なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チョ・ヨヌ、チェ・ジャヘの「妻の息音」


妻の息の音(아내의 숨소리)  ☆☆☆☆
KBSドラマスペシャル(드라마 스페셜)
d0060962_11122924.jpg

脚本 アン・ホンラン(2010年KBS脚本公募当選作)
演出 シン・ヒョンス
出演
チョ・ヨヌ、チェ・ジャヘ、チョン・イクリョン(=チョン・イェソ)、ファン・ドンジュ他
d0060962_111719100.jpg

このシリーズ、実は欠かさず見ているのですが、各話の感想は書きたいものだけ書く、という、いい加減な方式でやっています。
(書いてないものについては、後でまとめて…)
でも、最近、また、このシリーズ、いいものが増えて来ているんですよね。
これも、佳品でした。

人生において、大事なことに気付くのは往々にして、手遅れになってから。
このドラマも主人公もの場合も…。


story




歯科医のイ・ジュニ(チョ・ヨヌ)は大恋愛の末、親の反対を押し切ってキム・ソラ(チェ・ジャヘ)結婚したものの、結婚後数年にして倦怠期が訪れます。
冷蔵庫に貼られたメモも、妻の見るテレビも、ポリポリ駄菓子を食べ、しかも床に落としているのも嫌な状態でとうとう離婚を言い出すのね。
お前の息の音を聞くのも嫌だと言われ、離婚を承諾するソラ。
ジュニはその後、大学からの友人パク・ガヨン(チョン・イクリョン)と共同で歯科医院を開業し、ジュニとの離婚の1年後に彼女と再婚します。
ところが、結婚式の日にジュニが事故に遭い、意識不明になってしまいます。
初めは面会にも行こうとしなかったジュニなのですが、一度訪れてしまうと、つぎつぎと蘇る記憶に、彼女を放ってはおけなくなります。
現在の妻のガヨンの方は、何も彼女に対し悪いことはしていないとはいえ、罪悪感のようなものを抱いてしまうのね。
ジュニが元の妻に付き添っているのを認めているのですが、結婚後1年にもなるのに、ガヨンのことばかり心配している夫に対し、不満を表すようになります。
ジュニの方も、妻の気持ちを察し、一緒に旅行に行こう、と提案するのですが、その出発の日、ジュニを事故に遭わせた男が捕まり、現場検証に同行する、と言うジュニ。
ガヨンは、夜まで空港で待っているから、と言ってジュニを送り出します。

現場に行ってみると、そこは、ジュニがソラと初めて出会い、また、プロポーズしたバスの停留所の前。
d0060962_1117549.jpg
次々に蘇る記憶に、ジュニは空港へは向かわず、ソラの入院している病院へと向かいます。
病院では、ソラが一時危篤に陥っていたのね。
何とか持ち直したものの、心臓があまり長くは持ちこたえられそうにありません。

ガヨンの方は結局空港へ現れなかったジュニと別れる決心をしています。
家に帰ったジュニですが、すでに彼の荷物はまとめられているのね。
そのまま部屋に閉じこもってしまうがヨンは最後に聞かせて、と、もし自分がソラのような状態になったとしたら、同じように愛してくれる?と言う質問に答えられないジュニ…。

病院へ戻ったジュニですが、そこでソラが意識を取り戻します。
でも、回復しているのではなく、死を前にしての一時的な状態なのね。
そのソラは、離婚の少し前から後の記憶がないようです。
戸惑いながらもそれに合わせるジュニなのですが…。


ラストに出てくる箱の中身とメッセージがいいんです。
とりわけ大きな逆転があるわけではないのですが、じわじわと涙がこみ上げて来ました。
ネタバレになるのでこれ以上詳しいことは書きませんが、ぜひ、この結末をご覧になってください。

主要登場人物3人の各々の胸の内が言葉ではなく、表情で表現されているのが、ことばで語られる以上に人物に深い陰影を与えていて、印象深い、映画のようなドラマでした。
普通に考えたら、ジュニってかなりひどい人のようなんですが、そうするしかできない彼の心理には説得力がありますね。
ガヨンはかなりかわいそうな立場なんですが、彼女、最初からジュニの本心には無意識だったかもしれないけれど、どこかで最初から知っていたような気がします。

もし、ソラが事故に遭っていなければジュニはどうしていたんでしょうね。
たぶん、ソラの思いの深さも、自分の深い愛情にも気付かないまま、きっとガヨンと幸せに暮らしていたんだろう、と私は思います。
それは、きっとどちらが良かったとも言えない話で、結局は人生にはもしもなんてない、という言葉の通り、自分が巡り合った偶然の中で自分にとって大切なものを見つけて行くしかないのだろう、と思いました。


現在の妻を演じているチョン・イクリョンさんは7年ほどチョン・イェソと改名されて活躍されていたようですが、2011年以降、また本名のチョン・イクリョンに戻されたようです。
[PR]
Commented by 美月 at 2011-10-31 20:32 x
スカパーのKBSワールドから録画をしています。徐々に見ていきたいと思っています。
短編ドラマの感想を書いてくださる方は、他にまったく知りませんので、特に貴重だと思っています。
ここに書いてないものについても、あとでまとめられるということ、ほんとうにうれしいです!
Commented by kirikoro at 2011-10-31 21:22
この、ドラマスペシャル、今年の分はあまり面白くないかな?と思っていたのですが、最近になって面白いと思うものがぐんと増えて来ました。

個別に記事にしていないものは、たぶん、HPにあるあらすじと、ほんとに簡単な感想に程度にあると思うのですが…。

Commented by ローキック at 2011-11-01 01:04 x
わーっ、この作品、是非観てみたいです!
チョ・ヨヌさんも好きなんですが、相変わらず痩せておられますね^^;
>・・・じわじわと涙がこみ上げて・・・
>印象深い、映画のようなドラマ
とても楽しみです!
>人生にはもしもなんてない・・・自分にとって大切なものを見つけて行くしかないのだろう
うーん、と、頷いてしまいました・・・ほんと、そうですね!

kirikoroさん、ちょっとこの場をお借りします^^
美月さん、ひめかさんの所でコメ戴き、嬉しかったです^^


Commented by kirikoro at 2011-11-01 07:33
ローキックさん、おはようございます。

日本でも、こういう短編の佳品をどんどん紹介して行って欲しいですね!
KBSワールドでは放送されると思うんですが、そこから先の放送はどうなるんでしょうね?
去年のこのシリーズもいくつかDVDになっているようですが、この作品も多くの人にご覧になっていただきたいです!

チョ・ヨヌさんもなかなか素敵でしたよ。
Commented by 美月 at 2011-11-01 11:53 x
 ローキックさん嬉しいです、初めてお目にかかったのは、ここでの チェ・ダニエルの記事で、でした。その後、わたしは「彼らが生きる世界」を見て、kirikoroさんが「眼鏡はチェ・ダニエルには必須だ」とおっしゃった意味の、よ~くわかる日がきました(笑
Commented by ローキック at 2011-11-02 01:01 x
美月さん、有難うございます^^
「彼らが生きる世界」は、少し観て脱落してました^^;
ダニエル君も出てたのですね@@やはり、メガネ必須ですよね^^;

kirikoroさんのおかげで、美月さん、ひめかさんとも、お近付きになれました~^^
私は、有料放送は契約してませんので、BS頼りです。
いい作品なので、きっと放送してくれるだろうと期待して待ちたいです!
by kirikoro | 2011-10-31 11:19 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(6)