なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『お嬢さまをお願い!(아가씨를 부탁해)』みおわりました


お嬢さまをお願い!(아가씨를 부탁해)   ☆☆
KBS2の水木ドラマ、全16話。
HP http://www.kbs.co.kr/drama/ladycastle/

ひょんなことから、わがままお嬢さんの執事となった男の恋の物語。
執事を演じるのは『僕の妻はスーパーウーマン』で、おばさんヒロインに恋心を抱く社長を演じた、ユン・サンヒョン。
このドラマは彼のドラマですね~。
「お嬢さんの執事ですから」と言って、お嬢さんが困難に陥るたびに助けてくれるかと思えば、時には強引に・・・。
恋する男を演じるキラキラの瞳が可愛いです。
d0060962_0412843.jpg


それに比べ、ヒロインは魅力がないんですよね。
多少はかわいいところもあるんだけど、ドラマの終盤に入っても、あんまりにも子供でおばかで。
彼女にこの執事はもったいない、と思ってしまいました。
女性には共感を得にくいキャラじゃないかなあ?

ライバルの弁護士も話の進行上作られた人物って感じで、ものすごく薄っぺらい存在感です。全然生きた人間の感じがしません。
演じるのがチョン・イルさん。目鼻立ちに存在感のあまりない人で、なんだか、背景って感じでした。

ストーリーもね、荒唐無稽なくせにお決まりのパターン。このあたりでこういう出来事が起こって、という予想がことごとく的中します。
ラストもねえ。
韓国ドラマのお決まりのパターンで後日談が入るんですけど、このドラマのように、荒唐無稽な話には無理があるというか。
すっぱりと終わってくれれば、もっとすっきりした気持ちで見終えたのに、と思いました。

それでは、いつものように、4話までのあらすじ紹介です。
大財閥、カンサングループの会長の孫で、唯一の相続人のカン・ヘナ(ユン・ウネ)は財力をバックにやりたい放題のわがままお嬢様。その上、スポーツも堪能で、力で抑えることもできず、手がつけられない状態。おじいさんも、ちょっと育て方を間違えたかな、と思い始めた矢先、知り合いの花屋を手伝っていたソ・ドンチャン(ユン・サンヒョン)と出会います。無理矢理割り込んできたヘナの車のために、花がだめになっちゃって、文句を言うドンチャンに札を投げつけるヘナ。謝れというドンチャンの車にアクセルを踏んでぶつかっていきます。信じられない金額で示談にしようとするヘナ(及び、その執事)ですが、頑として譲らないドンチャンです。結局ヘナは社会奉仕をすることに。
社会奉仕を終えたヘナはドンチャンを逆恨み。代理運転をするドンチャンの車に乗り込み、拉致されたと大騒ぎを起こしてみたり、ドンチャンの世話になっている花屋の叔母さんの家を急に立ち退きさせようとしたり…。
そして、お祖父さんの外出禁止令に逆らってニューヨークに旅立つつもりのヘナ、こんどはドンチャンが拉致?!

ところがです。連れて行かれた先は何てことはない、ヘナのお屋敷なの。。
ドンチャン、ヘナのおじいさんにヘナの執事として雇われたのね。ヘナの勝手では解雇できない執事です。
それを素直には受け入れられないヘナ、ドンチャンがシェフを連れてくる、なんて嘘をついて、厨房の人みんなに休みを与えます。
ドンチャン、パエリアなんて言って、炒飯を出して、その場を切り抜けます。なかなか、応用力のある男です。

そんなドンチャン、ヘナのお供で出かけたデパートの靴売り場でウィジュに見つかりそうになって、大慌て。
ウィジュは亡くなった母親の親友の娘で、彼女たちの家の一間お借りて住んでいるのね。
ドンチャンはウィジュのことを妹みたいに可愛がっているんですけど、ウィジュはどうも、ドンチャンのことが大好きみたい…。
ウィジュとその母親には、ドンチャン遠いところに仕事で出かけたことになっているのね。
ところで、ドンチャン、借金を返すのにヘナを落とそうとしているみたいですけど、本気?って感じ。 
なにせ、このドンチャン、元ツバメなのよ。

そんなある日、乗馬場で昔の恋人(?)に似たイ・テユン(チョン・イル)を追いかけてしまうという出来事が起こります。
そして、その時の子だとは知らず、ヘナとの見合いの場に現れるテユン。
でも、見合いは口実で、ヘナのお祖父さん、カンサングループの会長とコンタクトをとるのが目的だったのね。
このテユン自身も遊山グループという財閥の二男なんですが、会社は継がず、貧しい人権弁護士として暮らしています。
そんな生き方をしているせいなのか、お父さんやお兄さんとは疎遠な感じね。
ヘナのお祖父さんと会うという目的を果たしたテユンはそのまま帰ろうとするのですが、出たところでばったりヘナと再会します。

ヘナは言いたい放題、したい放題のお嬢さんですから、いろんなところでトラブルを起こすのですが、とあるパーティで、以前見合いをした男と出くわしたヘナ、相手を侮辱して、コテンパンに。
その男、人を雇って、ヘナを襲わせるのね。ドンチャンがそれを防いでいたんだけれど(これには裏があって、ドンチャンも別の男たちにヘナを襲わせ、自bんがカッコよく救おうと思っていたの。なのに、本物の悪者が現れたってわけね)、無理っぽくなってきたところでテユンが登場。相手たちを退散させます。ヘナ、テユンのことが気になっています。
後日、お礼に高価な服をプレゼントしようと、テユンの事務所を訪ねますが留守。置いて帰ります。その時、同室の弁護士がヘナの祖父にとって都合の悪いことで、署名を求められ、深く考えずにサインしちゃうヘナです。自分の立場とかに関心がなくって、な~んにも考えてないお嬢様なのね。
そして、プレゼントはその後テユンから突っ返されます。

署名の件が新聞に出て、説明を求めて事務所に行くヘナ、そこで、テユンと兄と言い争っているのを見て、思わず彼をかばうのだけれど、テユンは逆に失礼なことを言うのね。でも、自分の痛みを知られて、逆にヘナが気になりだしたかも、って感じです。
一方、ヘナとテユンの間を疑う会長、ヘナを呼んで訊きますが、ヘナはテユンが好きだって言っちゃうのね。怒ったお祖父さんによって、即刻海外へ出されそうなヘナ。そうなったら解雇されそうなドンチャン、会長にうまいこと言って、ヘナとテユンがうまくいくように手伝います。
だけど、ドンチャン、ヘナのことをいろいろ手伝っているうちに、どうやら、本気でヘナのことが好きになってきている?!って感じです。
思わずキスしちゃう。(誤魔化したけど)

ところで、カンサングループ内では、ヘナの親戚のカン・チョルグ理事が自分が後継者になりたくって、娘の企画室長スアと一緒になって、ヘナが会社の後継者になるのを妨害します。彼らがね、典型的なラブコメの悪役なんですよ。詰まんない小細工でヘナを陥れようとする、コミカルな役どころね。


この家族には、もう一人、スアの年の離れた弟が出てくるんですが、この子をスパイス的に扱うつもりだったんだと思うのですが、なんだか、ポイントがずれた感じで、わたしは滑った、と思いました。
[PR]
Commented by おじょです at 2010-06-10 20:27 x
今晩は。。。今三話です~・・・騒がしいドラマって感じですね。お嬢様のお化粧・・・・ひきますわ~けど・・・何となく「オーラ」みたいな・・・ものもあるから~女優さんなのかな。
 ウネチャン。。。このドラマで「演技力なし」っての評価だったらしいです。分かるような~~~~いっきに見れないってこの事かな~シティーホール。。。に返るべきか????
Commented by kirikoro at 2010-06-10 21:14
こんにちは。
ウネちゃんって、どうも都会的な女性の姿が似合わない感じがしますね。なんで、あんなに<がんばりました>って顔になっちゃうんだろう・・・。
ブドウ畑」の時も、最初の姿には引きました!
わたしの場合、ウネちゃんは最後までこのままですが、キム・ソナさんはどんどん素敵に見えて来たんですよ。
Commented by おじょです at 2010-06-20 20:58 x
今晩は。先ほど見終わったんです~まぁ~~~こんなもんかなって感じ。私は後半の方が好きかな=少しずづ成長して行くにつれ、化粧も薄くなってきたよね。
  テユンssi・・・影が薄い。。。もっとインパクトのある人いなかったのかな~彼は「チェ・ジフン」に似てるって騒がれましたが・・・っかなり違うっかな~余り好きではない
   さて。。。シティ^ホールに行きますかね
Commented by kirikoro at 2010-06-20 21:14
こんばんは。
こんなもんか、でも、後半の方が好きでよかったですね。
逆だと、ほんとにがっかりしますもの。

チョン・イルとチェ・ジフン…。
カリスマ性のあるなしの差ですかねえ。

シティホールはわたしもかなりすきなドラマなんで、おじょさんにも楽しんでもらえたら嬉しいです。
by kirikoro | 2009-10-09 00:43 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)