なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チョン・ウソンの「ATHENA-アテナ」見終りました


ATHENA-アテナ:戦争の女神 (아테나:전쟁의여신)  ☆☆ 
SBSの月火ドラマ 全20話
韓国公式HP
d0060962_21123843.jpg

脚本:キム・ヒョンジュン、ユ・ナムギョン
演出:キム・ヨンジュン、キム・テフン、ファン・ジョンヒョン
登場人物
イ・ジョンウ( チョン・ウソン)、ソン・ヒョク(チャ・スンウォン)、ユン・ヘイン(スエ)、ハン・ジェヒ(イ・ジア)、キム・ギス(キム・ミンジョン)、キム・ジュノ(チェ・シウォン)他

「アイリス」のスピンオフとして企画されたドラマ。
今回の敵はテロ組織の「アテナ」で、それに立ち向かうのはNTS(国家テロ対策情報院)要員達です。
でも、韓国の大統領名は同じチョ・ミョンホで演じる役者さんもイ・ジョンギルと同一。
他にも共通して登場するキャラも複数いて、「アイリス」のすぐ後の時期の話だと思われます。

ひとりの女に心を奪われる男。
その女が同僚!と知って喜んだのもつかの間、実は彼女はスパイだった…。


14年ぶりのテレビドラマに出演となったチョン・ウソンを始め、豪華な俳優陣。
そして、イタリア、日本、ハワイ、ニュージーランドロケなど巨額の製作費をかけた豪華なドラマです。

視聴率は22・8%で始まったものの、ほどなく10%台に落ち、最終回は14・2%(AGBによる)と下落しましたが、10%台はキープしているので、まったくそっぽを向かれてしまったと言う訳ではないようですね。





どうしても、いろんな部分で「アイリス」と比べてしまうのですが、映像は「アイリス」の都会的でクールなスタイルに対し、こちらは良く言えば重厚、悪く言えばあか抜けない感じ。
また、最新の武器を紹介する?とかで、そういった面にも力を入れていたそうです。(私には全く分からない部分なのですが)
そういう部分で男性視聴者を取り込もうとしていたのかな?
好みの部分が大きいとは思うんですが、私はビジュアルはいまいちでした。

肝心のストーリーはと言うと。
面白い!と嵌まっていらっしゃる方もいらっしゃるんですが、わたしは、ちょっと…。
正直、お子様騙しぽい感じがしたんですよね。私には、ですけれど。
「アイリス」が巨大な謎を投げかけるだけ投げて収拾し切れなかった作品、とすると、こちらはこじんまりとお話をまとめた、という感じですね。

まず、ヒロインがスパイで彼女を愛する男性主人公、という設定から、無理があるのでは?と思ってしまったせいかなあ?
魅力的な素材のようではあるんですが、男性主人公がヒロインを守ろうとすればするほど、情報要員としてはお間抜けな姿になると思うんですが…。

だけど、スエの演じるヒロインは魅力的でした。。
彼女のの背景だけはかなり細かく描写されているんですね。
彼女だけはこのドラマの中で生き生きしています。
そして、運動神経の鈍そうなイメージのある(これ、私だけが思っていたのかなあ?)彼女が派手なアクションシーンをこなし、クールな殺し役を演じ、恋や人情に揺れる女の顔を見せて、と彼女のヒロインは見ごたえありました。

だけど、彼女を除くと、主人公に限らず、登場人物のキャラが平面的で奥行きがないんですね。
キャラが平面的だと、演じる俳優さんにしても表情の演技がワンパターンにならざるを得ないと思うんですね。
そうなって来ると、ますますドラマが退屈なものになると思います。

敵側のチャ・スンウォンにしても、彼の夢自体がよく分からないからなのか、彼の行動に説得力がなく、アテナ自体がとてもちっぽけな存在に思えてしまいます。

その中でも一番もったいないな、と思ったのがチェ・シウォン。
出演分量はそこそこあるんですが、内面にはほとんど踏み込んでいないのね。まるでビジュアル担当です。
彼は既にドラマでもそこそこ顔を知られている俳優さんですから、あまりステップアップにはならなかったのでは?
イ・ジアの演じるジェヒとの感情のやり取りなどがもう少し描かれていると面白くなったと思うのですけれど…。
これから顔を売り出す俳優さん向けの役柄だと思いました。

それに対し、終盤になって登場したチャンミン ( 東方神起 )はなかなか、おいしい役。
彼は韓国の放送ではこのドラマの直前に放送されている、もう一つのドラマ「パラダイス牧場」の主演男優なのね。
やはり、内面は全く無視されているキャラなんですが、短い分量で「パラダイス~」とはまるで違った役も演じられますよ、という姿をアピールできたのでは?と思います。

それからアテナ自体の戦略もチャチだと思うんですが、NTSにしても、あまりにも脆弱でお粗末すぎる、と思うのね。
もう少し説得力のあるストーリーが欲しかったな。
アイデアのみで、細かいところを全く詰めないまま見切り発車したようなドラマに思えました。

だけど、そんな中でも光っていたのが「アイリス」で北の工作員を演じていたキム・ソヨンのその後の物語。
ほんの短い出番でしたが、強い印象を残してくれました。
彼女が「アイリス」のパート2で重要な役目をすることになるんでしょうかね?
彼女のところへと向かったギスも北へ帰ったようですし、その後のストーリーはとても興味があります。
このドラマ単体としては不満な部分も多かったのですが、「アイリス2」の内容次第では、プラスアルファの価値がついて、より面白く感じられることになるという可能性も秘めているドラマではあると思います。
そう言えば、ジョンウの背景もあんまり明らかになっていないんですよね。
ジョンウの親も殉職しているようですが、ちらっと出ただけで後は全然触れられていなかったんですよね。
そういうバックがほとんどこのドラマには出ていないんですが、もしかすると「アテナ2」で背景に奥行きが出たりするのかも、なんて期待もあります。

お話の出だし部分のあらすじはこんな感じ。

韓国では新型原子炉の完成をまじかに控えています。
大統領のチョ・ミョンホは世界中のテロ攻撃から韓国を守るため、NTSという組織を作っているのですが、米国の国土安保部の東アジア支部長としてソン・ヒョクが韓国へとやって来ると言う情報を受け、クォン・ヨングァンにNTSの局長を引き受けてくれるように要請します。
ヨングァンは3年前、北朝鮮の物理学者のキム・ミョングク博士の亡命計画を遂行途中、多くの部下を失っていたのね。
それ以来引退していたようですが、その時に彼に立ち向かったのがソン・ヒョク。
キム博士の亡命は何とか可能だったようで、彼の力で新型原子炉の計画も順調に進んでいたようですが、ソン・ヒョクが韓国に来るのは何か、思惑のあってのことだと思われます。
ところで、この時、ヨングァンは顔を見ていないのですが、ヒロインのヘインもソン・ヒョクと行動を共にしていたんですね。

そのヘインが遊園地に子供を引率して来ているところを見て、一目惚れしたのがNTS要員のイ・ジョンウ。
声をかけようとするのですが、そのまま消えてしまうヘイン。
ところが、偶然立ち寄った、国情院で安保展示場の案内係をしているヘインに再会。
またもやアタックするのですが、冷たくあしらわれてしまいます。

そして、イタリアでの特殊任務を命じられ、出向くのですが、その先で彼のパートナーとして顔を合わせるのがヘイン。
彼女はブラック要員と呼ばれる、特殊要員としての顔を内部でも全く秘密にしている秘密要員だったのです。

ますます彼女との縁を感じるジョンウだったのですが、ヘインは冒頭にもあるように、裏の顔があるのね。
ソン・ヒョクの部下として働いているようです。
ソンヒョク自身も、米国の国土安保部の東アジア支部長というのは表の顔で、実はアテナという世界のエネルギー市場を掌握している秘密組織に属していて、ヘインもまた、アテナの一員なのです。
アテナは韓国の新型原子炉の開発を阻止すべく、キム博士を自らの手の内に収めようとしているのね。

一方、別の件でロシアマフィアを追うジョンウは過去の恋人ハン・ジェヒと再会します。
彼女の父親も特殊要員出身で自分の仕事のために妻を失った経験から、ジェヒと付き合うならば特殊要員をやめるようにと言われ、別れたようです。
ジョンウは今ではすっかりヘインに夢中なのですが、ジェヒの方は未練がある感じ。
そして、ジェヒもNTSへとやって来ます。

アテナの方ではキム博士の所在を追うのですが分からず、イタリアに留学中の大統領の娘の拉致を試みます。
彼女と引き換えにキム博士を手中にするつもりなのね。

NTSではターゲットは分からないものの、国際的なテロリストが不審な動きをしていたことから、ジョンウが元北の工作員のギスを協力者として連れ、イタリアに入ります。
ターゲットの分からないまま大統領の娘と接触するジョンウ達。
ようやくターゲットが彼女と気付いた時には一足遅く、彼女は拉致されてしまいます。
まずジェヒがイタリアに来て、臨時指揮本部を設置し、続いて局長やヘインもやって来ます。

一方、キム博士を渡すことにも同意できないけれど大統領の娘も見殺しにはできない大統領府はアメリカに支援を要請し、東アジア支部長のソン・ヒョクが現地入り、NTSを自分の配下に置きます。
でも、じっとしておれず、自分達も別個に救出に向かおうとしているジョンウ達に、人質の情報を教える局長です。

こんな感じで始まり、その後、ヘインもNTS要員に配置替えとなります。


私自身はあまり楽しめなかったドラマですが、合う人には合うドラマなのかも…。
[PR]
Commented by おじょです at 2011-09-11 12:26 x
今日は。。。

   何日か前から。。。見始めました
     そうですね~~~重い感じがしますね~主役クラスが・・・二人とも落ち着いてますよね
    アイリスは見たことないんですよね
      イ・ビョンホン・・・が・・・・痩せすぎていて~お顔が・・・恐く
        でも、見れば嵌るかなって思いますが
      しかし。。。
        いろんなドラマ見てますよね~うらやましいばかりで
          仕事&・・・親との生活だと。。。そうはいかないですね
        ホワイトクリスマス。。。は二週間。。。くらいかかりましたよ
         
          。。。。アテナ。。。
       ダメであれば・・・・ジャイアント・・・・にいきそうですわ
Commented by kirikoro at 2011-09-11 22:02
おじょさん、今度はアテナ」ですか。
チャ・スンウォンさんが出ていますもんね。

ジャイアントご覧になるのでしたら、最初はなかなか面白く思えないかもしれませんが、後になるほど面白くなって行くドラマなので、辛抱強くご覧くださいね。

Commented by おじょです at 2011-09-19 19:19 x
今晩は・・・

    苦戦中・・・・って感じですね~だから4話から進まない
     主役のチョンウソンさん・・・なんか『間抜け顔』で~???ピンと来ない~然し~福山雅治に似てる
      ・・・・・・イ・ゾアさん。。。頑張ってますね~彼女はおっとりした感じがあって、動くというイメージがない
    愛する。。。チャ・スンウォン・・・????
      まぁ~~~~頑張りますわ
Commented by kirikoro at 2011-09-19 21:49
おじょさんは苦戦中ですか…。
チョン・ウソンさんがお間抜けに見えるのは役柄のせいかな、と思っていたのですが、顔自体がそうでしたかね?

まあ、ぼちぼちご覧ください。
Commented by おじょです at 2011-09-20 17:26 x
私が思うのだけど、太陽を飲み込めの「チソン」
   アテナの『チョンウソン」・・・正統派の美形には何か物足りないものがあるのかなって~二人とも『緊張感』のない・・・危険な目にあってても~表情として出にくい・・・イケメンすぎる弱点かなっておもってますが?
     
Commented by kirikoro at 2011-09-20 18:29
う~ん、アテナのチョン・ウソンさん、正当派の美形ですか。私の美形の範疇には入らないんですが…(個人差ですね)
「太陽をのみこめ」のチソンは私が初めてチソンを美形と認めたドラマで(この人、役によってまったく美形に見えないんですよね)私はこのドラマのチソン君、かっこ良いし、かっこいい人の危機に陥る姿って素敵!と思って見ていたんです…。
<美形>が絡むと人の見方って、おおきく変わりますね!
Commented by おじょです at 2011-10-01 19:02 x
やっと、半分すぎたかな

   色んな物を簡単に奪われたり&取替えしたり・・・何のこっちゃぁ~~~って感じ
    四人の。。。恋愛・・・を絡ませ、充実させればいいドラマだと思いますね
      ・・・・・リタイア・・・したいけど・・・早送りでも十分に理解できるので。。。突き進みます
Commented by kirikoro at 2011-10-01 20:12
おじょさん、こんばんは。
「アテナ」なかなか苦戦しているみたいですね…。

・・・突き進んでください。
Commented by おじょです at 2011-10-05 17:36 x
昨日・・・無理やり終わらせました。
  かなリの不満ですね~俳優陣は皆…飾りっぽく感じましたね。
      とくに 
    スーパージュニアの子も…東方・・・もね
     ただ・・・よかったのは「ギス」かな~
   主役クラスの俳優さん達はかわいそうに思えましたね~これじゃぁ視聴率はあがらないでしょうね
     ・・・・・・変につかれたな     
Commented by kirikoro at 2011-10-05 19:13
おじょさん、お疲れ様!
このドラマ、ほんとに、役者さんたちにとってかわいそうなドラマだった、と私も思います。
今度はいいドラマで会いたいですね!
by kirikoro | 2011-02-22 22:05 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)