なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソン・ユリ、チュ・サンウク、イ・サンウの「神々の晩餐 -シアワセのレシピ-」感想


神々の晩餐 -シアワセのレシピ-(신들의 만찬) ☆☆☆
MBCの週末ドラマ 全32話。
MBC公式HP

演出 イ・ドンユン
脚本 チョ・ウンジョン
出演者
ソン・ユリ(コ・ジュニョン)、チュ・サンウク(チェ・ジェハ)、イ・サンウ(キム・ドユン)、ソ・ヒョンジン(ハ・インジュ/ソン・ヨヌ)他
d0060962_8252155.jpg

伝統を守る韓国料理の名店アリランの名将となったドヒの娘ジュニョンは幼い頃、クルーズ船から落ちて行方不明になり、養父母(母は早くに亡くなる)のもとで育てられます。
一方、娘が死んだことが受け入れられず錯乱した母親に発見され、その身代わりとして育てられたインジュ(本名ヨヌ)。
偶然ジュニョンと出会ったインジュの恋人でありアリラン三代目の孫ジェハにより、アリランとの接点を持つことになるジュニョン。
もともとインジュを後継者にしようとしているドヒに対し、三代目名将はジュニョンを後継者候補としてアリランへと呼び寄せることになります。
天性の才能を持つジュニョンに、常に自分は偽物、という引け目を持つインジュは自分の居場所を奪われるのではないかという恐怖感を感じ鋭く対立するようになります。
そして、実はジュニョンの産みの母でアリラン4代目のドヒは彼女のことが娘だとは思わず、彼女につらく当たることになります。
時を同じくしてアリランにやって来たドユン。
あれは実はドヒが4代目となるときに料理対決で不正を働いてまで勝とうとしたものの自滅するようにアリランを去ることになったソリの息子。
ソリはその対決中にドユンの双子の兄を亡くしているのですが、それをドヒのせいだと逆恨みしていますが、ドユンはそんな母を赦せず縁を切った状態です。
そして、アリランでは新入りとして働いているのですが、実はドユンは世界的な名声を持つシェフ、ハミル、という別の顔を持ちます。

ジュニョンは自分の前に突然現れた足長おじさんのジェハに恋心を抱き始めるのですが、彼はインジュの恋人です。
そして、アリランで出会う前にインジュと偶然出会い、私の名前はソン・ヨヌ、と聞くことになるドユン。
彼らの恋模様はどうなるのでしょうか?
ジュニョンはもともとの家族に娘として迎え入れられるのでしょうか?
またアリランの後継者になるのは誰?



大きく分けるとファミリードラマの範疇ですが、どちらかと言うとラブストーリーの方にウエイトが置かれているドラマでしょうか。



音楽もそれを盛り上げる演出で、私はこのラブストーリーの部分に胸をときめかせて見ていました。
そして、このラブストーリーがいったいどこに向かうのか? 特にヒロインの気持ちが二人の男性のうち、どっちに向かうのがかなり最後まで分からない展開が面白かったです。
私としてはこの結末に大満足なんですが、もう一人の男性に肩入れして見ていた方には期待を最後まで持たせられてしまった分、逆にちょっと不満になったかもしれませんね。
これからご覧になる方には、最初からこちらの男がいい、と決めず、ヒロインの気持ちに寄り添って彼女の選択を見守ってやろう、といった気持でご覧になるのがいいかと思います。
この結末についてはちょっと視聴者からの疑問の声もあったようで、作者が途中で勝手に変更してしまったんじゃないか?だという話から、制作陣と俳優との不仲説まで飛び出したみたいです。
でも、このドラマをしっかり見ていると、登場人物の心の動きの契機はちゃんと準備されていて、少しずつ変化しているんですね。
ですから、私はこのドラマは最初からこの展開が用意されていたのだと思います。
この登場人物の心の動きがちゃんと描かれていることが、私が面白く思えた一番の理由にもなっています。

また、韓国料理の伝統ある名店を舞台に、料理人たちが中心となる話ですから、料理ドラマ、と言えそうですが、料理の部分はあくまでも舞台という感じで、料理人としてあるまじき行為の連発など、この部分ではちょっとアラが目立ちました。
でも、韓国では最近、料理ドラマが異常に多くって、逆に、ここにウエイトが置かれていなかったことが、このドラマの場合良かったかもしれません。
それに、ウエイトは置かれていないと言っても、ポイントポイントでは話の展開上重要な役割を担っていますし、ちゃんと見せ場となるように登場しています。

ところで、このドラマに使われているモチーフ自体はどのモチーフも、あのドラマ、このドラマ、と他のドラマが即座に思い浮かぶぐらい、使い古された感があるのですが、それでも面白かったんです。
見せ方が上手くて、思わず乗せられてしまったという感じでしょうか?
目新しいだけがすべてではなく、古い素材も料理の仕方次第、といった感じですね。


「雪の女王」や「ロマンスタウン」のソン・ユリが、お得意の元気いっぱいの明るい姿のヒロインとして登場するのですが、ジュニョンの出生の秘密が明らかになり始めてからは涙涙の展開。
明るいだけではない多様な姿を見せてくれます。

インジュを演じるのはソ・ヒョンジン。m.i.l.kというガールズグループ出身のようですね。
インジュはいろいろと悪辣な手を使う、典型的なライバル役なのですが、一昔前の欲望以外に動機がない悪役ではなく、自分のいる場所を奪われるのではないか、という恐怖から悪役となってしまう人物。
それも一番恐れているのは親の愛を失うことのように見えるため、彼女にもいつしか同情心を持ってしまうんですね。
悪役だけれど、憎めなくって、やっぱり幸せになってほしいと思う子です。

男性主人公はチュ・サンウク演じるジェハとイ・サンウ演じるドユンのツートップ。
チュ・サンウクは「アクシデントカップル」や「ジャイアント」で日本でもおなじみの人ですね。
イ・サンウは「愛を信じます」や「美しき人生」などに出演している人。「美しき人生」ではソン・チャンウィとの同性カップルを演じたのが印象深かったです。
二人とも、表現方法がストレートと、ちょっとひねくれてる、の差はありますが、どちらもヒロインをとことん助けようとしてくれる、いい男たちです。

そして、主人公たちの親にも葛藤があります。
ジュニョンの母とサンウの母はかつて名店の名将の座を巡って対決したことがあり、その対決のさなかにサンウ母が息子を失うのですが、そのことでまるで責任の無いジュニョン母を逆恨みしています。
彼女たちを演じるのはチョン・イナとキム・ボヨンで彼女たちの演技もなかなか見ものでした。
彼女たちが和解できるか、そして、どういう形で和解するかも、このドラマの見どころの一つだと思います。

ラストに関しては、ラブストーリー以外の部分では予想していなかった結末だったのですが、基本ラインは納得できる結末でした。
でも、ちょっとだけ、これでいいのかな?と思う部分もあって…。
私の評価は星3つと4つで大分迷ったんですが、ラストにちょっともやもやとしたものが残ってしまって結局3つにしました。

これに関してはネタバレになってしまいますので、最終話のあらすじの後に書きますね。


各話のあらすじは別ブログの記事をお読みください。
      →「神々の晩餐」あらすじ

アンケートも設けました。このドラマご覧になった方にご参加いただけると嬉しいです。
この後このドラマを見られる方の参考となるのでは?と思います。

      →「神々の晩餐」は面白かった?
[PR]
Commented by at 2012-05-22 22:08 x
kirikoroさん
早速のアップありがとうございます。

ラブストーリーなんですね~^_^

you tubeでいくつか動画を見ましたがイ・スンチョルさんやキム・テウさんのOSTいいですね~♪
益々楽しみになりました^^
Commented by kirikoro at 2012-05-22 22:50
空さん、こんにちは。

音楽がね、ラブストーリーと合っていて、主人公たちの気持ちにぴったり寄り添える感じなんです。
私はこのOSTでより、ラブストーリーにドキドキできたみたいでしたよ。
Commented by miho at 2013-04-29 11:48 x
kirikoroさん  こんにちは
こんなゴールデンウィークにお聞きして申し訳ないのですが
ツイッター見させていただいてもわかりませんでした。
「神々の晩餐」5月からBSで放送との事でしたがどちらのチャンネルだったかわかりますでしょうか?
思ったよりよかったと友達から聞きまして・・すみませんが、宜しく
お願いします。
Commented by kirikoro at 2013-04-29 12:18
mihoさん、こんにちは。
「神々の晩餐」はBS朝日で5/13(月)朝9時~。「天上の花園」の後番組になります。

どうぞ、お楽しみに!

Commented by miho at 2013-04-29 15:40 x
早速ありがとうございました。
私は、リアル視聴は断念して、日本での放送を見ておりますが
今年に、入ってまた良いドラマが多いそうですね、今どの局も
早くから放送してくれるので、楽しみです。
また、時々寄せていただきます。
Commented by kirikoro at 2013-04-29 18:47
mihoさん、どういたしまして♪

面白いドラマがどんどん日本でも放送されて、楽しみですね。
私はメインはリアル視聴なのですが、見損ねたドラマを次々に放送してくれるので、ついついそちらも見ることになり、時間が足りません…。


Commented by kazu at 2013-09-12 01:07 x
お久しぶりです。kirikoro3で、コメントしてましたが、こちらは初めてです。遅ればせながら、ただいま観終わりました。私的には、ハッピーエンドでよかったですわ。
失われたようで、それぞれを培っていた、ジュニョンの22年、ヨヌの22年、二人の人生の未来が、明るいラストでよかったです。
Commented by kirikoro at 2013-09-12 07:40
kazuさん、お久しぶりです!

やっぱり、こういうドラマはヨヌを含めてハッピーエンドで終わらないとね♪
私の場合、多少ラストに不満はあったのですが、ヨヌもハッピーエンドになったのはよかったな、と思っています。
Commented by ソネッチ at 2016-02-08 18:58 x
こんばんは

私は話数の多い、週末ドラマはあまり見ないのですが、この作品は
ソン・ユリ目当てに視聴しました。

ソン・ユリは「雪の女王」「太陽をのみ込め」でファンになりました。どの作品でも、可愛い女優さんだと思います。
この作品もとってもよかった!


チュ・サンウク、イ・サンウの男性陣もよかったです。
特に、
イ・サンウは、「上流社会」で初めて見た俳優さんだったのですが、
あまり、印象になく(あまり活躍する役でもなかったですが)・・・
それなのに
この作品では、とてもかっこよくて、
ちょっと、びっくりしました。
ツンデレがよく似合っていました。

特に好きな顔というわけではないので
キャラがよかったのでしょうね。

出演者がみんなよかったので、
ラブラインはとても、ときめきました。
最後の最後まで結末が見えないのがよかった。
とても強力な2番手君でしたから。
私は、ラブラインがよかったので星4です。(笑)

料理を扱った作品としては、ラストの納め方は、
私も
正直がっかりでした。不満が残ります。
でも、
最後まで面白く見ました。





Commented by kirikoro at 2016-02-10 09:11
ソネッチさん、こんにちは。
私も同じ感じで見始めたドラマです。
このドラマでのソン・ユリもよかったですよね♪

イ・さんうさんに関する感想も、同じように思っていました。
顔は決して好みではないんですけどね~~

ラブラインは私も満足で、料理関係の部分だとか、出生の秘密の部分が気になっての星3つでした。
ラブラインはほんと、よかったですよね♪
by kirikoro | 2012-05-22 10:29 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)