なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『検事プリンセス(검사프린세스) 』見終りました


検事プリンセス(검사프린세스)  ☆☆☆☆
SBSの水木ドラマ、全16話。
公式HP http://tv.sbs.co.kr/princess/

初めはヒロインのマ・ヘリがダメかも、と思いながら見始めたのに、あっという間に可愛く見えてきました。
キム・ソヨンは『アイリス』でも魅力的な姿を見せましたが、この作品で完全に『イブのすべて』のイメージを払拭できたんじゃないかしら? こんなに素直でかわいい姿が似合うなんて、思いもよりませんでした。

同日スタートの3作品(あとは『個人の趣向』と『シンデレラのお姉さん』)のなかで、実は、一番ドキドキワクワクしたドラマになりました。(『シンデレラ~』はまだ終わっていませんが)
「個人~」のジノの方が素敵だと思うんだけど、パク・シフ演じるソ・イヌに胸きゅんしっぱなし、です。
d0060962_1262241.jpg

このドラマ、男性主人公がヒロインのことを好き、という点は間違いないのですが、あとはどう転ぶかなかなか分からないんですね。
ヒロインと男性主人公のラブストーリーになるのか、ヒロインと彼女が好きな男がうまく行くよう応援する男性主人公のいちずな片恋物語(『完璧な恋人に出会う方法』のように、ね)となるのかすらも、後半になるまで分かりません。
こういう構造の場合、感情移入しにくいケースがほとんどなんですが、このドラマでは、ちっとも気にならなくって、自然に感情移入していました。どちらに転んでも納得できるなと思いながら見ていたんですよね。
そして、ハッピーエンドとなるかも最後まで分かりません。
そして、ライバルにあたる人たちもステロタイプではないところがいいです。
特にジョンソン。消極的なんですが、譲れないところはちゃんと守るし、かといって、過度に攻撃的になったりはしない。

しかも、後になればなるほど面白くなるドラマということで、ポイント高いです。
謎の見せ方、そして、その展開のさせ方もうまいんですね。

だけど、最初のマ・ヘリの見せ方は失敗したんじゃないか、と思います。とんでもないけれど、どこか人を引き付ける魅力があるって風に見えないといけないと思うんですが、とんでもないだけで…。
そして、それ以後のヘリとの性格にも齟齬があると思うんですよ。人の気持ちが全然分からない、という設定自体、彼女のその後とはつながらないんですよね。

監督と脚本家は『華麗なる遺産』ということで、ちょっと期待の作品でしたが、期待にたがわず、って感じでしたね。

それではあらすじです。
このブログでは4話まで。
そのあとは別ブログに書いていますので、ネタバレOKの方はそちらから、どうぞ。
15話と最終話は白抜き文字にしていますので、ラストのネタバレだけは、絶対いや、と言う方も、どうぞ。





第1話
新検事のマ・ヘリ(キム・ソヨン)、任命式もそこそこに駆けつけたのはスキー場。母親に仮病を装わせてまで来たのは、オークションのためなのね。
ところが、お財布と携帯も盗まれちゃうし、スイートルームの予約も取り消されていると、最悪の状態!
欲しかった靴も落札したものの、お金がないわけで、キャンセル。その靴の持ち主となったのがソ・イヌ(パク・シフ)なのね。ヘリが泊るはずだったスイートルームの客。ホテルが満室なのにかこつけて、一室を借り、靴を譲ってもらうのにも成功します。現金がないため、全部借金なんで、連絡先をもらうヘリなんですが、失くしてしまいましたよ…。
そして、ヘリはこの時、ユン・セジュン(ハン・ジョンス)とも、会っています。自分の財布を盗んだ男だと思いこみ、タックルするのね。そのせいで、ユン検事は追っている男を逃してしまいます。
そして、検事としての初出勤。オープンカーにミニスカートと検事らしくないスタイルで、呆れられます!
そして、教育担当の検事にあいさつに行きます。
その検事、ユン検事はスキー場でヘリが泥棒と間違えて、タックルした男なんですよ。ヘリは覚えてない?と思っていますが、しっかり覚えられているみたい。
そして、歓迎会。めっちゃ強いヘリです。
そして、翌日、仕事に出かけると、そこに、スキー場で借金した男が…。

2話
その男ソ・イヌは弁護士なのね。事件の件でセジュンに会いに来たのですが、ヘリは自分を詐欺で訴えるつもり?!、と勘違い。追い払おうとしてしまいます。イヌは人違いのようです、と知らないふりをするんですが。
さて、ヘリは頭の痛い新人なのね。皆が残業をしていても平気で定時に帰っちゃいますし、事件の当事者たちの話も、ものすごくおざなりに聞いています。要するに、人の気持ちが全く分からないみたいですね。
使い物にならないヘリの扱いに困った部長検事はヘリを独立との名目で部屋を与え、仕事から外します。
初めは単純に喜んでいたヘリですが、周囲からは完全に仲間はずれ、実情を知ったヘリはショックを受けます。
友達のイ・ユナ(ミン・ヨンウォン)と踊りに行き、男の子たちと飲んでいたのですが、そこに警察が来ます。一緒に飲んでいた男の子たちは未成年者だったのね。そして、あろうことか、その子たち、ヘリたちにお金をもらってデートしていたなんて言うもんだから、ヘリたちは援助交際の疑いで警察署へと連れて行かれます。

3話4話
父親には知られたくないヘリは仕方なく、イヌに電話をかけます。イヌは婚約者の振りをしてくれて、無事に身元を知られることなく警察から帰ることができたのですが、騒ぎを見ていた人に写真を撮られていたのね。インターネットで話題になってしまいます。怒ったヘリ父はヘリのカードも車も取り上げてしまいます。
カードと車を取り戻すには検事としての仕事で実績を上げなければならないんですが、相変わらず、ヘリの元には仕事は回って来ません。
そのことをヘリから聞いたイヌ、それならば、自分から動けばいい、と(本当は違法なんですが)違法な賭博場の情報をヘリに教え、ヘリは潜入捜査に入ります。
ところが、あと一歩のところでバレてしまい、窮地に陥るヘリ。それを救出してくれたのがセジュンです。実はイヌも駆けつけてはいたのですが、先にセジュンが現れたために姿を現すことができなかったのね。そこで姿を現したら弁護士から情報を受けたことがバレてしまいますから、ヘリが一層窮地に立たされてしまいます。
そのことはばれずに済んだものの、潜入捜査で得たはずの証拠のテープはだめになってしまったために、ヘリはやはり責任を問われます。
クビになりそうなところを、セジュンが機会を与えます。
指導すべき立場にありながら、責任を持って指導しなかった、というのがその理由。
なぜ、いままでヘリを避けていたかと言うと、ヘリがセジュンの亡くなった妻に瓜二つなのね。性格は全然違うのに。それがつらくて、見ないふりをしていたようです。
さて、セジュンに助けられたヘリはそんなことも知らず、セジュンのことが好きになっちゃいます。
ちょうど、7歳の少女が性的被害に遭った事件を担当しているのね。7歳の子の好みとかが、全然分からないヘリは、誰か、7歳の子を知らない?なんて聞いていて、セジュンに7歳の子がいることを知るのね。そのことも、妻と死別したことも初耳だったヘリ、自分の恋する相手がそんな相手だなんてあり得ない!とひとたびは思ったヘリですが、好きなものは好きらしいです。突然、連絡もなく、セジュンの家へと手作りのクッキーを持って現れます。
セジュンは娘の母親にそっくりなヘリを娘に合わせたくなくって、必死で追い返すのね。
ところで、ヘリがセジュンの下で仕事をしていた事件で、頬を殴られたと訴えていた女の事件があったのですが、ヘリは、被害者の言うことが正しい、と被疑者の話を全く聞こうとしなかったのね。
その事件が自作自演だったとセジュンが見抜いたのですが、それでおさまらなかったのが、その被疑者とされた女。検察庁へやって来て、正門前でヘリにバケツ一杯のトマトを浴びせかけます。
それを助けに行こうと走ったセジュンですが、一足早くイヌが彼女を助け出します。
でも、またもやその件がネットで話題となっちゃったのね。
ヘリはもう検事を続けられない、としばらく身をひそめるつもりで、ひそかに空港へ向かいます。
でも、彼女を引きとめるのがイヌです。
ところで、このイヌ、何か意図があってヘリに近付いているようなんですが、それは何なんでしょうかね。

   => 検事プリンセスつづき
[PR]
Commented by おじょです at 2011-04-18 21:05 x
プリンセスに行く前に。。。
   なせが「シティーホール」が見たくなり、所々「抜粋」してみてっますが。。。とってもいいsですね。
  「アテナ」が終わり。。。スンウォンさんは次のドラマ「ホン姉妹」の作品だそうです。今度は期待できそうだわ

   そう。。。「家紋の栄光」。。。まだだよね
    パク・シフ。。。私は。。。今のところ外れは無いわ
      これも。。。期待できそうです
Commented by kirikoro at 2011-04-18 21:31
パク・シフさん・・・私はどうもけっこう外れが多い感じなんですね。でも、これは良かったです。
「家門の栄光」はいま、「海神」に手をつけてしまったので、それが終わってから見ようかな、と思っています。

ホン姉妹の次作、なぜか、私はあまり期待感がないんですよ。
スンウォンさん、「シティホール」で大嵌まりしたし、ホン姉妹作品なのに、なぜかなあ?
始まる頃になれば、盛り上がるのかしら?
Commented by びょん at 2011-07-03 00:55 x
こんばんは、kirikoroさん。お久しぶりです。
今、検事プリンセスを見始めてまして、6話まで見ました。

今のところ、なんでソ・イヌがマ・ヘリを好きになったのかが、よくわからなくて、不思議~な感じなんですが、後半に向かって面白くなるとのことですので、期待してみようと思います。
ジョンソン役の方、食客とかあなた、笑って、にも出てたので、結構気になります。
Commented by kirikoro at 2011-07-03 07:26
びょんさん、おはようございます。

>今のところ、なんでソ・イヌがマ・ヘリを好きになったのかが、よくわからなくて、不思議~な感じ

これも、後になって分かりますよ。

ジョンソン役のチェ・ソンヒョンさん、眼鏡を取ったら、別人のようですね。
私はここまでまったくノーマークの人だったので、「食客」も「あなた、笑って」の時の記憶もありませんでした。
でも、今「ロマンスが必要」でヒロインの友だち役で、けっこう重要な役を演じていらっしゃいます。
こんなきれいな人だとは、思っていませんでした!
Commented by 蘭子 at 2013-11-25 18:43 x
こんばんは。kirocoroさん。
私も最初はマ・ヘリの性格が一定してなくて、観るのがつらかったです。
でもソ・イヌのヘリに近づいた理由がわかってくるにつれ、一気に観てしまいました。

一緒にラーメンを食べるシーンが好きでした。
ソ・イヌがとっても素敵で、女の守ってもらいたい願望を刺激されました。

ソ・イヌの謎の行動も納得できるものでとてもよかったし、タイトルでもっと軽いドラマだと思ったらいい意味で裏切られました。
地上波放送がないので日本にあまり知られてないのが残念です。
Commented by kirikoro at 2013-11-25 19:23
蘭子さん、こんばんは。
これは私も大好きなドラマの一つです♪

最初はちょっときついものがあるのですが、ぜひ、我慢してでもしばらく見続けていただきたいドラマですよね!

>ソ・イヌがとっても素敵で、女の守ってもらいたい願望を刺激されました。

そうなんですよね。
私は実生活では守ってもらうなんてまっぴらごめんと思う性格なんですが、やはり心の奥には願望があるらしく、ドラマではキュンキュンします♪

地上波はNHK以外はその地方独自で放送しますからね…。
ちなみに、私の住んでいる東海地方では放送されたんですよ♪


Commented by とっこさん at 2014-05-03 00:21 x
kirikoroさん、こんばんは。

第2話から、偶然に見始めました。kirikoroさん同様、このヒロインのチャラチャラぶりがダメかもと思って見始めました。でも、ブリッ子には見えないしなぁと。あれよあれよという間に、ヒロインの愛らしい素直さが大好きになって、毎回楽しみにしています。

パク・シフもいいです。『家門の栄光』(挫折)では、イ・ビョンホンと同じような、口角にわざとらしさの見える(と思えてしまう)笑みを浮かべるのがイヤでたまらなかったのですが、このドラマでは、彼も、また、素直な演技に思えます。どこか哀愁が漂う謎めいたところが、ドラマ展開にどうかかわっていくのか楽しみです。おっしゃるように、先が読めないのも魅力ですね。でも、彼、事件を起こしたのは、このあとになるんですねえ。

このところ、kirikoroさんのおっしゃるところの、「ドロドロ系」しかなかったので、さわやかなドラマが見つかって喜んでいます。
Commented by kirikoro at 2014-05-03 06:57
とっこさん、さんこんにちは。
楽しみなドラマファできてよかったですね!

パク・シフの口角、私も最初は苦手だったのですが、ドラマを見ているうちに気にならなくなりました。
事件は~~ですが・・・(もちろんそれ以前のドラマです)

最後まで楽しくご覧になれますように!
by kirikoro | 2010-05-21 01:26 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)