なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パク・シネ、ユン・シユンの「となりの美男<イケメン>」見終りました


となりの美男<イケメン>(이웃집 꽃미남)  ☆☆☆
d0060962_13242947.jpg

tvN(ケーブル局)の月火ドラマ、全16話

tvN公式HP

演出 チョン·ジョンファ
脚本 キム·ウンジョン
原作 ユ・ヒョンスクのウェプトゥン "私は毎日彼を盗み見る"
出演
パク·シネ (コ・ドクミ役)、ユン·シユン(エンリケ・クム役)、キム·ジフン(オ・ジンラク役)、パク·スジン(チャ・ドフィ役)、コ・ギョンピョ(ユ・ドンフン役)、水田航生(渡辺役)、キム・ジョンサン(ハン・テジュン役)

「イケメンラーメン店」「イケメンバンド」に続く、tvNのイケメンシリーズ3作目。
今度のイケメンたちはご近所さんです。


"都市型ラプンツェル"コ・ドクミの密かな楽しみは向かいに住むイケメンを盗み見ること!
ところが、ある日双眼鏡がとらえたのは見知らぬ変な男。
彼の名前はエンリケ・クム。
その日から、ドクミの静かで平和な暮らしが脅かされ始めます。






古ぼけたオフィステル"オーシャン・ヴィレッジ”に住むコ・ドクミは、ほとんど引きこもりの生活をしているほんの編集者。
彼女の朝は、向かいのイケメンを覗き見ることで始まります。
彼女は彼に密かに恋しているのね。
イケメンが出勤するまで、覗いたイケメンの動作をなぞる、ドクミの密かな楽しみの時間…。
秋に街で見かけた彼のことを偶然手に入れた双眼鏡で目にしてから始まった幸せな習慣です。
ところが、そのイケメンの部屋に同居することになるエンリケ・クム。またの名をケグムと言います。
彼は世界的に有名な天才ゲームクリエイターで、9歳の時にスペインに移民で行き、ずっとそちらで暮らしていたのですが、自らの片思いに終止符を打とうと韓国にやって来たようです。

一方、ドクミの隣室に住むオ・ジンラクはウェブトゥーン(ネット漫画)作者。
担当者に新たな連載のネタを持ち込むのですが、エンリケの盗作になる、などといわれ、撃沈です。
ところが、そこで、一枚のスケッチの女の子に目を留める編集者。
思わず、その場で"都市型ラプンツェル"の案を話し始めるジンラク。
編集者もそれに乗って、その案で新たなウェブトゥーンを連載することになります。
そのモデルはもちろん、ドクミで、実はジンラク、3年前に隣に住むようになってから、ずっとドクミに密かに好意を寄せ、彼女を見守っているのね。

さて、ドクミの憧れのイケメンはまるで鈍くて彼女がのぞいていることには全く気付いていなかったのですが、エンリケはやって来たとたんに、なぜか監視されているような気がし、すぐに向かいの家から覗いているドクミを発見。
いきなりドクミの部屋に怒鳴り込んでいます。
ベルをガンガン鳴らし、ドアをどんどんと叩くエンリケ、普通の来客ですら苦手なドクミにとって、恐怖以外の何物でもありません。
他の住人達が騒ぎに気付き出てくるのですが、ドクミの性格をよく知っているジンラクはドクミを守ろうとエンリケに文句を言い、ちょっとした争いになってしまいます。
そこに管理人まで現れるのですが、このエンリケ、コートは来ているのですが、ズボンは明らかに履いておらず、パンダの帽子をかぶっている、という変な格好。
彼の方が変態扱いされてしまいます。
さすがに彼が悪者扱いされてはまずい、と顔を出して事を収めるドクミです。

こうしてドクミと顔を合せたエンリケ、その後も迷惑そうなドクミの様子を気にする様子もなく、やたらに話しかけてきてドクミを悩ませることになります。
そんな中、突然やって来る一人の女。
その女の顔を見るなり凍りつくドクミです。
彼女はドクミと高校がいっしょだったドフィで、親友だったのに彼女を裏切りいじめる側に回ったのね。
それがドクミのひきこもりの原因となったらしく、ドフィに話しかけられ、気を失ってしまうドクミ。
ところで、このドフィ、ジンラクを見るなり、いきなり色仕掛けで迫っていますよ。

やがて意識を取り戻したドクミは自分が今まで覗き見ていた部屋の中にいるのに気づき、驚きます。
エンリケが気を失った彼女を連れて来ていたのね。
帰ろうとするドクミを引き留め、自分は今からとてもつらいことをするんだけれど、それに付合ってほしい、と嘆願。
ドクミが答える間もなく憧れのイケメンとエンリケの初恋の相手が帰って来ます…。
そして、4人で食事をすることになり、その場でお互いの気持ちを確認し合う、憧れのイケメンとエンリケの初恋…。

そこでドクミの恋に気付いたエンリケは自分の恋ばかりか彼女の恋まで終わらせてしまったことに気付き、申し訳ない気持ちになったエンリケは彼女を強引に旅に連れ出します。
外に出るだけでもストレスとなるドクミにとって恐怖の旅で、しかもトラブル続き。それなのに、なぜだか心を少し開き始めるドクミです。
その頃、オーシャン・ヴィレッジでは、帰ってこないドクミとエンリケが心配でたまらずおろおろしているジンラク…。


こんな感じで、ひきこもりのヒロインと、彼女を傷つけないよう常に見守っている男と、彼女のペースを乱して強引に引きずり回す男の三角関係が中心に話が展開して行きます。
そこにトラブルを持ち込む、ヒロイン元親友と、彼らを取り巻くオーシャン・ヴィレッジの住民たちの日常生活が彩りを添えているって感じかな。
d0060962_13294543.jpg

原作がウェブトゥーンということもあって、若い人たちの置かれた現実も描かれていながら、漫画チックな世界になっていて、ちょっと「メリーは外泊中」と似た雰囲気があるように思いました。
キャラ設定が漫画的なのかしらね。
視聴率は最高で3.26%(TNmsによる)でケーブルドラマにしてはかなりのヒット作だと思います。

ヒロインを演じるパク・シネはひきこもりなんですが、ちょっとコミカルな場面も取り入れ、あまり暗くなり過ぎず、カワイイです。
ファッションもカッコイイだとか一般的な可愛さとは程遠いんですが、ある種のひきこもりファッションとでもいうスタイルで、それもまた、いい感じ。

見守る男を演じるのはキム・ジフン
実はわたし、彼のちょっとあくの強いところが多少苦手だったんですが、今回の役では、そのあくがあまり感じられず、なかなか好きなキャラでした。
3年間、ひたすら陰で見守り、ひそかに助けていたのに、何にも考えていないみたいにヒロインを引きずり回すエンリケにトンビに油揚げ?って感じになっちゃうんですけれど、このちょっと痛々しいところがなかなかいいです。

お邪魔キャラのドフィを演じるのはパク・スジン。「僕らのイケメン青果店」や「僕の彼女は九尾狐」に出演した人ですね。
ここでの彼女のキャラは、かなりとんでもない悪女なんですが、やることがコミカルで憎めない悪役。
おかげで、悪役キャラにもかかわらず、あまり不愉快にならずに見られました。

特別出演では、イ・ジュンヒョクやパク・セヨンもちらっと出ています。
d0060962_13312132.png


で、私の場合、一番の問題がエンリケのキャラだったんですね…。
駄々っ子キャラで、性格や行動はまだ、いいんですけれど、しゃべり方が私にはダメで…。
小さい子がよくやる、同じ言葉を繰り返す話し方をするんですよね。
たとえば、お母さんお母さんお母さん、ねえねえねえ、買って買って買って!!!って感じの言い回しです。
私はこんな奴は子供でも嫌いだ…。
なので、ユン・シユンは彼のキャラをうまくこなしているとは思うんですが、キャラ自体が受け入れられなくて、このドラマを楽しむ大きな障害になってしまいました。

このドラマは単純なラブコメなんで、主人公がダメだと楽しめないんですね。
主人公が気に入れば、もっと面白く感じたドラマになったと思うんですが、ラブコメの場合、こればかりはしょうがない・・・。
そんなわけで、私の評価は平均点の星3つになりました。
[PR]
Commented by ローキック at 2013-03-02 00:07 x
動画楽しめました~ありがとうございました!
やはりキャラですね~シユン君も、ハイキックの時のキャラが好きでした(^-^)v
髪の色も、今回のはちょっと・・です^^;
キム・ジフンは髪型も良くて、キャラもいい感じみたいですね。
キャラと言えば、マイダスのチャン・ヒョクのキャラが気に入らず脱落しました~ま、それだけではなくて、ブレインと放送時間が重なってしまいました。
ブレインは20話で、あっという間に終わってしまいましたが、とても面白かったてです♪シン・ハギュンのガンフン役、さすがでした!ラストがちょっと?のところがあったので、続編でもやって欲しいと思いました^^;
Commented by kirikoro at 2013-03-02 07:03
ローキックさん、こんにちは。

キム・ジフン、私は今回の彼が、今まで見たどのドラマより素敵に見えました♪

「マイダス」は私も、脱落ドラマ…。
キャラ以前に、お話のタイプもあまり好きじゃない感じだったんです。

「ブレイン」終わりましたね。
私も見ました!
感想は後ほどアップしますが、私はシン・ハギュンさんが上手いのはよく分かったんですが、キャラが苦手だったんですよ…。
このドラマを面白く感じるかどうかは、主人公役のキャラに嵌れるか、って部分が大きかったように思っています。
心の狭い自分が残念です~~。


Commented by ローキック at 2013-03-02 09:12 x
そうそう、マイダス、私も、お話のタイプもあまり好きではなかったです^^;
ガンフン役を、スンホンがやってたら、そこまで面白いとは思わなかったかも
知れません…あの極端なキャラが面白く観れたのは、シン・ハギュンだったから
かも知れません^^;
最近は韓国ドラマも観なくなった娘も、途中から観始めたのに
ハマってしまいました…終わってしまい、淋しいねと言ってます(^.^)
〉心の狭い・・・
とんでもない事仰らないで下さいよ~これは好みでしょう~(^-^)
Kirikoroさんには、いつも感服しています♪記事楽しみにしています!
Commented by kirikoro at 2013-03-02 10:14
やっぱり、彼ならではのキャラでしたよね。
できるならば、楽しめるところは全部楽しみたいんですが、好みが邪魔します…。
残念!

いつもお読みくださっていて、コメントを下さって、ありがとうございます!
Commented by tamaen at 2013-03-06 15:32 x
お久しぶりです~!
わたし、このドラマ大好きでしたよー。
実は、ユンシユンくんって、苦手だったので、全く期待せずに見たらすっかりはまってしまいました。
エンリケのキャラがダメだと苦痛だと思うんですが、
わたしは逆に、エンリケの子犬っぷり(なんだか尻尾ぶんぶんふってる感じしませんかー?)がかわいくてたまらなかったです。
髪型も、茶髪&パーマがよく似合ってたなーと。
そんなこんなで、最終回はちょっと。。。

ストーリーも、切なくもあり、面白さもあり、この枠のドラマっぽい感じ?というのかな。
肩肘はらず見られたなーといった印象です。

キムジフンさんも、今までなんだか暑苦しい感じで苦手でしたが、今回は平気でした◎◎◎
Commented by kirikoro at 2013-03-06 17:52
tamaenさん、お久しぶりです!

このドラマ、エンリケさえ苦手でなかったら、私も嵌ったと思うんですよ。
雰囲気もtamaenさんのおっしゃる"この枠のドラマっぽい感じ?"が私も好きで、いい感じだっただけに、ちょっと残念でした。

子犬のような、というのは分かるんですが、どうにも相性が悪かったようで…。
外見的には今回のスタイル、好きだったんですが。

キム・ジフンさん、やはり暑苦しい感じって思ってらしたんですね。
いっしょ、いっしょ~~
今回の彼は、ほんといい感じで、よかったです。
Commented by 은주 at 2013-08-22 19:04 x
너무재미있네요
Commented by kirikoro at 2013-08-23 07:42
은주さん

とってもかわいいラブコメですよね!
Commented by 芹菜 at 2013-09-02 20:01 x
とてもおもしろいです!
あっ!失礼ですか゛パクシネさんが演じてる役の名がコドクミと書いてありますが正しくはコドンミですよ(笑)
あと、シユン君のこと悪く書かないで頂けますか?
お願い(´・ω・`)♪…♪♪
Commented by kirikoro at 2013-09-02 20:36
芹菜さん、こんにちは。

ヒロインの名前は、普通の会話ではコドンミになるのですが、一音一音を区切って発音するとコドクミになるんです。カタカナ表記をどうするかを迷うところなのですが、ここは孤独を強く思わせるコドクミの方がいいかな?と思ってこちらを採用したんですよ。

しユン君はどちらかといえば好きなんですよ♪
ただ、このキャラが、私には合わなくって…。
すいませんが、ご了承ください。
Commented by aiai at 2014-04-02 20:32 x

シユン君私は好きですよ!
Commented by kirikoro at 2014-04-02 20:46
aiaiさん、こんにちは。

シユンくん、私も好きな方なんですが、このキャラ限定で合わなかったんですよ…。
Commented by お気楽母 at 2015-07-10 07:25 x
イケメンシーリーズだったんですね。
今頃気づく?
バンド・果実店あったっけ?・ラーメン店気づかぬうちに何だか見てるような・・・。
たぶん、1話で最初はギブしたんだと思うんですよ。
見るモノが無くって再度挑戦で見たんでした。
原因は、主役のユン・シュンが演じるエンリケ・クム。
苦手なんですよね、同じ事を何度も言う・甲高い声・お構いなしに突っ込んでくる性格・・・。
ユン・シュンさんを最初に見たのは、「私も花」、イ・ジアさんが騒動を起こした後のドラマだったので、興味深々で見たんでした。
このドラマの時は、そんなに嫌な気はしなかったんですが、このドラマでの役はちょっと・・・。
相手構わず、所構わず、ズケズケと踏み込んでくる事が基本苦手だからでしょうね。
高級マンションの合間に、時代遅れとの言える昔ながらのアパートそこに住む人々の個々の問題、それまで静かに過ごせてたのにエンリケの登場でドタバタ。
私的には、静かにほって置いて欲しい気持ちが強いですね。
お約束通り、最後はハッピーエンドで終わるんですよね。
気楽に見るには良かったのではないでしょうか。
Commented by kirikoro at 2015-07-10 08:34
お気楽母さん、こんにちは。

「僕らのイケメン青果店」の場合は原題にはイケメンの文字が無いんですよ♪

>原因は、主役のユン・シュンが演じるエンリケ・クム。
苦手なんですよね、同じ事を何度も言う・甲高い声・お構いなしに突っ込んでくる性格・・・。

わたしもいっしょ!
このドラマのキャラは耐え難かったです。

>私的には、静かにほって置いて欲しい気持ちが強いですね。

それを言っちゃあドラマにならないんですけれど……私も同感です(汗)

>気楽に見るには良かったのではないでしょうか。

これも一緒ですね~~

by kirikoro | 2013-02-28 13:37 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(14)