なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コン・ユとイ・ミンジョンの「ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>」の感想


ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>(빅)   ☆☆☆
KBSの月火ドラマ、全16話
KBS公式HP
d0060962_12512013.jpg

演出 チ・ビョンヒョン、キム・ソンユン
脚本 ホン・ジョンウン、ホン・ミラン
出演者
コン・ユ(ソ・ユンジェ役)、イ・ミンジョン(キル・ダラン)、シン・ウォンホ(カン・ギョンジュン)、スジ(チャン・マリ)、チャン・ヒジン(イ・セヨン)

主人公の高校生が突然30歳の体に!
という話なんですが、問題は体の持ち主がヒロインの婚約者だ、ということ。
そして、婚約者の心の方は高校生の体とともに眠り続けています…。

しかも、魂が入れ替わる前のヒロイン婚約者の行動は謎で、ひょっとしてヒロインのことを愛してなくて結婚式には出ないつもりなの?という感じです。
主人公の男の子はヒロインに恋に落ちるのですが、ヒロインとの間にラブラインを形成するのか、それともヒロインと婚約者の間の誤解を解く役割を演じるのか…?

そして、高校生の子と体の持ち主のヒロイン婚約者の間にも謎があります。
彼らの間にはどんな関係があるのでしょう?

こんな要素を織り交ぜながら進むストーリーです。


メインとなるストーリーはどんどん新たな謎と事実が出てきて飽きさせず、ファンタジーにも説得力があると思ったんですが、ラストの結末については私はちょっと疑問。
ネットの記事を見ても、視聴者を混乱させるラスト、とあまり評判がよくありませんね。。

それを除くと素材自体は悪くはないと思うんですが…。
だけど、いまいちのめりこめなかったのはなぜ?
ホン姉妹の待望の新作だったんですが…。



一言で言うと、ホン姉妹らしさがあまり感じられないラブコメでした。
画面の端々に笑いの要素が満載で、メインストーリーと関係のない場所でもずっと笑いっぱなしで見られる、というのがいつもの彼女たちのスタイルなんだと思うんですが、笑えるところがあんまりないんですね。
これといった気の利いた小道具も今回は登場しなかったですね。
あえて言えば、白熊に黒い模様をつけて作ったパンダぐらいでしょうか?
(「最高の愛」の時は小道具の使い方があざとい、と書いたくせに、それがないと、やはり物足りない…)

それに、ドキドキわくわくも、胸キュンもないし…。

そして何より、私の評価が高くないのは主要登場人物の扱いとそのキャストに原因がありそうです。
ホン姉妹のドラマと言えば、新人さんはそのフレッシュの魅力を引き出し、すでに演技を確立してきた俳優さんたちはその新たな魅力を引き出してきたと思うのですが、今回はどうでしょう?
ヒロインを演じるイ・ミンジョンのキャラは「あなた、笑って!」の時とあまり変化はありませんし、スジに至っては、「ドリーム・ハイ」の開始当初の大根ぶりを再び発揮ですし…。
チャン・ヒジンシン・ウォンホはあまり見せ場もないまま、終わってしまったように思います。
チャン・ヒジンの方は特に、中途半端に登場しただけの登場人物って感じがします。

でも、一番の問題は主人公にコン・ユをキャスティングしたことではないか、と私は思っています。
コン・ユは以前はやんちゃな国民の弟的な位置づけでしたが、彼も年を取り、すでに落ち着いたキャラへと変化して行っていると思うんです。
その彼が中心として演じるのは高校生の心を持った30歳の男。
5年前の彼なら自然だったんでしょうけれど、今の彼からはギャップがありすぎて高校生の彼が透けて見えてくるってことがなかったんですね。
高校生の彼と30歳の体の彼がどうしてもつながらなくて、別人にしか思えなかったんです。
もう少し若い人の方が適任だったような気がします。
そのキャラの方も、設定も中身は高校生なので、成長する姿をもっと描いていれば、それも見どころになると思うんですが、それもないんですね。

また、30歳の心の彼の演技も、高校生の彼との差異を出そうと落ち着いたイメージを作ってはいたんですが、わざとらしいというか、無理して大人っぽくしている感じがして、これも少し滑稽な気がしてしまって…。

他の出演者にも触れると、タラン母を演じるユン・ヘヨンとギョンジュン叔父を演じるチャン・ヒョンソンは「チョンファ、ホンリョン」でカップルを演じた人たち。
ここではギョンジュン叔父はタラン母に高校時代思いを寄せていたようなんですが、タラン母は全く覚えていない、という関係です。
ちょっとした笑いの要素となっているはずなんですが、ここも笑えない…。

また、韓国ドラマの定番、脇役カップルとなる先生たちなんですが、この二人も笑いを取りに行こうとしながら、ことごとく滑っている感じがして、はっきり言って、無くてもよかった存在ではないか、と思えてしまいました。

と、不満ばかりを書いていますが、ホン姉妹と言うことで期待値が大きかっただけに、厳しい目で見てしまうところがあると思います。
なので、星は平均点の星3つです。

視聴率は最終話が最高で11.5%(TNmSによる)。だいたいが一桁で終わりました。

今回のあらすじは2話までしか書いていないので、この続きに書きますね。

1話
ブーケを届けに行った結婚式場でブーケを回収しようとして階段から落ちるダラン。
その彼女を助けようとして、助けられなかった医師のユンジェはそれが縁で知り合い、結婚することになります。
パーフェクトな男ユンジェとの結婚が決まり幸せでたまらないダランなのですが、ユンジェの方は浮かない様子で、飛行機のチケットなどを用意しています。
そして、結婚式の招待状も出さず、結婚準備も忙しいと言ってダランにまかせっきり。
それどころか、避けている?という感じもあります。

一方、ダランが臨時教師をしている高校にはアメリカからの転校生、ギョンジュンがやって来ます。
生意気なギョンジュンに振り回されているダランです。
ある日、その日は新居を見に行くはずなのに、また、忙しいと断って来るユンジェの電話を受けているダランを見かけたギョンジュンは彼女を郊外まで連れ出します。
ダランはユンジェが自分に愛情を感じていなくて、事故の責任を取って結婚しようとしているんじゃないかと不安になっているところに、ユンジェからの電話。
大丈夫だろう?と訊くユンジェに、大丈夫じゃない、と不安を訴え、自分を愛している?と訊くのですが、会って話そう、とそちらに向かうユンジェです。
その電話での会話を聞き、ひとり、帰って行くギョンジュン。
その帰り道で、事故で道を塞ぐように2台の車が横になって止まり、そのすぐ後にやって来たユンジェの車とギョンジュンのバイクはそれを避けようと、川に落下していきます。

病院からの知らせを聞き、駆けつけたダランは、霊安室で泣き崩れるのですが、その霊安室ではユンジェが息を吹き返し、部屋から出てきます。
喜んで抱きつくダランなのですが、ユンジェの様子が変です。
どうやら、中身はギョンジュンのようです。
自分の体はどこだ?と霊安室に会ったもう一つの死体を確認してみるのですが、それは老人。
そして、待合室の方からギョンジュンの叔父夫婦の声が聞こえてきます。
彼らについて行ってみると、そこには意識不明の状態でベッドに寝ているギョンジュンの肉体が…。

ダランの方も、ギョンジュンしか知るはずのないことを言うユンジェに、混乱しています。
そうしているうちにいなくなるユンジェ。
ギョンジュンならばどこにいるだろう、と考えたダランは彼の担任から自宅の住所を聞き出し、そこに向かってみると、小さな子供用のベッドで眠っているユンジェ。
目を覚ましたユンジェと目の合うダランです。

2話
目を覚ましたユンジェですが、中身はやっぱりギョンジュンのまま…。
病院に行って中身を入れ替えてもらおうというタランですが、誰がそんな話を信じる?と病院には戻らないつもりのギョンジュン。
一人暮らしのギョンジョンは冷蔵庫の中身も炭酸飲料と冷凍食品ばかりで、ユンジェの体を気遣うタランはヘルシーなものに入れ替えて帰ります。
が、やっぱり炭酸飲料とピッツァを食べるギョンジュンです。

一連の騒ぎのため、学校に遅刻してしまうタラン、すでに朝礼が始まっています。
ところが、そこにタクシーで乗り付けてくるギョンジュン。
ピッツァに載っていたキノコのせいでアレルギーが出たのね。
お金もなくて、タランを頼りに学校に来たようで、学校の医務室で治療を受けるギョンジュンです。
治療を終えると自分の財布が必要、とギョンジュンの身体のある病室へと向かうのですが、そこはユンジェの勤務先の病院です。
ちょうど、餃子を作ってユンジェに届けようとやって来たタランの父が来るのですが、当然タラン父とは面識のないギョンジュンは無視。
ショックを受けたタラン父はタランに電話を掛け、病院にやって来たのだけれど、ユンジェが忙しいみたいだから、餃子を置いてきたと伝えてくれ、と…。
それをきき、あわてて病院へと駆けつけるタラン。
既に騒ぎを巻き起こしているのですが、白衣を着せてごまかし、ギョンジュンの体のある病室まで連れて行くタランです。
ギョンジュンは、水に落ちた時にユンジェの手を掴んだことを思い出し、それをタランに話します。
もう一度手を握ったら、入れ替われるかもしれない、と言って手を握らせるタラン。
ユンジェに戻ったふりをするギョンジュンに泣くタランです。
すぐに、ふりをしたことをばらすギョンジュンにがっかりするタランですが、その時ギョンジュンの叔父夫婦がやって来ます。
叔父妻はギョンジュンを厄介者扱いし、彼の荷物の中の現金とカードだけ抜きとって、あとは捨てさせています。
一人で立ち去るギョンジュンを追いかけるタランなのですが、二人、喧嘩になってしまいます。
そこにタラン弟のチュンシクがやって来るのですが、中身は同級生のギョンジュンですから、スチューピッド!なんて悪口を言って去って行きます。

ユンジェの態度の変わりように、別れたんじゃないか?と話し合うタラン家族。
ギョンジュンの方は捨てられた荷物を取り返そうと再び病室にやって来るのですが、ゴミ箱はすでに空です。
がっかりして家に戻って来ると、玄関の取っ手に紙袋がかけられていて、そこに捨てられたものが入っています。
そのほかに、餃子が入っていて、その店の住所を頼りにやって来るギョンジュン。
その餃子の店がまさにタランの実家で、店の前でタラン母親に話しかけられたギョンジュンは家へと招き入れられます。
訳も分からず、家に上がったギョンジュンですが、すぐに家族関係を把握して、タラン父にお義父さん、と呼びかけています。
高校生の落ち着きのない行動に戸惑うものの、ユンジェとタランが別れた?との疑いは消し去るタラン父。
タラン母の方は自分たちの家族にも馴染んできてくれたのね、とむしろ歓迎している様子です。

タランの家を出るギョンジュンを送って行くタラン。
ギョンジュンは、ユンジェの体だと、自分の服が身に合わないのね。
服を取りに行こう、と二人でユンジェの家へと出向きます。
服を選ぶギョンジュン。彼が着替えているところに入って来てしまうタラン、話題はユンジェの筋肉のことになります。
こんな筋肉を維持しようと思ったら、毎日欠かさず時間をかけてトレーニングしないといけない、と言い、タランと会う時間もないと言って?と疑問を口にするギョンジュン。
タランはトランクを準備しようとするのですが、トランクの中は今すぐ旅立てるようにと荷物が詰まっています。
ユンジェが自分に言おうとしていた言葉が「愛している」ではなく、他の言葉だったかもしれない、と気になるタランです。
そんな時、ユンジェの同僚医師のセヨンからユンジェの携帯に電話が入ります。
どうなっているの?と言い、近くまで来ているから家に行く、と言うセヨン。
マンションの前に出てセヨンを待っているギョンジュンなのですが、ユンジェの姿を見た途端、抱きついてきて、愛している、と言うセヨン。
そこにタランが出てきます。

その後、中身がギョンジュンと知らないセヨンに、さらに誘惑されるギョンジュン。
そして、アメリカからはギョンジュンが大好きな高校生のチャン・マリがやって来るわ、そのマリにタランの弟が惚れるわ、と話はますますややこしくなります…。

こんな感じで始まるストーリーです。
[PR]
Commented by なかじ at 2012-07-25 13:59 x
はじめまして

いつもブログはちょこちょこのぞかせてもらっています

最終回視聴後のこのモヤモヤした気分を誰かと共有したくてコメントさせてもらいました
話が全部中途半端というか
事故が起こる前のユンジェの話はどうなった?という感じです

私的には途中から飽きてきて惰性で(意地で?)最後までたどり着きました
ホン姉妹ということもあり期待しすぎたというのもありますが、なんかキュンキュンが足りない、笑いも足りないというか。。。

まぁ最高の愛も嵌りきれないまま終わったので(私の中で)ホン姉妹の脚本が悪いのではなく相性が良くないと思うことにします

ドラマが始まる前に情報収集しすぎると期待する分普通位の面白さだとがっかり度も半端ないのでこれからは情報をなるべく入れない状態で視聴しようと思います

またブログのぞかせてもらいます
Commented by kirikoro at 2012-07-25 14:46
なかじさん、はじめまして。
ブログをお読みくださっていて、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします!

最終回、消化不良でしたよね~~

事故前のユンジェの話は、後半の展開で理由が分かるようにはなっているんですが、まったく放り出されているような扱いのために、すっきりしませんよね。
最後にタランとの話ぐらいはあってもよかったんじゃないかと思います。

でも、まあ、ラストが期待外れと言うのはホン姉妹の脚本では(私には)よくあることなんで置いておくにしても、

〉なんかキュンキュンが足りない、笑いも足りないというか。。。

ここなんです!
ホン姉妹の脚本では、いつも胸キュンしたり、思わず笑ってしまったり、があったのですが、このドラマではそれが全くなくって…。

私も情報はあまり集めないようにしてみようとしているのですが、それも難しいですね…。
次作に期待しすぎないようにしながら期待して、待ちたいと思います。
Commented by tamaen at 2012-07-27 07:29 x
わーーー!やっぱり皆さん消化不良でしたよね~!!!!
最後に、本物のユンジェが出てきてほしかったです。

そして、これはずーーーーと思ってて言う相手がいなかったので、ここで言わせてください!

ダランがギョンジュンを好きになりますが、
あれは絶対見た目がヨンジェだったからだと思うんです!!
本物のギョンジュンのままだったら、きっと見た目で(まだ子供ですからね)ストップがかかりますよね。
そんなんで、ヨンジェからギョンジュンに心変わりしたダランに全く共感できずーーーーー。

わたしは、ホン姉妹作品ファンではないので、期待度は低かったので、ま、こんなもんかな、と。

コンユは、画像なんかで見るといつも中村雅俊にしか見えませんが(笑)動くとステキでした。

Commented by kirikoro at 2012-07-27 22:33
tamaenさん、こんにちは。
やっぱり、ユンジェが最後にちゃんと出てきて来ないと、落ち着きませんよね。

高校生のギョンジュンとタラン、映像となるとどうだったかなあ?
私はお話としては高校生OKなんですが、実際見ると違和感アリアリだったかもしれません。

私はホン姉妹作品、出来上がりがどうであれ、今までは必ずドキドキさせられていたので、今回は非常に残念でしたよ。

コン・ユさん、この人も、スチールで見るより、動いているところの方がずっと素敵な人ですね。
でも…私はこのドラマの彼はだめだったんです。残念!



Commented by たま at 2012-07-28 01:30 x
ブログをいつも楽しく拝見しています!夜な夜なコメント失礼します。
ビッグの脚本は今回ホン姉妹のお姉さんが1人担当したとどこかで読みました!それと私はまだドラマ歴が浅いのですが、ホン姉妹って二組いらっしゃるんですね!知らなかったので、どちらがどっちのドラマだったのか?と混乱してしまいました(笑)。
すみません、ドラマの話とそれてしまいました。
Commented by たま at 2012-07-28 01:44 x
度々失礼します。先程のコメント間違っていました。ビッグは姉妹で担当でしたね。すみません。
イ スンギくんのドラマの脚本の方だったようです。
Commented by kirikoro at 2012-07-28 06:24
たまさん、こんにちは。
ややこしいですよね。
「ザ・キング2ハーツ」はホン・ジナさん。
こちらも姉妹で「ベートーベンウィルス」を書いた人なんですよね。
紛らわしいです…。
(わたしは、ホンジナさんをビッグのホン姉妹のその上の姉―要するに三姉妹だと―だなんて、ちょっと勘違いもしました)
Commented by とっこさん at 2013-09-01 12:43 x
kirikoroさん、こんにちは。

>5年前の彼なら自然だったんでしょうけれど

いちおう、第一回は見ましたが、もういいかなと。
kirikoroさんを読ませていただき納得です。
ご指摘の通りです。本当にミスキャストですよね。

『イ・テリ』も、同様のテーマ。初回見て、もういいです(苦笑)。
館長?の女性も気に入りません。男装してもぐりこむテーマも、
『花ざかりの君たちへ』を見ているのに、新しく始まった
『イケメンスター誕生』(でしたかね?)も。これは、10分
持ちませんでした。

こういう類いのドラマって、本当に、まずもって、
演じる人たちがとっても若く、清潔感があって、かつ、個人的に
彼らにはまれるかにかかっていますね。

見ていたものが、夏とともに次々と終了し、
楽しみにしているのは、『花ざかり』だけになってしまいました。
kirikoroさんが放棄された回を越えてまだ見ています。
スポーツのスター選手の活躍が心の支えになったという
ヒロインの設定も、身に覚えがあって共感できるせいかも
しれませんが、とにかく、すがすがしいんですよね。

また、いろいろなドラマのご紹介やコメント、
貼ってくださる動画を、楽しみにしております。
Commented by kirikoro at 2013-09-01 20:30
とっこさん、さんこんにちは。
韓国のドラマはどうして、同時期に似たようなドラマをするんでしょうかね?

「イケメンスター誕生」私は1話は見たんですけれど、定番のオンパレードで、ちょっと…汗。
でも、案外評判がいいので、もう少し見続ける予定です。

「イ・テリ」は私は結構楽しめました。
やっぱりラブコメは主人公キャラと役者さんの好みが大きいですね。
これが赦せちゃうと、多少(だいぶん?)台本に不満があっても、けっこう楽しく見られるように思います。

「花ざかり~」は私はイマイチ間の方が強くって…。
まあ、好みだから、仕方ないですね。

また、新しいドラマを見たら、どんどん紹介いますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by kazu at 2013-10-22 13:18 x
こんにちは。
このドラマの一番に感じた事は、今までのホン姉妹のドラマと色が違う!と、云う事でした。
ホン姉妹のドラマをすべて観たわけじゃないですが、主人公二人が、こんなに涙を流すのを観たのは、初めてです。
ラストは、ユンジェの気持ちは何処へ行ったの・・・・・。
コン・ユ君のスタイルの良さを楽しんだドラマでした・・・・と、云う感じでしょうか。
口直しに、主君の太陽を観たいです。
日本で放送しないのかしら・・・・。
Commented by kirikoro at 2013-10-22 20:56
kazuさん、こんにちは。

やっぱり、ホン姉妹の他のドラマとはカラーが違いますね。
涙…そんなに流していましたっけ???
かなり忘却の彼方です。

それでも、コン・ユくんで楽しめて、よかったですね。

このテイストが続いたら、どうしよう?と思っていたのですが、「主君の太陽」はホン姉妹らしいドラマに戻っていて、よかったです!

何か、よほどのアクシデントが無い限り、日本での放送はあると思いますので、どうぞ、お楽しみに!
Commented by yuki at 2014-07-12 17:13 x
yukiです。
おひさしぶりです。
またまたお邪魔します。
バリに瀕死状態になるまでやられました。
(笑)あれは、危険なドラマですねー。

コーヒープリンスから
コン・ユさんつながりでビックを見ました。なんか、面白いんだけど、なんかひっかかるーなんだろ?
と、思っていたら、kirikoroさんの指摘どおり、主人公の年の差ですね。高校生の魂が入った彼。高校生が透けて見えない。コン・ユさん、かなりの演技力だと思いましたがー。
とー、またもラストがー。
あれほど、天使の絵を見せ、魂の入れ替え、ミラクル。と、はじめから見せておいて、ひっぱっていたのにー。これがテーマなんだなーと見ていたのにー。
あれ?朝チュン?と、意味不明の言葉を私は発していました(笑)

見ながら、面白いんだけどー、なんかーなんかー?と、常にひっかかる。見ながら、ドラマに没頭して、入り込むんだけど、なんかーなんかー。と、ひっかかる作品でした。

あ。でも、私。コン・ユさんは、好きですー(笑)
Commented by kirikoro at 2014-07-13 06:32
yukiさん、こんにちは。

バリの出来事、私も日常の感覚に戻るのに、長い時間が必要なドラマでした。(笑)

「ビッグ」のラストは納得できないですよね~~

コン・ユさん、私は好きって訳ではないのですが、「コーヒープリンス~」の時はドキドキして見ていたんですよ。
あの時の姿でこのドラマを演じていたらまた、印象も違っていたんでしょうけれど、5年の歳月が流れていますからね…。

次は大人のコン・ユくんを見たいです♪
Commented by yuki at 2014-07-13 21:52 x

うんうん。
コーヒープリンスは、とても好きです。
コン・ユさん、めちゃ素敵でしたぁ。
内容も胸キュンでドキドキで。
ヒロインもかわいくて。脇のカップルも好きでした。他の登場人物の気持ちもよくよくわかりましたしー。それぞれに素敵でしたしー。
悲劇的ラストもなさそうだし、安心して見てました。(笑
それを期待してのビックだったのですがー(涙
とても残念でした。

新作を次々見るまでには、私はまだ至ってないのですがー、TV放映されているのをサラサラと見て、あ!と思ったのをレンタルしたりー。好きな俳優さん追っかけて、過去の映画やドラマを見たりしています。
今は、キングを見ています。
拉致の問題、北朝鮮が、ちょうど今、クローズアップされているので、そういう意味では、タイムリーな内容かも?なんて思いながら見ています。よくわかりませんが、なかなかシビアで、南北問題って、私が想像出来ない域の問題なんだなーと思って見ています。
そんな政治的内容のドラマがあったりで。韓国ドラマは、奥が深いです。
Commented by kirikoro at 2014-07-14 07:28
yukiさんこんにちは。

コーヒープリンス~はいいドラマでしたね♪

>それを期待してのビックだったのですがー(涙

そういう事ってありますよね…
私はそういう時には、さっと気分を転換して、別のドラマに期待します♪

yukiさんの新たなドラマは「キング2ハーツ」ですか!
深刻な問題を背景にしながらも、さらっとラブストーリーに仕立ててありますから、見やすいドラマですね。
ほんと、いろんなタイプのドラマがあって興味が尽きません!

どうぞ、最後まで楽しくご覧になれますように!
by kirikoro | 2012-07-25 12:57 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(15)