パク・シフの「家門の栄光」面白かったです!

家門の栄光(가문의 영광)  ☆☆☆☆☆
2008年~2000年放送のSBSの週末ドラマ、全54話。
SBS公式HP
d0060962_22214364.jpg

演出 パク・ヨンス(オー!マイレディ)
脚本 チョン・ジウ(星をとって、グロリア)
出演者
パク・シフ(ガンソク)、ユン・ジュンヒ(ダナ)、シン・グ(マンギ)、チョン・ノミン(スヨン)、キム・ソンミン(テヨン)、シン・ダウン(ジナ)、マヤ(マルスン)他

たくさんの方にお勧めいただいただけあって、本当にいいドラマでした。
私はShowTimeで有料の動画視聴です。
有料のものは長いと金額が大きくなってしまって辛いんですが、後悔しない作品でしたね。
日本でのテレビ放送はキム・ソンミンの覚せい剤使用容疑を受けて、途中でストップしたり、放送されるはずだったものが中止になったりしましたが、そろそろ解禁ですかね?
CSの方で1月にまた、放送が始まるようです。

最初、一家の次男の不倫騒動の中、同じく不倫中(ほんとは違うんだけれど)の長男嫁がばったりと出会って、警察沙汰になっているところに、曽祖父が危篤、だなんて展開で、ドタバタなのかと思って見るのを一度はやめたのですが、全然思っていたのと違う話でしたね。
何でもない場面で、何度となく涙がほろりとこぼれるドラマなのね。それも、ほとんど感動の涙です。
人の何げない言葉、何気ない動作にほろりと来てしまいます。
号泣はしませんが、じわじわ涙がにじんでしまう場面が、ともかく多いんです。

とは言え、ファミリードラマの中でも、ラブストーリーの部分が非常に大きいドラマです。ラブラインの数もかなり多い方だと思います。
それも、中心になるラブストーリーのほか、多くのラブストーリーが描かれるのですが、結局はそれが家とは何か?と言う問いへと繋がっていく構造になっています。
宗家という由緒正しい家柄ですから、身分違い、などが大きな障害になりそうなのですが、みんな、身分違いと言えそうな間柄ながら、それはほとんど問題にならず、どの恋にとっても、一番大きな障害は自分の心の中にある、というのも、このドラマのユニークなところだと思います。
他のドラマと同じように、ちょっと息抜きのような、ユーモラスなカップルも出て来るのですが、このカップルなんて、何の障害もないのに、悲劇の主人公だと思い込んでいるカップルで、そんなところにまで一貫性があるのね。
メインの主人公二人はそれを乗り越えた後もいろいろと障害が出て来るのですが、その他のお話は、韓国ドラマ特有のひどい親たちの暴言も聞かずに済むどころか、みんなが応援してくれる形になっているところもこのドラマのいいところ。
ヒロインは一時暴言を受けるところもあるんですが、それも、いつまでも引きずりません。

そして、どのカップルも、ほんとに素敵で魅力的なんですよ。
役者さんの顔まで、何故だか、みんな素敵な男、素敵な女に見えちゃう
おじさんだって、みんなセクシーに感じられるんですね。
今まではライバル役を演じようが恋愛対象外だよな、と思っていたキム・ソンミンさんまで、この人こんなにかっこ良かったっけ?と思ってしまう始末です。
ファンが結構いらっしゃるようなんですが、いまいち魅力の分からなかったイ・ヒョンジンさんもこのドラマを見たら、納得!です。
恋する男は本質的にセクシーなのかしら?なんて思って見ていました。

そして、54話と長いだけあって、登場人物がみんな、変化して行くんですね。
まったく正反対に思えたそれぞれのカップルが、どんどん似て行く様子も、いいなあと思います。
パク・シフの演じるガンソク、終盤ぐらいになって回想シーンが出て来るのですが、こんな顔してたんだ!とびっくりしました。
どうしようもない男性主人公が真人間になるドラマの場合、いい人になったけれど、魅力がなくなっちゃった、なんてことになりがちなんですが彼はどちらの姿も素敵です!
そうそう、お祖父さんと孫も、すごく似て行くんですね、彼らもいいです。

宗家は長子が代々その家を継ぐという形になっており、それぞれの妻は宗婦として、家の全てを仕切る役割があるのですが、結婚して、まったく知らない世界に入った女達が宗婦らしく育って行くところも見どころの一つだと思います。
韓国でもやはり、代々続く家に嫁ぐと言うのは大変な事で、敬遠されがちなのではないかと思うのですが、こういう宗婦って素敵!と憧れるのではないでしょうか?
また、その宗家で受け継がれている行事や日々の暮らし方もやはり、現実にその中に生きている人にとっては大変なことが多いんだろうと思うのですが、素敵に描かれているんですね。
、日々に手を抜かず生きている日常そのものも素敵でした。

ストーリーも面白いし、役者さんも魅力的だし、私が今まで見たファミリードラマの中で、最高!
超お勧めドラマですね。


ストーリーも出だしのところを少し紹介しておきます。




宗家ハ氏直系のソコの次男、テヨンがモーテルで浮気をしていたところ、妻が警察を連れ、姦通罪で訴える、という騒ぎになります。
警察へと連れて行かれるテヨンなのですが、そのモーテルで出くわす長男スヨンの妻。
スヨンの妻と一緒にいる男に殴りかかるテヨン。
スヨン妻と彼女と一緒にいた男も警察に連れて行かれます。
警察へと呼ばれ、やって来る長男スヨン。

そんなところテヨンやスヨンの曽祖父が危篤との知らせが入ります。
一方、彼らの父ソコは恋人のヨンインの妊娠を知り、中絶をするというヨンインを止めるのに必死。

また、ソコの娘のダナは済州島でセミナーの途中その知らせを聞き、急いで帰ろうとするのですが、飛行機は欠航となり、本土まで行ってくれる船を探している中、亡くなった、という知らせが届きます。
離婚すると言うスヨンとテヨンの妻をなだめ、何とか伝統の葬儀を行うハ家なのですが、水面下で言い争っているスヨンと妻、また、ヨンインの妊娠を知るダナです。
一方、成金のイ・チョンガプは宗家の系図が欲しいのね。
息子のガンソクに頼み、家系図を買い取るため画策しているのですが、セミナーに来ていたダナの教授につきまとっている彼にあきれるダナ。
そして、曽祖父が危篤の際に飛行機のチケットを譲ってくれるように言うものの法外な値段を吹っかけられ、またもや軽蔑しています。
そのガンソク親子も曽祖父の葬式にやって来ます。
自分も没落した家門を立て直したい、と言っているのですが、まだ家系図が手に入っていませんから、本貫を聞かれても答えられず、とんちんかんな事ばかり言っているのね。

葬儀が終わると出て行くスヨンの妻。
そして、テヨンの妻も出て行こうとするのですが、マンションを妻に与え、息子のどんどんを連れて本家に戻ってくるテヨン。
ドンドンの産みの母は出産時に亡くなていたのね。
母親と暮らしたいとやって来るドンドンに自分は本当のお母さんじゃない、と事実を教えるテヨン妻です。

一方、学校で教えるダナにはダナのことが好きでつきまとって来る大学生のヒョンギュがいるのですが、彼の顔が誰かに似ているらしい。
まだ、はっきりはしていませんが、書類上ダナの夫だった人なんでしょうかね。
そして、ダナの受け持つ学生の中に、ほんとに言葉を発しない超内気なヘジュがいます。
ずっとゼミ発表を逃げていたのですが、今回は許さない、とヘジュに発表させるダナ。
ところが、呼吸困難を起こし、倒れてしまうヘジュです。
ヘジュはヒョンギュに片思いしているのね。
そして、彼女の兄として駆けつけたのはガンソクです。
ダナの不注意だと怒るガンソクと、ダナを庇おうとするヒョンギュ。
でも、自分の注意不足だ、と認めるダナです。
でも、ヘジュはどうやらパニック障害か何か、精神的な病が疑われる状況で、精神科の診察を進められるガンソクです。

ソコはヨンインにプロポーズするのですが、この年で、と断られているソコ。
でも、諦めず、何度も説得しているソコです。
そしてある日、自らの父であるマンギに結婚したい、と申し出ます。


その後、ソヨンとテヨンには新たな恋が訪れ、ダナとガンソクは偽装恋人となってヒョンギュを諦めさせよう、と…。

こんな風に始まる物語。
彼らの間に紆余曲折があり、最後に明らかになる、一家の大きな秘密…。

こんな感じです。
[PR]
Commented by himeka_kisaragi at 2011-11-07 22:06
こんばんは!
面白いですよね~♪
私も同じく最高峰と言っていいかと思います。(^^)v
私は同じあたりの時期にソル薬局を観て、これもかなり感動したんですが、僅差で家門かな~♪

すべてのカップルが本当に魅力的でした!(*^_^*)
Commented by kirikoro at 2011-11-07 23:20
面白いと聞いていても、ここまで面白いとは思いませんでした。
これはもう、大満足!!

「ソル薬局~」も、僅差ですか!?
また見たいドラマが、増えちゃう~。
Commented by ローキック at 2011-11-08 00:54 x
放送中止になって、残念に思ってたのですが、早くBSに登場して欲しいです!
「ソル薬局」は私も観ましたが、ひめかさんと同じく感動しました^^
今、BSで「拝啓、ご両親様」を観ていますが、このドラマも、いろいろ考えさせられて、いいドラマだなと思いながら観ています。
Commented by himeka_kisaragi at 2011-11-08 01:06
ソルのほうがコメディ色が強いので、家門の後だと少し最初は軽すぎる感じがするかもしれませんが、10話くらいから感涙の嵐でし、私は。(笑)
Commented by kirikoro at 2011-11-08 07:41
ローキックさんも「ソル薬局」感動されたんですね!
やはり、これは見なくては!
「拝啓、ご両親様」は題名しか知らなかったんですが、イ・ドンウクさんが出ているんですね。
これも、面白そう!
Commented by kirikoro at 2011-11-08 07:44
ひめかさん、視聴ポイントを教えてくださって、ありがとうございます。
ちょっと、時間を置いてからトライする方がよさそうですね!

もっとも、今、手いっぱいで、とても手をつけられる状態ではないんですけど…。

Commented by おじょです at 2011-11-09 20:03 x
終わりましたか。。。

   本当によい~ドラマでしょう~
     このドラマを見るると「自分の家族」はここまで繋がってるのかな?って思います

   長男夫婦の。。。恋愛~今はやり。。。ですよね
      実際は・・・・一緒に住めば関係ないのかもね。お互いの「尊敬&信頼」のみって感じですよね
   
     おじいさんと。。。おばあさん・・・・
        この二人の演技には・・・・降参ですよね
           本当に。。。上手いしか言いようがないです
      このどらま・・・ 何かとj考えさせられる・・・ですよね    
Commented by kirikoro at 2011-11-10 08:16
おじょさん、お勧めくださって、ありがとうございます。
ほんとに、いろんなことを考えさせられるドラマでした。

おじいさんとおばあさん、やはり、定評のある助演者が中心にいると、全体に引き締まるんですよね。

大満足のドラマでした!
Commented by tomonao at 2012-10-07 01:07 x
家門の栄光、私も大好きです。kntv版とホームドラマ版を視聴しています。前者はパクシフさんの生歌が聞けて大満足です。後者は翻訳がこなれていて良いです。がんばれクムスンが最高でしたが、家門のほうが上になりました。
Commented by kirikoro at 2012-10-07 06:56
tomonaoこんにちは。

2度もご覧になっているんですね!
それぞれに良さがあるんですね~~。
「頑張れクムスン」も面白いドラマでしたが、やはり、こちらの方がよかったですか!
このドラマは私も多くの方からお勧めいただいたドラマだけあって、ほんとに心に残るドラマとなりました。
Commented by 『韓流T.O.P』 at 2014-01-17 16:22 x
隔月『韓流 T.O.P』VOL34 (2014/3月号)特集パク・シフ

発売日:2014/1/16
発送予定日:2014/1/14
販売価格(税込): 1,400 円
※A2表紙ポスター&フォト4枚セット付き! スペシャル付録DVD!

☆★パク・シフ☆★ ―2014年、新たな始動―
『王女の男』、『殺人の告白』のパク・シフが、
主演ラブコメディ『清潭洞<チョンダムドン>アリス』の
日本放送&DVD発売を記念して作品を振り返る!さらに、オリジナルマガジン『ENISHI』や、ファンクラブを通してのファンとの交流、応援してくれるファンへの感謝の気持ち、
そして2014年、新たな活動についての抱負を語る22P大特集!

特集2
年末授賞式 2013
2013年、お茶の間を熱くした人気ドラマ、俳優陣が集結!
SBS・KBS・MBCの演技大賞授賞式の模様をお届けします!

その他・☆★パク・ユチョン☆★ユン・ウネ☆★ユ・スンホ☆★ヨ・ジング☆★チェ・ジウ☆★イ・ジュンギ☆★パク・ヘジン☆★コン・ユ☆★チュウォン☆★など・
by kirikoro | 2011-11-06 22:28 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(11)

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31