なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『スマイルアゲイン(스마일 어게인)』の感想です


スマイルアゲイン(스마일 어게인)   ☆☆

SBSの2006年のドラマ 全20話(オリジナル版16話)
http://tv.sbs.co.kr/smileagain/

主演がイ・ドンゴンとキム・ヒソン、そして、スイスロケが話題になったドラマですね。
ソフトボール選手の女の子と、孤児で犯罪を犯しながらその日暮らしをしている恵まれない男の話です。
そこに出生の秘密だとか、過去の因縁だとかが絡んできます。

わたしはテレビで字幕付き、カット版のものを見ました。
d0060962_132911.jpg


正直言って、いい評判を聞かないドラマだったんですね。
でも、逆にそれを知って見ていたせいか、それなりには楽しめました。
ただ、オリジナルより4話増やしているために、1話ごとの区切りが変なところに来るんですね。
このドラマでは特に、本当に何の盛り上がりもないところでブチ切れていたのがちょっとつらかったです。
こういうドラマの場合、録画しておいて一気見した方がよかったかもしれませんね。

ヒロインのキム・ヒソンって演技がない女優さんだと思うのですが、このドラマでは、素直な明るいキャラだったせいか、それも気にならず、ふつうに可愛かったです。
イ・ドンゴンのキャラはとんでもない小悪党ね。こんな主人公で大丈夫か、と思うぐらい。
でも、こういう役の彼はわたし、わりと好きです。

ライバル役にはイ・ジヌクとユン・セアがでています。
イ・ジヌクはいつもの陰のあるお坊ちゃま役。実際にはこのドラマの後、そういう役をたくさんやったことになるんでしょうが、ともかく、正直、また?という気になりますね。
ユン・セアも虚栄心が強くてゴージャスで主人公にしがみつく女の役。こちらも、また?って感じですね。
しかも、彼女の演じるユガンというキャラには、ちょっと性格設定に無理があると思うんですよ。
主人公にしがみ付いて絶対離れられない彼女がひとり、スイスに留学に行くのは、スイスロケを入れるためとしか、思えません!

ラストがハッピーエンドかさっどエンディングになるか、見てみないと分からないドラマで、それはよかったんですが、エンディング部分に工夫がないのね。(辛口なことを言うなら、工夫がないのはここに限ったことではないんですが)もうちょっと意外性を盛り込んで欲しかったです。

それでは、最初の4話に限ったあらすじです。

韓ドラの王道、高校時代から話は始まります。
オ・ダンヒ(キム・ヒソン)は女ながら、慶州の高校の野球部でピッチャーとして活躍しています。そんな彼女に何をやってもかなわないのが同じく野球部に所属するミョンソン。何とか彼女をぎゃふんと言わせようと計画します。
その計画というのは皆の人気の的の生徒会長パン・ハジン(イ・ドンゴン )をダンヒに近づけさせ、惚れさせておいて、皆の前で赤っ恥をかかせようというもの。
ハジンは孤児なのね。どうしても医学部に進学したいけれど、お金がなくって。クラスメートのミョンソンの父親で、学校の理事をやっている男を訪ねて援助を頼むものの、断られているのね。で、そのミョンソンが、がこの計画に乗ってくれたら父親に自分から頼んでやると言って誘ったの。
でも、実際ダンヒに会ってみると、ダンヒはもちろん、ハジンもどうやらほんとに好きになってしまったみたい。
一方、ハジンがバイトする酒屋の娘のチェ・ユガン(ユン・セア )はハジンが大好きなのね。この子、日常的に父親から暴力を受けていて、逃げ出そうとしているの。店のお金を持って逃げるから、一緒に逃げようとハジンを誘うんですが、ハジンは断ります。ところが、逃げ出すところを父親に見つかり、いつも以上の暴力を受けるのね。それを知ったハジンが止めに入ったところ、ユガンが父親を瓶で殴り父親は倒れてしまいます。
その間にも、ダンヒに恥をかかせるためのイベントの時間がせまり、ハジンはまだ容体が分からないユガンの父親とユガンを置いて、イベントの場所へと駆けつけますが、すでにハジンは大恥をかかされた後・・・。
それでも、ダンヒの後を追おうとしていたハジンの元へやって来て、ユガンが一緒に逃げてくれと頼むの。父親が死んだとまで嘘をついて。

そして、舞台はソウルに移ります。
ハジンはユガンにべったりとへばりつかれて窃盗から詐欺までしてお金を稼ぐ日々。ようやくユガンを調香師になるための学校へ留学をさせるお金をつくり、解放されます。
ダンヒは父親とともにソウルに出てきます。大学では体育学科に進みますが、ある日、ソフトボールと出会うのね。そして、ソフトボール部の先輩に誘われ、実業団の入部テストを受け、合格です。
そんな時に、高校時代には花形野球選手だったユン・ジェミョン(イ・ジヌク)が大きな怪我のため、野球をあきらめなければならなくなります。彼は高校時代のダンヒの憧れの人で、ハジンが彼女のために彼のサインボールをもらった、ってこともあったのね。テレビニュースで知ったダンヒ、お見舞いに出かけ、そっと花を置いてきます。

そして、数年後。
ダンヒはソフトボールの世界選手権の観戦にスイスへとやってきました。
一方のハジンもまた、悪事がバレて、行くところがなくって、スイスに留学しているユガンの元へと逃げてきます。
もう一人、ジェミョンも来ているのね。彼、自らの選手生命が終わったことが受け入れられないでいるのね。荒れた生活を送っています。
そんな彼にナイトクラブで出会ったのがハジンとユガンです。ハジンは最初は、彼のお金を抜き取るつもりだったのですが、彼の正体を知って、もっと有効に利用しようと、意図的に彼に近付いて行きます。その挙句、自転車のブレーキに細工して、命の恩人になっちゃいましたよ。
ダンヒの方もジェミョンと出会っています。彼女、自分はソフトボールに出会えたから、乗り切れたけれど、野球をやめなきゃならないつらさは分かっている、とジェミンに同情を寄せます。
そして、明るさ全開でジェミョンに話しかけるのですが、あっさり無視されちゃっています。
でも、ダンヒの存在が少しずつ気になりだしているのね。いないと気になるようです。
さて、調香師のスクールの卒業作品で教授に取り入り、一等賞を勝ち取ったユガンですが、野望は留まるところを知りません。
世界的に有名な韓国人調香師サラ・チョンに近付き、弟子入りしたいと嘆願しますが、サラは弟子は取らない主義だと断ります。そして、ユガンの成功のためなら手段を選ばないユガンのことも、快く思っていない様子です。
そのサラは娘を探すために韓国へ帰国することを決めているのね。そのことを、スイスでの最後の香水パーティで発表するのですが、そのパーティにはユガンとハジンだけではなく、ダンヒも友達とやってきました。(ダンヒと友達がそのパーティに行くって設定も、いかにも無理矢理…)
そのパーティで自分を利用したな、ともみ合いになっている教授とユガンを見かけ、自分の履いている靴をぶん投げて助けるダンヒでしたが、もめごとを知られたくないユガンと教授ですから、ダンヒが一方的に悪者となってパーティ会場を追い出されるのね。
彼女がダンヒだと気付いたハジンが後を追いかけて話しかけますが、嫌な思い出でしかないハジンを無視するダンヒです。
さて、そのダンヒの元にソフトチーム部が解散だとの知らせが。あわてて帰国するダンヒです。
ダンヒの帰国を聞いて、ジェミョンも帰国を決めます。
さて、ハジンのことをすっかり信用するようになったジェミンはヒモ(彼、自分のことをそう説明しているのね)なんかやるんだったら、自分がハジンの面倒をみる、と言いだすのね。
でも、ハジンはもっと大きな獲物を狙っているようで、断ります。ユジンに仕上げは韓国に帰ってからだ、なんて言っているのね。
帰国したダンヒはさっそく座り込みの抗議に加わっていますよ。

その後、ダンヒはジェミョン父の会社のチームに入ることになります。
ユジンはスイスにいた時に、すでにそジェミョン父の会社に入社が決まっていたのね。
そして、ハジンはジェミョンの助けで同じく、ジェミョン父の会社に入るのですが、その条件として、ジェミョン自身も会社に出て来ることになります。
そして、こんどは同じ会社の人間として、彼らの人間関係が絡まって行きます。

こんな感じのスタートです。
[PR]
by kirikoro | 2010-04-21 13:51 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)