なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チェ・シウォン、イ・シヨンの「ポセイドン」見終わりました


ポセイドン(포세이돈) ☆☆☆
KBSの月火ドラマ、全16話。
公式HP
d0060962_2271557.jpg

演出 ユ・チョリョン、オ・サンウォン
脚本 チョ・ギュウォン

出演者
イ・ソンジェ(クォン・ジョンニュル)、チェ・シウォン(キム・ソヌ)、イ・シヨン(イ・スユン)、キル・ヨンウ(オ・ヨンガプ)
チン・ヒギョン (ヒョン・ヘジョン)、ハン・ジョンス(オ・ミニョク)、チョン・ウンテク(イ・チュンシク)、カン・ウンチョル(チョン・ユノ)他

韓国初の海洋警察を舞台にしたドラマ、というのがうたい文句だったのですが、海洋警察の独自性はあまり生かされてはいなかったんですが、アクション捜査劇としてはまずまず楽しめる作品に仕上がっているのではないでしょうか?
海洋警察、ということにあまり期待を抱かなければ楽しめる作品だと思います。
海洋警察の協力のもと、船やヘリ、ホバークラフトが出動するシーンもあり、それはそれでかっこ良かったんですが、ドラマの内容とはあんまり関係がなくって、お飾り程度、というのが正直な感想でした。

だけど、多少、展開に荒い部分はありますが、反転がほど良く効いて、先が読めない展開が面白かったです。
ラストも、なかなか考えさせられる内容で、どう解釈するべきか、いろいろと迷う内容となっていました。

このドラマ、実はスタートから不運続きで、それが内容にも大きく影響したようなんですね。
最初はSBSで放送される予定だったんですが、編成で外され、KBSで放送、ということになったんですが、撮影を始めていくらもたたないうちに中断され、予定していた主演陣が次々と抜けたことに加え、季節が秋に移ったため、海での撮影シーンがほとんど不可能になってしまった、ということがあったようです。
そのため、どうしてもスケールが小さくなってしまったんでしょうね。
16話という話数からして、アクションものにしては短い目ですし、実際の撮影に入る前にだいぶん変更があったんじゃないかと思います。

それなのに、「アイリス」のスタッフの作品ということで、スケールの大きな作品を期待されてしまったようですね。
それも、視聴率の伸びなかった一因ではないかと言われているようです。
結局、視聴率は一ケタ台のまま、終ってしまいました。
でも、低いながらもそこそこの数字を維持し、最終話で最高視聴率をとっていますから、見ていた人はあまり離れなかったドラマではないかと思います。

お話が大きく変わっただろうな、というのは、ドラマのHPの人物相関図を見ても分かりますね。
HPの人物相関図のラブラインなんて、まるっきり、違っています…。

このラブラインに関しては、不完全燃焼の感は、どうしてもぬぐえなかったです。



捜査劇なので、ラブラインがあまり進展しないのは構わないんですが、最後のあたり、収まりが悪いんですよね。
主人公カップルの場合、キス未遂があれば、やはり、キス成功の場面がないと収まらない感じだし、大して進展がないわりには二人のシーンが多かったりするんですよね。
ちょっと中途半端…。
絵になる二人ではあるんですが。

ジョンニョルのラブラインに至っては途中で消滅しちゃってる…。
同時に彼の娘も、いつの間にか出てこなくなっているし。
ラストぐらい、彼女を出してもよかったんじゃないかと思ってしまいます。

とはいえ、そういう話は周辺のことだし、メインのストーリーがまずまず面白いので、見ている間はそんなこと、考えないんですけどね。

役者さんも、なかなかいいですよ。
見どころがいっぱい。
まず、捜査9課の紅一点となるイ・シヨンが今までの役と180度違った姿を見せてくれます。
いままで、ゴージャス系の女を演じて人気だったんですが、今回ボクシング大会のチャンピオンにもなったという彼女のスポーツウーマンの部分が新鮮!
最近のアクションものでは女優さんのアクションシーンも見どころの一つなのですが、得意のボクシング的な動きを多用した場面はなかなかよかったです。

チェ・シウォンは「オー!マイレディ」に続く主演ですが、前作以上に安定した姿を見せ、重量感のあるところも見せていました。
彼のアクションもいけますね。
好みのタイプではなかったんですが、かっこ良かったです。

そして、「大韓民国弁護士」ではかなり変なキャラを演じていたイ・ソンジェが、このドラマでは、やたらとかっこいいんです。
アクションも切れがあったし、なかなかセクシーでしたしね。

こんな感じで、アクション捜査劇がお好きな人にはまずまず楽しめる作品だったと思います。


各話のあらすじはきりころじっく3の方にあります。
「ポセイドン」のタグから、お読みください。
[PR]
Commented by miho at 2011-11-11 17:16 x
kirikoroさん こんばんは
12月から、Mnetで「ポセイドン」がはじまりますので是非見たいと思います。
このドラマ何回も延びて、やっと撮影に入ったドラマでしたね。
一番初めは。JYJのジェジュン(間違えてたらすみません)とカンジファンさんが候補に上がっていたので、喜んだものでした。

私は勝手な想像していて、「海猿」みたいに仕上がっていくのかなっと
思ってました。少し残念なんですが、アクションが良かったようなので
楽しみです。
Commented by kirikoro at 2011-11-11 19:09
mihoさん、こんばんは
ジェジュンとカン・ジファンはちょっと知りませんが…。
これはエリックの退役後初の作品になるはずで、撮影も始まっていたのに中止になってしまった、という経緯があります。
(5話・6話のあらすじのところに、その時のエリックの写真があります)

海のドラマには全然なっていなかったんですが、まあ、普通のアクション捜査劇としてみると、そこそこ楽しめましたよ。
お楽しみに!
by kirikoro | 2011-11-10 22:08 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)