なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ヨウォンとチョ・ヒョンジェの「私の期限は49日(49일)」見終わりました 


私の期限は49日(49일)    ☆☆☆☆

SBSの水木ドラマ、全20話
SBS公式HP
d0060962_22114457.jpg

演出:チョ・ヨングァン 、パク・ヨンスン
脚本:ソ・ヒョンギョン
出演者
イ・ヨウォン(ソン・イギョン)、チョ・ヒョンジェ(ハン・ガン)、ペ・スビン( カン・ミノ)、ソ・ジヘ(シン・インジョン)、チョン・イル(スケジューラ)、ナム・ギュリ(シン・ジヒョン )他

事故で植物状態になったジヒョンに与えられた49日。
この間に真実の涙3粒を得ることができれば生き返ることができるのですが、その中で知る婚約者と友人の裏切り。
ジヒョンはイギョンの身体を借りて真実の涙を集め、また、さらなる裏切りを阻止しようとします。
彼女は生き返ることができるのでしょうか?

そして、サブストーリーとして、5年前に恋人を亡くして以来、生きる意欲を失ってしまったイギョンの物語があります。
イギョンは再び、生きる意欲を取り戻すことができるのでしょうか?

ジヒョンの49日を追うことにより、真実の愛と人生の真の意味を問いかけるドラマです。
よく練られたストーリーで視聴者もこのドラマを見終えた時にまた、自らの生き方を問い直すことになるかもしれません。

視聴率は初め一桁スタートだったのですが、やがて、同時間帯1位を占めるようになり、最終話は最高視聴率の17.1%(TNmS)で終了したようです。

私がこのドラマの見どころと思うところを少し紹介しますね。




1、設定と素材の面白さ。
日本でも人の死後49日が過ぎて成仏、という思想はおなじみですが、このドラマはその古くからの設定を現代的にアレンジしています。
この世のあの世の境の49日間、そして、憑依といういわばファンタジーに類する道具立てが用いられているのですが、これが効果的なんですね。
お話は進展して行くにつれ、ジヒョンとハン・ガンのラブストーリーが大きな部分を占めるようになるのですが、このファンタジーが次々と切ない状況を作り出し、興味深い展開を作りだして行きます。
私は序盤はそうのめり込めなかったのですが、回が進むにつれ、どんどん面白くなっていき、終盤になるとますます面白くなって来ました。
そして、複雑に絡み合う、主要人物たちの縁。
意外なところが結びついたり、絡まりが解けたり、と起伏に富んだストーリーを作りだしています。
脚本を書いているのは「華麗なる遺産」「検事プリンセス」の脚本家さんです。

2、イ・ヨウォンの2役演技。
ジヒョンと現在のイギョンはまったく違ったイメージなので、そうは難しいとは思わないのですが、恋人を失う前のまだ明るかった頃のイギョンとジヒョンはギャップがだいぶん小さくなるんですね。
それでも、二人の性格の違いを明確に演じ分けていた演技力はさすが、と思いました。

3、チョ・ヒョンジェの演じるハン・ガンの純愛。
ジヒョンに対するひたむきな思いを持ちながらも、それを直接表現することができない立場に立たざるを得ないハン・ガン。
それでいながらも、精一杯の愛と慈しみを捧げるハン・ガンを微妙な表情演技で伝えるチョ・ヒョンジェ。
彼にとっては兵役後の復帰作で「パパ3人ママ1人」以来3年ぶりのドラマ出演ですね。
はじめは、主人公がおっさんくさくてつまんない、などと失礼なことを思っていたんですが、しだいに彼の魅力に嵌まりました。
ヒロインを陰で見守り助けるナイトの姿は視聴者にも、とても好意的に受け入れられたようです。
(それでも、他の役者さんたちの高校生の制服姿はそんなにも違和感がなかったのですが、彼の制服姿だけは…。
ある意味、それもひとつの見どころかも)

4、ペ・スビンとソ・ジヘの悪役演技。
ペ・スビンは「海神」では悪役を演じていますが、「華麗なる遺産」ではどこまでもいい人役を演じていて、その印象の強い俳優さんだったんですが、この人の冷酷な顔、そして、迷いのある顔、どちらも見どころがありました。
ソ・ジヘさんの悪役は私は初めてお目にかかった?と思うのですが、恋に狂う女って感じが新鮮でした。
こんな役もこなせるのね、と思ってみていました。

5、スケジューラーの魅力。
死神(これは西洋的な死生観ですか)をスケジューラーという現代的で魅力的な存在へと進化させています。
いろんなシチュエーションによって数々の変装をする、チョン・イル演じるスケジューラーの七変化の姿も楽しかったのですが、特別出演のパン・ヒョンジュの短い出演ながら。カリスマ溢れる印象深い姿を見せてくれました。
そして、チョン・イル演じるスケジューラーのキャラと設定もいいんですね。
基本は軽い乗りのキャラなんですが、それだけではない姿を見ることになります。
(具体的なことはドラマを見た後で、なるほど、と思うかあらすじを読んでくださいね)
チョン・イルの演技も光っていて、「お嬢様をお願い」の時にはまるで魅力が分からなかったのですが、今回は素敵に見えました。

6、その他の脇役のキャラと俳優の魅力。
脇役に至るまで、キャラ設定がしっかりしていて、その人なりの魅力を描き出しています。
そして、それを演じる俳優さんたちも、感情移入できる演技をするんですね。
その中でも特に目立ったのはハン・ガンのレストランの支配人夫婦じゃないでしょうか。
ソン・ビョンホとムン・ヒギョンは「ジャイアント」の中では、ムン・ヒギョンの演じる人物の息子がソン・ビョンホ演じる人物を殺すという敵同士だったことも話題になっていました。
このドラマでは、これ以上仲いい夫婦はないんじゃないの、というぐらい、べったりくっついている姿を見せるのですがそれがいい味出しているんですよね。

―――――――――――――――――

こんな感じで、脚本も役者陣もいいドラマだったな、と思います。

ラストは私にとっては予想外のものでした。19話のラストまでは、ラストは予想の範囲に収まるしかないんじゃないか、とたかをくくっていたんです。
そこで突然出て来たヒロインの言葉にどれだけ驚いたか!

このラストについては賛否両論ありそうですし、こういうタイプのラストを好まない人もいらっしゃると思いますが、私は大筋の部分では、これ以外のラストでは納得できないかな、という感じのラストだと思いました。
ただし、主要な部分以外でラストにちょっと不満はあります。
それに関しては、ネタバレになってしまいますので、19話・20話のあらすじの後に触れています。

◆各話のあらすじは過去記事にあります。
タグ「49日」をクリックしてお読みください。


◆アンケートも実施しています。よかったらご参加ください。

      →「49日」は面白かった?
[PR]
Commented by at 2011-08-31 19:48 x
kirikoroさん、こんばんは

このドラマ、とっても良かったです。
ハン・ガンの大きな愛と純粋で可愛いジヒョンに何度涙したことか・・
スケジューラのチョン・イルくんも素敵でした^^
Commented by kirikoro at 2011-08-31 21:17
いいドラマでしたよね~!

あまり期待せずに見始めたのですが、夢中で見ていました!

チョン・イルくん!
「お嬢さま~」の時にはぼろくそに書いたのを後悔するほど、素敵でした!
Commented by おじょです at 2011-10-16 14:16 x
今日は

   見てますよ~今、6話でとってもいいですね 
    どの俳優陣も個性が光ってて、生きる意味を出してますね
    親が子を失う悲しさもいいですよね~
       次が見たくなるのだけど…なんせ、忙しいですわ。
      マイペースで。。。。行きたいかな
    
Commented by kirikoro at 2011-10-16 19:33
このドラマ、ほんとに評判がいいようですね。
最後に行くに従って、ますます面白くなりますから、乞うご期待!

このドラマ、ゆっくり味わいながら見るのがいいかもしれませんね。
Commented by Tama at 2012-02-29 19:57 x
日本にわ'死神'がいないんですか?
韓国でわ'チョスンサジャ'といわれるそんざいがあります。
'チョスン'の使臣とゆう意味で。'チョスン'わ日本語で'あの世'だとききましたが……。
(日本語がへたなので、すみませんでした。)
Commented by kirikoro at 2012-02-29 21:52
tamaさん、こんにちは。
日本でも、西洋の文化が入る前にも死神がいたのかもしれませんが、私の知る限り、今ではあまり知られていないように思います。
そのせいか、今の日本では、死神と言えば西洋から入って来た、大きな鎌を持って黒い服を着た西洋の死神のことをほぼ全員が思い浮かべると思います。

韓国では固有の死神がいるんですね!
저승사자 初めて聞きました。
教えてくださって、ありがとうございます。
Commented by みう at 2012-10-07 16:30 x
こんにちは。

ぺ・スピンはチュモンでは何とも色気の感じる彼にしか出来ない素敵な存在だと思ってみてました。

恋人は鉄の王でキム・スロで綺麗なうわー綺麗な人って印象でした。もう彼しか目に入らない。逆恨みなんですが、コンプレックスをもっていると、そうかんじてしまうのでしょう。
天然の女の子は天然過ぎましたから・・・

ヨウォンは特に美人というわけではないのですが、よくでますよね。
チェ・ヒョンジュはソドンヨでかっこいいと思っていた人でしたが、経歴をみてびっくりしました。両親が病気がちで高校へは
通えなかった。日本で言う大検をうけて・・・そんなに韓国は福祉の悪い国という印象が着いてしまいました。

スケジューラーよかったです。チョン。イル?美味しい味を出していてファンが増えたのでは・・・
最後に姉妹だとしかも観光科をでて実の両親まで見つかって、、、ちょっと余計なくだりだった半面よかったのかなぁってどちらもありで私の中ではそんな感じでした。

韓国には特有の死神がいると書かれています。どんなかんじなんでしょう。

Commented by みう at 2012-10-07 16:31 x
私はチェ。ヒョンジェが除隊後に主人公ではないけど、一途にあいする役をやったのと、ハン・ガンを覚えていても、いずれ死ぬので愛しているような発言をしなかったのは素敵な愛情だと見ました。

チェ。ヒョンジェさんは日本に良く来ている方ですね。
どちらかというと、口数が少ない穏やかな型です。
ファンミーティングには言っていませんが、、、、今度の作品が楽しみです。
Commented by kirikoro at 2012-10-07 17:54
チョ・ヒョンジェさんの経歴、初めて聞きました。
日本では、高校は何とか行ける感じですかね。
親が病気というのは亡くなっているよりも経済的には大変なようで、そのために大学には行けなかった、という話はありますね。
ですから、日本でも、こどもに少しでも早く稼いでほしい、と親が願えばやはり高校に行かずに働く、という道を歩む子もいると思います。
日本のことと言っても、けっこう知らないことがあるので、知らないから無い、と思うのは早計かな、と思っています。
と言うのも、私が中学時代、昔と言っても高度成長期でしたが、1カ月だけクラスメートだったこの家に行ってみたら、その子の家って、屋根しかなくて壁の無い家だったんですよ。
たぶん、その子にとっては学校も初めてのことで、戸籍なんかもなかったのかもしれないな、などと思います。
そして、1か月ほどで、どこかに消えてしまいました…。
そんなこともありますから・・・。

死神はこんな感じ?
https://www.google.co.jp/search?q=저승사자&hl=ja&newwindow=1&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=tT9xUIazMO6yiQfmyIDQDQ&ved=0CCMQsAQ&biw=1224&bih=900
(画像検索です)
Commented by みう at 2012-10-08 08:14 x
日本で屋根しかなくて壁がない、、、私は生活保護があるから日本は下手に働くよりは診断書をもらえば、高校まではいけるのが普通だと思っていました、私の知っている人で母子家庭で大学の費用・生活費すべて自分で捻出しました。でも家にお金を入れて欲しいいえにとっては就職して欲しいですね。

チェ・ヒョンジェはお姉さんが二人いるのですが、みなさんご存知の通り両親の病気で苦労して高校進学は諦めました。しかし、大検をとって大学へ行きました。って紹介の欄にかかれてありました。
Kirikorojiさん、色々な経験と色々な知識があるのですね。
Commented by kirikoro at 2012-10-08 09:51
最近は生活保護の不正受給が問題になっていますが、まだまだ本当に必要なのに役所の世話になりたくないと言う人が多いのではないでしょうか。年に何人かは餓死している世の中ですからね…。
ほんとうにお金が必要な家庭にちゃんとお金が渡ればいいのですが。

チョ・ヒョンジェさんはお姉さんも頑張られたのですね。

私はそんなに知識がある方ではないのですが、それでも年齢だけは重ねていますので…。
Commented by みう at 2012-10-08 15:31 x
残念ながら役所のお世話になりたくないのではなく公の期間の内容を知らない人が多いのです。生活保護を自分の条件なら受給できるか知恵袋で聞いていましたが、市町村役場の福祉課へ聞いて見るってみるってことを知らないのです。
父も餓死する前に市町村役場に助けを持たなかったのかといっておりました。

裏社会ですが、彼女の言葉は「勿論、あります」でした。苦笑
日本でも総会屋なんてあったではありませんか?

韓国の格差社会は凄いと思います。日本語が出来る人が多いので日本語で大学の交換留学した人は就職先がろくなのがないのです。なんでも、昔は金持ちしか留学が出来なかったのですが、最近はドラマでも分かるようにアメリカやカナダ、オーストラリアで珍しくなくなったそうです。英語に日本語とできれば就職も有利なようです。
Commented by kirikoro at 2012-10-08 18:38
福祉に関しては、知らない人も多いけれど、やはり、知っていても頼らない、と言う人もまだまだ多数派のようですよ。
それに、役所は出来るだけ、支給しない方針で動いているようなところもありますし…。

裏社会と格差社会は、やはり大変なようですね。
韓国では、夫が韓国に一人残り、妻子は外国留学に、という設定も多いですね!

Commented by とっこさん at 2014-03-01 16:39 x
このドラマは見ていないのですが、『屋根ネコ』→キム・レウォンつながりで、イ・ヨンウォン評を知りたくて、お邪魔しました。レウォンについての記事はきわめて少ない中、なぜか、今になって、彼が10代最後に味わった初恋の相手への失恋を語り、ネット上で、これがヨンウォンに違いないとなったらしいのです。

彼女を初めて見た『Bad Love』では、こんなに大泣きしている女に男が手をさしのべないはずはないだろうーと思わせる説得力のあった場面が印象に残っています。でも、続いて見た『善徳女王』では、ヒロイン役のはずが、ミシルに喰われていたかと。

このドラマの解説を読んで、是非、視聴したいと思いました。韓国は、日本の比でないくらいカトリック信者が多いですよね。キリスト教と仏教が混じりあった設定のような気がします。
Commented by kirikoro at 2014-03-01 20:35
とっこさんさん、こんにちは。

>レウォンについての記事はきわめて少ない中、なぜか、今になって、彼が10代最後に味わった初恋の相手への失恋を語り、ネット上で、これがヨンウォンに違いないとなったらしいのです。

そんなことがあったんですね~~
彼女、守ってあげたくなるタイプですよね♪

「私の期限は49日」人気のドラマですし、ご覧になった方々にもおおむね好評です♪
私もお勧めなので、ぜひ、ご覧になってみてくださいね!
by kirikoro | 2011-05-20 22:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(15)