なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ドリームハイ」には新韓流の予感が!(視聴後感想)


ドリームハイ(Dream High、드림하이)  ☆☆☆☆
d0060962_2313897.jpg
 
韓国公式HP
他のページへのリンクがないみたいなので、ポスターダウンロードのページ
ここから、他のページにもリンクぢています。

脚本:パク・ヘリョン
演出:イ・ウンボク
クリエイティブプロデューサー: ペ・ヨンジュン、パク・チニョン
*クリエイティブプロデューサーとは、"作品全体のコンセプトやアイデアを提供する役割。 現場でスタッフと一緒に演出もする、ということのようです。

ペ・ヨンジュンさんは皆さんご存じだと思いますので、略。

パク・チニョンさんはウィキペディアによると
「韓国の男性シンガーソングライター、音楽プロデューサー、実業家である。
音楽プロダクションJYPエンターテインメントの創業者で、god、ピ、ワンダーガールスらをスターダムに導いたことで知られる。」
とのこと。
Rain(ピ)の先生として、よく話題になっていますよね。
このドラマでは音楽の振り付けもこなし、自ら役者としても重要な役を担当。
しかも、なかなかの好演で、知らなかったら、演技慣れした助演者だと思うぐらいです。
彼の活躍が光ったドラマですね。
彼の存在なしにはこのドラマは成立しなかったと思います。

彼にしても、ペ・ヨンジュンにしても、後進を育てるということ、また、後輩たちの活躍の場を広げるということに、多大な関心を持ってのドラマ作りだったのではないかなあ、と思います。

出演者
キム・スヒョン、ペ・スジ、オク・テギョン、ハム・ウンジョン、オム・ギジュン、チャン・ウヨン、アイユ (IU)

舞台は国内最高の歌手を多数輩出している名門芸能芸術高校。
その生徒たちの夢と希望、挑戦と挫折、そして愛と友情の物語。
未来に向かっての肯定的なメッセージが散りばめられたストーリーです。





このドラマの見どころはこんな所ではないかな。
一つ目は、まず、物語と音楽の融合。
新しい韓流の波を予感させるドラマです。
「イケメンですね」以降、ドラマの中にK-POPを持ち込む動きはありましたが、このドラマでは音楽の比重がとても高く、ストーリーと同じぐらい重要な要素となっています。
ストーリーを追う楽しみと同時に、聴きごたえのある音楽やダンスを堪能することができます。

2番目は若い出演者たちのパワー。
ほとんどが演技は初めての若い出演者で、最初は演技力不足が気になったのですが、あっという間に気にならなくなりました。
脚本の方でも、彼らの個性に合わせ、キャラクターを演じやすいものに変化させて行ったんじゃないかな、と思いますが、彼ら自身も頑張ったんだろうな、と思います。
特にヒロイン役のペ・スジはかなり叩かれたようですが(実際、最初の2話はひどくって、私も見るのが苦痛なほどでした)その後、彼女なら出の魅力を発揮するようになって行ったんですね。
その役者さんたちの姿がドラマの中の登場人物の成長の向こうに見えるような気がするんですね。
人間って、成長するとき、何かを成し遂げる時、周りにもそのパワーを発散することがあると思うんですが、そういう瞬間を見るような思いがしました。
錯覚にすぎないのかもしれないけれど、錯覚にしても、よくできた錯覚だと思います。

3番目は育てる人たちの物語。
この人たちの生徒への愛情をすごく感じるんですよ。
でも、その中心となるオヒョク自身、一方的に教える立場に立っているだけではないんですね。
最初から優秀な教師ではなく、落ちこぼれ教師で、仕方なく、落ちこぼれたちの面倒を見ることになり、理想的な教師へと変わっていきます。
彼にしても、そのほかの人たちも皆、生徒とともに成長する人たちです。それを可能にするのは情熱なんですね。
こんな人まで、と思う人まで育てる立場へと変わっていきます。
また、教える側と教えを受ける側が相互に影響し合ってお互いを成長させていく姿も感動的です。

ストーリー的には、主人公たちが難題にぶち当たっても、何故か簡単に解決しちゃう感じがするのはちょっと、甘い展開かな、とは思うのですが、夢を諦めない限り、必ず事態は好転する、と言うメッセージを前面に出す物語なので、まあ、それもありかな、と思います。

だけど、ラブラインに関しては、ちょっと私は不満です。
16話でこれだけ音楽の比重が多いドラマで、韓国ドラマの定番の四角関係を取らなければいけなかったのかな?とちょっと疑問。
でもまあ、これはゆるせる範囲と言えば許せる範囲なんですが、ラストだけは、何とかならなかったかな、というのが素直な感想です。

と言っても、語られている個々の収め方には不満がないんです。
ただ、見せ方の問題だと思うんですよ。
16話の前半まではとても面白かったドラマがこんな風に終わるなんて!という感じなんですね。
どうにも不完全燃焼って感じのラストでした。

これって、単に構成の問題だと思うんですよね。
何で最後の最後がこのシーンなんだ?!としか言えません。
このシーンはこのシーンで美しいシーンなんですが、これで終わるのはこのドラマのラストとして、ちょっとどうかと思うのね。

このシーンは時間系列のままに入れて、最後はやはり、ヘミのコンサート、そして「K」のステージで終えるべきだったんではないでしょうか?!
このラストのせいで、わたしは最終話のアップもなかなかできませんでしたし、このまとめの感想まで、だいぶん悩んでしまいましたよ。
このラストでなければ、星の数は迷うことなく4つだったのですが、このラストのせいで大分迷いました。
でも、このドラマの存在意義を考えた時にはやはり4つかな、と思って4つにはしたのですが…。

出来ることなら、最終話を再構成して作りなおして欲しい、とまで思います。
日本版用にディレクター版、別構成の最終話、なんて作ってもらえないかしらね。


*各話のあらすじは別個に書いています。
タグ「ドリームハイ」をクリックしてお読みください。


*アンケートも実施中です。
よかったら、ご参加くださいませ。

    →「ドリームハイ」は面白かった?
[PR]
Commented by redwolf at 2011-03-04 08:24 x
初めまして。素晴らしいまとめですね。ラスト、私は納得でした。ジンググが「誰がペースメーカーかまだわからない。」ってセリフがあったように、Kがグラミーのステージに立つことは最終的なゴールじゃなくって、夢に向かって歩く道の途中なんじゃないかなって思うから。華やかであってもなくても、みんなそれぞれ夢に向かって歩いている姿は美しいですね。子供たちの夢を応援したい。失敗したり傷ついたりした時、味方になりたい。そして子供だけじゃなくって、大人も一生夢に向かって歩いていきたいなって心の奥が熱くなるいいドラマでした♪
Commented by kirikoro at 2011-03-04 09:17
redwolfさん、はじめまして。
お読みくださってありがとうございます。

わたしも、夢の途中を感じさせるラストがいい、と言うのは同感です。
ただ、ラブストーリーはこのドラマではちょっと弱い部分だったかな、と思うので、なんか、がっかりしちゃったんです…。
Kがステージに向かってジャンプするところで終ったらよかったのに、と思ったのね。

でも、もちろんそれは私の考えで、ご覧の方すべてに自分にとってのベストな形があるのだと思います。
わたしはどうしても、ラストが納得できなくって、自分なりの収まりがいい形を考えてみたんですよ。
ブログという、一方通行になりがちな場所では、私とは違う感じで受け取られた方のコメントは、とても貴重です。
ありがとうございます。
Commented by komachi at 2011-03-04 17:08 x
こんにちは。
私もこれとても楽しくみました!
★も5個に近い4個、という感じ、甘いかなあ。^^

>新しい韓流の波を予感させるドラマ・・・

そうそう、そんな感じがしました!
シーズン2以下もどんどん作れそうですね、アイドルも山ほどいるし、キリン芸校には新入生もどんどんはいってくるだろうし。笑

スジの演技は、・・・まあ初回なのでやむを得ないのですが、相手のセリフや演技を受けるときがあまりにも無表情なもので、苦笑しました。

私がちょっと不満だったのがチングクで、出だしもっとワイルドな子だと思っていたので、だんだんおとなしくなったのが残念でした。
でも、さすがにステージでの彼(テギョン)は、体格ですごく見栄えがするしダンスもキレがあってうっとり見てましたが。^^
Commented by kirikoro at 2011-03-04 19:23
星6つ近く、というのも分かります。
私は最後がともかくダメで、ちょっとランクを落としてしまったんですが、評価はそれぞれの視聴者がどこを重視するかで、変わって来ますもんね。

細かいところはいろいろとあっても、やはり、このドラマの持っているパワーはわくわくしました。

シーズン2はまだ、具体的には何も決まっていないという話なんですが、海外の反応待ちなんじゃないかしら?
ヘミ妹の登場もシーズン2への布石?という話もありますし、発表はできないまでも、プランは既にあるんじゃないかと…
そうなると、嬉しいですね。

チングクは一見ワイルドだけど、実はナイーブな子って設定だったんだと思うので、わたしはマルです。
ダンスは、彼がぴか一ですね!

そして、じつはキム・スヒョンは回りのレベルにダンスはまるでついて行けてなかったのでは?と思っています。(私の思い込みかな?)
うまく編集されていましたが、ところどころで…。
歌以上にプロの人たちに近付くのは難しいジャンルなんでしょうね。
Commented by ぐりこ at 2011-03-05 01:19 x
こんにちは!
more以下読まずにコメントしてます。
文が変だったらすみません。


「ドリーム・ハイ」、「サイン」に続いて今最も見たいドラマです。
パク・チニョン氏が光ってるとはますます見たくなりました!

後進を育てていく情熱。
「風の絵師」のパク・シニャン氏もそうでしたが、自分が輝くだけではなく後輩が輝く背中を押してあげる姿勢というのは本当に感動します。
それと後輩の輝き所がかみ合った一瞬って、なんともいえない感じがあって妙に頭に残りますよね。

余談ですが、IUはデビュー前JYPのオーディションに落ちてるんです。
でもJYP所属の歌手とコラボ曲を発表したり、このドラマに出演したりと、縁が続いてるのが面白いなぁと個人的に思ったりしました。

Commented by kirikoro at 2011-03-05 07:40
ぐりこさん、おはようございます。
K-Popにお詳しいんですね!

〉余談ですが、IUはデビュー前JYPのオーディションに落ちてるんです。

放送中にニュースになっていたんですが、それを知って見ると面白く見えるシーンもあるようですよ。

〉「風の絵師」のパク・シニャン氏

そうでした!
この人も、後進を育てていこうと言う姿勢が明確な人ですね。

このドラマも”輝き所がかみ合った一瞬”が見られますよ。

それから、わたしのブログはこのブログ内ではネタバレはしていないので、それを心配してのことでしたら、moreをご覧になっても大丈夫ですよ。
moreを使っているのは、このブログは新しいものばかり、テレビでやっているものを探して読まれる方、といろいろいらっしゃるようなので、能率的に読めるようにと考えてのことなんですよ♪
Commented by みう at 2012-10-07 16:56 x
ぺ。ヨンジュンがこのような若い人たちの理事長となってするってのは凄くよかったです。

少ししか見れなくて改めてみようと思っているドラマです。
いなかっぺの子はいま飛ぶ鳥を落とす勢いですよね、ぺ氏の事務所にいます。テギョンは2PMでも人気が高いです。
つらつしてて、気持ちのよいドラマだったです。
学校と言う設定なら、別にもありますが、若者の飛び出していく成長過程の辛さや迷い、先生、ここでですよ女残りのお医者さんを見たのは、あの先生も熱意に満ちていたし、女の先生も熱意に見ていて、最初から見なかったことを後悔しました。。。きかいあらば、見たいですが、基本一度見たものはみないのです。なぜでしょう。苦笑 見られないんです。
Commented by kirikoro at 2012-10-07 18:16
ペ・ヨンジュンが登場して、K-POPの人たちが大挙出演、となると海外輸出向けに作られたドラマじゃないか、と心配だったんですけどね。
たしかに、海外輸出を非常に意識して作られた作品だとは思いますが、ものすごくまじめに作られているドラマでしたよね。

みうさんはドラマは1回しか見ない方なんですね!
私は、時間が無いと言いつつ気に入ったドラマは何度でも見てしまいます…。

こればかりは性格なんでしょうね。
Commented by tamaen at 2013-11-01 03:45 x
Who are youのコメントで、kirokoroさんが『ドリーム・ハイ』でテギョン堕ちしていたとのことだったので、わたしもついに見てみました!!
実は、どうせアイドルがわいわいやってるドラマなんでしょーって感じで、バカにして見てなかったこのドラマ。

バカバカバカ!
バカなのは見てなかったわたしよ!!!!!!!
と、あっという間にすっかりはまって、2日で見終えました。

テギョン見たさに見始めた『ドリーム・ハイ』でしたが、
すっかりスヒョンくんにハマってしまいました。
観覧車のシーンなんて、胸が痛くて痛くて。。。
彼も、コン・ヒョジンちゃんと同じく、顔自体よりも、表情が心にぐっとくる俳優さんですよね。
『太陽を抱いた月』では、良かったけど、まだちょっと幼さが残ってて、役にぴったりではないなと感じたんですが(わたしは陽明君派でしたし)、高校生役ならバッチリでした◎◎◎◎◎

スジは、後半、サムドンを気になりだしてからかな。
THE青春時代!という雰囲気ぷんぷんで微笑ましかったですし、
テギョンは、とにかくかっこよかった!笑。その一言です。

長くなりますので、次へ続きます。
Commented by tamaen at 2013-11-01 03:46 x
(続き)
わたしが一番好きなシーンは、皆さんとは違うかもしれませんが、
序盤に、皆で少女時代のGenieを歌ったシーンです。
浪人兄さんのために、皆で歌って踊ったあのシーンで、正直、自分でもびっくりだったんですが、うっかり涙が出ました。
思いっきり気持ちが伝わってきたんです。さすが伝達力の練習!笑

そして、今までの印象とガラリと変わったのがIUでした。
彼女については、歌っている姿を数回見たことがあるだけで、
好きでも嫌いでもなく、へえ、この子人気あるんだーという程度の認識しかなかったんですが、
このドラマで見せてくれた姿、聞かせてくれた歌声に一気にファンになってしまいました。
顔だって、スジよりかわいいし(笑)、歌声だってかわいいし心地良いし♪
わたしのなかで、1ヵ月IU熱が続いたら、CDを買おうと思います。

そして、やはり青春ドラマだからか、見終わった後の爽快感はさすがですね。
自分の学生時代を思い出したりしながら、最初から最後まで懐かしさやうらやましさなど、いろんな感情と一緒に見れました。

最後に、カン先生&ジンマン先生、マ社長。
いいキャラクターでしたね。大好きです♪
Commented by kirikoro at 2013-11-01 08:12
tamaenさん、こんにちは。

>どうせアイドルがわいわいやってるドラマなんでしょーって感じ

歌手系アイドルが大挙出演で、その上、ペ・ヨンジュンまで出演となると、絶対商業的意図を感じてしまうんですよね。
私も、見始めるまでは、売り込み目的のお手軽ドラマだろう、と高をくくっていました。

スヒョンくんの「太陽を抱いた月」が役にぴったりじゃなかった、というのは私も思っていたことで、彼を含め、若い人たちが若い役で出演のこのドラマ、登場人物を魅力的に見せていましたよね~~

tamaenさんはジニジニがベストシーンですか♪
いいドラマって、何げないところで泣かされますね。

IUも輝いていましたね。
私はK-POPは興味の対象外なので、彼女はこのドラマで初めて知りました。

>顔だって、スジよりかわいいし(笑)、歌声だってかわいいし心地良いし♪

同感! 特に声に癒されますね♪

脇役のキャラもおっしゃるように良かったし、このドラマ、アイドルドラマだろう、と見ずにパスしている方に、ぜひ見ていただきたいドラマなんですよ!

by kirikoro | 2011-03-03 23:16 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(11)