なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MBCの短編ドラマ「みにくい松餅(ソンピョン)見ました。


みにくい松餅(못난이 송편)   ☆☆☆
d0060962_9442748.jpg

MBCの短編ドラマ、全2話
演出 イ・ウンギュ
脚本 チェ・ヒョンギョン
登場人物
過去の虐めの当事者たち
キム·ジョンファ (キム·ジュヒ役)、キョン・スジン(オ·アヨン役)、チャンチウン(ハン・ソジョン役)
d0060962_9452343.png

現在の当事者たち
チュ・ダヨン(ギム・イェビン役)、 キム・ボラ(ソ・ユミン役)、チョ・ジョンウン(イ・セジン役)
d0060962_945434.png


脚本家は「お隣さんは元ダンナ」「ガラスの城」のチェ・ヒョンギョン
当初は秋夕(日本のお盆にあたる)特集として企画され、放送日も決定していたけれど、作品の完成後が高く、より多くの視聴者の見られるようにと、水木の通常ミニシリーズドラマが放送される時間帯に放送されることになった、という経緯があったようです。
視聴率こそ高くはなかったものの、ウェルメイドドラマとして、視聴者に好評のドラマでした。

テーマはいじめ問題ですが、単純ないじめる側VSいじめられる側のお話ではなく、加害者が被害者となり、被害者が加害者にもなるし、その周りには傍観者もいる、という風に描かれたドラマです。
そして、現在中学校で起こっている虐めの話と、その中学の先生であるヒロインの中学時代の虐め事件の結果である現在が描かれます。



道徳的な題材を扱ったドラマにありがちな、正しいことを教えてあげましょうって感じの上から目線は感じなかったものの、ラストの収め方に私は不満を持ちました。
ちょっと楽天的すぎる気がしたんですよ。
でも、考えさせられる内容のドラマでしたし、いじめ問題に正面から取り組み、丁寧に作られている感じがしました。

自分が通っていた母校の中学で教師をしているジュヒ。
ある日学校にジュヒのクラスの生徒セジンの母親が娘が集団いじめに遭って学校に行けなくなった、と怒鳴り込んできます。
校長に言われ、その事実を調べるため、生徒たちにいじめのことを聞くのですが、事態はさらに悪化し、セジンの元には告げ口屋、とささらにセジンを非難するメールが何通も届きます。
ジュヒはセジンの家へと出向き、話を聞こうとするのですが、私はいじめられていないと言って部屋に閉じこもるセジンです。
その事件のことを知っていると思われる同級生のユミン。彼女も以前にいじめに遭っていて、対象がセジンに替わったのですが、自分がいじめられさえしなければいい、とそれ以上のことを話したがりません。
でも、首謀者は学級委員のダヨンだと分かります。
親も子も優秀で、理想の娘のようなダヨンが首謀者と分かると、むしろセジンの方に問題があるような雰囲気になって来ます。
些細な感情の行き違いだと思った学校側は双方の親を呼んで、穏便に済まそうとするのですが…。

一方、中学に一人の精神に異常をきたした女が侵入してきます。
ソジョンが持っていてと言ったのに…などと言っている女です。
警備員が彼女を追い出すのですが、彼女の言葉から、自分が中学生だった頃の虐めのことを思い浮かべるジュヒ。
でも、思い当たる人とは名前が違うようです。
そのいじめに関連していると思われる女性がもう一人登場しています。
名前は狂った女性の口にしていたソジョン。
観光ガイドで、頬に傷があり、本人はその傷を作った相手のせいで自分が何もかもを失った、と思っています。

ソジョンとその精神に異常をきたした女の間に虐めがあって、中学生のジェヒはそれを見てみぬふりをした、ということのようですね。
狂った女性がその人とは思わなかったものの、中学の時いじめに遭った少女アヨンが気になるジュヒは彼女を探し出すことにします。
そして、彼女が知った彼女たちの現在…。

現在中学で進行中のいじめ問題に対応しながら、ジェヒが中学のころにあったいじめ事件を振り返る中、ジュヒは過去に向き合うことになり、また、教師としての本分を思い出します。


ちょっと気になったのは、二つの事件とも、根っこには親の愛情不足が根本の原因のように描かれていたこと。
そういう場合も多いでしょうけれど、二つの構図があまりにも似すぎていて、あたかもいじめの原因が一つに限定されてしまうことに、ちょっと危惧を感じました。

その他の出演者はキム・ヘオクやチョン・ボソクと言った演技に定評のある俳優が親を演じ、また、アヨンの兄として「ドキドキMy Love」のミンソクが出演しています。
d0060962_9474621.png

[PR]
by kirikoro | 2012-10-31 09:47 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)