なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ラブレター(러브레터)』 


ラブレター(러브레터)  ☆☆☆

MBCで2003年に放送されたドラマ。  全20話(韓国のオリジナル版では16話)
http://www.imbc.com/tv/drama/loveletter/
MBCJAPANで見ました。

きわめて個人的な感想ですが、チョ・ヒョンジェの神父服姿に萌えるドラマ、かと…。

韓国ドラマって、2003年あたりで大きく変化しているように思うのですが(この年にノ・ムヒョンが大統領に就任しているんですが、何か関係ある?)、これは、古いタイプに属するドラマのように思います。

テーマは神への愛(アガペー)とエロス(恋愛)間の葛藤ですから、重くて難解なところのある、近代小説的なドラマって感じ?
d0060962_239583.jpg


特に日本人はキリスト教との接点がほとんどない人が多いので、その思考様式に、理解しがたい部分が多いのではないかしらん。ラストに近付くにつれ、それが大きくなるように感じました。
韓国ドラマの定番の四角関係がやはり形成されているのですが、その一人(といっていいのかな?)が神になるんですね。ですから、単純にどちらかを選択することで解消される関係ではない訳なのね。難しいです。

とはいえ、親の代の因縁が子の世代に影を落とすという部分はおなじみの、分かりやすいところですね。
キャラクター的にはチ・ジニの演じるウジンが面白いんですが、小説と違いドラマなので、どうしても掘り下げが不足している感が否めませんでした。
スエさんは、このドラマでは声が低いのが妙に耳に障るのよね。ヒロインがふてぶてしく思えてしまって…。9回裏ツーアウトでは、なかなか素敵な女優さんなんですが。
ウジンにしても、ウナにしても、自分にもどうにもできない「業」を背負っているんですが、それが、どうしても表面的にしか感じられなくって、ただの悪役キャラを抜け出せてない感じがするんですよね。

あと出演陣で気付いた人といえば。
アンドレアの子供時代を演じるのはおなじみのユ・スンホくん。最近では子役を脱していますが、6年前は、ほんとに子供なのね。子供を見ていると、歳月の流れを感じるわ。
そして、アンドレア母の若い頃を演じているのがナム・サンミ、『幸せな女』に出ているキム・ユンギョンも、主人公たちの友人役で出ています。
そして、ウジンとアンドレアの妹役は『熱血商人』のチョン・ユリです。


それでは、4話までのあらすじを簡単に。
幼い時に父親をなくしたウジン/洗礼名アンドレア(チョ・ヒョンジェ)はおばさんの家で虐待に近い形で育てられていたのですが、ある日、叔父のペドロ神父が訪ねてきて、引き取られ、教会付属の孤児院で育てられたのね。母親は実は生きているのだけれど、死んだと聞かされて。
そんな彼の元にひとりの少女がやってきます。チョ・ウナ(スエ)と言う名の少女は女優であった母親の死後、しばらくの間ペドロ神父の姉(実は彼女がアンドレアの実母なの)に引き取られていたのだけれど、高校2年の時、やはりペトロ神父に託されて、教会で暮らすようになったのね。
辛いことが重なったせいか、すっかり心を閉ざしていたウナなんだけれど、アンドレアに少しずつ、心を開き、親しくなっていきます。
そして、二人揃ってソウルの医大に入学、ふたりで暮らし始めます。
ウナはアンドレアのことが好きなんだけれど、アンドレアは神父を目指しているのね。
そんな二人の間に現れたのがアンドレアの本名と同じ名を持つチョン・ウジン(チ・ジニ)。彼、実は、ウナが母親を亡くした時期に彼女を見かけているのね。ちょうど、彼は実の母と思っていた人が継母で、実母は他で生きていることを知ったところで、強いショックを受けて自殺を考えていたところだったの。彼女を見かけて自殺するのをとどまったウジンは、それ以来、ずっと心に抱いて、彼女を探していたの。
アンドレアと親しくなりつつも、ウナへと接近するウジン。男女の愛を捨てたアンドレアはウナの気持ちを受け入れることができないのですが、心は揺れています。
そんな3人ですが、ウジンの母は実はアンドレアの実母なの。でも、アンドレアもウナ母もお互い、親子だということを知りません。

こんな始まりです。
その後、アンドレアと母親の関係がみなに明らかになり、ウジンがめちゃくちゃ悪役になるという展開になるのね。
さて、この複雑に入り組んだ関係は、どうなるのでしょうか…。
[PR]
by kirikoro | 2009-12-15 00:03 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)