なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

短編ドラマ「ギョンスク、ギョンスク父」見ました


ギョンスク、ギョンスク父(경숙이, 경숙아버지 )  ☆☆☆
d0060962_1922102.jpg

2009年のKBSのドラマ、全4話

演出ホン·ソック
脚本キム·ヘジョン
出演
シム・ウンギョン(ギョンスク)、チョン・ボソク(ギョンスク父)ホン・スミン(ギョンスク母)チョン・ジェスン(ギョンスク祖母)チョン・ソンファ(ナムシク役)

朝鮮戦争の前後を舞台にしたある一つの家族の物語。

韓国で人気の高い演劇が原作の家族ドラマで役者たちの名演技が光る作品。
視聴率も最終回で14.2%(TNSによる)と、水木ドラマの間に挟まれた短編だったにもかかわらず好評でした。
演出家はその後、「メリーは外泊中」「頑張って、ミスターキム!」などを手掛けている人です。

私はGyaOでの無料期間に視聴です。




家長の父は家族を省みず、気ままに生きるチャングの奏者。
お座敷に呼ばれては場を盛り上げる仕事です。
d0060962_19245224.jpg
一人楽しく生きている男で、ほとんど家にも帰らず、そのため家族は金銭的にも困窮して娘のギョンスクは学校にも通えません。
でも、そんな中でも明るくたくましく生きるギョンスク。
家族は他に母親と祖母、そして妹がいます。
d0060962_19251963.jpg

d0060962_19254397.jpg

そして、戦争の勃発。
するとこのお父さん、家族を置いて一人、さっさと逃げ出してしまいました。
ギョンスクの母とお祖母さんはギョンスク父からお前らは家を守れ!などと言われているのですが、戦火が迫り、近所の人とともに逃げ出します。
金持ちは荷物を全部積みだして逃げるのですが、人が多くてなかなか船の順番が来ないうちに砲撃を受けるギョンスク家族…。

d0060962_1927086.jpg

d0060962_19272840.jpg

d0060962_1928434.jpg

諦めて家に帰ったはいいけれど、人民軍に取り囲まれ…。
d0060962_19282092.jpg

それでも、学校に行かせてもらえるギョンスクです。
d0060962_1928431.jpg

しかし、ほどなく政局は逆転し、人民軍は追われる立場となり、人民軍に支配されていた頃に世話になった少年兵を匿う家族。
d0060962_19285930.jpg

お父さんの方は、逃げ出した先で一人の男と知り合い、この男からお金を奪ってチャングの大先生に弟子入り、チャングを習ったりしています。
d0060962_19293187.jpg

ようやく暮らしも安定したころ、ギョンスク父に金を奪われた男がお金を返してもらおうと、ギョンスクの家へとやって来ます。
d0060962_1929456.jpg

そうしているうちにその男はギョンスク母とねんごろになり…。

愛しながらも対立し、理解しながらも葛藤して成長する主人公たちの物語を扱っている、とHPにあるのですが、確かに家族間の愛と憎しみの葛藤は描かれていますが、成長と言えるかどうかは疑問のような気もします。

ドラマの最後にこの父が家族のためにある行動を起こします。
小さな出来事なのですが、多分この父にとっては家族に対してできる最大のプレゼントなのね。
物語はその1点に収斂していくのですが、果たしてそのためにはこの4部作と言う分量がどうだったか…。
好評のドラマだったんですが、私は一幕物か映画のように一気に見られる形か、あるいはいっそ、エピソードをうんと増やしてもう少し長いドラマにした方が収まりが良かったように思います。
ストーリー展開に、少し吸引力不足かな?という印象を受けました。

ギョンスクを演じるのは「ファン・ジニ」や「キム・マンドク」など多くのドラマのヒロイン子役を演じているシム・ウギョン
その父を演じているのは「ジャイアント」「私の心が聞こえる?」などに出演しているチョン・ボソク
その他の出演者たちも演技力のある俳優さんばかり。
金持ちの息子役はパク・コンテ
この時はまだ、どっからどう見ても子供でしたが、4年ですっかり成長しましたね。
「メイクイーン」では少し大人びた表情を見せるようになり、大人俳優としての登場を心待ちにしている子役の一人なんです。
d0060962_19301470.jpg

d0060962_19302989.jpg


また、家族を取り巻く暮らしも厳しい時代であるものの、郷愁を呼ぶような温かく、美しい場面に満ちていました。
[PR]
by kirikoro | 2013-03-07 19:38 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)