感じね。
編集室に戻ると、ウジンの記事をしっかり仕上げろと命じるキジャ。続いて編集長はその記事はストップだと…。
その頃、社内では、ジュリアKというデザイナーのことが話題に。10年ぶりに業界に復帰したのだけれど、スタイル創刊時の主要メンバーだった彼女が干されたのは、スタイルの編集長のせいだったのね。スキャンダルを皮切りに、盗作騒ぎまででっち上げて、失脚させたのは、イ・ヘジョを筆頭広告主に引き上げるため。かなりのお金が動いたようです。
さて、次の編集会議でキジャはウジンの記事と、ジュリアKの記事を並べて編集長に迫ります。
どちらにもストップをかけようとする編集長に、穴を埋められる記事がほかにない、と。
そして、社長に記事の許可を求めます。でも、この記事はもちろん編集長には秘密裏に進められます。
そして、社長とジュリアKとの関係を修復するようにと、ウジンのレストランで両者を引き合わせます。
(同時に社長とウジンの関係も探る魂胆ね)
結局メイン記事はウジンのもの、ジュリアKのもの、イ・ヘジョの広告と、3通り準備されたものの、ウジンの記事で印刷開始!
しかし、刷り上がったものを見ると、ジュリアKの記事が…。
ソギョンは刷り上がったら真っ先にウジンに届けようと、ウジンにプレゼントされた靴を履いて待機していたのに。ソギョンはすでにウジンのことを好きになっている?って感じなのね。
記事が変わっていたのは、ウジンと社長が異母兄弟という事実をつかんだキジャが、最終的に差し替えたためだったのね。ウジンに会いに行って、訳も言わず、ただ謝るソギョンです。
さて、記事を見て驚いたのは社長。ジュリアKの記事の写真のモデルがウジンの母なのね。キジャは辞表を出すことになってしまいます。
でも、そこでつぶされるキジャではありません。イ・ヘジョの元を訪れて、広告の契約料の契約を取ってきてそれを社長へ渡したのね。
結局編集長は研修という名目でパリへ追いやられ、キジャが編集長の仕事を任されることになります。
そして、ウジンの元に一人の老人がやってきます。ウジンのお父さんのようです。で、スタイルを継いでほしいと頼むの。スタイルはウジンのお母さんのために作った雑誌だったようです。
現社長とウジンは異母兄弟なのね。
そんな中、お酒の席で再び出くわしたウジンとキジャはまたもや激しい言い争いを始めたか、と思うと、なんと、そのあとキジャがいきなりウジンにキスしちゃうの。そして、それをソギョンとミンジュンが目撃しちゃいます…。
雑誌は波乱の幕開けの予感がしますし、4人の恋の行方もいったいどこへ? と、こんな感じで始まります。
[PR]
Commented by ルッカ at 2009-09-22 13:10 x
こんにちは。
このドラマ、とても気になってます。
「プラダを着た悪魔」のような感じで、ファッション誌の編集裏を描くのかと。
ただ、視聴率もいまいちのような〜高い評価はいまのところ読んでません。
それなりなのでしょうか。
原作があるとは知りませんでした。「ベートーベンウイルス」のイ・ジアが良かったので彼女のドラマ〜ということで期待はしてたんですけど。
Mnetでは11月から放送ですけど、BS放送に来るまでのんびりと待つつもりです^_^;
参考になりました。
Commented by kirikoro at 2009-09-23 08:29
ルッカさん
そうそう、このドラマは韓国版「プラダを着た悪魔」といったような前評判でしたね。
たしかにファッション雑誌の舞台裏の話なんですが・・・。
視聴率は。、ものすごくよかった訳ではないですが、そこそこだったのではないでしょうか。
イ・ジアちゃん、わたしも彼女の出演ということで期待していたんでよ。キャラもいい感じ!と序盤でも好感触だったんですが、いつの間にか、なんか、キム・ヘスの引立て役、ってかんじになっちゃったんですよ。それも、わたしにとってはこのドラマの残念なところでした…。
by kirikoro | 2009-09-21 11:42 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)