なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

KBSドラマスペシャル18話 ムン・ジョンヒの「心を切る」


KBSドラマスペシャル(드라마 스페셜) 18話 
心を切る(마음을 자르다)  ☆☆☆☆ 1話完結
d0060962_1854057.jpg

脚本:ホ・ソンヘ
演出:チョン・チャングン(復活)
出演:ムン・ジョンヒ(ユン・ソニョン役)、イム・ジギュ(チェウ役)、キム・ナウン(チェウの姉)、 サ・ミジャ(ソニョンの姑)

放送日:2010年10月9日(土)
다시보기

数年前は韓国の短編ドラマって、あまりいいものがないな、と思っていたのですが、最近はいい作品が多いですね。
以前は短編という器の容量をうまくつかんでいないと思われるものが多かったのですが、最近は概して、短編は短編としての良さをうまく生かしているものが多いと思います。

このドラマスペシャルもいろんなタイプの作品があり、好ききらいはあるのですが、作品自体に難があるというものは今のところ、見受けられません。
1編1編丁寧に作られているドラマと言う気がします。

さて、今回のものはドラマより、映画に近い感じがする作品でした。
まとめ方が、そんな印象なのかな?



好きになってもお互いが傷つくだけの男女の間に、ほのかに生まれる愛情のお話。
繊細な心理描写が楽しめる作品だと思います。

主演のムン・ジョンヒは「マイスウィートソウル」や「幸せな女」「オー!マイレディ」に出ている人。
d0060962_1855694.jpg


サ・ミジャも「幸せな女」の出演されていました。
d0060962_1856020.jpg


キム・ナウンは助演でよく出て来る人ですね。

イム・ジギュは「パートナー」の最初のエピソードに出てきた人なんですね。…すっかり顔を忘れていました。

タイトル、自然な日本語なら、「思いを断ち切る」って感じじゃないかと思うんですが、心臓移植に始まる話ですからねえ…。


ラストのネタバレなしのあらすじです。

ある日、消防隊員のソニョンの夫は帰宅途中に事故に遭い、脳死状態になってしまいます。
事故に遭いそうになっている青年チェウを助け、自分が代わりに事故に遭ってしまったのね。
チェウも助かったものの、重い心臓病で心臓移植しないと間もなく死ぬ運命です。
ソニョンは夫の脳死を受け入れ、臓器を提供する決断を迫られるのですが、まだ、心臓が動いている、と承諾しません。
でも、夫の母の方が先に事態を受け入れ、ソニョンを説得します。
d0060962_1857055.jpg

そして、2年。
ソニョンは子供の母親として、頑張って生きてはいるのですが、あの日から、彼女の心は悲しみに閉ざされたままです。
そんなソニョンの前にチェウが現れます。
どうしても謝罪したかった、と言うチェウなのですが、事故はチェウのせい、と顔を見るのも嫌なソニョンです。
チェウは事故の時に、心臓もソニョンの夫から移植されているのですが、本人はドナーについては聞かされていないのね。
でも、チェウの方も罪悪感のために思重い心を抱いて生きています。
d0060962_18575012.jpg

ソニョンに拒絶されるチェウなのですが、それからも、しょっちゅうやって来てはソニョンの手助けをするチェウ。
そのうちに、ソニョンは笑顔も見せるようになります。
d0060962_18595100.jpg

そして、死んだ夫と同じ靴ひもの結び方をするチェウを見て心の揺れるソニョン。
チェウの方もソニョンに心がときめくようになります。

でも、二人の気持ちに気付く、ソニョンの姑とチェウの姉。
チェウの姉から、会わない方がいい、と言われ、分かったというソニョン。
チェウの姉はソニョンには言いませんでしたが、実はチェウの事故は単なる事故じゃなかったのね。
チェウは自殺しようとして事故に遭っていたのです…。
d0060962_1902575.jpg


ソニョンはそれ以来、チェウからの電話にも出ません。
姑から見合い相手を紹介されると、その席にも行くソニョン。
でも、その間もチェウからの電話がかかり呼び出し音が…。

そして、やっぱりチェウの電話を受けてしまうソニョン。
会いたくてたまらない、と言うチェウのところへとソニョンは出かけるのですが…。
[PR]
Commented by 美月 at 2011-03-07 13:58 x
私、最近二度目を観てしまいました。
何だかとっても好きなドラマです!
kirikoroさんの紹介を読んで感動を新たです。
「好きになってもお互いを傷つけるだけの男女の間」・・・
おおお! そうですね。
 言葉の、端的で、美しい使いこなし・・・いつもすばらしいと思っています。(これは、ドラマではなく、このブログ全体のこと、ですよ)
それと、krikoroさんの感じている、映画とドラマの違いについても、興味があります。
いつか、どこかで、語ってくださるのをお待ちしています(ハート)
Commented by kirikoro at 2011-03-07 14:39
美月さん、こんにちは。
1話完結物は、気軽に再視聴できていいですね。
二人の間の繊細な心理のやり取りがじわじわとした感動を呼ぶ、いいドラマでしたね。
私も好きなドラマの一つです。

おほめの言葉、ありがとうございます。
映画とドラマの違い…。
かなり直感的に使っているので、もう少し考えて、また書きますね。

Commented by 美月 at 2011-03-07 17:37 x
ありがとうございます。
また書いてくださる日を楽しみにしています。
”kirikoro直感”の方がwikipediaより、何倍も伝わると思っていますんで。
なお、わたし引用した言葉を間違えて、新しい不適切な言葉にしていました。(ダメダメ)

(訂)「好きになってもお互いが傷つくだけの男女の間」

非常にダメなPCを使ってるので、コピーするとフリーズしそうで記憶力で書いて(ボケボケ)間違えました。
 失礼いたしました。
Commented by kirikoro at 2011-03-07 18:15
美月さん、またそのうちに。

私も、打ち間違いとか、よくやっていますので、あまり気にしないでくださいね。
Commented by 美月 at 2011-07-12 10:56 x
「逆転の女王」をみていたら、チェウが、いえ、イム・ジギュさんが出演されていて、びっくり。
 でもずいぶん役柄が違って、けっこう頼りになる、お坊ちゃまパク・シフさんの秘書役なので、あれから時間がたって彼も大人になったんだな~と思っていたのですが、よくみたら、この「心を切る」2010年なんですね。
 不思議だわ~。
 一見してすぐに「チェウ」だとわかったのに・・・あまりに違う・・・
 でも、活躍されているのはうれしいことでした。
 
Commented by kirikoro at 2011-07-12 11:44
美月さん、私も、今「逆転の女王」を見ていて、あ、彼だ!と思っていたところなんですよ。
この役柄はこのドラマとはまるで違いますが、最近放送が終わった「最高の愛」の主人公マネージャー役とは似ているところがあるのね。
この、微妙になれなれしい秘書くん、何だかひきつけられます。
Commented by 美月 at 2011-07-12 20:24 x
>微妙になれなれしい秘書くん、何だかひきつけられます

そうなんです! 叱咤激励具合に、妙な面白さがありますよね。
好きだわあ。

ところで、このコメしたあとに観た別なドラマの、あまりにバカな衝撃的なラストに、そのドラマを熱愛した分だけ、凹んでいます。

 当分ドラマなんて観ないわ、と思ってましたが、ここで、楽しい話ができて、良かった。
Commented by kirikoro at 2011-07-12 21:42
逆転の秘書くん、ほんと可愛いよね。

私も何度か、もう、ドラマなんか見ない、と思ったんですが…。
案外立ち直りは早いみたいです。
だって、楽しいドラマは、たくさんあるもん!
Commented by 美月 at 2011-07-12 22:20 x
>私も何度か、もう、ドラマなんか見ない、と思ったんですが…。
>案外立ち直りは早いみたいです。
>だって、楽しいドラマは、たくさんあるもん!

わあ。すごくうれしい! 感涙。

ありがとうございます。
って、こうやってこのことで、コメントいっぱいして・・・ほんとにわたしってバカみたいだわ(汗)
Commented by kirikoro at 2011-07-12 23:37
いえいえ、書きたくなることって、ありますもんね!
by kirikoro | 2010-10-10 19:06 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)