なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「おばあちゃん、ありがとう」「シングルパパが恋してる」


もともとは「MBC日曜ドラマ劇場」という短幕物のシリーズで、2010年に放送されたものですが、韓国で最近再放送されたので、見る機会がやって来ました。

日曜ドラマ劇場は全部で5作品あるのですが、他のは去年見ていて、たまたまパスした2本が今回放送されたので、運よく、全作品を見ることができました。

どちらも短編としてよくまとまっている作品でした。

韓国では新しいドラマの準備ができていないという理由でその前にやっているドラマを延長するということがよくおこなわれるんですが、こういう作品をいくつか撮りだめして置いて使えばいいのに、と思うんですがね。
短編ものじゃ、スポンサーがつかないのかしら?

作品ごとのデータと感想を。
おばあちゃん、ありがとう(原題:私よ、おばあちゃん=나야, 할머니) ☆☆☆
d0060962_1540087.jpg





演出 チョン・デユン
脚本 チョン・ヘリ
出演 ナ・ムニ、ナム・ジヒョン、イ・アヒョン、チョ・ヒボン他

振り込め詐欺をはたらく女子高生と独居老人の心の交流を描いたドラマ。

カラオケ店の手伝いをしている叔母と一緒に住む女子中学生のウナ。
叔母の収入だけでは生活が苦しく、学校への各種支払いにも事欠く暮らしです。
ある日、意を決して振り込め詐欺の電話をかけるのですが、自分の本当の孫を心配するように怒るおばあさんの声に罪悪感を感じて電話を切ってしまうウナです。
でも、お金が振り込まれて来るのね。
罪悪感を感じながらも、自分のことを心配してくれるおばあさんと話したくて、何度か詐欺を重ねるウナでしたが、ある日、通話の途中で倒れてしまうおばあさん。
電話番号を教えてくれたクラスメートから家を聞き出したウナは、その家を訪ねて行きます。
おばあさんは幸いにも元気そうでウナを孫として迎えてくれるのね。
こうして交流を深めて行く二人です。

ラスト近くになって2つ(3つかな?)の事実が明らかになるのですが、どれも、注意深く見ていると謎解きの前に大体分かるようになっています。
それも、役者さんたちの演技力があってこそ、なんですが、うまい人たちが揃っていますからね。
こういうドラマだったらこういう結末かな?との予想通りに進むストーリーですが、丁寧に描かれていて、好感が持てました。

シングルパパが恋してる(原題:チョ・ウンジのファミリー=조은지 패밀리)☆☆☆☆
d0060962_15413375.jpg

演出 イ・ソンジュン
脚本 キム・ドヒョン(2008年MBC脚本公募当選作)
出演
キム・ファニ、アン・ネサン、ソン・チェウォン、イ・ヘウン、ユン・ジュヒ、

この邦題は何とかならなかったのでしょうか? 内容と全く合っていませんね。

ウンジのライバルは同じクラスのキョンジ。
会えば喧嘩の相手なのですが、何とウンジのパパがキョンジのママと結婚すると言い出します。
絶対反対!のウンジ。
そんなところに、死んだと聞かされていたウンジの母親が突然、訪ねて来ます。
パパとお母さんが再婚したらいいな、と思うウンジ。ところが…。


親の再婚問題が子どもの視点で描かれていて、それは終始ぶれないのですが、もちろん、大人の心理もきっちりと描かれているのが魅力ですね。
子どもたちもそれぞれ個性的に描かれていて、すごくリアルな感じがあります。
d0060962_15481030.pngウンジを演じているのはキム・ファニ
「天下無敵イ・ピョンガン」や「愛を信じます」に出演している子ですが、こまっしゃくれた子を演じるの、ほんとにうまい子ですね。

それにしても、途中でこのウンジ、キョンジ母を喫茶店に呼び出し、結婚に反対して悪態をつくんですが、その言い方がよく韓国ドラマが出てくる息子の結婚に反対する母親そのもの!
こういうの、子どもたちもドラマを見て学ぶんでしょうね。なんだか複雑な気分…。
[PR]
Commented by ローキック at 2011-10-30 01:29 x
私も二本共観ました^^
感想を思うように表現出来ないので
kirikoroさんのご感想に頷くばかりです!
ニ本とも、しみじみ味わえました。いい作品を観れたなと思いました。
「八月のクリスマス」を観て、韓国映画に興味を持ったことを思い出しました^^
Commented by kirikoro at 2011-10-30 07:25
ローキックさん、おはようございます。
しみじみとした味わいのある作品でしたね。
2010年は短編もののドラマが豊作だった年のような気がします。

「八月のクリスマス」! 韓国映画は見てがっかりする割合が非常に高いのですが、この映画はほんとにいいですね。
私も大好きな映画です。
多くの人が、心に残る名作として挙げられているだけのことはあると思います。
Commented by 美月 at 2011-10-31 20:49 x
「おばあちゃん、ありがとう」後半がちょっとありきたりな感じがしました。でも、ここに画像を貼られたケータイ写真のシーン、思い出しました、いいシーンでした。撮られることを拒否していたおばあちゃんが、いざシャッターを切る瞬間!『ちょっとおすまし』してポーズ・・・女やなあ~、ほんとに可愛い。
Commented by kirikoro at 2011-10-31 21:17
ストーリー的には確かに、落とし所に落として来られた感じでしたけれどね。

そうそう、おばあさん、瞬間的にポーズとっていましたよね。
いい笑顔でした!
by kirikoro | 2011-10-29 15:48 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)