なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

チャン・ナラ、リュ・ジン、チェ・ダニエルの「童顔美女」見終わりました


童顔美女(동안미녀)  ☆☆☆
KBSの月火ドラマ 全20話
KBS公式HP
d0060962_13274752.jpg

演出 イ・ジンソ 、イソヨン
脚本 オ・ソンヒョン 、 チョン・ドユン
出演者
チャン・ナラ (イ・ソヨン役) 、チェ・ダニエル (チェ・ジヌク役) 、リュジン (チ・スンイル役) 、キム・ミンソ (カン・ユンソ役)
16話予定だったものが、視聴者の好評を受けて20話に延長されました。

女34歳、学歴・家柄・金、全てなし!
だけど、生活に追われる中で忘れてしまっていた夢がふたたび蘇った。
今度は絶対、夢は諦めない!
不本意ながら25歳の妹イ・ソジンとして就職して、服を作るという夢に挑むイ・ソヨンの物語。


2002年、「明朗少女成功記」で溌剌女子高生を演じたチャン・ナラが、2011年、30代半ばの独身女性を演じます。
30代の彼女も元気いっぱい、仕事も恋も頑張ります。


ソヨンに恋する一人目の男はチェ・ジヌク(チェ・ダニエル)。
トラブルでソヨンと出会い、最初は犬猿の仲。
だけど、何だかんだとソヨンを手伝うようになり、ソヨンの魅力に気付いて行きます。
ソヨンのことを年下だと思っていますが、実は7歳も年下。
彼はその事実を知った時に、どう出るのでしょうか?
演じるチェ・ダニエルは「明日に向かってハイキック」で人気の俳優さんなんですね。
このドラマではかっこ良かったそうなんですが、「彼らが生きる世界」や「よくできました」の役と近い、コミカルな役で登場です。

d0060962_13291789.jpg



そして、二人目の男はチ・スンイル(リュ・ジン)。
ソヨンが就職することになった会社の社長です。
離婚して、娘を引き取り育てているお父さんです。
理知的な人物で、情には流されず公正であることを重要視する人なので、冷たく見えますが、娘といる時には別人のような父親の顔をのぞかせます。
だけど、嘘なんて絶対に赦せない男です。
彼がソヨンの嘘を知った時にどうなる?
リュ・ジンは「夏の香り」ですっかりおなじみですよね。
最近、いろんな役に挑戦(「千万回愛してる」「恋する国家情報局」等)後に再挑戦したクールな財閥御曹子役は以前にましてキャラクターの幅が広がって感じられます。

このスンイルに片思いしているのがカン・ユンソ(キム・ミンソ)。
海外留学で実力を身につけ、母が取締役をしている会社で仕事を始めることになります。
一度はスンイルを諦めたものの、スンイルは離婚して一人。
今度は絶対彼を諦めない!
なのに、彼との間に割り込んで来るイ・ソジン(実はソヨン)という女が気になります。
その上、なんの経歴もないくせに、自分より才能を見せるソヨンに憎しみを募らせていきます。
そうそう、彼女はジヌクの初恋の人でもあるのね。


二人の男を比べると、外見も条件も世間的には圧倒的にスンイルが上。
その上、ソヨンの実年齢を考えると、お似合い、という点でもスンイルに軍配が上がります。
そして、スンイルには親がなく、子持ちでその子がソヨンに懐いている、という点から、彼との結婚も不可能ではない、と思えるような設定です。
ところが、ソヨンはジヌクのことが好きになっていくみたい。
なのに、ユンソはスンイルをめぐってソヨンに嫉妬するのね…。

主要登場人物はこんな感じで、ファッション会社を舞台に話が繰り広げられます。
そして、ソヨンが正体を明かすのがちょうど話の半ばの10話です。
ここからが、真実の姿を明らかにした後の彼女の奮闘になりますね。

d0060962_1330261.jpgところで、番組HPのキャストの紹介にも登場していたノ・ヨンジュン役のユン・ヒソクさんです。
「90日、愛する時間」でヒロイン夫役や「マイスウィートソウル」でヒロイン幼なじみ役を演じた彼が出ると期待していたのですが、序盤でちょっと登場した後消えてしまったような…。
途中で降りられたんでしょうね。
おかげで出演されているシーンが全く無駄になっている、というか…。
韓国ドラマらしい出来事だと思います(溜息)

d0060962_13354614.jpgそして、彼に替わって登場したのがあちこちでおなじみのユ・テウンさん
シリアスな役からコミカルな役まで何でもこなされる俳優さんですね。
今回はコミカルの役でとぼけた味を出していました。

ごくごく最初のお話は、こんな感じ(3話ぐらいまで)
イ・ソヨンは一家の家長。父親はどこにいるのだか、行方不明だし、働かないで収入をソヨンに頼る母。
その上、すべてをソヨンに押しつけてお気楽生活をする妹のために、なんどもひどい目に遭っている…。
それなのに、母はいつも妹の味方、。
その上、年齢のせいで長年勤めていた繊維輸出会社も首になってしまいます。
ようやくリフォームの店に仕事が決まったのだけれど、またもやソヨンが客の預けた服を勝手に持ち出すという騒ぎ。
それを取り返しに行こうと行ったクラブで知らない男チェ・ジヌクと乱闘を繰り広げる羽目になってしまいます。
クラブの経営者に店の設備を壊した賠償金を払え、と閉じ込められたものの、ソヨン一人が脱出に成功!
もう、彼とは会うこともないだろうと思ったのに、またもや妹が押しつけて来た試着モデルのバイトに行った先で再会することになります。
一方、妹に押しつけられたバイトは1日だけのものではなく、1週間のバイトなのね。
妹の代わりに来たバイトなので、結果的に妹の名を名乗ることになり、25歳ということに…。

幸い童顔のため、年齢詐称の疑惑は受けませんが、実年齢34歳のソヨンにはちょっとつらい状況。
その上、乱闘事件の相手ジヌクがストーカーまがいの嫌がらせをするのね。
でも、彼、何だか少し抜けていて、何かと言えば、彼自身が窮地に陥ってしまいます。
気難しい社長のスンイルに目をつけられてしまったジヌクはファッションセンスを言われ奮発してスーツを買ったものの、またもやソヨンとの喧嘩でそのスーツを台無しにしてしまいます。
いまさら買い帰る金もなく、窮地に立ったジヌクにアイデアを出すソヨン。
ソヨンは断ち落としの生地をもらいケープを作成します。
それを着てプレゼンテーションに出たジヌクは社長にそのケープをほめられ、窮地を脱します。

そして、今度はサンプルのドレスが紛失する、という事件が発生します。
そして、濡れ衣を着せられるソヨン。
責任を取るというソヨンに、責任を取る分際でもなく資格もない、と彼女を無視して他のデザイナーに善後策を指示するスンイルです。

ソヨンはアルバイトだとはいえ、そのまま追い出されるのはあまりにも悔しく、制作室に行くと、自分が見て触ったドレスの記憶を元に、元のドレスと全く同じものを作り上げ、危機を回避します。
その実力に驚き、また、先日のジヌクのケープを作ったのも彼女と知り、スンイルは制作室長と相談の上、ソヨンをデザイナーとして正式採用することにします。
だけど、正式雇用となると身分証を見せなければいけないのね。
悩むソヨンはほんとのことを話そう、と決心するのですが…。

こんな感じのスタート。
そして、このあとチーム長としてユンソがやってきます。


お話自体の独自なところと言えば、敢えて言えば、女性ライバルがヒロインにライバル心を起こさせる男がヒロインが好きな男ではないという点でしょうか。
主人公よりライバル男性の方が圧倒的にかっこいいという点もあげられるかな?(そう思うの、私だけではないですよね?)

逆境にもめげずに頑張るヒロイン像をはじめ、デザイナーという職業に対するあこがれや、手段を選ばずヒロインの邪魔をする女性ライバルなど、ドラマの定番って感じの部分が多く、正直なところ、わたしは多少古臭く感じました。
まあ、それが逆に安心感を与えるという面もあるのかもしれませんが。
韓国の視聴率も数字はさほど大きくありませんが、(最高は16.6% TNmS)ほぼ、 同時間帯のドラマでは1位を占めていて、まあまあ評判が良かったドラマだと思います。

このドラマはヒロインが素敵に見えて、応援したい気持ちになって見られたら、面白いのかな?と思うのですが、私は、あんまり好みではなくって…。
一般受けするタイプだとは思うんですが、私には、少し物足りない感じがあったんですね。
そんなわけで、このドラマは、まずまず普通の面白さ、の星3つを付けました072.gif
[PR]
Commented by ローキック at 2011-07-07 01:09 x
このドラマもチェ・ダニエル、リュ・ジン目当てで楽しみにしています。「彼らが生きる世界」にチェ・ダニエルも出てたのですね@@このドラマ、早いうちに脱落してました。またいつか観てみたいです^^;「よくできました」にも出てるのですね@@このドラマは主役の男性俳優さん(未見)とキム・スンス目当てで楽しみにしてるのですが、楽しみが増えました^^キム・スンスも「朱蒙」では全然興味なかったのですが、「ガラスの城」「カクテキ」でファンになりました^^;
Commented by kirikoro at 2011-07-07 05:56
ローキックさん、おはようございます。
「よくできました」、実は私、脱落したドラマなんです。主役のオム・ギジュンさんは良かったんですがね~~。
キム・スンスさん、私は「過去を問わないで」の可愛い彼が好きです!
Commented by 美月 at 2012-08-11 16:17 x
「明日に向かって・・・」のチェ・ダニエルが本当にクールで個性的で素敵で、すっかりファンになりました。
そのころ、このドラマのことを書かれていたことがあって
「この人が主役?」ってkirikoroさん驚かれていて、
不思議だったんですが、今回見終えてよくわかりました (笑)
 前作がちょっと哲学的な人物像だったんで、こういう三枚目役を本人はやりたかったんだな~、って面白く見ました。
 物語は、後味のいい素直な主人公たちの物語でしたが、やはろ、もう一つな感じでした。
 一番はチャン・ナラが不満。幼すぎる気がしましたし、
物語を引っ張る個性が主役2人にもう一つあるとね~・・・という気がしました。
Commented by kirikoro at 2012-08-11 19:31
美月さん、こんにちは!
最初にどのドラマで俳優さんに出会うかで、印象は変わりますよね!
と言っても、ここまで変わる人も珍しいかも!
チェ・ダニエルさんと言えば、最近「トキメキ恋するセンチョリ村」を見たんですが、この中の彼もカッコいい系でして…。(ちゃちな泥棒ですが)
私も最近、その系統の彼も分かるようになりました

美月さんもお話はもう一つ、でしたか…。
何かもう少し求心力があればよかったんですがね。
Commented by リュ・ジンサイト運営者 at 2013-04-16 16:33 x
『リュ・ジン日本オフィシャルウェブサイト』がオープンいたしました!』

オフィシャルサイトではリュ・ジンに関するニュースや情報、ここでしか見ることのできないギャラリーやムービーなどたくさんのコンテンツを用意しております。

リュ・ジンと皆様が繋がりを感じられる場になるよう努力してまいりますので、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。
by kirikoro | 2011-07-06 13:40 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(5)