なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「お隣さんは元ダンナ(隣の家の敵)」見終わりました


お隣さんは元ダンナ/隣の家の敵(이웃집 웬수)  ☆☆☆☆☆

SBSの週末ドラマ 全65話
公式HP 
d0060962_22332365.jpg

傷つけあって別れ、顔を見るのもいやになった元夫婦。
彼らのそれぞれの新しい出会いと、子を挟み付き合い続けるしかない二人。
彼らの関係はどうなるのでしょうか?

始めの数話はいがみ合う夫婦のやり取りで、うんざりするかもしれませんが、そこからの展開がすごくいいんですね。
どうか最初の数話でギブアップしないでください!

いろんな傷を抱えた人たちの人間性の回復人間関係の修復をていねいに、追って行くストーリーで、大きな山や派手な展開はほとんどありませんがじんわり泣ける部分も多く、ほんとうにいい話でした。
いい話、ヒューマンドラマ、というと、ある「型」に添うことが多いんですが、このドラマは登場人物の個性に従いリアルな行動をとります。
そして、その中で成長して行く登場人物。大人の成長物語でもあるのね。






私はこの作品、ドラマの新しい可能性を開いた作品ではないかと思うのですが、どうでしょう?
たとえば、夫婦の間の子供一人をとっても、大人が、子供ってこんなもの、と思うような子ではなく、しっかりと個性と自分の考えを持った存在として描かれているんですね。
地味ですが、小説を読むような喜びを味わえる作品でした。
長いですし、いわゆる韓ドラとはイメージが違うので、誰にでもお勧め、という作品ではありませんが、気長に楽しもう、という気持ちがあれば、ぜひご覧になってください。
とてもお勧めのドラマです。

マクチャン的な要素がないにもかかわらず、視聴率もだいたい20%台とわりに良く、何度も週末ドラマでの視聴率トップもとっており、評価もなかなかいいドラマのようでした。
ただ、5話の延長がマイナスに働いたのかな? 終盤になって、ちょっとがっかりな展開になりかけたのですが、ほどなく元のラインを取り戻し、期待を裏切らないラストとなりました。


演出はチョ・ナムグク(完璧な隣人に出会う方法、ガラスの城)、
脚本はチェ・ヒョンギョン(空くらい地くらい,ガラスの城)という人です。

「ガラスの城」は私、あまり面白いドラマだと思わなかったのですが、このドラマの脚本は最高です。
この方の次の作品もぜひ見てみたいと思いました。
また、台本が良くてもそれを表現する役者さんたちがうまくないと台無しなんですが、みな、いい演技をしていましたね。
中堅ベテランの人はもちろんなんですが、まだ新人の域かな、と思うチェ・ウォニョン(「善徳女王」のケベクをやった人)と、ハン・チェア(「スタイル」にも出ていました)はこのドラマでしっかり評価されていたようですね。
これからの活躍が楽しみです。

出演:ソン・ヒョンジュ (キム・ソンジェ役)、 ユ・ホジョン (ユン・ジヨン役)、 キム・ソンリョン (カン・ミジン役)、 シン・ソンロク (チャン・ゴニ役)、 キム・ミスク (チェ・ヨンシル役)、チェ・ウォニョン(チェ・ギフン役)、ハン・チェア(ユン・ハヨン役)他

あらすじやネタバレの感想は別ブログにありますので、タグ「隣の家の敵」をクリックしてお読みください。

    ↓
[PR]
by kirikoro | 2010-11-03 22:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)