なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チェ・スジョンの「プレジデント」視聴完了


プレジデント(프레지던트) ☆☆☆☆

KBS2の水木ドラマ 全20話(テレビ版は25話に編集されるようです)
韓国公式HP
d0060962_217418.jpg

演出 キム・ヒョンイル
脚本 ソン・ヨンモク 、 チョン・ヒョンミン 、 ソン・ジヘ

原作 かわぐちかいじの「イーグル」(コミック)

出演者
チェ・スジョン( チャン・イルジュン )、ハ・ヒラ( チョ・ソヒ )、ジェイ( ユ・ミンギ )、ワン・ジヘ( チャン・イニョン )、イ・ソンミン( チャン・ソンミン )、カン・シニル ( イ・チス )、キム・フンス(キ・スチャン)他

韓国ドラマ初の本格政治ドラマ。
その巨大なエネルギーが爆発する大統領選挙のただ中に視聴者を招待いたします。

大統領は神ではなく人間だから、すべての国民の願いを成すことはできない存在だが、人々は彼に神のような神であることを望む。
それは、現在の私たちの生活があまりにも疲れてだるくて大変だからだろう。
いや、今現在疲れて苦しくても、未来への希望を投げてくれるリーダーを切に望むだろう。

このドラマは、まさにそのような渇望から始めようとする。
にもかかわらず、現実に存在しない架空の人物であっても、人々に夢と勇気を吹き込んでくれることができる指導者像を見せようとする。
大統領選挙という戦場で繰り広げられるいろいろな種類の謀略と中傷やいんちきと暴露の泥沼の中で、黙々と正道を守り、ついに勝利してしまう一人の人間の愛国心と不屈の精神を見せようとする。

しかし、このドラマは現実と全くかけ離れた理想ばかり見せようとするドラマではない。
大統領の地位に上がるまで、一人の人間が苦しまなければならない想像を絶する苦しみと悲しみ、彼を頂点になされる周辺の人々の嫉妬と競争。
必ず大統領になろうという強い意志。
その権力意志を達成するために、捨てなければならない大切なものたち。
新聞記事の背後に隠されている大統領候補個人の赤裸々な生活、そして勝利と敗北、その絶頂の瞬間まで、このドラマは、生きている政治のうごめく内面を鮮やかに見せようとする。

(HPの作品紹介からの抜粋)

この中の「正道を守り」というところはいささか疑問符が付くと思います。
主人公チャン・イルジュンは、国の未来を、より良いものにしようとする意味では正義の人ですが、その過程においては手段を選ばない部分もあるのね。
裏番組の「サイン」で言うならばライバル役のミョンハンのような役どころです。
ダーティヒーローではないけれど、清廉潔白な主人公でもない、複雑な人間像が魅力的です。

演じるチェ・スジョンは国民的俳優と言われているんですね。
私は実は、少し苦手な俳優さんなのですが、このドラマでは苦ではありませんでした。
むしろ、わたしが苦手としているいい人イメージが表の顔、と明確になっている分、プラスに作用して見えました。




そして、彼以上に手段を選ばない人たちに助けられ、大統領選を戦っていくのね。
その代表格がイルジュン妻のチョ・ソヒ。
自ら光であるイルジュンの陰になる、と言って汚れ役を引き受けています。
彼女を演じるハ・ヒラは実生活でもチェ・スジョンの奥さんなのだそうで、その共演と言うことでも話題になっていました。

きれい事ではない選挙の内幕と、その中にいる人たちの愛と憎しみ、希望と失望、喜びと悲しみを堪能できるドラマだと思います。
ストーリーも面白く、ラスト2話でのどんでん返しには、予想もしていなかったことで驚きました。
ただ、当初24話で企画されたものが20話に短縮されたためか、最後は少し駆け足気味かな、という気もしますが、その分、スピーディーなラストになったと言えるかもしれません。

視聴率は一ケタで終わりましたが、視聴者の評判は良かったドラマのようで、続編のシナリオ制作が完成の段階だとの情報もあります。
もっとも、視聴率の不振には番組の放送時期に大きな問題があったのではないかと思います。
このドラマのスタート時には裏番組で女性大統領の誕生を描いた「大物」がすでに終盤、という状況。
このタイミングでぶつけて来るのはちょっとつらいのではないかと思います。
その上、主人公が単純明快な分かりやすいキャラじゃなかったことも、やはり視聴率が伸びなかったことに繋がるでしょうね。

あらすじの前にイルジュンの選挙陣営の主要スタッフとイルジュンの対立候補をまとめておきます。
d0060962_20304264.jpg

左から、イ・チス(選挙本部長)オ・ジェヒ(メディア総長)ユン・ソング(政策チーム長)キ・スチャン(政略企画室長)チャン・イニョン(随行秘書、イルジュン養女)

d0060962_20311840.jpg

党内予備選で争う与党、未来党候補 左からパク・ウルソプ、シン・ヒジュ、キム・ギョンモ
d0060962_20321573.jpg

本選で戦う野党側候補
ハン・デウン(韓国平和党)


あらすじは4話まではこちらに、残りはネタバレになりますので、別ブログに書きます。
ただし、10話ぐらいまではほんとに簡単で、4話~6話はメモも取っていなかったので、HPのあらすじの訳程度です。
(ここでのあらすじはオリジナル版によっていますので、テレビ版とはずれがあると思いますので、ご了承ください)

5話~最終話のあらすじは、記事の最後のリンク先をご覧ください。
19話と最終回の20話は白文字にしてますので、ラストのネタバレだけは嫌だという方も、安心してお読みくださいね。

1話
オープニングは大統領選まっただ中のシーンから始まります。
裏金問題で危機のチャン・イルジュン候補。
妻が何とか収拾しようとしますが、厳しい状態です。
そんな中、記者会見に臨むイルジュン。
でも、その彼に向かい一発の銃弾が発射されます。

その4か月前。
イルジュンは出馬表明をします。
ところが、ちょうどその日、ドキュメンタリー記者のユ・ミンギの母親がプロパンガスの爆発で死亡します。
そんなミンギの元にイルジュンから選挙活動中のドキュメンタリーを制作してくれ、との依頼があります。
政治には懐疑的なミンギですが、イルジュンの養女でもある随行秘書のチャン・イニョンに説得されパーティ会場へと向かいます。
そこで対面したイルジュンに、何故弱小制作社のPDである自分が?と問うミンギ。
それに対し、子は父親を知る権利がある、と自分の息子であることを告げるイルジュンです。

2話
母親とは短い恋だったとか、母親とのことを美化もせず話すイルジュン。
結婚後、子供のことを知ったが、お互い歩むべき道が違う、と、その後もミンギ母の元を訪ねなかった理由を話します。
ショックを受けるミンギですが、考えた末、ドキュメンタリーの仕事を受けることに。

一方、ミンギ、イルジュンともミンギ母の事故に疑問を持って調べるものの、やはり事故だったということで捜査は終了します。
ところで、イルジュンの夫人はミンギについて何か知っている?って感じです。

そして、選挙活動の方は青年たちとのテレビ討論会が行われます。
政治に対して文句を言う学生たちに、失業の原因は君たちにもあると言い、怒りを買うイルジュン。
謝れと要求する学生たちなのですが、逆に選挙へと足を運ぶようにと説得して見せます。

さて、党内予備選挙ですが、大統領はキム・ギョンモ候補を応援して、見返りを要求しています。
そして、イルジュンのもう一人の息子ソンミンは、父親の陣営に入れてもらおうとキム候補のスキャンダルを見せますが、提供者は金が狙いだ、と諭し、また、彼をここで消せば等にとって不利と一蹴するイルジュン。
その一方、陣営はパク・ウルソプ候補のスキャンダルを入手。
こちらは使える情報と判断し、党のマニフェスト政策選挙協約式に時間を合わせてネットにそのスキャンダルを流させます。
それを見たミンギ、イルジュンの家に住み込みで取材をしたい、また、イルジュンが正しくないとしたら、そのドキュメンタリーにはイルジュンが捨てたミンギの母とミンギに捧げるとのテロップを入れる、と。

3話
イルジュンの妻はミンギと母親の写った写真を持っていますから、ミンギの正体を知っているようです。
もしかしたら、母の事故も?という風にも見えます。

イルジュンは検事出身のシン・ヒジュ候補と手を組みますが、そこにキム・ギョンモの裏金問題がネットに流れます。
ソンミンが流したのね。
イルジュン妻は人脈と金で解決しようと思うのですが、ギョンモの出版祝賀会に出かけるイルジュン。
息子のことを謝り、ギョンモをテレビ討論へと引っ張り出すことに成功。
イルジュン妻は形勢をプラスにするとはいえ、息子に傷を負わせてのイルジュンの対処に不満をぶつけます。

4話
そして、大統領夫妻に招かれて食事へと行くイルジュン夫妻。
大統領夫人はイルジュン妻の先輩で、イルジュン支持に回りたいのですが、大統領は既に、キム・ギョンモ支持を決めているのね。
それを知ったイルジュンはより強いカードが必要、と党代表のコ・サンリョルの力を借りようと会いに行きます。
ところが、代表は暗にイルジュン妻の兄、テイルグループの会長の財力を求めているようなのね。

   →「プレジデント」あらすじ続き
[PR]
by kirikoro | 2011-02-26 20:38 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)