なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ビョンフン監督の「商道(サンド)」見ました


商道(상도)   ☆☆☆

MBC創社40周年特別企画として、2001年~2002年に放送されたドラマ 全50話
HP
d0060962_931458.gif

私は地上波で見ました。なので、字幕カット版で視聴です。

19世紀、朝鮮王朝時代に実在した豪商、林尚沃(イム・サンオク、1779~1855)の波乱万丈の生涯を描いた作品。

貧しい境遇に生まれ、一時は奴婢にまで身を落としますが、機知と知徳で乗り越え、高麗人参貿易で巨財を成したイム・サンオク。
彼は私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、、晩年そのすべてを民のためになげうったんだそうです。

演出は「宮廷女官 チャングムの誓い」「薯童謡(ソドンヨ)」のイ・ビョンフンです。
私は史劇に疎いのでよく知らないのですが、お好きな人も多いようですね。
このドラマでも、毎回のように危機に陥る主人公があっと驚く方法で危機を脱し、より大きく育って行く手法が採られています。
ただ、「チャングム~」「ソドンヨ」に比べると、地味な感じがあります。

脚本は「ホジュン」「朱蒙」「オールイン」等のチェ・ワンギュと「朱蒙」「チェオクの剣」のチョン・ヒョンス

原作はチェ・インホ(崔仁浩)の小説。
原作本は、韓国のビジネスマンが、不撓不屈の精神の歴史上の偉人の成功談にヒントを得ようということでブームに火がつき、ベストセラーになったそうです。





出演者 イム・サンオク(イ・ジェリョン)、パク・タニョン(キム・ヒョンジュ)、チョン・チス(チョン・ボソク)、ユン・チェヨン(キム・ユミ)、パク・チュミョン(イ・スンジェ)、ホン・ドゥクチュ(パク・イナン)他

視聴率的には裏番組の「女人天下」に押され、あまり数字が出なかったようですが、評判のよいドラマのようです。

感想はと言うと。
主人公が危機に陥ってはそれを脱出する顛末は面白かったんですが、私の苦手な道徳臭が鼻についてしまって…。
主人公はかなりスケールの大きい人間のはずなんですが、そんなところがあんまり感じられず、私にはあまり素敵に見えなかったんですね。
なんか、花がないというか…。

そして、基本は善と悪との単純な対立の構図に基づく、勧善懲悪の物語。
分かりやすいと言えば、分かりやすいんですけど。
終盤に出て来るホン・デスとの関係は面白かったんですけれど、体制の中で成功する主人公と逆賊の道を選んだデスを比べたら、わたしにはデスの方が魅力的に見えてしまって…。
う~ん。私が体制内で成功するヒーローが好きじゃない、という好みの問題なのかしらね。

イ・ビョンフン作品がお好きな人には面白いんじゃないかと思うんですが。

それと、私の視聴方法の問題なんですが、週1で、たびたび欠番となることもある、というので50話はちょっとつらいですね。
前の話を忘れたところから見始めることになっちゃう…。

初め数話のざっとしたあらすじは。

訳官を志すものの、夢を果たせずにいた父とともに訳官を目指すサンオク。
実は幼いころから商才を見せてはいたのですが、父親は貧しい身分とされる商人と関わらないようにと厳しく言い聞かせていたのね。
ひたすら勉学に打ち込む日々です。
一家を支えるのは母。男でも辛い塩の商いをしています。
そんな現状に、父の方は訳官の道をあきらめ、商売をはじめようとするのね。
まずは資金稼ぎに謝恩使一行の馬子となり燕京へ行こうとします。
一人で行かすのは心配だと同行することになるサンオク。
ところが、その帰途、松商大房パク・チュミョンが自らの罪を逃れるため、サンオク父子に濡れ衣を着せ、そのことにより、サンオク父は打ち首になり、サンオクは官奴婢に身を落とします。
しかし、そこから少しずつ才能を発揮し、商人になるのね。
そして、湾商の都房ホン・ドゥクチュ(パク・イナン)との出会いにより、「商人は、金ではなく人をもって財となせ」「人が残ること、それが利益なのだ」という商道を学びます。
そんな彼のライバルになるのは、彼の父に無実の罪を着せた松商のチュミョン。
彼はは卑劣な手段を使って幾度となく、湾商を窮地に追い込みます。

そして、恋。
サンオクと、チュミョンの娘タニョン(キム・ヒョンジュ )はお互いに惹かれていくのですが、チュミョンはサンオクにとっては親の仇…。
タニョンについては、後になって分かる重大な秘密があります。これにはちょっとびっくりしました。
だけど、ラブストーリーの部分は味付け程度の扱いだと思います。
あまり過度な期待は持たない方がいいかも。

こんな感じです。サンオクの毎回毎回の逆転ホームラン的活躍をお楽しみください。
[PR]
Commented at 2014-07-02 19:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-03 06:28
鍵コメさん、こんにちは。
GyaOでも始まっていますね♪

私もヒロインがイマイチでした。

>イ・ビョンフン監督作品のなので、「馬医」とよく似ています。
演出に飽きてこないかと・・・。(笑

やはり似ていますいよね~~

感想、お待ちしています♪
Commented at 2014-07-07 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-08 07:24
鍵コメさん、こんにちは。
あっという間に、もう半分ご覧になったんですね!

>イ・ビョンフン作品で一番?になるかもです。今の所。

そうですか!
ここまででそういう感想をお持ちでしたら、そのまま大満足で終わられるんじゃないかしら?
お気に入りのドラマを見つけられて、よかったですね。
また、見終っての感想も教えてくださいね♪
Commented at 2014-07-15 16:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-16 07:22
鍵コメさん、こんにちは。

>この二人よりも女性として、ミグムが・・・可哀想な役だったかな?

そうでしたよね。
彼女に限らず、考えてみると、このドラマの主人公を取り巻く女の人たちって、不幸な生き方をしていますよね…。

>全体的に人生とは何か?と考えさせるドラマです。
>正義は勝つ!です!
>
>最後まで、飽きさせないドラマでした。

イ・ビョンフン監督らしいドラマでしたね。
最後まで楽しくご覧になったみたいで、よかったです!
by kirikoro | 2010-11-07 09:36 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)