なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『太陽をのみ込め(태양을 삼켜라)』見終りました 


太陽を飲み込め(태양을 삼켜라)   ☆☆☆☆

水木ドラマ、全25話。
オールイン2との前評判だったんですが、こちらはぐんと現代的。
何がいいって、俳優たちの表情が多様な内面を表わしているような、人間に厚みのあるドラマでした。
不幸な生い立ちの青年の愛と復讐と夢の物語ってところかしらん。
d0060962_19503733.jpg

過去にも書いたように、わたしにとってはチソンの魅力に目覚めたドラマだったんですが、もう一人、魅力を感じた人物がいるんですね。
それはチョン・グァンリョルさん(朱蒙のクムワ王の人ね)の演じるチャン・ミノ。悪役なんですが、スケールの大きさを感じる悪役なんですね。
もう、この二人の表情を見ているだけで、満足感が…。
他の人もいいんですよ。ソン・ユリもいつの間にか、すっかりおとなの女が演じられる女優さんになっていますしね。
チソン×ソン・ユリのラブストーリーの部分は分量的には多くないんですが、なかなかロマンチックでいい雰囲気だったし。

また、映像もすごくいいんです。(またそれか、と言われそうですが)わたしのかつて愛したファイナルファンタジーを思い出すような、ロマンチックで壮大な感じのする場所のロケが多用されています。

お話もスピーディでありつつ、各人の内面がしっかりと読み取れたのは役者さんの表情演技の力による部分も大きいと思いますが、話自体もなかなか良いと思いましたし。
ラストは少し、うまくいきすぎじゃないの、って感も無きにしも非ずでしたが、お勧めですね。
視聴率は水木ドラマではだいたいトップだったものの、20%には届かなかったようですが。

もうひとつ、面白いと思ったのは出てくる女性像。
ヒロインがただの待つ女じゃなくって、彼女自身が自分自身の夢を持っていて、それに向かっているのがオールインワンとは大きく違うところだと思うんですね。
そして、エイミーは恋人の荷物になりたくないために、ストリッパーをしているのよね。こういう人物が描かれているところが面白いところじゃないかしら。
そして、ジョンウが好きで、彼のために宿敵のような男の女となっているソニョン。何だかんだと、周りの人間が勧めはしなくても、彼女に宿敵の男と付き合うことを期待している感じなのよね。それが分かっていながらも、そういう生き方をやめられないソニョンのような人間って、わりといると思うんだけれど、ドラマに出てくるとある意味、ちょっとショックがあります。きれいごとで終らない部分が残るのがその面白さかも。
でもね、彼女がきっと幸せになるだろう、と思うことができるのは、ヒョン刑事の妻の人生と重なるからなのね。
ヒョン刑事と結婚していながらも、ずっと愛されることのなかった彼女はようやく、愛される幸せをつかもうとしているところですからね。

それでは、4話までのあらすじを。
その後の簡単なあらすじは別ブログに書いていますので、ネタバレOKでしたら、そちらの方もお読みくださいね。最終話は反転しないと読めないようにしていますので、そこだけは知りたくない、という方も、どうぞ♪
この記事の最後にリンク先があります。

強制労働のため済州島に連れてこられたものの、脱走したチンピラと、それを助けた海女の間に生まれたキム・ジョンウ(チソン)。しかし、父親は海女が妊娠したことも知らず、島をあとにし、未婚でチンピラの子を産む母親を守るため、祖母は生まれたばかりのジョンウを孤児院の前に置き去りにする。
しかし、それをすべて見ていた男がひとり。この海女に好意を抱いていた巡査のヒョン・ギソンだった。
時は流れ、孤児院で育ったジョンウ、賭けの釣りのいかさまを手伝ったりするチャチなチンピラとなっていた。そんなある日、済州に大邸宅を構える大企業の会長チャン・ミノ(チョン・グァンリョル)の命を助け、それをきっかけに人生を変えようと、ミノに食らいつく。
そのミノがジョンウに与えたのはソウルにいる息子、チャン・テヒョク(イワン)のそばにいるという役目。そのテヒョクはジョンウを信頼するためのテストだ、と、一人の女のことを隅から隅まで調べろ、と。
その女とはイ・スヒョン(ソン・ユリ)。ジョンウが幼い頃憧れていた、お嬢様だったのだけれど、いまはバイトを掛け持ちしてようやく学校に通っている音大生なのね。それでも、留学するという夢はあきらめない。
そして、ジョンウのアプローチでスヒョンと近付くことに成功したテヒョク。付き合ってみれば、自分がなかなかいい男だって分かる、というテヒョクに、そんな余裕はない、と断るスヒョンだった。
ところでテヒョクには許婚のような存在ユ・ミラン(ソ・イヒョン)という幼馴染がいるのね。彼女の方はテヒョクが好きなのに、テヒョクの方は全くそんな気はないみたい。
そんなある日、両親の命日に済州島へと向かうスヒョン。一足先に済州島に来ていたジョンウはテヒョクの命令で、スヒョンをエスコートするのね。
ジョンウの名前を聞いても、済州島で育ったことを聞いても、まるでジョンウのことを思い出さないスヒョン。だけど、人には今まで言わないできた、過去のことを少しずつ話すのね。両親が突然、交通事故で亡くなったこと、そしてそれを境にあっという間にそれまで持っていたものすべてを失ってしまったことを。
また、ミノは貸金業のソンチョルからお金を借りる代わりに彼の憎むべき敵ジャクソン・リーという男を消すことを請け負い、それをジョンウに依頼する。
会長の信頼を得るには仕方がないと心を決めるしかなかったジョンウだったが、その彼のところへ一足遅れて、彼らの元に、テヒョクが友達を連れてやってくる。そして、スヒョンに失礼な態度をとる友人の一人に、テヒョン、キレて殴りかかり、死んでしまうという事件が起きてしまう。
チャンスを狙うジョンウ、テヒョクの代わりに自分がやったことにして、警察へと。
ジョンウのことを息子のように気に掛けるヒョン刑事(=海女のことが好きだったギソン)が嘆くものの、自分がやったことで通すジョンウ。そこに一本の電話が入る。警察からギソンに連れ出されるジョンウを待っていたのは死期の迫っているおばあさん。彼女はジョンウを孤児院の前に置き去りにした実の祖母なのね。
初めて自分の出生を知るジョンウだった。

       5話以降のあらすじは、こちら。  →『太陽を飲み込め』続き
[PR]
Commented by kamibin at 2014-09-05 12:09 x
思い出したようにかなり前のドラマにコメントさせて頂きます。
私も好きです、このドラマ。特にTRAX+Air が歌う主題歌OSTが大好きです。
私もこれがチソンを好きになるきっかけになりました~とてもスケールの大きなドラマで海外ロケも良かったです。グァンリョルさんの悪役と言うか存在感はスゴいですねー
ソン・ユリさんは基本苦手ですがこれは良かった。スケールの大きな海外ロケというと『ロビイスト』でしたっけ?あれも良かったなあ~今は亡き主役の女優さん綺麗でしたし、あの頃のソン・イルグクさんは良かったです。
ファイナルファンタジー、娘がハマってました・・雰囲気わかります。
久しぶりに主題歌聞いて思わずコメントしちゃいました。
Commented by kirikoro at 2014-09-06 08:12
kamibinさん、こんにちは。

海外ロケって、あまり効果的に使われていないものも多い中、このドラマではうまく取り入れられていましたね。
特に、南アフリカだったかな?のホテルはかっこよくて忘れられません。

書き込みをいただいていただいて、思わずOST探して聴きました♪
懐かしいです~~
Commented by ソネッチ at 2016-01-10 12:06 x
こんにちは

私はdtvを利用しているのですが、1月末日に古いドラマの配信がかなりの本数ストップすることに気づき、今月はあわてて古いドラマを見ています。

「秘密」と「キルヒル」でチソンが好きになったので、まず「ラストダンスは私といっしょに」を見始めたのですが、視聴が進まず。チソンもユシンもきらいではないのですが、二人のラブラインにまったくときめきません。

そこで、気分転換に、こちらでまずまずの評価だったチソン主演の「太陽をのみこめ」を見たところ、こちらは一気に視聴完了してしまいました。

 ロケが多くて、お金をかけた大作ドラマという感じがしました。復讐ものだけど、あまり重くなくて見やすかったです。

で、

チソンがやっぱりとてもよかった。「ラストダンス・・」と比べると格段に演技が上手くなっていると思いました。かっこよかったです。

ソンユリもかわいかった。「雪の女王」をみて好きな女優さんですが、最近あまり見かけませんね。

Commented by kirikoro at 2016-01-11 08:15
ソネッチさん、こんにちは。

dTV、注意してチェックしていないと、配信ストップになることがあるんですよね。
私も以前、あわてたことがあります。

「ラストダンス~」のころのチソンって、私もあまりうまい人ではないと思っていました(汗)
でも、こちらのドラマのチソン、よかったですよね。

私はロケ地にはあまり興味がない方なんですが、このドラマのホテルはほんとに素敵で、一度行ってみたいなあ、と忘れないシーンになっています。

>ソンユリもかわいかった。「雪の女王」をみて好きな女優さんですが、最近あまり見かけませんね。

そういえば…。
調べてみたら、ドラマは2013年の「私の10年の秘密」から出演がありませんね。
去年は映画に出演されていたようですけれど。
私も好きな女優さんなので、また、新たなドラマで見たいなあ。
by kirikoro | 2009-10-02 19:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)