なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ジヌク、キム・ジソクの「ロマンスが必要2(2012)」視聴完了


ロマンスが必要2(로맨스가 필요해 2012)  ☆☆☆☆
tvNの水木ドラマ、全16話
d0060962_2142737.jpg

演出 イ・ジョンヒョ、チャン・ヨンウ
脚本 チョン・ヒョンジョン
出演者
チョン・ユミ (チュ・ヨルメ役)、イ・ジヌク(ユン・ソッキョン役)、キム・ジソク(シン・ジフン役)、キム・ジウ(ソン・ジェギョン役)、カン・イェソル(オ・ジヒ役)、キム・イェウォン(カン・ナヒョン役)他

「ロマンスが必要」シリーズの第2弾ですね。脚本は同じ作家さんです。
シリーズものになると、あとのものは先のものより落ちるってことが多いのですが、私はこのドラマ、前作よりも面白かったです。
もっとも、ラブコメの面白さは主演陣の役者さんやキャラへの好感度が大きく左右するところなので、人により、どちらが好きかは違うと思いますが。

このドラマも韓国ケーブル局の制作で、1話が45分程度と短いので日本のテレビで放送されることになってもカットが少なく、オリジナルに近いものが楽しめると思います。

前作のいいところを生かしながらも、バージョンアップしている感じです。
三人の女友達を軸に、モノローグの多用とキスシーンの多いことは前作を受け継いでいますね。
映像が美しくおしゃれな感じは前作でもあったのですが、こちらの方がずっとレベルは高く、より洗練された感じがします。
音楽も、しゃれた感じの音楽で、私は好きです。




そして、このドラマの登場人物は皆、自分の力で今の自分の地位を築き上げている人ばかり。
多少かっこよすぎる気もしますが、頑張れば手に入れそうなかっこよい生き方をしているところも好感が持てます。

主人公カップルは何度も付き合ったり別れたりしながらも、恋人以上に親密な幼馴染。
隣同士、なんですが、中でも行き来できるようで、日常的に、お互いの空間を自由に行き来していて同居に近いような間柄です。
すごく優しくて、何でもしてくれる男なんだけれど、結婚はしない、と言って最終的に恋人関係を解消しています。
でも、ヒロインの心はまた、動くのね。
そこに現れる年下男くんはヒロインの心がまだ、幼馴染から離れていないのを知りながらも、自分の気持ちをストレートにぶつけてきます。
ヒロインの苦しい心を支えてくれる男です。
そして、幼馴染くんには積極的にアタックしてきて、幼馴染くんのヒロインの生活に割り込んでくる後輩の子が現れます。
ヒロインの心は最後までその二人の間を揺れ動くのね。


ヒロインを演じるのはチョン・ユミ。
チョン・ユミという女優さんは2人いらっしゃるのですが、こちらはエリックの「ケセラセラ」のヒロインを演じた人。
自然な感じの笑顔が魅力的なかわいい女優さんですね。
わたしはこの女優さんも、ヒロインのキャラも好感がもてて、このドラマが一層好きになった気がします。

彼女を巡る二人の男の一人目を演じるのはイ・ジヌク。
私感では、この人、絶対長髪の方が似合うと思うのですが、久しぶりに長い目の髪での登場です。
表情の揺れる演技がこのキャラをうまく生かしていました。

もう一人の男を演じるのはキム・ジソク。
「個人の趣向」や「憎くても可愛くても」の人ですね。
「個人の趣向」での悪い男とは打って変わっての純情男で登場です。

特別出演では1話でヒロインの見合い相手としてチョン・ギョウンが出演していました。

そして、本作でも3人の女友達の友情も描かれているのですが、その中で、自分の欲望に忠実なタイプの友達を演じるのはキム・ジウ。
「1%の奇跡」で男性主人公妹役を演じていた子です。
純情タイプを演じるのはキム・イェソル。この人は、初めてみる人のような気がします。
この3人の本音のガールズトークもまた、前シリーズと同じく魅力の一つとなっています。

このシリーズは主人公はまるで違うんですが、前シリーズと、少し関連があるんですね。d0060962_11235966.png
前シリーズでヒロインの友達弁護士(→写真)の結婚式に現れなかった新郎がいましたが、彼が本シリーズの純情タイプの友達と親しくなっていきます。
その上、この純情タイプの友達の方は前シリーズで逃げ出した新郎の後、弁護士友人と親しくなる男(↓写真)の元恋人という設定です。d0060962_1125588.png

ストーリーの方は軽快に展開していくかと思ったら、途中で思いもよらない大きな秘密が明らかになって…とヒロインの悩みはますます深くなるのね。
最後まで分からないストーリーも魅力です。
ラストに関してはネタバレになるので、ここでは具体的には書きませんが、予想を超えた展開で、とても満足のいくものでした。
ラストの感想については、あらすじの最終話の後に書いていますので、ネタバレOKでしたら、そちらもお読みください。

          →「ロマンスが必要2012」あらすじ

また、アンケートも作りました。
ご覧になった方には参加していただけると嬉しいです!

          →「ロマンスが必要2012」は面白かった?
[PR]
Commented by よっち at 2012-08-11 14:56 x
私も視聴を終えました。
前作も視聴しましたが、圧倒的にこちらの方が好きでした。
チョン・ユミさん、お初・・・だと思うのですが、普通に日常にいそうな雰囲気の方で、でもこの作品にはそこがいいのでしょう。とても好感の持てる方でした。
視聴のきっかけとなったイ・ジヌクさんとキム・ジソクさん、実はどちらも若干苦手な方だったのですが、他の姿が見てみたいと思ったのです。特にキム・ジソクさん、がらっと雰囲気の違う(「個人の趣向」の次の視聴なので、そのイメージが少しあったのだと思います)役で、とっても素敵でした。イ・ジヌクさんも素敵に演じていらしていて、このお二方を完全に克服できたと思います。
お話の組み立て方も、無理やりな持って行き方じゃなかった様に感じられて好感が持てました。よい読後感で最後のページが閉じることが出来たと感じられる作品でした。
Commented by kirikoro at 2012-08-11 19:26
よっちさん、こんばんは。

チョン・ユミさん、よっちさんのおっしゃるように、普通に日常にいそうな方ですよね。
雰囲気美人って感じなのかしら、素敵でした。

よっちさんは、両方克服されたんですね!
じつは…
わたしはまだ、キム・ジソクさんを克服しきっていません(汗)
私は彼を初めてみた「憎くても可愛くても」で生理的嫌悪感を感じてしまっていて、幾分ましにはなってはいるのですが、まだ、克服とまではいっていないんですよ。
彼のことがもっとスキだったら、もっと好きなドラマになっていたのかもしれませんね。

お話の進め方も、最後をどう締めくくるのか、心配しつつ見ていたのですが、杞憂に終わり、本当に良かったです!

Commented by ローキック at 2012-08-12 00:11 x
よっちさんのコメントで、キム・ジソクくんが、このドラマでは素敵だったとの事で、これは良かったな、楽しみだなと思ったのですが、kirikoroさんの、生理的嫌悪感には笑ってしまいました~私は「憎くても可愛いくても」の彼は気に入りました(^-^;幾分ましになられたそうで良かった~(笑)お二人が、良かったと言われたこのドラマ、ますます楽しみになりました(^-^)v
Commented by kirikoro at 2012-08-12 00:25
ローキックさん、こんばんは。

キム・ジソクくんは私としてはいまいちだったんですが、イ・ジヌクさんは私が見た中では一番素敵だった「サムディ」と並ぶぐらい素敵だったので、見ていて楽しかったんですよ。
お話も素敵ですし、楽しみになさっていてくださいね。
Commented by とっこさん at 2014-09-09 00:26 x
『ロマンス2』、今日から見ています。主役の二人が、前に見たドラマでの役柄とあまりにも違っていて驚きました。

『ラブ・ミッション』で頭を刈り上げた無骨な感じだったイ・ジヌクが長髪でかわいい!kirikoroさん同様、こっちのほうが断然似合っているというか、男も髪型だなあと。工学部出身だけあって、何かを家の片隅でこつこつと修理していそうなイメージだったあの作品の彼とはうってかわって、溌剌として、華やかさもあります。気取ってなくて、韓国のイケメンにありがちな両性具有的ところがミジンもない男らしさが彼の個性ですねえ。

チョン・ユミさんも『ケセラセラ』での、どっかやぼったいほど一途な、強い精神性を感じさせた女性から、一転して、現代風のギャルでありながら、けっしてすれていない、可愛い女性を演じています。彼女は、髪型が違っていようが、ファッションの趣きが違っていようが、彼女は彼女という感じです。

kirikoroさんおすすめですし、この主役の二人が楽しみです。

今、視聴作品に恵まれています。このように、kirikoroさんと、たわいないお話ができることも、本当に楽しいです♪今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by kirikoro at 2014-09-09 08:32
とっこさんさん、こんにちは
イ・ジヌク、やはり長髪がお好みですか!
やっぱり、いいですよね♪

チョン・ユミさん、

>彼女は、髪型が違っていようが、ファッションの趣きが違っていようが、彼女は彼女という感じです。

ほんと、そうですね!
この人がヒロインを演じると、他の誰でも代替のできないキャラになって、それが魅力だと思うんです、
好きな女優さんだなあ~~

ラブコメ作品って、人により良かった、よくなかったの差が大きくて、人がいくらいいと言っても受け入れられない時があるのですが、とっこさんさんの場合、主人公二人がお気に入られたようなので、楽しく見られるんじゃないかな?
引き続き、感想等、お聞かせくださいね。

>今、視聴作品に恵まれています。

そういう時って、嬉しいですよね♪
私の方こそ、ドラマのお話をここで一緒にできることがとっても楽しいです。
こちらの方こそ、今後ともよろしくお願いいたします♪
Commented by お気楽母 at 2016-04-13 22:35 x
KIRIKOROさんが2は良かったと書かれていたので早速見ました。
う~ん、1よりは良かったかも。
でも私、イ・ジヌクさんもキム・ジソクさんも・・・なんですね。
特に、ジソクさん、個人の趣向・憎くても可愛くてもでも役がね・・・。
そこらかすると、今回は良くなっているかもしれませが・・・。
やっぱり第一印象ってあとを引きずりますね。
ヨルメさんは、結果が分かる仕事をしてるから余計にこうあるべきと言う形を求めるんでしょうね。
女性としては分からなくもないですが、ドが行き過ぎると男性を追い詰める事になるのでは?
韓国の女性は強いとよく聞きますが、まさに・・・と感じました。
1で出てくるお二人さんが登場した時には笑いましたよ。
それに、南山タワーでのクマさん・・・あれは一体なんでしょう?
突然出てくると、おいおいとなってしまい笑いましたよ。
ラブコメ、1よりグレードアップしたラブコメになってはいたかと。
ラストはなあ・・・。
1があの終わり方ですから、2も多分とは思いましたが・・・。
まあ、笑いながら見れました。
次は、華流ドラマ見る事に。
久しぶりに、ジョセフ・チェンの作品を見ます。
Commented by kirikoro at 2016-04-14 08:14
お気楽母さん、こんにちは。

イマイチでしたか…。
すいません。

〉でも私、イ・ジヌクさんもキム・ジソクさんも・・・なんですね。

そうでしたか。
俳優さんが苦手だと、ラブコメはちょっと楽しみにくいところがありますね。

〉女性としては分からなくもないですが、ドが行き過ぎると男性を追い詰める事になるのでは?
韓国の女性は強いとよく聞きますが、まさに・・・と感じました。

ヒロインのキャラ、極端でしたよね。
でも、

〉まあ、笑いながら見れました。

全くダメってわけでもなかったみたいなので、ほっとしました。

次は華流ですか!
私は華流ドラマ、ほとんど知らないので、また教えてくださいね♪
by kirikoro | 2012-08-10 21:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)