なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

KBSドラマスペシャル連続シリーズ「彼女たちの完璧な一日」


彼女たちの完璧な一日(그녀들의 완벽한 하루) ☆☆☆

KBSのドラマスペシャル連続シリーズ 全4話
公式HP
d0060962_10432136.jpg


演出 イウォンイク
脚本 キム·ヒョンジョン
出演 ソン·ソンミ、シンドンミ、キム·セア、ビョン·ジョンス、サヒョンジン

江南の超セレブ幼稚園で発生した園児失踪事件。
その中で完璧で幸せそうに見えた母親たちの素顔が明らかに…。


現在と過去を行き来するオムニバス方式の構成で、同じ出来事の中に彼女たちのそれぞれの事情が浮かび上がって来ます。


富裕層の教育ママたちの問題はよくドラマの素材になりますが、このドラマでは、ソフトスリラーの緊張感が持続する中で描かれており、子供の教育問題に関心のない人にも充分に楽しめる内容となっています。
構成力の光るドラマだと思います。

また、各話の主人公だけではなく、子役に至るまで、なかなかの名演でその緊張感を盛り上げていました。

1話-不思議の国への招待
d0060962_10471127.jpg




最初の主人公はチョン・スア(ソン・ソンミ)。
大企業のマーケティングチーム長として働くワーキングママ。
仕事は有能だけれど、仕事のしわ寄せが家庭に出ていて、家事に時間を割くことができず、子供のことにすら目が行き届かない状況です。
挙句の果てに、幼稚園に提出すべき書類を放置してしまい、学年の途中で幼稚園を追い出されてしまうスアの娘…。
その上、仕事に追われて目が届かなかった娘が高熱を出し、父親が帰宅して気付かなかったら危なかったということになってしまいます。
一念発起して仕事を辞め、家を整え娘とともに幼稚園を探し始めるスアでしたが、年度途中のため、空きがありません。
そんなところに、ダメ元で申し込んでいたハナ幼稚園から、空きが出たという連絡が来ます。
そのハナ幼稚園は子供に最高の教育を受けさせる、というのが売りの超セレブ幼稚園なのですが、費用の方も超セレブ。
仕事を続けていればまだしも、専業主婦となったスアの家の家計では到底無理な金額なのですが、せっかくのチャンスと娘を入園させることにするスアです。
ところが、娘はすでに縁での教育を受けている園児たちとのギャップに苦しみ、スアはまた、すでに出来上がっているママ友ネの輪に入って行けず孤立してしまいます。
でも、娘の方はスアが他の子たちに付いて行けるようにサポートし、スアもまた、少し庶民的なユ・ギョンファ(シン・ドンミ)の助けで少しずつママ友の輪に入って行きます。
でも、セレブママたちとの付き合いにはこれまた、やはり身分不相応な出費を強いられますし、娘の方は…。

2話-灰かぶり姫の夢
d0060962_10475695.jpg

ハナ幼稚園のクリスマス発表会。子供たちは英語で「美女と野獣」を演じることになります。
最初はくじ引きでスアの娘が演じることに決まった美女でしたが、今まで英語を学んで来なかったスアの娘はまるで台詞を言えず、オーディションで選びなおすことになります。
その美女をどうしても、自分の娘に演じさせたいチャ・ヘジュ(キム・セア)。
ひときわ人目を引く美貌にすらりとしたスタイルで、いつも着飾っているヘジュは見るからに江南の奥様。
娘をお姫様のように育てる事を人生の目標とし、そのために最大限の努力をして来た彼女は娘を美女役にしないことには納得できません。
そのためなら、どんなこともいとわない彼女なのですが、ふとした出来事から、彼女の過去が明らかになり…。

結局幼稚園を去ることを余儀なくされるヘジュ母娘。

3話-醜いアヒルの子の嫉妬
d0060962_10481899.jpg夫が名門大の教授で自らも名門大出身のユ・ギョンファ(シン・ドンミ)はその地味な装いから、最初はママ友間では軽ん持られていたのですが、江南の実力のある講師たちの情報を持っていることが明らかになってからは一目置かれる存在となっています。
その情報と言うのも実は彼女、ひそかに塾の講師をしていて、いわばステルスマーケティングをしているのね。
そして、彼女は実はお金持ちのママ友達に劣等感を感じています。
子の境遇から抜け出すためには学力だ、とばかりに息子の教育に異常な熱意を見せるギョンファです。
そんな母親からの圧力を受け、チックの症状が出ている息子に同じ幼稚園の母親チャ・ヒョンス(サ・ヒョンジン)が声をかけてきます。
d0060962_10483846.jpg初めはヒョンスを見下していたギョンファなのですが、彼女の娘が塾でギョンファの息子よりもいい成績をとり、特別教室入りを奪われそうになると行動に歯止めがきかなくなり、結果としてヒョンスの娘が事故に遭うことになります。
事故後ヒョンス母娘が幼稚園に恨みの言葉を残し、園から姿を消し、その補充としてスアの娘が幼稚園にやって来ます…。

4話-冬の国の女王の涙
d0060962_10493488.jpg
生え抜きの清潭洞の住人イ・ミボク(ピョン・ジョンス)はお金持ちの多いママ友の中でもとびぬけたお金持ちでひまわり組の母親たちのリーダー格。
何一つ不自由のないように見える彼女ですが、家の中では過干渉な母親から逃れられず、夫とは金と事しか会話が無い間柄の上、夫には女性問題が絶えない様子です。
自ずと息子だけが生きがいのようになっているのですが、そんな時に起こるヒョンス娘の事故。
彼女はその事故を内々に収めることを園長に約束し、かわりにインターナショナルスクールへの息子の進学に便宜を図ってもらう手はずを整えています。
そんな中、息子の家庭教師に大学生のカヨンを雇うのですが、息子が自分よりカヨンになついているのを見、しかも夫が息子と彼女を連れて食事に出かけたのを見て、夫とカヨンの間まで疑い、彼女を解雇してしまいます。
カヨンがいなくなり、つらい息子。また、カヨンは突然の解雇にミボクに恨みを持っているようです。
そんな中、「美女と野獣」の劇を終えた園児たちの中からミボクの息子が消えてしまいます。

そして、ラストで失踪事件の犯人が明かされ…。


こんな話です。
[PR]
by kirikoro | 2013-03-12 10:52 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)