なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ウンビリョン」「どうすりゃいいんだ」「少女と泥棒」


GyaOで「ドラマシティー(드라마시티 )」と言うタイトルで4作品をまとめて紹介されていたので見ました。
キム・ジョンフンの(「霧の視程距離」についてはすでに見ていて記事にもしています )

ドラマシティーというのは現在の「ドラマスペシャル」の前のシリーズで、2000年5月~2008年3月まで放送されていた短編シリーズです。
実験的な作品を手掛けてみたり、新人作家や演出家、俳優の登竜門的な役割も担っているところは「ドラマシティー」と同様。
他にも何作品か見ているのですが、正直なところこの頃はまだ、短編の特質をうまく使いこなせていないような印象が私にはあります。
新シリーズの「ドラマスペシャル」の作品など、もっと紹介されるといいのですが…。

ここでピックアップされた作品は皆、主演がイ・ヨンエ、イ・ジュンギ、キム・レウォンと有名な人たちのもの。
そういう基準で選ばれているんでしょうね。

それでは、各作品ごとにその説明と簡単な感想を。

ウンビリョン~麗しの峰 めぐり逢い~ [DVD] JVDD1307

KBS Media



ウンビリョン隱秘嶺(은비령) ☆☆☆
KBS公式HP
1999年のKBSドラマ、1話完結
演出 ユン・ソクホ
脚本 カン・ウンギョン
原作 1997年現代文学賞受賞作のイ・スヌンの同名小説
出演者 イ・チャンフン、イ・ヨンエ、ホン・イルグォン、イ・ハンウィ

(あらすじ)
寒溪嶺(ハンギェリョン)近くの隠者堂というところで友達ジュンソと一緒に受験勉強をしていたジョンウ。
ソウルの家から戻って来る途中、警察に追われているソソネに出会います。
会ったとたんにソネに運命的に惹かれたジュンソは警察の目から彼女が逃れられるよう、手伝ってやります。
彼女は学生運動をしていたようですね。そして、泊まるところがないソンヒェを隠者堂に連れて行くジョンウ。
ところが、ソンへはジュンソの恋人だったのね。それを知り、大きなショックを受けるジョンウです。
その日から始まったジョンウの運命的でありながらも孤独な愛。
でも、その愛はジョンウの魂を苦しめるばかりで、結局、紆余曲折の末ジュンソとソンヒェは結婚することになり、傷心のジョンウは、すべてのものを捨ててアメリカに旅立ってしまいます。

数年が経ち、帰国したジョンウは、再びソネに出会い、ソネからジュンソが事故でこの世を去ったことを聞きます。
二人の出会いがだんだん多くなり、二人の関係と感情は急速に近づいていきますが、近づくほどに、古くからの友人であり、過去の夫であるジュンソの記憶に二人は苦しみます。
そんな中、ソネに会いに行く道中、ハンゲリョンの雪のニュースを聞いたジョンウは、車を引き返し、昔の友達との記憶が一番強烈に残る隠者堂を再び訪れることにします。
隠者堂で一晩泊まったジョンウは、翌日自分を探しに来たソネと出会います。
そして、けっきょく隠者堂の勉強部屋で一夜を共に送る二人...


「ドラマシティー」としてまとめられているんですが、実はこの作品は「日曜ベスト」という「ドラマシティー」に先行するシリーズの1篇です。
映像もきれいでしたが(「四季シリーズのユン・ソクホ監督!)、イ・ヨンエもきれいでした。
内容的にはいかにも小説を題材にした、という感じの作品で、KBSのもう一つの短編シリーズ「テレビ文学館」のテイストに近いものを感じました。
文学的格調高い作品って感じかしら?反面少し古臭い感じも受けました。


どうすりゃいいんだ!! ~1979年の贈り物~ [DVD]

KBS Media





どうすりゃいいんだ(나 어떡해 )~1979年の贈り物~ ☆☆☆
2004年の作品 
HP
演出パク·マニョン
脚本ソ・シンヒェ
出演イ·ジュンギ(ソンホ役)、イ・ヨンジュン(ヨンボム役)、イ·ウネ(エギョン役)、

(あらすじ)
癌で病院で寝ている母、リストラされて家でごろごろしている父。
こんな家が酷く嫌で逃げたい18歳の息子ソンホは夜な夜なインラインスケートをしに出かける日々です。
父と派手にやり合った後、家を出たソンホは事故に遭ったはずなのに、目が覚めてみると、1979年のソウル。
1979年の見慣れない風俗の中、ソンホはその時代のお父さんとお母さん、友達に会います。
パパにとっては良い兄貴分、母にとっては初恋の人になってしまう息子ソンホ。
やがて、短い過去への旅の末に再び現実に戻って来ます。
そして病院で会う両親。
以前とは何も変わったことはありません。でも、彼らの心の中にあった壁はいつのまにか…。


あらすじを読んだだけでも感じられるかもしれませんが、「バックトゥーザフューチャー」に似た部分が多い感じがしました。
ただし、韓国のドラマですから主題は家族。
過去の両親と出会うことにより、現在の両親をも理解することになる少年のお話となっています。
ただし、それにはちょっと時間が短かったかな?という感じで、最後に簡単に両親を理解しちゃった感じが否めませんでした。
短編のスタイルをうまく使いこなせなかった作品と言う感じはしますが、話の展開がスピーディーで飽きさせず、また、イ・ジュンギ君はこの作品でも異彩を放っています。
「王と私」以前のブレイク前のイ・ジュンギ君の作品。

少女と泥棒 [DVD] JVDD1304

KBS Media


少女と泥棒(소녀와 도둑)  ☆☆
2002年の作品
HP

演出チョン・ソンヒョ
脚本イ・ジョンチャン
出演キム·レウォン、イ·サンイン、キム・イル、イ·ビョンチョル、キム·インテ、イ·ジョニョン、キム・ヨンソン

(あらすじ)
どん底の人生を生きるチンピラ青年ユビン(キム·レウォン)は、財閥の家の金庫を狙い邸宅に侵入しますが失敗。
逃げ出そうとしようとしたその瞬間、自殺をしようとしていた車椅子の少女ス(イ・サンイン)を発見し、生命を救うことになってしまいます。
ところがスはユビンに、自分をなぜ助けたんだ、とユビンに責任をとるよう要求、お金に困っていたユビンはスの世話を引き受けることに…。
いっしょの時間を送るうちに二人の間に妙な愛が芽生え始めるものの、スはユビンを偽悪的に 苦しめます。
スを捨ててしまおうとするものの、町内ごろつきドンベ(イ·ジョンヨン)に圧力をかけられ、やむを得ずその家に残ることになるユビン。
ところが、ドンベはユビンからその 家の情報を受け得て金庫を荒らしに潜入しますが失敗。共犯者だと誤解されたユビンは逃げ出します。
そのユビンについて家を出るス。
ユビンは浜辺で自分を捨てて家を出た 母を見つけ出そうとし、なんだかんだ言いながら、旅ともいえないたびに出るユビンとス…。


正直、ありがちな話をイージーにまとめた話という気がしました。
しかも、たくさんの要素を詰め込み過ぎて、うまく伝わらない話になってしまったかな?という感じ。
キム・レウォンはいつもの彼の魅力たっぷりでしたが、どうにもお話にリアリティも無ければファンタジーもないどっちつかずの作品になってしまった感じでした。

 
[PR]
by kirikoro | 2013-03-18 07:53 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)