なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

21歳のキム・ジェウォンと24歳のキム・ハヌル主演「ロマンス」感想


ロマンス(로망스)  ☆☆☆
d0060962_188376.jpg

MBCの2002年水木ドラマ、全20話(オリジナルは16話)
公式HP

演出 イ・デヨン
脚本 ぺ・ユミ
出演者
キム·ハヌル (キム・チェウォン役)、キム·ジェウォン(チェ・ガンウ役)、チョン・ソンファン(イ·ウンソク役)、キム·ユミ(チェ·ユニ役)、キム·ヘスク(イ・ヨンスク役)

高校生と女教師のラブストーリー。
日本では先生と生徒の恋愛は無茶をしなければOKだと思いますが、韓国ではタブーにあたる関係で、かなり抵抗のある関係のようです。

日本のドラマ、「魔女の条件」のリメイクということですが、暴走系のラブストーリーでも韓国では純愛ものになります。
それでも、充分刺激的だったようで、旅館に泊まるシーンなど、クレームが出たようですね。
そして、主人公の二人には先生と生徒と言うだけではなく、女教師の母親の会社が強引な手法で高校生父親の会社を乗っ取ったため(実際手を下したのは女教師の婚約者)親の世代の因縁という韓国ドラマではおなじみの背景もあります。

10年前のドラマですからどうしても古い感じはするのですが(特に音楽)、この頃新人としてデビューした人たちが出ているので、彼らの昔の姿を見る楽しみがあります。

キム・ジェウォンはこのとき21歳で、高校生役も違和感のないかわいらしさ。
2001年のデビューですから、まだ新人で、このドラマでブレイクしたようです。
この時からキラースマイルが彼のトレードマークになったのね。

キム・ハヌルは最近「紳士の品格」で見て、可愛いな、と思ったんですが、彼女の可愛さって仕草のような気がするんですね。
その仕草が、このドラマのころに比べると格段に洗練されている感じで、もともとおばさんっぽい顔(すいません、私にはそう見えます)なだけに、逆に私には若く感じられます。
このドラマの時の彼女の実年齢は24歳です。

そして、おなじみの四角関係を形作るのですが、その一人、ヒロインの恋人(ウンソク)と男性主人公姉(ユニ)の間にもラブラインが形成されます。
彼らを演じるのがチョン・ソンファンとキム・ユミ
チョン・ソンファンは他のドラマで見たこともあるようなのですが、私は全く記憶に残っていない人でした。
キム・ユミはこのドラマの頃はちょっとやせ過ぎでぎすぎすした感じがあったのですが、「神の天秤」や「過去を問わないで」では、少しふっくらしていますね。

また、女性ライバル役にあたる高校生を演じているのはハン・ヘジン
d0060962_18124561.gif




綺麗だし、やはり自ずと注目される存在感があるのですけれど、演技がまだまだ下手で、それを見るのも楽しいです。

あと、最近「ビッグ」で先生役を演じ、「メイクイーン」でキム・ジェウォンと再び出演しているムン・ジユンが彼の演じる主人公の弟役で出演。
他に高校生役で「海神」「ルル姫」のキム・フンス、バンド仲間役で「白い嘘」や「天使の誘惑」のチン・テヒョンも出ています。
d0060962_18134663.jpg


(左から2人目の緑の髪の子がそうだと思います)

ただ、韓国のDaumで「花より男子」ノイ・ミノ(ミンホ)が生徒役で出演、とあるのですが、これは間違いのようで、彼は出演していません。

韓国では30%を越える視聴率で人気だったようで、今でもヒロインのチェウォンの「私は先生であなたは生徒よ」ガンウの「愛には国境がない年齢はただの数字に過ぎない」というセリフは多くの韓国人の頭に残っているようですね。
最近でも、ドラマの中に登場しています。(「ビッグ」でヒロインが「私は先生で~」を言っていました。)

また、主人公たちが2度目に出会うシーンの、一面の桜の映像はとても美しいです。
この鎮海は元々、有名な桜の名所でしたが、このドラマのロケ地として一層知名度が上がったようで、主人公たちが約束を交わす橋はそれ以降、「ロマンスの橋」という通称がついているようです。
d0060962_1840644.jpg

ストーリーはなんだか中露半端なところで終わるなあ、と感動しそこなってしまったのですが、調べてみるとオリジナルは16話
私はGyaOで20話のものを見たのですが、毎回の初めに○○부(部)、と話数がハングルで出ていたんですね。
でも、韓国のサイトを見ても20話版のものは見当たらなくて…。どういう経緯でそうなったんでしょう?

後、メインのストーリーは納得できる終わり方をしているんですが、いくつか、その結果が語られないまま中途半端に終わっている話があって、落ち着かない感じ。
オリジナル版ではちゃんと収拾がついていたんでしょうかね?
公式HPでは台本も公開されているんですが、自動翻訳はできないし、結末を知るためだけにこれを読むのもしんどいので、私は、パス…。

脚本家のペ・ユミは「きらきら光る」「12月の熱帯夜」、「威風堂々な彼女」の人です。
[PR]
Commented by ローキック at 2012-11-16 01:48 x
このドラマはレンタルで観たのですが、もう結末も思い出せません^^:
ちょっと話が逸れてしまうのですが、先日は自宅の電話番号がさっと思い出せませんでした~下4桁の部分を銀行の暗証番号にしてました^^:どうも、この調子ではホントの痴呆症になってしまいそうで心配になりました(;一_一)
で、また本筋に戻りますが、ジェウォン君はこのドラマでブレイクしたのですね@@私は「偉大なる遺産」でファンになりましたが♪
キム・ハヌルはどのドラマを観ても苦手なんですが、人気があるのは仕草に魅力があるのだなと、kirikoroさんのお話で納得しました~
脚本家は「12月の熱帯夜」の方なんですね・・・このドラマも良かったです。ラストは泣けました。
桜の映像は、ほんと綺麗でしたね~私もこれは記憶に残ってます^^「ロマンスの橋」という名所になったのですね@@韓国には行ったことないのですが、行けたら、ここにも行ってみたいです。
Commented by kirikoro at 2012-11-16 11:56
ローキックさん、自宅の電話番号を暗証に使うのは危険じゃないですか~~?
私もいつも使っている銀行の暗証番号が思い出せずに機械の前で立ち往生してしまったことが何度かあります…。

このドラマのストーリーの方はこの頃よく使われていたパターンのお話、といった感じであんまり印象に残らないものでしたね。

私も、キム・ハヌルさんの魅力がいまいち分からなかったんですが、「紳士の品格」を見て、これじゃないか、と思ったんですよ。

「12月の熱帯夜」私も泣きました。
これは2度見たドラマなんですが、2度目をヒロイン夫目線で見たら、また違う魅力が見えてきたんですよ。
私は評価自体は普通のランクにしたのですが、記憶に残るドラマですね。もう一ランク上げてもよかったかも…。

ロマンスの橋、桜の季節に一度行ってみたいですね!
(思うだけで、最近はなかなかどこにも本気で出かける気になりません…)
by kirikoro | 2012-11-14 18:20 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)