なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン・ジョンウム、ノ・ミヌ、パク・ギウンの「フルハウス TAKE2」感想


フルハウス TAKE2(풀하우스 테이크 2) ☆☆☆
韓国ではSBSプラス(ケーブル局)日本ではTBS系で放送された2012年のドラマ 全20話(韓国では1話を2分割で16話の放送)
日韓中の共同制作で、事前制作された作品です。
d0060962_9131285.jpg

演出 キム·ジニョン、ナム·ギフン
脚本パク·ヨンスク
原作 ウォン・スヨン 2004年の「フルハウス」の原作漫画家
出演者
ファン・ジョウム(チャン・マノク役)、ノ・ミヌ(イ・テイク役)、パク・ギウン(ウォン・ガンフィ)、ユ・ソラ(チョン・セリョン)

2004年RAINとソン・ヘギョの主演で大ヒットとなった「フルハウス」の第2弾
その漫画の原作者ウォン・スヨンと、制作会社キムジョンハクプロダクションが再びタッグを組んで作られた作品です。
と言っても、続編ではなく、完全に新たなストーリーとなっていますから、前作を見ていない人でも全く大丈夫です。

このドラマは日韓ほぼ同時の放送で、わずかに日本の放送の方が早かったです。
日本(と中国?)の視聴者の好みを優先したのか、韓国では地上波での編成に漏れ、ケーブルで、しかも1話を2分割しての放送となってしまいました。
韓国での視聴率はケーブル局の放送なので首都圏在住の20〜40代の女性を基準にした視聴率しか分からなかったのですが(普通は全世代の全国の視聴率を用います)最高視聴率1.423%(AGB、首都圏基準)でした。
この世代では人気のあったドラマのようですね。

私は最初、韓国版で見始めたのですが、30分(韓国での1回あたりの放送時間)程度で切れてしまう構成にちょっと疑問を持ってしまい、日本での放送を待って最初から見直しました。



ポスターを見た段階ではファン・ジョウムのくるくるパーマヘアが可愛く見えず、可愛くないヒロインのラブコメは、ちょっとつらいかも、と心配したのですが、いざ、ドラマが始まってみると、彼女も動いていると可愛くて、杞憂に終わりました。
ファン・ジョウムは「ジャイアンツ」や「私の心が聞こえる?」の人。

主演の男性二人も前作より(たぶん)日本人好みの美男子さんですね。
ノ・ミヌは「僕の彼女は九尾狐」の獣医さんですね。「マイダス」や「パスタ」にも出演されています。
既に日本でも人気のある人のようでファンミのチケットが1日で完売というニュースが先日流れていました。

パク・キウンは「恋愛結婚」や「ザ・スリングショット」などに出ている人。

助演の人たちもほとんどがよく見かける人たちだったのですが、唯一女性ライバル役のユ・ソラが無名な人ですね。
日本のドラマに出演経験があるのがキャスティングの理由かしら?
この人、ワールドスターにはとても見えないし、演技もうまくないし…、もっとふさわしい人が無かったのかしら?と思いました。

お話の方は、前作がラブコメといっても切ない感がたっぷりだったのに比べ、こちらは少しコミカルで気楽なラブコメ
ご都合主義な物語の展開で、もしかしたらお子様騙し、みたいな評もあるかもしれませんが、私も気楽に楽しんで見ていました。

完璧主義者で気難しいイ・テイクと、自由奔放だけど優しい性格のウォン・ガンフィは、アジアで高い人気を誇る2人組のユニット「TAKE ONE」を組んでいます。
ガンフィは出生の秘密を抱えているみたいですし、テイクは元々は父のものだったフルハウスを取り戻すために歌手になったようで、現在はその一部を取り戻したところで残りもすべて取り戻そうとしているところ。

その彼らと偶然知り合うことになる合気道の師範チャン・マノク。
ところが、悪友のため、大きな借金を抱えることになってしまい、その借金返済のため、マノクはTAKE ONEのスタイリストをすることになります。
最初はいつも助けてくれるガンフィに好感を持ち、事あるごとにぶつかるテイクとは天敵関係のマノクだったのですが…。

三人の恋模様には途中から、テイクの元恋人も割り込んできて大混戦。
彼らの恋模様はどういう結末を迎えるのでしょうか?
そして、テイクは悪徳社長からフルハウスを取り戻すことができるのでしょうか?


ところで、今回のフルハウスに使われている建物は江原道春川市にある植物園ジェイド・ガーデン(Jade garden)の建物。
この家はソン・ヘギョとチョ・インソン主演の「その冬、風が吹く」でも使われています。
また、植物園にある別の建物は「ラブレイン」のヒロインの家として使われており、屋外のロケも行われたようです。
なかなか魅力的な植物園ですね。  →参考記事(韓国語)
[PR]
Commented by tamaen at 2013-03-08 09:37 x
はじめは、テイクの人工的な見た目がだめで(笑)
ガンフィの甘々な「まのーく」って話し方にメロメロしてましたが、
途中からはめっきりテイクに夢中でした♪

ま、このドラマは、ストーリーってよりも、イケメン鑑賞を楽しむドラマだったかなぁ。
男性陣がダメだったら、リタイアしてたかも。。。

わたしは、テイク堕ちしたので、楽しく見れました◎◎◎
Commented by kirikoro at 2013-03-08 09:44
tamaenさん、こんにちは。

私もこの二人については全く同じ感想なんです!

人工的な…のところもガンフィにメロメロから途中からテイクに・・・というところまで!

>男性陣がダメだったら、リタイアしてたかも。。。

これもまた、全く同感。
お話よりも男性陣を楽しむドラマでしたよね。


Commented by tomo at 2013-03-08 10:06 x
わたしも墜ちました^^ おんなじところで、おんなじように。
女の子もかわいいと思いました、そんなにひどいいじめもドロドロもなく純粋に楽しめるドラマでしたよね^^
こちらで早く感想が上がらないかなあと思っていました。

OSTも買いました、。ノミヌ君の才能と努力を知ったら脱帽ですよね。
Commented by kirikoro at 2013-03-08 10:23
tomoさん、こんにちは。

tomoさんも、堕ちましたか!
何も考えずに、ただただ見て楽しむドラマも、やっぱりいいですね。

ノ・ミヌくん、もともとX JAPANのYOSHIKIのプロデュースでバンドデビューされていたんですね。
OSTも買われたんですか。
私は、K-POPはあまり趣味ではないのですが、今もまだ、頭の中でドラマの曲がグルグルしています。
Commented by tomo at 2013-03-08 20:54 x
全曲なんだか心がざわざわ (昔の乙女の)、浮き立ちますです。
それに(下手とは言えない)が、上手でもないダンスが たのしいですね。
マネージャー君が歌手に変身したのには驚きました。メイクすると立派なアーティストで、堂々としたもんです!かれのファンもできましたね^^

ノミヌさんは4月はファンミがあるみたいです、、用がダブっていけないのが残念です。クミホは4話までしか見てないので、彼がまだ出てなかったように思いますが、パスタやマイダスは見まして、男性なのにきれいな人だと感心しました。 伸びていってほしいですね。
Commented by kirikoro at 2013-03-08 23:42
心が浮き立つOSTですか。
いいですね!

そうそう、マネージャー君のことを書き損ねていました。
彼は「善徳女王」で結構人気だった人なんですよ。
いまだに、役者さんの名前を覚えられず、その時の役名でアルチョンと言ってしまいます。

ノ・ミヌ君のこれからも、楽しみですね!

Commented by とっこさん at 2013-03-14 00:24 x
kirikoroさん、こんにちは。

素朴な質問ですが、タイトルのtakeとミヌさんの演じるテイクと関係あるんでしょうか。

偶然のチューニングでミヌさんに見とれて、次に見ると彼の髪型が変わっていて、少し、?でした。番宣のスチールのように、真ん中からわけて、両側の毛先がカールしているのが一番似合います(マニアックかしら)。カールしていないとだめ(笑)。彼をプロデユースしたというYOSHIKIさんに、そういえば、どことなく似ていますね。本当に歌手なんですね。

ヒロインの髪型は、韓国ドラマ的には「いけてない」のでは?「女の香り」で、変身前のソナ(でしたっけ)には「くるくるパーマにまんまるめがね」という形容がついてましたもんね。見続けたら、あえて、やぼったくした理由がわかるんでしょうか。
Commented by kirikoro at 2013-03-14 07:34
タイトルのtakeは、主人公たちのデュオのグループ名が「TAKE ONE」だということの方が関係がありそうで、のちほど「TAKE TWO」というグループも出てくるのですが、タイトルとの関係を真剣に考えると、訳が分からなくなってしまうような気が…
ミヌの髪型は、私はステージでの髪型が好きかな。
うちの息子はそれを見て、マリリン・マンソンみたい、と言ってましたけれど。
YOSHIKIサンとは、雰囲気がとてもよく似ていますね。クミホの時はそんなに思わなかったんですが…。

マノクの髪型はおっしゃるように、いけてない髪型だと思います。
で、後半パターン通り、変身シーンがあるのですが、私としては、変身前の髪型のほうが可愛くって…(汗)
私の感想ですが、あえて野暮ったくしている理由はなかったのではないかと…。
Commented by とっこさん at 2013-03-18 22:06 x
kirikoroさん、こんにちは。

皆さんのコメント通り、プロットがいったいあるんだろうかという回が続き、テイクさんの「つんけん」もワンパターンだしなあと思っていたところ、ガンフィの解雇騒ぎから俄然、動きが出てきました。ところどころ、笑えました。

ところで、韓ドラの男性スターは、ミヌさんのように、首まわりの大きくあいたシャツを着て、首から肩のラインを見せつけるか、間違ってもそんな格好ばしないかに分かれますね。年齢にもよるでしょうが。こんな、しょうもないことを考えたり、登場する冷蔵庫の仕様に注目したりと、あれこれと楽しめます。

ところで、「フルハウスから出て行け」とテイクが言われていましたが、フルハウスってなんでしょうか。プロダクションの名前でしょうか。
Commented by kirikoro at 2013-03-19 11:18
とっこさん、さんこんにちは。

>首まわりの大きくあいたシャツを着て、首から肩のラインを見せつけるか、間違ってもそんな格好ばしないか

これこれ!
普通に開けるという着方がないんですよね!
私もそれは常々疑問に思っていました…。

フルハウス、というのはテイクが住んでいる家で、もともとはテイクの父親が建てた家で、父親の死後手放し、現在はそのはなれだけを買い取り、そこに住んでいるという設定です。

まだ、途中をご覧のようで種明かしはしませんが、最後の方でそのネーミングの由来がマノクと非常に関係が深いということが出てくるんですよ! お楽しみに♪


Commented by とっこさん at 2013-03-20 15:36 x
>これこれ!

(笑)。ですよね。たまたまUkiss(?)のPVを見ましたが、互いにいちゃいちゃが、どうも・・・男どうし二人でベッドインするの、抱き合うの、やり放題。彼らは、首のアキの大きい類いですなぁ。

タイトルを忘れましたが、NHKが韓ドラ歴史ものの放映に先立ち、主役(男優は「家門の栄光」の人)二人を迎えての番組で、日本側ゲストのひとり、昔から韓国通で有名な女優さんが、韓国では昔から王朝をめぐる女の闘いの歴史を通じて、美への執念へのDNAが継承されていると言っていました。これが、韓国は男性にもあるのでは。日本で、それほど、男性が自分の美に酔い、はしゃぐことなどないように思うんですよね。韓国ではそれが許されているんですね。
Commented by kirikoro at 2013-03-20 17:21
とっこさん、さんこんにちは。

音楽系の人はほとんどセクシーがウリですから、だいたい露出度が高くなりますね。

なんでも、韓国男性の男性化粧品購入率が世界1位なんだとか。
それだけ、外見の重視される国なんでしょうね。
ドラマを見ていても、おばさんなんかのセリフでも、好条件の男を表するときに、必ずと言っていいほど、外見の評価が入って来るように思います。
日本の場合、若い子たち(実際選ぶ立場の子たち)にとって外見は重要になることはあっても、その親までが外見で評価したりはしませんよね。
逆に、外見がいまいちの人を性格がよさそうだとか持ち上げ、外見にこだわる若い娘さんを窘めたりするように思います。

しかし、その割に、韓国男性の自己アピールはあまりうまくないというか…。
ドラマを見ていても、かっこつけすぎちゃっていて、逆にマイナスに見えることも多く思うんですがね。

もっとも、日本の場合は男が外見を気にするなんて!と言う風潮が長く続き、それはそれで不自由な時代を経て来たということもあるとは思うんですが…。
Commented by みう at 2013-03-28 18:55 x
こんにちは。
韓国は化粧品は勿論、男性の整形も近年進んでします。
見た目で重視は強いですね。
メンズ化粧品をソン・スンホンが使っている話を聞いたことがもうかなり前です。
イ・ビョンホンも美容整形の皮膚科に通っているのは有名です。
男性もお肌にハリがあってつやつやしていると見た目もいいですから(笑)
ユチョンが大きなニキビ跡が目立ちますね・・・
つるつるのスターってかっこいいです(笑)

ゲイも多い世の中ですから(;´∩`)
Commented by kirikoro at 2013-03-28 20:06
みうさん、こんにちは。

整形王国ですから、男性も当然多いですね。

ユチョンのニキビ跡、確かに目につきますね。
そう言えば、オム・テウンは自分の肌が汚くて、俳優jになるのは無理かと思った、なんて記事も読んだ記憶があります。

例外もたくさんあるのに、単一の価値観に走ってしまうのは長く科挙で出世の決まったお国柄かしら…。
Commented by とっこさん at 2013-03-31 20:59 x
kirikoroさん、そしてみうさん、

韓ドラをネタにこういう話もentertainmentですね!

>単一の価値観
女性の整形にも流行モデルがあるらしく、外国の人が韓国を歩いていて、「なんで皆、キム・ヨナなんだ!」といぶかしがったとか。整形前後のフォトのサイトが立ち上がる国ってそうはないかもしれません。

また、お顔だけでなく、男性までスリム化に励むでしょう。私は、「シークレット・ガーデン」のヒョンビンが「宇宙人」みたいにやせているのに驚いたのですが、私同様、そのやせ方に注目したかたの、「ロバみたいになてた」の表現には笑いました。

あと、男性のスーツも気になります。日本だと、結婚式の礼服ぐらいでないと見かけない光沢のある生地を、普通の会社勤務の設定の男性がステータスっぽく着ているでしょう。あれって、韓国では実際にそうなんでしょうか。光沢があって、生地は薄手そうで、動きによって、とくに上着の下からのぞく腰がスキニーに見えたりするんですよね。あれって、美しいんでしょうかね。
Commented by kirikoro at 2013-04-01 01:47
ほんと、エンターテイメントですね!

>女性の整形にも流行モデルがあるらしく、外国の人が韓国を歩いていて、「なんで皆、キム・ヨナなんだ!」といぶかしがったとか。

これは、眉唾じゃないかな?
整形するにしても街を歩いている人が一斉にする訳じゃあるまいし、整形した時により、理想形が変わっていそう…。
少し前にはソウのような、いかにも整形しましたという感じのメリハリの利いた顔が流行だ、なんて記事を読んだ気がします。
欧米人には黄色人種の顔の判別ができなかっただけなのでは?

>ロバみたい

あんまりにもぴったりで笑っちゃいましたが、よく考えてみるとロバの体型は分からない。。。(顔の連想?)

光沢のあるスーツ、私もリアルの韓国についてはよく知らないので、グーグルで「韓国 スーツ 光沢」で検索してみました!
実際、かなり人気があるみたいですね。
シルク信仰かしらね?
ドラマの中の金持ちの人たちのパジャマが必ずシルクですし…。


Commented by とっこさん at 2013-04-02 00:09 x
kirikoroさん、こんにちは。

>これは、眉唾じゃないかな?
そうかもしれませんね。ネットで拾った話題ですし、誰から見ての話かも不明でした。

>少し前にはソウのような、いかにも整形しましたという感じの
ソウって、人名でしょうか?

今度は韓ドラの女優さんの服ですが、スカートは、とくにキャリア的美女の着用するのには、独特のぴったり感がありますね。ミニで、ピッタリ。ミニマム感、極まれりのファッション。

去年だったか、シャネルでそんなスカートが出ていて、韓ドラの女優さんがはいていそうと言ったら、韓国の旅行者のかたが、よく見ていかれますって、スタッフが言ってました。あれでは、太れないはずですねえ。
Commented by kirikoro at 2013-04-02 00:43
とっこさん、さんこんにちは。
ソウは女優さんの名前です。「タムナ」や「シンデレラのお姉さん」に出ている人です。

キャリア美女のピチピチミニ、言われて見ればそうですね!
ほんと、あれじゃあ、太れませんね。
〉、韓ドラの女優さんがはいていそうと言ったら、韓国の旅行者のかたが、よく見ていかれますって、スタッフが言ってました。

やっぱりそうなんだ…。
すぐに気づかれるあたり、さすがです!
Commented by みう at 2013-04-02 14:22 x
日本もデパートで男性化粧品はまだまだですが、コンビニには当たり前で小顔の男のたちで、日本も変わりつつあります。

いつの世も、ハン・ガインの鼻が整形人気ナンバーワンだそうです。西洋人ぽくって、但し、鼻だけではなく彼女の場合は目もくぼんでいて、そのまま鼻を整形するのは難しいそうです。

韓国ドラマに出てくることはかなり韓国で日常のことです。
私が一番驚いたのは裏の社会の描き方です。
かなり裏社会があるようで、韓国の方に聞いたらありますと(苦笑)相続問題とかあると一生精神病院のようなところに閉じ込められたりとかドラマにもありました。

私が、ドラマでタクシーを使うシーンが多いので、ドラマだからと思っていたら、韓国のタクシー代は初乗りが200円に満たないので30分くらい乗っても千円くらいなので簡単に乗るそうです。

実社会でされていないことは放送されていないようです(;´∩`)
Commented by みう at 2013-04-02 14:32 x
K-popなんて、整形だらけです(苦笑)
スタイルは変えられないけど、細ければ豊胸手術、顔は美容整形で・・・みなさん気持ち悪いほど細いのですよね~!
TVとかではかっこよく見えるのですが、ある写真で見た時足ががりがりで気持ち悪かったのを覚えています。
細いのが条件なのか、確かに男性も細いタイプの方がいらっしゃいますね。

キム・ソナがぱっとしないので整形大国だから整形したらと思っていたら、してたのですね(;´∩`)
する前の顔は見るに堪えない顔です・・・・
でも、スケートで有名になり大学も超一流だとか、、、体育科だからどこの大学でもたいして変わらないそうですが、韓国ではやはり憧れる大学のようです。

話しは変わりますが、ドラマで会社勤めの方が超ミニを吐くなんて日本では考えられないですね。
日本はほとんどパンツになります。
その方が動きが楽だし、座ったり立ったりとかに気を遣わなくてもいいですから、韓国はまず外見から入っていくようですねといいつつ日本の女優さん・アナウンサーの整形の多いこと。
日本も韓国に負けていませんよヾ(・ε・。)ォィォィ
Commented by kirikoro at 2013-04-03 00:39
ドラマの中に出てくることがすべて実際にあること、とは言えないものの(ネットニュースを見ていると、よく、こんなのはありえない~~!なんて反応があります)こんなことはまず、無いだろう、と思っていることが実際にあったり、は多い気がしますね。

ドラマの超ミニスカート、こんなの履いていたら、仕事にならないでしょうにね。

男性の体型はドラマを見ていると、このところ、急速に細くなっているように思います。
以前はどの男優さんもガッシリ型で、私にはデブに(失礼!)見えたものですが、最近では華奢な人が増えました。
時代の流れなんでしょうね
Commented by とっこさん at 2013-04-28 22:38 x
kirikoroさん、こんにちは。

「マイダス」をごらんになりましたか?見始めたばかりなのですが、これに出演しているのが、「フルハウス」のミヌさんだと気づくのに、3話ぐらいかかりました。う~ん。違いすぎます!どっちが先かわかりませんが、「マイダス」が素顔に近く、「フルハウス」では、皆さんが言われるように、メークなどで、かなり「人工的」に修正しているんでしょうね。

kirikoroさん、「マイダス」って、どういう意味なんでしょうか?ごらんになっていたら、また、記事をアップしてくださいね。主演のヒョヌさんには、映画「依頼人」での演技で、もう圧倒されました。それにつられて、今、見ている次第です。ミヌさんも、ここでは演技の確かなところを見せているように思います。
Commented by kirikoro at 2013-04-28 23:47
とっこさん、さんこんにちは。

「マイダス」は途中でギブアップしたドラマなんですよ。
私も主演のチャン・ヒョクさんの演技が見たくて手を伸ばしたんですが…。
ちょうど、シリアスなドラマが見られない時期にあたってしまい、ストップ、その後、すごく面白かった、という話も聞かなかったので、そのまま放置してしまいました。
ミヌさんは、そんなんで、まるで記憶にありません…。

「マイダス」はギリシア神話のミダス王からとられたような話でした。(英語読み?)手に触れたものすべてが金に替わってしまう、と言うあの王様の話です。
確か、ドラマの内容とも合っていたんじゃないかな?
Commented by とっこさん at 2013-04-29 00:19 x
>ミヌさんは、そんなんで、まるで記憶にありません…。

何話かは、連れ込んだ女性と寝ているか抱き合っている(笑)だけの出演でしたしね。

>「マイダス」はギリシア神話のミダス王からとられたような話でした。

なるほど!Midasの英語読みに、はじめてお目にかかりました。ありがとうございます。すっきりしました。
Commented by kirikoro at 2013-04-29 05:50
>何話かは、連れ込んだ女性と寝ているか抱き合っている(笑)だけの出演でしたしね。

…そうなんですか(汗)

邦題はミダスになるかと思っていたのですが、オリジナルそのままでしたね。
語感の問題かしら?
Commented by tomo at 2013-04-30 20:32 x
マイダスよかったですよ、うちはいつも韓国ドラマを見ない夫が、チラチラ横目で見て、はまっていましたよ。
ノミヌさんは、最後が余韻を残して、死んでしまうんです。
お金の亡者のような一族で、唯一の清らかな魂を持っていました。

また、ひょくさんは、私はチャクペが最初でしたが、演技力のある方ですね。この人の出るものははずれがありません。
すごいです、マイダスでも完ぺきでしたよね。
ありがとうございますの、真実味のある演技、チャクペの凄味、依頼人の怖さ、本当に素晴らしい方だと、尊敬しますです。
Commented by kirikoro at 2013-04-30 22:28
tomoさん、こんにちは。

マイダス、面白くご覧になったんですね!
教えてくださって、ありがとうございます。
また、見たいドラマが増えてしまいました。

実は、私、チャン・ヒョクはとても高く買っている俳優さんなのですが、なぜか相性が悪いらしく、「チュノ」や「アイリス2」はギブアップ、「フランダン」や「タチャ」は駄目で…。
私が彼のドラマで一番好きなのは「明朗少女成功記」という古くて、ちゃん。ヒョクが適役とは思えないキャラのドラマだったりします。
でも、現在激嵌り中の「根のない木」で、やはりうまい人だなあ、と再確認しています。ようやく、彼らしい役で好きなドラマに当たったかな、と言った感じ。昨日から見始め、今12話、止まりません。

Commented by tomo at 2013-05-01 09:32 x
題名間違えました!
チャクペではなく、チュノでした・・、kirikoroさんは相性が悪いのですか。、、、そうですね、私もチュノでは、オジホさんが素敵!と、思ってたんですから。  最後に行くにつれて、ヒョクさんの 眼光にやられてしまいまして、時代物の面白さにひかれていきました。

アイリス2も、あまり・・なんですね? 1は 私もギブアップでした。
ヒョクさんでも、・・なんですね、了解です。

チャクペは別物ですね、私は 面白く見ましたが、それぞれですよね。
Commented at 2013-05-01 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-05-01 20:36
tomoさん、こんばんは。

チュノ、でしたか。
評判の良かったドラマだったんですけれどね、女優さんが苦手だったせいかもしれません…。

「アイリス2」もチャン・ヒョクはかっこよかったんですけれど、話があんまりおもしろいと思えず、途中で止めちゃいました。
私の好みではなかっただけなので、ご覧になったら面白いかもしれません♪

あわないドラマばかりはどうしようもなくて…です。

Commented by kirikoro at 2013-05-01 20:38
鍵コメさん、こんばんは。
教えてくださって、ありがとうございます。

ミヌくんのお祖父さんが日本人と言うのはウィキペディアにも載っていますね。

西洋人だと明らかに、顔が違う!ってなるんですが、韓国人と日本人じゃ、顔だけでは、全然わかりませんね♪
Commented by tomo at 2013-05-01 22:16 x
何度もしつこく出てきてすみません。
根の深い木視聴中なんですね。私は韓国放送のDRを、見させていただき終わりました。何とも深いため息とともに ハングルがこんな風に出来上がったのかと・・感動しました。

もう一つ書いても良いですか?
チュノの女優さんですが、ユチョンのドラマミスリプリーも出てる方ですよね。あまり支持されないみたいですけれど、私はあのユチョンで彼は、俳優でピカ1だ、やっていける!とほっとしたんです^^

ははごころですね^^  長々書いてごめんなさいね。
Commented by kirikoro at 2013-05-02 07:57
tomoさん、「根の深い木」今見終りました!
噂にたがわず、素晴らしいドラマでしたね。
期待が大きすぎるとがっかりすることも多いのですが、マックスの期待にマックスで答えてくれたドラマでした。
ほんとにいいドラマと巡り合えたと感動でいっぱいです。

チュノの女優さん、イ・ダヘさんですね。
じつは、「ミス・リプリー」も中途放棄のドラマなんです…。
これが放送された当初はじつは、ユチョン、演技力はすごいと思いながらも、苦手の俳優さんだったんですよ。
「屋根部屋~」で苦手を克服して、今では大丈夫になったのですが、このときはだめで、それも放棄の一つの理由になってしまったんです。
今では、苦手意識もなくなったし、演技力は若手の中でピカイチだと思っているので、機会があれば、これも再視聴するかもしれません。

>ははごころですね^^ 

これは、よく分かります♪
私も、新人さんが登場すると、ついつい、独り立ちするまで見守る母の目線になってしまいます…。
Commented by 韓流T.O.P販売部 at 2013-05-15 17:04 x
ノ・ミヌ オリジナルマガジンついに創刊!5月16日予約受付開始!


ノ・ミヌ オリジナルマガジン(No Minwoo Original Magazine)

患者(ファン)の皆さま、120%必見です!
ノ・ミヌの世界にどっぷりハマれるオリジナルマガジンがついに創刊!
-創刊号はMakingDVD付き

年間4冊、3か月に一度ご自宅に届く専門誌。
ノ・ミヌのこだわりが詰まった極上のフォトに陶酔し、活動密着フォトでは素顔の彼に胸キュン?!
さらに!彼から患者のみなさんへの熱いメッセージも盛りだくさん!

創刊号 7月31日(水)発売!
定期購読料:9,450円(税・送料込/4冊分)

○6 月30 日(日)までにご予約の方に、
もれなくノ・ミヌのオリジナルクリアファイルをプレゼント!

定期購読の申し込みはコチラへ
http://www.hanryutop.com/nominwoo
※予約受付は5月16日(木)14:00時から開始!
by kirikoro | 2013-03-08 09:18 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(34)