なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『No Limit~地面にヘディング~(맨땅에 헤딩)』の感想です


No Limit~地面にヘディング~(맨땅에 헤딩)  ☆☆☆
MBCの水木ドラマ。全16話。
東方神起のユンホ(ユノ)のドラマ初主演と言うことで注目だったようですね。ヒロインはアラ。
ある男に罪をかぶせられ、どん底にいた元サッカー選手が、かわいいスポーツエイジェントと出会うのね。
彼女は不幸の種?それとも幸運の女神? こんな感じかな。
d0060962_9351796.jpg

主人公はとってもいい人で、悪役はどこを切っても悪役という、ある意味、安心して見ていられるドラマですね。
この主人公を演じるユノ、下手なのかも、とも思うんですが、ぽわんとした話し方がこのドラマの主人公のはとっても合っていたと思います。
お人形さんみたいなアラも、他のドラマではそこがいやだったりするんですが、このドラマでは、ただただ可愛くっていいの。
お仕事なんてまるでしているように見えないけれど、このドラマではそれも許せる感じ。
この二人の初々しい感じがとってもいいなと思ったドラマでした。
悪役を演じるのは、ソウル大出身の秀才スターとして知られるイ・サンユン。『憎くても可愛くても』では、とってもいい人を演じ、『神の天秤』では、その心情も理解できる、って悪役を演じていましたが、こんどは、誰が見ても同情の余地の無い悪役です。
女性ライバル役は『宮』でヘミョン姫を演じたイ・ユンジ。そしてそこにもう一人絡んでくる男を演じるのがキム・ジェスン。最近よく見かける俳優さんだと思います。

途中、精神病院が舞台になる頃から荒唐無稽とかなりパッシングされたようですが、ドラマだからあり得ない話でもいいじゃん、とは思うんですが、あの、一昔前の都市伝説のような精神病院を登場させるのは、ドラマの内容に関係なく、社会的にどうかな、というようなことは感じました。
要するに、精神病患者や精神病院に対する偏見を与えそうなものなんですね。正直、こんなの放送していいの?って気がしました。

当初、20話の予定が18話に、そして16話に変更されたんだとか。
視聴率は、相当悪かったようです。でも、わたしはそこまで悪いドラマだとは思いませんでした。
ちょっと疑問、って部分もたくさんあったんですが、それでも、魅力もあるドラマだったと思います。

4話までの簡単なあらすじは、こんな感じ。
チャ・ボングン(チョン・ユノ)は実業団で活躍するサッカー選手だったのだけれど、ある日突然、チームが解散。サッカーは諦めようと焼鳥屋の屋台をはじめます。そこで出会うのがカン・ヘビン(アラ)。雨の中、車が故障しちゃって、しかも財布もなくって、という状況。ボングン、彼女を助けるんだけれど、最初から、彼女に惹かれている様子です。
カン・ヘビンはサッカー選手のエージェントなのね。だけど、若くてしかも女と言うことで、なかなか相手にしてもらえません。その彼女、ボングンの最後の試合をビデオに収めていて、目をつけていたのね。だけど、屋台で会った時には彼だとは気付かず…。彼に公衆電話まで送ってもらった後、一度お見合いをしたまま会うことの無かった、弁護士のチャン・スンウに家まで送ってもらうことになるのね。そして、付き合い始めることになるの。
ところで、この、ボングンとスンウには過去の因縁があります。スンウ、自分の起こしたひき逃げ事故の罪をボングンになすりつけ、ボングンの人生を台無しにした張本人なのね。
ボングン、彼の正体がわかったヘビンからエージェント契約を結ぶように迫られますが、サッカーは辞めるつもりだし、スンウとのことがあるから、なかなか受け入れてもらえないのね。
でも、ヘビンから言われたFC Soulの入団テストに現れ、何とか合格。そして、ヘビンとの契約も結ぶことになります。
そんな矢先、仕事上のトラブルでスンウに恨みを抱く人物がヘビンを拉致します。その現場に居合わせたボングン、あとを追いますが、ヘビンを乗せた車は事故を起こし、橋の上で今にも落ちそうになった状態でヘビン一人が取り残されます。ボングン、なんとかヘビンを救出したものの、彼は車と一緒に川に落ちてしまします。

こんな風に始まって、このあと、ボングンとヘビンの選手とエージェントの関係が本格的に始動しますが、事あるごとに、ボングンを陥れようとするスンウなのね。
ボングンは彼の妨害をはねのけ、一流選手へと成長していけるのでしょうか? といった感じで話が続きます。
ストーリー的には新味はないけれど、安心して見ていられるドラマだと思いました。
[PR]
Commented at 2009-11-06 23:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2009-11-07 10:43
鍵コメさん、はじめまして。
ファンの方は期待しますもんね~。
期待が大きい分だけ失望が大きかったのではないかと思います。
わたしは期待度ゼロで見始めたのが逆に良かったような気がします。
確かにこの脚本、ヒドイですもんね。
わたしはユノくんをこのドラマで初めて知ったんですね。この脚本にもかかわらず、そこそこ面白く見られたのはきっと、彼の魅力に負うところが大きいんだと思いますよ。
この役、当初はキム・レウォン氏がやるはずだったとか。同時期に『食客』を見ながら、こちらのドラマも彼だったらきっとダメだったろうなあ、と思いながら見てました。
演技面はまだまだ未熟なんでしょうが、それを上回る何かを感じることのできる人でした。
また、ドラマで会える彼を楽しみにしています!
by kirikoro | 2009-11-05 09:38 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)