なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2011 HDテレビ文学館「サランバンのお客さんとお母さん」見ました


2011 HDテレビ文学館
サランバンのお客さんとお母さん(사랑방 손님과 어머니)  ☆☆☆☆
KBSの一幕物のドラマ
公式HP
d0060962_10363669.jpg

演出:ハン・ジュンソ
脚本:パク・チスク
原作:チュ・ヨソブ(주요섭)の同名小説
出演:チャン・ヒジン(ソナ役)、パク・ピョンウン(ヨンフ)、キム・ファニ(オッキ)、チョン・ヨンスク(トクニム)他
d0060962_10365844.jpg

「2011 HDテレビ文学館」は1980年に始まった「テレビ文学館」の新たなシリーズ。
これは、有名な小説をドラマ化するシリーズで、HDになってからは、既存のTV文学館をHD時代に合わせて再度作るという意図を持って100本の完成を目標に掲げているのですが、なかなか計画は進んでいないようですね。
このブログでは、以前の作品ではキ・テヨン主演の「外灯」の感想を書いています。

今年は12月7日~9日、3夜連続で放送されました。(いまならタシボギで観られます)
他の作品は「狂炎ソナタ(광염소나타)」「オムジネ(엄지네)」。
時間があれば全部見たいのですが、そうもいかず、一番面白そうな、このドラマを選びました。

演出と脚本は「逃亡者イ・ドゥヨン」「特別捜査隊MSS」のコンビ。
が、上記のドタバタのノ・チョルギ刑事のシリーズとは違い、今回のドラマは静かなラブストーリーです。

原作は1935年に発表された作で、ドラマ化された作品の舞台も日帝時代になりますが、日本人は出て来ませんので、日本人にとって不愉快な描写は出ていません。
また、タイトルの「サランバン(사랑방)というのは漢字で書くと舍廊房/斜廊房で、意味としては「客間を兼ねた主人の書斎として使う部屋」なのだそうです。
「客間」とするのが分かりやすそうですが、「客間のお客さん」というのもちょっとどうかと思い、そのまま「サランバン」としました。

小学生の娘を持つ未亡人と、サランバンに住むことになった、夫の親友であり、学生時代は未亡人に心を寄せていた男との微妙な心の変化が描かれます。

未亡人のソナを演じるのは「ラブ・ミッション」「What's Up!」のチャン・ヒジン
パク・ビョンウンは主に映画で活躍されている人のようですね。
ソナの娘を演じるのは、いろんなドラマで大活躍の子役キム・ファニ
このドラマでも、等身大の子ども像をうまく演じています。

現代では、そんなことはないでしょうが、一時代前の話なので、ヒロインは未亡人だというだけで、罪人のように生きています。
回りの人々の顔色をうかがいながら、笑うこともなく暮らしているヒロイン。
でも、そこに学生時代から彼女のことを想う男が現れ、ヒロインの立場があまり良く分かっていない娘のためにその暮らしに波風が立ち始めます。
次第に心を開いて行くヒロインなのですが、子持ちの未亡人が家柄もいい独身の男と結婚するのは今以上に難しい時代。
さて、二人のほのかな恋はどんな結末を迎えるのでしょう?
メインのストーリーはこんな感じなんですが、終盤のヒロインの言動は現代の人たちにも深く共感できるものとなって行きます。
あまり激しい行動はとらないものの、娘の友だちの母に対し、未亡人も人間だ!とただ一か所怒りをぶつけるところに私は一番涙しました。
そして、ヒロインの幸せを願う、娘や姑の言動にも深く感動しました。
d0060962_1052263.jpg

これは、お勧めのドラマです!

あらすじは、HPのものが小説の内容に従っているのでしょうか、ちょっと実際のドラマとは違うので、(韓国ドラマのHP,こういうことがよくありますね)出だしの部分を簡単に書いておきます。



書店で働くソナは夫を娘の妊娠中に亡くし、娘と姑と3人で暮らしています。
ソナは両親がなく、姑も息子を亡くし、一人になってしまっていたのね。
互いを頼りにしながら、ひっそりと生きています。
そんなある日、書店にひとりの男ヨンフがやって来ます。
ソナの夫の親友でソナとも学生時代親しくしていた男です。
彼もソナに心を寄せていたものの、ソナ夫が先にソナにプロポーズして結婚したのね。
そのことにショックを受けたヨンフは日本に留学したまま、10年もずっと日本で暮らしていましたが、用があり、数カ月間の予定で韓国へと帰って来たのです。
親友のお母さんに会いたい、と言われ、家へと彼を連れて行くソナです。
家に連れて行くだけでも、知り合いの目を恐れ、びくびくとしているソナ・・。
姑もヨンフのことはよく知る間柄で、大歓迎する姑。
韓国にいる間はここで過ごせ、と言って、ソナの心配をよそに、サランバンを彼に提供します。
近所の人の噂になるのでは、と恐れ、彼とは距離を置こうとするソナなのですが、どんどん彼女に近づいてくるヨンフ。
娘も、大人の難しい事情は分かりませんから、単純に、ヨンフがお父さんになってくれたらいいな、と思い始めます。
その娘の心を感じ、娘にもあまりよくしてやらないで、とヨンフに頼むソナなのですが…。

こんな感じです。

予告編はこちらで見られます。
[PR]
by kirikoro | 2011-12-15 10:53 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)