なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ユチョン、ハン・ジミンの「屋根部屋のプリンス(皇太子)」感想


屋根上部屋のプリンス(옥탑방 왕세자)  ☆☆☆☆☆
SBS水木ドラマ、全20話
d0060962_10235026.jpg

SBS公式HP

演出 シン・ユンソプ、アン・ギロ
脚本 イ・ヒミョン
出演者
パク・ユチョン(イガク)、ハン・ジミン(パッカ)、イ・テソン(テム)、チョン・ユミ(ホン・セナ)
イ・ミンホ(ソン・マンボ)、チェ・ウシク(ト・チサン)、チョン・ソグォン(ウ・ヨンスル)

300年前の朝鮮王朝の皇太子が
現代にタイムスリップ!
300年を超える愛の物語です。


笑いあり、涙あり、そしてミステリーも…。

最初の辺りはタイムスリップによってやって来た4人が現代に現れたことによっておこる騒動で思いっきり笑わせてくれます。
正直、良くあるパターンではあるんですが、それでも面白かったです。
そして、コミカル色の強かったお話は次第にシリアスなラブストーリーになって行き、そこに現代と過去の双方の謎解きが合わさってストーリーに膨らみを持たせています。
それぞれの要素のバランスもいいです。

☆4つか5つかで迷ったんですが、ラストが見事で、5つにしました。

脚本家のイ・ヒミョンは「明朗少女成功記」「守護天使」「不良家族」などを書いている人。
演出家のシン・ユンソプは「なんでウチに来たの?」の演出をされているようです。

視聴率は最高で14.8%(AGBによる)と数字はあまり高くありませんが、裏番組もみな質が高く、数字的には分け合った形です。三本そろっての最終回だったのですが、このドラマがこの数字で1位となりました。


このドラマのアンケートを実施しています。
ご覧になった方にご参加していただけると嬉しいです。


       →「屋根上部屋の皇太子」は面白かった?

(はじめのあたりの簡単なあらすじ)



300年前の宮で謎の死を遂げる皇太子妃。
その謎を追う皇太子自身も何者かに命を狙われ、逃げる途中に現代にタイムスリップします。

ヒロインのパッカの方は、幼い頃の記憶を失くしそのままアメリカに養子に出され、そこで育ちます。
父親が見つかった、との知らせに韓国へと戻って来るのですが、父親はすでに亡くなっており、パッカが幼い頃、その父と再婚した継母とその娘に再会。
その娘、パッカにとっては姉にあたるセナに邪険にされ、一人屋根上部屋に暮らすパッカなのですが、その部屋に突然現れたのが皇太子と彼に仕える3人の家来。
当然のことながら現代に適応できない4人、皇太子なんて話は信じられないものの、結局彼らを世話することになるパッカです。
ところで、セナは王朝時代の皇太子妃にそっくりで、パッカはその妹にそっくり、でも、プヨンは幼い頃顔に大きなやけどを負って、顔を布で覆っていたため、パッカがプヨンにそっくりだということには皇太子は気付きません。

一方、皇太子にそっくりな人間も現代にいます。
皇太子のそっくりさんのテヨンは韓国を代表する王手ホームショッピング会社の会長の孫。
会長は彼を後継者として考えているのですが、アメリカに行ったきり戻ってこないテヨンです。
そのテヨンを説得するためアメリカに渡った従弟のテムはテヨンと一緒に乗った船で彼とケンカして弾みで海へと突き落としてしまいます。
後継者の座を狙う彼はテヨンを救助しようとはせず、そのまま逃げかえり、テヨンと会った痕跡を消し、彼とは会わなかった、ということにしています。
そのテムですが、会長の秘書をしているセナとはひそかな恋人関係です。
テヨンの方も実はアメリカでパッカに会っています。
街で見かけたパッカが気付かないうちに彼女をスケッチして、会おうとしう伝言を残しているのですが、その後海に落ちて行方不明になってしまい結局は会うことがかなわなかったテヨンです。

さて、現代にやって来た皇太子ですが、偶然お祖母さんである会長と顔を合わし、彼をテヨンだと思うおばあさん。
最初は人違いだ、という皇太子。でも皇太子妃とそっくりなセナが会長の秘書をしていることを知ると、現代にタイムスリップしてきたのは皇太子妃の死の謎を解くためだ、とテヨンに成りすますことにする皇太子です。

皇太子は皇太子妃のことを素晴らしい人だと思い、愛しているのですが、実は実態は違います。
彼女が皇太子妃になったのも、妹が皇太子妃に決まったのが気に入らず、わざと熱いアイロンでプヨンの顔に大やけどを負わして代わりになったのね。
妃になってからも、刺繍や詩、すべてをプヨンにやらせ、いかにも自分がしたことのようにふるまっています。
根性が悪いのは現代のセナも同じ。
パッカが養子になることになったのも、幼いパッカが荷台に乗ったトラックが動き出しても知らんぷりし、結局そのトラックが事故を起こし、パッカが記憶を失くして戻れなくなったせいです。
それに、パッカに自分の母の世話をさせながら、自分は知らんぷり。
立派な家柄の娘であるかのように経歴を偽称して、パッカにも自分たちの関係を話さないようにと言っています。

パッカの方は皇太子に恋心を抱き始めるのですが、その本性も知らずセナに近づこうとしている皇太子。
彼らの恋はどうなるのでしょうか?
そして、皇太子妃の死の謎は?


このドラマで一番重要なポイントととなるのは彼らが違う時代を生きてきた人間だ、ということになると思うんです。
特に皇太子の家臣たちは、朝鮮時代に家族もいますから、このまま現代に残れば幸せにはなれないのね。
そして、皇太子の推測通りだとしたら、こちらで皇太子妃の謎を解くカギを見つけられたら、やはり元の時代に戻ることになります。
皇太子とパッカの愛は悲恋に終わるしかないのでしょうか?
それともハッピーエンドとなるための方法があるのでしょうか?

どっちになるのか、最後まで分からない展開も面白いです。

どちらになるにしても、結末を間違えると大したことのないお話になってしまうと思うんですが、この結末がもう、感動的で!
(ラストに関するネタバレになるので、白文字で続きを書きますので、ネタバレOKの人だけ反転させて読んでください)
現代のテヨンが意識不明で再度登場した時にハッピーエンドになるための器は出来た、とは思っていたのですが、それだけだと、予想可能な範囲でそれほどの感動はなかったと思うんですね。
皇太子はパッカの屋根上部屋にやって来る前に、再びやって来ていたんですね。
アメリカでパッカのスケッチを描いたテヨンがすでにパッカのことを待っていた、だなんて想像もしていませんでした!
蝶は昔から、人の魂と言われていますが、それをうまく使っていたのね。その時には気づかなかった深い意図に気付かされて、もう、驚かされてしまいました。
ここの時間的な流れがちょっとわかりにくいかな、と思うので、皇太子の時間で出来事をまとめてみると、
1、皇太子妃の死→パッカの屋根上部屋に
2、結婚式→タイムスリップした時から半日ぐらいの時点
3、すべての真相を知る→パッカがアメリカにいる時あるいはその前(ただし身体はテヨンで魂だけやって来た?)
そして、皇太子の記憶を持ったテヨンとして再びパッカの前に現れた、ということだと思います。

(白文字ここまで)

このドラマ台本もよかったですが、役者さんたちも彼らの個性を生かしたキャスティングで、役者さんたちもよかったです。
実は私、以前からこのブログをお読みの方だったらご存知かもしれませんが、ユチョン、相当苦手だったんです。
生理的にダメ、だとか散々なことを書いた覚えがあるのですが、
いやあ、このドラマのユチョンは素敵でした! 惚れてしまいました!
韓ドラマジックにしっかり落ちてしまいましたよ。
以前から、彼の演技はいいな、と思っていたので、これからの彼がますます楽しみです!
[PR]
Commented by tamaen at 2012-05-25 11:49 x
いやーーーー。
久々に(笑)スッキリしましたぁ☆☆☆

気楽に見られるラブコメなのに、ストーリーが薄っぺらくなくて、
毎週とっても楽しみでした!!

役者さん達がいい意味でイメチェンしたなと。
パッカ役のハン・ジミンちゃんも、いつもとは違うハツラツとした演技でしたし
セナ役のチョン・ユミさんも『千日の約束』のヒャンギとは全く違った悪役キャラ!
そして、テム役の彼(名前忘れました)も、良い感じに狂ってましたね。ふふふ。

ユチョンは『成均館スキャンダル』を見たばかりだったので、またこんな役なんだ?と思って見始めましたが、
今回の方は数十倍ステキでしたね☆☆☆
Commented by kirikoro at 2012-05-25 12:21
tamaenさん、こんにちは。

ほんといいドラマでしたね。大満足です。
ラストで、すっかりやられてしまっていて、「赤道の男」に移れません。

ハン・ジミンさん、このキャラ、とっても合っていましたね。
溌剌なんだけれど、強い思いを秘めていて。。。、

チョン・ユミさん、初めは「千日の約束」の方がお似合いかしら?と思っていたんですが、最後の方になって、やっぱり、セナ役には、やはりこんな感じのどこか憎めない気にさせられてしまう人じゃないとダメだろうな、と思い始めました。

テムのイ・テヨン、お気楽な感じな役が多かったのですが、こういう狂ってるのもよかったですね。

「成均館~」はユチョンが好きじゃなかったのにもかかわらず嵌ったドラマでしたから、好きになった今もう一度見ると、もっと素敵に見えるかも???
Commented by ローキック at 2012-05-26 03:29 x
やったーー星5つですかー(^_^)v
このドラマ、とても楽しみにしていますので嬉しいです!
脚本家の方、「守護天使」書かれてるのですね。「守護天使」好きな作品ですので、これも嬉しかったです。
記事の内容は、ドラマを観てから、ゆっくり読ませてもらいますね!
ユチョン君目当てでしたが、イ・テソンさん、チョン・ソグォンさん・ハン・ジミン嬢と、好きな俳優さん達まで出ていて、これまた楽しみです(^O^)/
Commented by kirikoro at 2012-05-26 06:25
ローキックさん、このドラマ、ほんとにお勧めです!
はじまるまでは単なるコメディーものだと思っていたのですが、なかなか奥が深かったです。
それも、構えずに見ているうちに、感動の渦に…。
話題になっている作品なので、日本での公開も早いだろうな、と思っています。
楽しみにお待ちくださいね!

Commented by malibucun at 2012-05-27 01:41 x
こんにちは♫
以前「栄光のジェイン」放送時に別ブログで何度かお邪魔したmalibucunです!
別ブログはその後も何度かおじゃましていたんですが、たまたま視聴していたドラマがかぶらなかったのでコメントしていませんでした~。

「屋根上部屋の皇太子」、最高でした!!!
実はこのドラマを見る前はユチョン存在すら知りませんでした(笑)
このドラマにすっかり嵌り、放送途中で「成均館~」を一気に視聴しちゃいました(笑)
ドラマの内容もとっても良かったし、俳優さんの演技も最高だったし、しばらく余韻に浸っていそうな予感です・・・。
Commented by kirikoro at 2012-05-27 06:38
malibucunさん、お久しぶりです。

「屋根上の皇太子」は皆さん絶賛ですね!
日本でも大ヒットドラマになりそうです。

>このドラマにすっかり嵌り、放送途中で「成均館~」を一気に視聴しちゃいました(笑)

私も、あんまりユチョンが素敵に見えるものだから、「成均館~」をもう一度見直そうかしら、と思ってしまいました。
時間的余裕がなくてできずにいますが…。

>ドラマの内容もとっても良かったし、俳優さんの演技も最高だったし、しばらく余韻に浸っていそうな予感です・・・。

私もまだ、余韻の中にいます。
面白いドラマだと思ってはいましたが、こんなに後を引くドラマになるとは思ってもいませんでした。

嬉しい誤算です!

Commented by LYN at 2012-05-29 10:03 x
はじめまして
おなじタイムスリップをテーマにしているんですが
全然違う感じの'インヒョン王后の男'もおすすめです
プロットとか展開とかいろいろ
專門家と一般の視聴者の中でもっといい評価を受けてます
タイトルだけをみてスキップしないで(>o<;)
機会があれば是非見てみてください
私はただの視聴者ですが
いいドラマなのでもっと沢山のひとに見てもらえたらいいなと思って。
失礼ながらかき-こみします。(^▽^;)
あまりにも足りない日本語ですみませんでした。(T^T)
Commented by kirikoro at 2012-05-29 14:06
LYNさん、はじめまして。

「インヒョン王后の男」、実は、1話だけは見ているんです。
このドラマも面白そうな感じは受けたのですが、こちらのドラマとあまりにも設定が近いので、同時に見るのがもったいない気がして、後回しにしているんです。

NHKの放送されることになりそうですし、のちほどゆっくり見ることにしよう、と思っています。

教えてくださって、ありがとうございました。

Commented by ふみ at 2012-05-31 20:50 x
以前から読ませて頂いていたのですが、初コメントです。
このドラマは本当にラスト2話が素晴らしかったです!
イガクが消える時は涙がこぼれました。
私はJYJのファンなのでこのドラマを見ていましたが、ハン・ジミンさんの演技が本当に良かったです!彼女のドラマは大分昔に「オールイン」を見ただけだったのですが、素敵な女優さんになりましたねぇ。これをキッカケにもっと見てみたいと思ったのですが、イサンは長すぎるし、カインとアベルはジソプ氏がちょっと苦手だし。。。(^^;)でも今回kirikoroさんがユチョンに惚れてしまったように、作品と演技が素晴らしければ苦手な人も克服できるかもしれませんね^^
Twitterの方もフォローさせていただきました。また面白いドラマを紹介していただけたら嬉しいです(^o^)
(ジェジュンの大ファンなので、JINの感想もお待ちしています←時代物はリアルタイムではご覧にならないんでしたっけ。。もし気が向きましたらお願いします♪)
Commented by kirikoro at 2012-05-31 23:37
ふみさん、はじめまして!

18話までも、結構よかったんですが、ラスト2話が凄くて大感動でしたね。

私も、消える場面、涙が…。

ハン・ジミンさんも素敵でしたね。
「カインとアベル」は私が苦手だったジソプさんを克服して素敵に見えたドラマなんですよ!
でも、彼女の主演作品は結構ありますから、他にも選択肢はありそうですね。「京城スキャンダル」「復活」あたり、結構お好きな人の多い作品ですし、いいかも?
見たい作品のタイプで選ぶのもいいかもしれませんね。

ドクタージンは実は、1話、まあまあ面白かったんですが、ご指摘のように朝鮮時代物ですし、ここしばらく、面白そうなドラマが目白押しなので、後回しにしています。
カット版でも楽しめそうですし、たぶんこれはテレビでゆっくり見ることになりそうです。ごめんなさいね!

ツイッターの方も、ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。


Commented by lovedrama at 2012-06-05 23:42
初めまして、こんばんわ☆ミ
いつも記事upが楽しみで、何か観る時もドラマの評価を参考にさせてもらっています♪
私は成均館でユチョンが好きになったので、このドラマを観るのが今から楽しみデス♪みなさんの評価もすごくよいし、内容的に大好物な感じがすごくするので(笑)はやくDVDにならないかな。
Commented by kirikoro at 2012-06-06 06:53
lovedramaさん、はじめまして!
いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

このドラマは、私もなんですが、ご覧になった方の満足度は高いですね。
今年の上半期一番の話題作で日本人でご覧になった方も多いドラマなので、早々にDVD化、そして、テレビ放送されることになるだろうな、と思っています。
ワクワクしながら、もう少し、お待ちくださいね。

Commented at 2013-02-24 02:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-02-24 07:32
鍵コメさん、おはようございます。

東方神起時代からのユチョンファンでしたら、成長していく姿が楽しみでしょうね。

このドラマは、ユチョンが苦手な私ですら、素敵に見えましたから、ファンの方にとってはたまらないでしょうね。
私もようやく、彼の色気を楽しめるようになりました!

東方神起とJYJのいまの状況はやはり残念ですね。
韓国の事務所問題は日本以上に大変みたい…。

鍵コメさんの希望のラスト、たしかに、時代劇の重さと言うのもいいかもしれませんね。

「りぼん」懐かしいです…。
といっても、世代が分からないとどのあたりか、分からないですけどね。
私はほとんど自分で買ったことはなかったのですが、なぜか初期一条ゆかりから矢沢あいの時代までなら読んでいました。
「りぼん」はそこまで嵌りませんでしたが、ふろくなしの雑誌はどっぷりで、高校時代はマンガのセリフを日常生活で使っていた痛い子でした…。
そんな漫画の中の男の子に恋するような気持ちを思い出すドラマでしたね♪

Commented by とっこさん at 2013-03-20 15:54 x
kirikoroさん、またまたお邪魔します。

「最高の愛」以来ですね。検索しまくって結末までを知ってしまいたくなったのは。でも、いくら読んでも、オチが理解しづらいのです。ふと、「眠れる森の美女」の御姫さまが王子に言った「お待ちしていましたわ」を思いだすんですよね。物語の起源的には、二人は知らぬ仲ではなかったということになっていますから。見終わったら、いろいろ考えてみたいですね。それにしても、「シークレット・ガーデン」といい、韓ドラのファンタジーの構想力には感心します。

ユチョンは、番組名に「ユチョン主演」と冠がつくほどのスターなんですね。はじめて見た時は、野球の江川卓に似ていると思った程度でしたが、格好をつけない演技をしていますね。セクシーに迫るとかいった匂いがない、サラリの印象ですが、そういう役も見てみたいですね。

Commented by kirikoro at 2013-03-20 17:28
とっこさん、さん、こんにちは。

このドラマは数多くのドラマを見ている私ですが、そのすべてのドラマの中でベスト3には入るドラマなんですよ。

ラストは確かにわかりにくいと思いますし、このドラマはラストの解釈を間違うとこのドラマの良さは半減してしまいますね。
ほんとに、このファンタジーの構想力にはうなりました。

ユチョンは演技力はずっと評価していたものの、私はずっと苦手だったのですが、このドラマで克服しました!

そうそう、恰好をつけない演技ですよね。
微妙な表情がいいんですよ。
こういう控えめなセクシーな感じに私は堕ちました♪

Commented by とっこさん at 2013-04-04 22:57 x
kirikoroさん、こんにちは。

あまりにも楽しいドラマなので、またお便りしました。

今週は、地方のツァーガイドになっていたハン・ジミンとユチョンの再会の場となった観光地での意地の張り合いにも、ユチョンの臣下たちの性格の良さにも、本当に笑わせてもらいました。

とくに、カラオケで、ユチョンをぐるぐるとねじり巻いてのハン・ジミンのあの調子ぱずれの唄のシーンは、トッコがクエジョンらのカラオケに乱入(?)して、彼女たちの方に長い足でキックをかましながらやぶれかぶれで歌ったのを思い出させました(笑)。

「ぐるぐる」って、本当に韓国で歌われてる唄なんでしょうかね。

韓ドラには結構、カラオケが登場しませんか?私がはじめて本格的に見た韓ドラは、あまり人気のなかったらしい<Bad Love>でしたが、主人公たちは、一人悲しみを耐えるのに、カラオケの一人部屋でスクリーンを背に飲んでいました。韓国では、人目をまったく気にしないでいい場所の定番なんだろうか、たしかになあって、思って見たものですが。

Commented by kirikoro at 2013-04-05 07:14
とっこさん。こんにちは。

はじめの方は楽しいシーンがいっぱい出てきますね。

カラオケで歌われていた曲についてはどんな曲だったのか、思い出せません。

カラオケシーンはほんとに多いですね。
ひとり歌いまくるシーンもよく出てきます。

考えてみたら、韓国ではトイレとお風呂が一緒ですから、家族がいる場合、お風呂すらゆっくり入れないですものね。
ひとりになれる場所って日本以上に少なそう…。
Commented by とっこさん at 2013-04-07 23:10 x
>はじめの方は楽しいシーンがいっぱい出てきますね

まだ別れが間近でないので、切なさの意味が、もっぱら、恋をめぐるものだからでしょうね。ユチョンとハン・ジミンが醸し出しているものって、二入の役柄上の年齢(設定)にもかかわらず、「青春まっただ中」という感じがするんですよね。

ふてくされて自転車で飛び出したハン・ジミンをユチョンも自転車で追いかけるシーンなど、まさに青春そのもの。ジミンがユチョンの携帯に好きだと入れてしまったことでのドタバタのあと、知らない振りをきめこんだユチョンと、気づかれなかったことに安堵と落胆のジミンが、黙って、二人して、自転車をおして歩く様は、まさに、下校時の高校生!この清潔感、ういういしさは、この二人以外には考えられないですね(あまり俳優を知らない私が言うのもなんですが)。

ハン・ジミンが先週、はじめて、おでこを見せたら、<ソヨン>の顔が浮かびました。彼女はおでこを見せたほうが美しいように思うのですが。前髪をおろしたほうが幼くは見えますから、<妹>という設定のためでしょうか。
Commented by kirikoro at 2013-04-08 09:56
>ユチョンとハン・ジミンが醸し出しているものって、二入の役柄上の年齢(設定)にもかかわらず、「青春まっただ中」という感じがするんですよね。

言われて見れば、そうですね。
清潔感と初々しさ、ほんと、この二人ならでは、というのに同感です!

ハン・ジミンの額なんですが、「パダムパダム」では彼女、額を見せる髪型で、緩いウエーブのかかった長い髪なんです。それがもう、美しくって…。
やはり、幼さを出すためなんでしょうね。

Commented by とっこさん at 2013-04-08 14:04 x
>それがもう、美しくって…。

ジミンのおでこから、懐かしく、ソンヨンー「イ・サン」ーイ・ソジンと連想していたら、ソジンの元恋人だったというキム・ジョンウォンへ。彼女、そういえば、ハン・ジミンと似てませんか?失礼ながら、ジミンのほうが美しいですが。

そこで、思い出したのは、「イ・サン」の撮影中、ジミンが皆の「妹」としてからかわれ愛されていたと、ソジンがインタビューで述べていたこと。

時系列で追うと、ソジンとジョンウォンが共演後、恋人に。その年から「イ・サン」の撮影に入り、翌年初夏に終了したあと、夏から二人は不仲になり、秋にはソジンから理由なしに別れ話。これって、ひょっとして、ソジンが彼より随分年下のジミンを好きになったからってことないかしら。ジミンにはそんな気などなかっただろうけれど。ジミンは、彼女を嫌いだと言う人などいないだろうと思わせる印象の人ですしね。清純なファム・ファタルってありうるのかしら。

kirikoroさんは関心のないゴシップにすらなっていない私的憶測コメントで申し訳ないですが、ふと、思ったので。ジミンさんに恋の噂はないのですか。
Commented by kirikoro at 2013-04-09 00:06
とっこさん、さんこんばんは。

俳優さんの実生活での出来事も、いろいろと想像(と言うより妄想!?)してしまいますね。

私はイ・ソジンとキム・ジョンウンの別れはイ・ソジンが財閥の息子なんで(全然見えないけれど)親の反対で結婚を諦めた、といういかにも韓ドラストーリーを頭の中に描いていました♪
これじゃ、全然面白くないですね…。

Commented by とっこさん at 2013-04-14 11:48 x
kirikoroさん、こんにちは。

kirikoroさんがごらんになった際には、放送の最後におまけがついていましたか?実は、それに気づいたのは最近なんですが、NGシーンを時間いっぱい流しています。

ユチョンのNGに集中しての編集のようで、ジミンに「おわんないよ」って言われたり、一緒にエレベーターに乗り込むことになっているのに知らん顔なので、テムに「乗らないの?」って声をかけられたりと、笑えます。3人の臣下のNGもありましたが、ジミンのはひとつも紹介されていないし、彼女の他の人のNGへの反応が、けっこう、まじめで意外に感じたりしています。

でも、NGシーンって、ロマンチックに浸ったあとでは、どうもね・・・

ユチョンとジミンの恋があまりにも自然に見えるので。いま、「ケセラセラ」のエリックが主演ということで見ている「ラヴミッション」と比較してしまいます。「ケセラセラ」のエリックはどこに行ったんでしょうか。「せつなさ」が感じられないんですよね。そう、恋愛ものについては、ひとことでいうと「せつなさ」ですかねえ。今は、ほかに言葉が見つからないです。kirikoroさんは、どうですか。
Commented by kirikoro at 2013-04-14 12:43
とっこさん、こんにちは。

私が見たのはどうだったかなあ…。
見てすぐだったら分かるんですが、さすがに覚えていません。
でも、これに限らず、けっこう、ドラマの後でNGシーンを流すドラマは多いですね。

〉でも、NGシーンって、ロマンチックに浸ったあとでは、どうもね・・・

そうなんですね。
別に見たら、それはそれでいいんですが、切ない話の後に入るとちょっと気分がそがれちゃいます。

〉「ケセラセラ」のエリックはどこに行ったんでしょうか。「せつなさ」が感じられないんですよね。

わあ、そうなんですか!
私は逆に、「ケセラセラ」のエリックがまるで駄目で、「ラブミッション」のエリックにたっぷり感情移入して見ていたんですよ。(お話は途中で緊張感が亡くなった気がしましたが)
わたしが「せつなさ」を感じたのは、こちらの方だったんです。

たぶん、ドラマのキャラのせいなんでしょうね。
私は「ケセラセラ」の役柄が、ともかくダメで…。

ほんと、ラブコメはキャラの好き嫌いで、まるで印象が違って見えますね!
Commented by とっこさん at 2013-04-14 16:32 x
「ケセラセラ」とちがって、「ラヴミッション」は、中盤以降(?)から見始めたことになると思うので(視聴中)、じっくり見ているとは言えませんが、たとえば、エリックの内面表現に安易な独白が多くないですか。それも、壁とかたたきながらとか。「ケセラセラ」では、独白による内面説明はいっさいなかったですが、よく理解できたんですよね。最終回、二人が再会しても、お互い、明るく話して別れてしまうのに、自然と、ウンスは、昔の彼のアパートに来てしまう。エリックも、帰りかけて、まだ、解約していないかつてのアパートに久しぶりに寄って見る気になる。そして、ふたりが本当に再会し、笑みをかわす。バスのウンスを見送ったエリックが、帰ろうとして、きびすを返すまでの思案かためらいの足踏みとか、今でも目に浮かびます。すみません。あまりにも、いれこみすぎてますね!

それと、ハンなんとかいう美しい女優さんより、ウンスのほうが魅力ある人間に見えたんですよね。


>ラブコメはキャラの好き嫌いで、まるで印象が違って見えますね
そう、 また、入れ込む作品に会いたいです!

Commented by kirikoro at 2013-04-14 21:10
とっこさん、こんばんは。

〉たとえば、エリックの内面表現に安易な独白が多くないですか。それも、壁とかたたきながらとか。

そうかもしれません。
このドラマ、実は最初のあたりが一番面白かった、と私は思っているんですよ…。
途中からとなると、ちょっときついかもしれませんね。

お話を伺っていると「ケセラセラ」もう一度じっくり見たら、また違って見えるかもしれませんね。
また、機会があれば再視聴しようかしら、と思い始めました。

「ケセラセラ」のチョン・ユミさんは私も、とても好きになった女優さんです。
最近東京の地上波で始まり、そのうちにBSや他地方に来ることになると思う「ロマンスが必要2」も彼女がヒロインで、とlってもいいんですよ!

ハン・イェスルはまた、わたしは「ファンタスティックカップル」以来大好きな女優さんなんです。

〉そう、 また、入れ込む作品に会いたいです!

やっぱり、ここですよね!
次も素敵な作品に出会えますように!
Commented by とっこさん at 2013-04-21 13:07 x
kirikoroさん、こんにちは。

「ラブミッション」についてのトピックはたてられていますか。検索で見つからなかったのですが。あと、2,3回で終わるようなのですが、つっこみどころが多い作品のような。

たとえば、教えていただいた女優さんイェスルさん。
この名前、珍しくないですか?
また、経歴はアメリカ在住から韓国籍に戻ったとか。「シークレット・ガーデン」でも、「おまえはアメリカ組だな?」のような台詞がありました。ひとつには、アメリカ名をもっているのが特徴らしいですが、それほど、韓国ではアメリカ留学とかアメリカへの進出が、社会的成功のひとつの鍵となっているということでしょうか。

また、「イェスルがボイコットしたことで有名なラブミッション」との言及にも出くわしました。なんか、撮影方針が気に入らなかったということでしょうか。

イェスルの徹底した超ショートパンツのファッション!韓国では芸能人の影響でのミニスカ流行で腰痛が問題になっているとNHKで韓国のレポーターがとりあげていました。男性の中敷き使用も医学的問題をひきことしているとか。

いろいろ、話題につながるドラマですね。
Commented by kirikoro at 2013-04-21 15:38
とっこさん、こんにちは。

ご指摘ありがとうございます。
リストの移し替えがうまく行っていませんでした。
さっそく訂正しました。お手数をおかけしてすいませんでした。

さて、留学の重要さはドラマの中だけではないようです。
韓国のニュースを見ていた中に、同じ大学に入っても、経済的に恵まれないものは在学中にバイトし、裕福な者は彼らがバイトをしている間に留学などでさらにキャリアアップし、格差がついてしまう、という記事がありました。

ボイコットは、韓国撮影現場では通例化している無茶なスケジュールに異議を申し立てたんですね。
そんな約束じゃなかった、と抗議したものの通らず、結局、撮影中にアメリカに行ってしまい、撮影がストップ、放送も欠番になったんですよ。
一時はそのまま降板か!?なんて話にもなってしまいました。

NHKのレポーターの話は初耳でした。
何処の国でも、ファッションとなれば、若い人たちは無理しますからね…。
ミニスカが腰痛と言うのは想像がつきますが、男性の中敷き使用も健康に問題を起こすんですか!
特殊な中敷なんでしょうかね。


Commented by とっこさん at 2013-04-21 21:16 x
>特殊な中敷なんでしょうかね

(笑)!おなじみの身長アップのためのものです!バラエティ番組でしょうか、男性陣が女性たちに、中敷きを取ってみろと言われ、渋々取ったら、彼女たちより背が低くなってしまうという場面が少し紹介されていました(残酷!)。なんでも、無理な姿勢から、脊椎を痛めることになるそうです。何かと、たいへんだぁ~ですねえ。
Commented by kirikoro at 2013-04-21 22:00
とっこさん、こんばんは。

>(笑)!おなじみの身長アップのためのものです!

ああ、そういうのがありましたね!
バラエティーでは、そんなことまでするんですね♪
まあ、女の人に置き換えれば、ハイヒールだって体に良くないですもんね。
ほんと、大変なのねえ。
Commented by raza at 2013-05-06 22:43 x
kirikoroさん、こんばんは。2度目の書き込みです^^

WOWOWでの放送をやっと全部見終えました!
多分ノーカットだったのでありがたいです。
kirikoroさんの評価が凄く高かったので楽しみでした。
結果は…最後、もうひと押し欲しかったかな~っというのが正直な感想です><
テヨンとセジャの記憶?のシンクロは色んな解釈が出来そうですよね。
私はテヨンが意識を取り戻す時にセジャの記憶もプラスされたんじゃないのかな…と思いました。
もう一度第一話と最終話だけ見直したいです^^;
でも、最後の、2人の再会シーンは本当にロマンチックで、素敵でした。
苦労しっぱなしの2人だったから、これからは幸せに暮らせると良いなって
ドラマって分かってるのに、本気で祈ってしまったり…。笑

それにしても、トリオが好き過ぎました~!笑
セジャより現代への適応が早かったのにも、なんだか
妙に説得力があって…。
確かに、オムライスって昔の材料でも作れるよなぁ…
だからオムライスだったのかなぁ…と最後まで色々唸ってしまうドラマでした。

面白いドラマに出会えた後って、なんか数日そわそわしてしまいますよね。笑
Commented by kirikoro at 2013-05-07 00:02
razaさん。こんにちは。

最後のところは解釈によっては、もう一押しとなるかもしれませんね。

私は、白文字のところで書いたように、最初のアメリカの出会いのところでテヨンはセジャとしてのこの物語の出来事をすべて経験した後での出会いだったんだと思っているんですよ。(魂の転生?それとも、なんらかの理由でテヨンの肉体にセジャの魂が宿った?)
なので、ずっとバッカのことを待ち続けていてアメリカでようやく会えたと思ったのにそのままになってしまい、永い眠りに落ちた後でようやく再会した、と思ったんですね。
そこでが~んとやられてしまったんですよ。
いずれにせよ、ドラマと分かっていても、祈ってしまいますよね!

>セジャより現代への適応が早かったのにも、なんだか
妙に説得力があって…。

そうでした!
ほんとに説得力、ありますね。

オムライス…。
ドラマを見て、何度オムライスを作ったことか…。

>面白いドラマに出会えた後って、なんか数日そわそわしてしまいますよね。笑

ほんと、そうなんですよね。
私はいつも、しばらく腑抜けになります♪

Commented by さやを at 2013-06-25 01:47 x
こんにちは。今、韓流セレクトで観ています。このドラマの放映後、中国ではピングレのバナナ牛乳が大ブレイクとか。私はやっぱり…オムライスですがw最終回に向けて展開楽しみです( ´ ▽ ` )ノ
Commented by kirikoro at 2013-06-25 05:33
さやをさん、こんにちは。

東京地方は地上波でご覧になれていいですね。
中部地方では系列局が韓国ドラマをやらなくなってしまい、回って来なくなっているんです。残念!

>中国ではピングレのバナナ牛乳が大ブレイクとか。

そうなんですか!
バナナ牛乳も真似したくなるアイテムですもんね。

さやをさんもオムライス派なんですか♪
お仲間ですね!
やっぱり、これですよね。

最終回に向けて、どんどん盛り上がりますので、どうぞ、お楽しみに!
Commented by あおゆき at 2013-12-26 20:57 x
こんにちわ。トキメキ~ではハマれなかったユチョンssi、このドラマではすごくよかったです。ラスト2話、けっこうボロ泣きでした。
ラストがちょっと?な部分もありましたが、きりこさんの解釈でなんか納得。なんで蝶があんなに強調されるの??って思ってました。
パク・ハのハン・ジミンさん、流石にうまいですね。ただセナ役の女優さんより年上にみえるので、お姉さんと呼びかける度どうしても違和感が。セナ役の女優さんもよかったです。出てくるたびにまーたこの虚言癖!って突っ込んでましたが。悪役っぷりやコスプレ、美しいおみ足に釘付けでした(笑)。
にしても凄いコメントの数、、、人気のあるドラマなんですね。
アマゾンでも今年人気のあった韓流ドラマNo.2に選ばれてました。
Commented by kirikoro at 2013-12-27 00:21
あおゆきさん、こんにちは。
お久しぶりです♪

>こんにちわ。トキメキ~ではハマれなかったユチョンssi、このドラマではすごくよかったです。

いっしょですね♪

初めの方はとても楽しくて、最後にあんなに泣かされるとは、思っていませんでした。

>セナ役の女優さんより年上にみえる

そういえば、そうだったかも。
この女優さん、悪役を演じても、なんだかかわいくて、憎めない感じが良かったです。
このドラマで私も注目した人なのですが、「トンイ」や「千日の約束」の出演している人です♪

このドラマは、ほんと人気があったようですね。
初めはユチョン人気?と思っていたのですが、そうではなかったようで、皆さんも大注目のドラマのようでした。
Commented by あおゆき at 2013-12-29 20:24 x
こんにちは。
>この女優さん、悪役を演じても、なんだかかわいくて、憎めない感じが良かったです。このドラマで私も注目した人なのですが、「トンイ」や「千日の約束」の出演している人です♪

そうかもしれません。役として悪役だけど、悪女ではないというか。「トンイ」もおもしろそうですね。長い話は根性がないので自信がないですが(長い韓流ドラマで、全部見たのは善徳女王とチャングムぐらい)、トンイってチャングムと同じ脚本家の方でしたっけ?みたら面白いのかもしれないですね。

といいつつ、今「宮廷の諍い女」にはまってます。中国版大奥だそうで、ドロドロといえばドロドロですが、大陸の女性たちは、同じ諍いでも日本の大奥よりスケールが大きい感じ。身の処し方は意外とリーマンも参考になるかも。ジャクギの亡くなった後ぐらいの時代でしょうか。ジャクギ以上に美術面は凝ってる感じもします。イケメンが少なすぎるのがちょっとさびしい、、、
Commented by kirikoro at 2013-12-29 21:58
あおゆきさん、こんにちは

「トンイ」は最近見たんですが、面白かったですよ。
「チャングム~」と同じくイ・ビョンフン監督作品ですが、私はチャングムがいい子ちゃんすぎてあまり好きじゃなかったので、この「トンイ」がこの監督さんの一押しドラマです♪

「「宮廷の諍い女」面白いんですか!
実は「ジャクギ」の後の時代という事で、私も見ようかと思ったのですが、どろどろと聞いてやめたんです。
そんなスケールの大きな諍いだったら面白いかもしれませんね。
と言いつつ、実はひそかに「ジャクギ」2度目を視聴中なんです!
「宮廷の諍い女」もチャンスがあれば見てみます♪
(イケメンが少ないのは覚悟の上で…)
Commented by あおゆき at 2014-01-03 17:41 x
あけましておめでとうございます。今年もブログ、楽しみにしております。

ジャクギいいですよね。私も好きです。もう一回見直したいです。宮廷の諍い女はジャクギの続編みたいな気分で見てます。正月暇を持て余し、あと10話ぐらいで見終わってしまいます。話後半、ヒロインが一生に一度の恋に落ち、そのあたりからただのドロドロじゃなくなっていく感じです。なんというか、中国人ってタフやな~と。

ジャクギも宮廷の~も、韓国ドラマに比べると話の展開や心理描写が荒っぽいところがある気もしますが、それが逆に魅力なところもあるような。清朝の風俗なんかも興味深いです。なんとなく中国語勉強したくなりますが、発音が難しそうで(一度挫折した経験あり)。

もともと韓国ドラマでも「復活」「赤と黒」「善徳女王」あたりが好きなので、宮廷の~みたいなドロドロが意外と好きなのかもしれません。

関係ないですけど、マンガですが、よしながふみさんの「大奥」も好きだったりします。
Commented by kirikoro at 2014-01-03 20:46
あおゆきさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

宮廷の諍い女、ますます見たくなってきました。

>ジャクギも宮廷の~も、韓国ドラマに比べると話の展開や心理描写が荒っぽいところがある気もしますが、それが逆に魅力なところもあるような。

なるほどなるほど。
わたしはジャクギしか知らないのですが、何となく、おっしゃっていることが分かるような気もします。
中国語はラジオ講座2か月で2回挫折です…。
なんで、ピンインなんてものがあるのに、同じ文字が書いてあっても違う発音なのよ!?と、もう訳分かりません。
韓国語が後発の文字のせいか、ものすごくシンプルだっただけに、ついていけません!

「復活」「赤と黒」「善徳女王」は私も好きですし、私のドロドロの範疇には入っていないので、行けそうな気がしてきました!

よしながふみさんの「大奥」って日本のドラマの原作ですよね!
話は面白そうだったのに、ヒロインが苦手で落伍してしまいましたが、原作には興味があります。
これもまた、手に取ってみたいな、と思っています♪
Commented by あおゆき at 2014-01-04 18:12 x
こんばんわ。実は韓国語も挫折歴があり(苦笑)、きりこさんを尊敬してます。英語一つもままならない私、、、

昔知り合いの中国人が、なんで日本は同じ漢字をこんな幾通りもの読み方をするんだ、中国語の読み方は一種類だ、理解できない、といってました。言われてみれば、日本語では音読み、訓読みのほか、特殊な読み方もけっこうあるのかも、、、お互いさま?なんでしょうか。
どっかのブログで、中国語学科では最初の三ヶ月は発音づけと読んだ記憶が。。
中国人3人ぐらいと話してて、自分が唯一知っている「好吃」ですら、すかさず南のほうの中国人から発音を直されるといった体験も・・・。

よしながさんの「大奥」ドラマや映画は見たことないですが、原作はとてもいいです。せつなさを描いたら当代一の漫画家では、と思ってます。余白であれだけ感情を語らせる漫画家さんっていないんじゃないかと。作品自体の設定が歴史改変SFなんで、それがどうなっていくのかも見所かと思います。いま佳境に入ってるところかな?

と、思いっきり韓国ドラマから離れた話でごめんなさい。
Commented by kirikoro at 2014-01-04 20:08
あおゆきさん、こんばんは。
実は、語学は思いっきり苦手です。
英語なんて10年もやった(この時点でダメですね、大学で単位落しまくって卒業すら危うかった)のに、まるでわかりません。
韓国ドラマで英語なんて出てくると、画面ストップさせて、韓国語字幕を読まないことには訳が分からなくなります。
ただ、韓国語は私の中では古文なんですよ。
中国語も漢字が元になっているんだし、と思ったのですが、まるで単語も音も違う…。
日本語の漢字の読みはほんと、好き勝手ですものね。
韓国語でもほぼ読みは一つなので、漢字さえ思い浮かべれば意味が分かるんで知らない単語でもOKなのが嬉しいところです。
逆に、他の国の人からしたら、信じられないぐらい難しいだろう、と思います。
でも、発音はねえ…。
、韓国語はまだ、音の種類が少ないですが、中国語は舌の位置とか、日本人にはアクロバティック過ぎる!

よしながさんの漫画って、どういう訳か、全く読んでないんですよ。
なんでなんでしょうね?
でも、この話はとても面白そうなので、ますますそそられます。
近いうちに、ぜひ、読んでみたいと思っています♪
Commented by あおゆき at 2014-01-06 19:34 x
こんばんわ。

どこかで、10世紀ぐらいだったか、そのぐらいで初めて、通詞なしで韓国人と意思疎通できずに困った、といった記載が文献に出てくると読んだ記憶があります。古文として扱うのって、そのぐらいの時代以降の文章?、、、日本語と韓国語が”分かれていった”頃?、、、きりこさんが韓国語=古文と捉えておられる、というのでなんとなく思い出した話であります。

昨日たまたま見てたテレビが、変体かなの話と、日本語に入ってきた中国語の単語の話でした。漢語も古代、呉音、漢音、唐音、近代、現代、といくつかの時代にわたって入ってきてるそうで。知り合いの中国人は、日本の音読みは呉音と漢音が多いといってました。

韓国語に入ってきてる漢語の発音は日本と違って少ないんですね。韓国のほうが陸続きなのに、どうして日本のほうがいろいろな読みをするようになっちゃったのか、、、何が日本と違ったんでしょうね。

韓国の映画にもなった「西洋骨董洋菓子店」も原作、よしながさんです。原作を読んだあとだったんであの映画、ちょっと違和感ありましたが、映画は映画で楽しかったような。キャストはけっこう好きだったかも。
Commented by kirikoro at 2014-01-06 22:24
あおゆきさんこんばんは。

私の韓国語は古文の範疇、というのは私の脳内のイメージで、難しい事はよく分からないのですが、青由紀さんの紹介されているエピソードを読むと、あながち遠くもない話のようですね。

感じの音読みがいろいろあるという事に関しては、最近、テレビかなんかで見た記憶があります。
まずは呉音が入って来て、大陸に留学に行く人はそれを一生懸命覚えて行くわけですね。
ところが、行ってみると、ちっとも通じないじゃないか!と、新しい読みを、こっちが通じる読み方、としてまた導入した、みたいな話がありました。
言葉の導入としては、その方が自然だと思うんですが、中華圏では読みに重きを置かない文化があるのかな?
中国人の人名など、日本式の読みでまるで気にしない感じだし、中国語のテキストを読むと、日本人の人名も中国式の読みで通していますよね。
もしかして、この多様な読みも、中国文化からの距離の遠さの表れなのかも?なんて想像もできちゃいますね。

「西洋骨董洋菓子店」もよしながさんでしたか!
日本のドラマも韓国映画も見た記憶はあるのですが、あんまり記憶に残っていない…。
Commented by たんで at 2014-10-04 06:13 x
こんにちは。

ユチョン続きで一週間で試聴完了でした。
貫徹、ご心配いただきありがとうございます(^^>
他のブログでも三日で見てしまったとかあったりして
同じだなぁと(笑)
最終回がそこにあるので放送中なら待つしかないですが
がんばって見てしまいます。
よくできた話は最後までみて満足するんですが
一方でキャラとのお別れはとても寂しいです。
これもまさにそんな感じでした。

ユチョン君
トキメキ〜の時はどこか繊細なおぼっちゃんですが
こちらは傲慢で、でも憎めない
育ちのいい人ならではの
天真爛漫さを演じ分けていました。
どちらも上流階級の若者ですが全く違う人物でした。
ほんとうに上手い俳優さんですね。

ここまで何人かのセジャ様や王を見てきましたが
ハンソッキュとイジュンギ、そしてユチョンの王様が
好きです。
Commented by たんで at 2014-10-04 06:30 x
そしてチャングムの医女仲間だったハンジミン。
出世しましたね。

ここでまた王女の男のヒロインが彼女だったら・・・
庶民的で可愛いヒロインだったかなと思いつつ
(パクシフの濃さに負けそうですが)
トンイのハンヒジェにしろチャングムのイヨンエにしろ
この人にしろあそこまで行くまでに手を打って
あんなにひどい事にならない聡明なイメージです・・
あれはあれでやっぱりよかったのでしょうか?

途中で太陽を抱く月のヨム(大人の方)がそのままの名前で
でててシワン君と比べればなんだった彼も
普通の服だとかっこいい人でした。
パロディ?こんな所でも楽しみました。

全体的にはラストがわかりにくくてこちらを読んで
そういうことかとは思ったんですが
3に関してはそこまで深いのかなと・・・
もう一度チェックしてみますがそう思われたのは
なぜですか??
全てが起きる前にパクハに会いに来ているって
ことですよね??

馬医 BS
ではじまりました。
奇皇后、チャンオクチョンも録画がたまっているし
イルジメも途中だし善徳女王も気になるし
韓流旧作今5枚500円キャンペーンで
寝不足の予感
韓流廃人まっしぐらです。



Commented by kirikoro at 2014-10-05 10:19
たんでさん、こんにちは。

あっという間にこのドラマもご覧になったんですね♪

>どちらも上流階級の若者ですが全く違う人物でした。

この人は新たな役を演じるごとに違う魅力を見せてくれます!
ハン・ジミンも今ではヒロイン役の常連さんですものね。
でも、チャングムは記憶になかったなあ~~
「太陽を抱く月」のヨムも、私はこのドラマの方を後に見たので、この見合い相手が彼だとは気付きませんでした。

>トンイのハンヒジェにしろチャングムのイヨンエにしろ
この人にしろあそこまで行くまでに手を打って
あんなにひどい事にならない聡明なイメージです・・
あれはあれでやっぱりよかったのでしょうか?

そう言われて見れば…。
聡明なヒロインだと感じられてしまえば、無理があったかもしれませんね~~
だけど、愛の前にあの聡明な人が…って言うのもありかな。
その方が切実感や生活感が出る感じもするなあ。
(続く)
Commented by kirikoro at 2014-10-05 10:21
ラストの3についてですが、ここでイガクとテヨンが別人ならば幻滅だし、不要なラストになってしまうと思います。
まず、記事中にも書いたように魂の象徴でもある、過去と未来をつなぐ蝶が出てきますね。
で、その蝶が最後にまた出てくること、ここでドラマの中にループのようなものが生まれていると思うんです。
また、なぞなぞの答えが蓮の花=パッカ=プヨンなんですよね。
自分は転生すると残して亡くなったプヨン。
そして、300年前の手紙を掘り起こしたパッカが読んでいる手紙ですが、途中で場面が変り、あたかもテヨンがしゃべっているように見えます。
ですから、現代の二人は転生しているんじゃないか、と思えるんですね。(続く)
Commented by kirikoro at 2014-10-05 10:22
ニューヨークでのテヨンはもしかしたら、前世の記憶はないのかもしれませんが、初めて強く心惹かれた女性がパッカですし、蝶を目で追っていてその先がパッカだったので、少なくても無意識的には間違いなく彼女が特別な縁のある存在だという事に気付いていたと思うんですよ。
でも、最後まで見た上でもう一度出会いのシーンを見ると、彼の表情がやっと見つけたって感じに思えたんです。
ですから、記憶も持っているように思えたんですよ。
もし、そうでないとしても、意識不明の時にその記憶が意識できる状態になった、と思います。
ラストシーンの会話は、テヨンがイガクでなければ成り立たないものだと思うんですね。
それを当然のこととして受け止めているテヨンはこの時点では確実に、イガクの心を持っているのだと思いました。

韓国時代劇、次々にご覧になっていますね。
廃人になれる時に廃人になるのが人生の楽しみ方かも!?
Commented at 2014-10-07 00:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-10-07 07:56
鍵コメさん、こんにちは。

このドラマはいいですよね~~
私もベスト5に入るドラマです。

歌詞も覚えるぐらいに曲を着こむなんて、本当に夢中になられていたんですね~~

鍵コメさんも、新スタートのドラマ、たくさん期待されているんですね♪
物理的に超えられない壁がありますから、悩みますよね♪
あらすじもまた、書きたいけれど、新たに書きだすと、視聴時間が削られてしまう、というジレンマもあって、これもまた、悩むところなんです!
Commented by たんで at 2014-11-07 10:35 x
こんにちは

体調はいかがでしょうか?

あれからおっしゃられたことをもう一度みて
なるほどなぁと思った次第です。
もしかして私はパクハに会うためにイガクは
池に飛び込んだのかなぁとも思いました。

作り手としては、視聴者でもここまで考えて
見てくれる人は期待してなくて
解る人がわかればいい的な構成かもしれません。
それはなかなか、すごい職人的な脚本作りで
やはりおもしろいと思います。
Commented by たんで at 2014-11-07 10:51 x
韓国時代劇
レンタルの棚にまとまってますので
次々眼について迷う次第です。

今は奇皇后を撮貯めたのを見ています。
おもしろいですが、なんか萌えないというか
相手役の男性二人がピンと来なくて
タンギセとその弟が出てくるとわくわくする感じです。
ハジオンさん
少し貫禄すらでてきて
輝くような美女という感じの女優さんではないですが
他の人ではここまでできないだろうなぁと思います。
でも彼女に可愛らしい役ってむきませんね

チェオク、ファンジニ、で奇皇后なんで役柄イメージ
みんな闘う女です。

しばらく遠ざかってまたずっと見ていましたので
子供に ちっ 、また新しい韓ドラ見つけたな と
つぶやかれたのには苦笑しました。
まだ馬医があります。
テレビの録画キャッシュがいっぱいで怒られてばかりです。
皆様は家族には怒られないのですかね・・・(ーー>

季節の変わり目です。
ご自愛くださいませ
ご自愛くださいませ。
Commented by kirikoro at 2014-11-09 22:04
たんでさん。こんにちは。
返信が遅くなってごめんなさい。
体調はしっかり寝ているので大丈夫なんですが、頭が働いてくれません(汗)ご心配をかけてすいません。

>もしかして私はパクハに会うためにイガクは
池に飛び込んだのかなぁとも思いました。

そんな事もあったかもしれない、なんて想像もできますね。

韓国時代劇は見始めると、止められませんね。
録画のキャッシュは皆さん、頭を悩ませていらっしゃるんでしょうね。
私の家では私が一番偉いので(うそ)誰も何にも言いません。
でも、しばらく置いておいたのを見始めたら、やっと見始めたんだ~~とこどもに言われたので、チェックは入っているようです♪

ハ・ジウォンさんと言えば、最近「龍の涙」の中で女の子っぽい彼女を見ました。さすがに15年も前のドラマですからね~~
私は「奇皇后」はひたすらタルタル萌えでした♪
Commented by chibimi at 2016-05-17 17:09 x
このドラマも数年前に見ましたが、世子様が消えてゆく涙が止まらない別れのシーンやせつなさが残る中にも笑える場面もあり、特に世子様の他3人の個性が光っていて
ユチョンの演技も最高でした。
最後まで見所満載の保存版にしたい一品だと思いました。

主人公の女優さんは昔の復活のヒロイン役の頃よりあか抜けてきて良かったです。
髪は下ろすよりもポニーテールの方がお似合いですよね。
このあと、もちろんソンギュンガン見ました。
ら、、、、今度はソン・ジュンギの美しさと可愛いユ・アインの魅力にもはまり見たい作品がどんどん増えてきました。
Commented by kirikoro at 2016-05-19 21:10
chibimiさん

このドラマもよかったですね♪
私も、また再視聴したいと思っているドラマです。

ハン・ジミンの髪型に関しては、私は「パダムパダム」の時のウェーブのかかったロングヘアーが一番好きです♪
(ドラマはそんなに好きじゃなかったんですが)

「成均館~」も魅力的な役者さんがたくさん出ていましたね。
ほんとに、ドラマを見るたび、この役者さんの他の昨比インも見たい!と思ってしまいます♪

by kirikoro | 2012-05-25 10:24 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(56)