なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チョ・インソン、ソン・ヘギョ主演の「その冬、風が吹く」感想


その冬、風が吹く(그 겨울 바람이 분다)  ☆☆☆☆

SBSの水木ドラマ、全16話。
SBS公式HP
d0060962_1113458.jpg


演出 キム·ギュテ
脚本 ノ·ヒギョン
出演者
チョ・インソン(オ・ス)、ソン・ヘギョ(オ・ヨン)、ペ・ジョンオク(ワン秘書)、キム・ボム(パク・ジソン)、キム・テウ(チョ・ムチョル)、チョン・ウンジ(ムン・ヘソン)他
原作はTBSの2002年のドラマ「愛なんていらねえよ、夏」

視聴率は最終回の15.8%(AGBによる)が最高。
でも、激戦の水木ドラマですから、どうしても他局のドラマと数字を分け合ってしまうんですね。
同時間帯のドラマの中で、最高の視聴率をマークしての終映でした。
原作ドラマは韓国でも過去にムン・グニョンとキム・ジュヒョク主演で2006年に映画化されています。

施設で育ったオ・スは初恋が無残に終わった後、行き当たりばったりの人生を送っている。
だが、そんな人生でも、生きたい。
財閥の相続女のオ・ヨンは視覚障碍者だが、生活は完璧にこなす。
しかし彼女を取り巻く人たちから愛を受けることなく、誰も信じられない。
死にたくない男は人から背負わされた莫大な借金の為、死にたい女の遺産を狙って彼女の兄を装い、彼女に住む家へとやって来る…。
死にたくない男が死にたい女を殺すだけでよかった。
でも…。
孤独な心が孤独な心と出会い、愛が生まれる。


 *このドラマのアンケートも作っています。
  ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです。


        →「その冬、風が吹く」は面白かった?

「パダムパダム-彼と彼女の心拍音-」に続いてキム・ギュテとノ・ヒギョンが制作しています。
「パダムパダム」も美しいドラマでしたが、このドラマは、それ以上。

でも、映像だけ無駄に美しいドラマも多くある中、このドラマは映像に意味があるんですね。
実は最初、チョ・インソンの演技がわざとらしく感じられて、ちょっとドラマ世界に入りにくかったんです。
最近では自然な演技が主流ですからねえ。
それが、彼、立っている姿がやたらとポーズをとっているみたいだとか、あちこちで気になっていたんです。
でも、それに慣れてくると、逆に映像全体とともに、より深い感情表現となっているのが読めてくるんですね。
彼の長身が生きているなあ、と思いました。



演出をされているのはキム・ギュテ、もともとはKBSのプロデューサーで現在はリパブリックエージェンシーという会社に所属されているようです。
彼の演出作品には「このろくでなしの愛」や「彼らが住む世界」(これも共同演出のようですが、ノ・ヒギョンとの作品ですね)「アイリス1」などがあります。

そうそう、「彼らが住む世界」で共同演出したピョ・ミンスがこのドラマの裏番組の「アイリス2」の演出を担当しており、彼らの対決もまた、話題となっていました。

中心はオ・スとオ・ヨンのラブストーリーですし、チョ・インソンとソン・ヘギョの主演とあれば、そちらに関心が集まるのは当然なのでしょうが、私はこのドラマ、ノ・ヒギョン作品ということに着目して見ていました。
この脚本家さんは市井に生きる人たちの哀しみを描くのが上手い人なんですよ。
「嘘」でカルトファンを生み出し、その後も、「花よりも美しく」「グッバイ・ソロ」「彼らの生きる世界」「パダムパダム」の台本を書かれている人です。

ということで、私の一番の注目はペ・ジョンオク演じるワン秘書だったんです。
というのも脚本家のノ・ヒギョンお気に入りの女優さんですし、ノ・ヒギョンは中年~老年の女性の心理を描くのが上手い人なのね。
当然、ワン秘書の内面にも深く切り込んだ脚本になるもの、との期待が大きかったんです。
序盤から、陰影のある表情を見せ、期待を膨らませていたのですが、やはり、満足のいく人物像を作り出していました。

チョ・ムチョルを演じたキム・テウもやはり、キャラ設定との相乗効果で素晴らしかったですし、他の助演陣もみな、ノ・ヒギョンの世界を作り出していたと思います。

私の不満はチョン・ウンジとキム・ボム。
チョン・ウンジはこれからが期待される若手女優さんの一人なんだそうですが、私はともかく、彼女と言うか、彼女の演じるヘソンが苦手で…。
しゃべり方だとか、動作が苦手だったんですね。
好みの問題だとは思うんですが、私は彼女が出るたび、イライラさせられ通しでうんざりでした。

そして、キム・ボムは彼の演技には不満はなかったのですが、彼の演じるキャラにいまいち存在感が感じられなかったんですね。
オ・スとの結びつきの強さを見せるべきキャラだと思うのですが、なんだか淡白なかかわりに感じられてしまって…。
実力のある俳優さんだと思うだけに、なんだか彼の扱いに不満でした。

ラブストーリーの部分では、オ・スの方は血がつながっていないのを知っているのですが、オ・ヨンの方はずっと彼のことを実の兄だと思っているんですね。
そんな中でどのようにラブストーリーが展開されるのか?
オ・スは妹としての範囲を守りつつオ・ヨンに近づいているのですが、言葉や直接的な行動にはならない愛情表現にオ・ヨンも男女の愛情を抱き始めます。
そのあたりの心理の変化がしっかりと描かれているところも、このドラマの見どころの一つだと思います。

私は非常に面白く見たのですが、他のブロガーさんの評を見ていると、そうでもないって感じの記事が多いようですね。
合う人、合わない人のあるドラマだと思います。

さて、ラストについてです。
原作のあるドラマなので、結末が原作通りかどうか、にも注目されていました。
私が原作は見てなくて、映画だけ見ているのですが、結末はすっかり忘れ、綺麗な映像とムン・グニョンとキム・ジュヒョクのカップルは無理があるんじゃないか、と思ったことしか覚えていませんでした。
それで、勝手な予想をしていたのですが、予想とは違った結末でした。
でも、見せられてみると、やはりこれじゃなくちゃね、といった感じのラストでした。
ネタバレ厳禁ブログなので、具体的なことは以下、白文字で書きます。
(ネタバレOKの方のみ、反転させてお読みくださいね─コピーなどをするときに文字列を選択する時と同じ要領で、空白の初めでマウスをクリックし、そのままの状態で空白の終るところまでドラッグします)
オ・スが刺された後、ジソンたちがオ・スのところに花を持って行こう、と言っているところで彼が死んだ、とまず思うんですね。
そして、その後、ヨンの前に現れる彼の姿は幻のようで、やはり死んだのか、と思わせながらの彼の登場。
彼が生きている、と言うのはその映像がヨンの現在の目の状況に従っているためと思われるため、彼が生きているのは確実だと思える状況だと思うんです。
でも、もしこれが、もっと現実的な印象の再登場だとどうでしょう?
私は、それだとなんだか安易な結末になってしまったように思えるんですね。
論理的にはオ・スの生存を確信しながらも、どこか心理的に揺れがある地点に着地していると言えるんじゃないでしょうか。
その為、この世にはありえないような美しい愛の話が成り立っている、と私は解釈しました。

それにしても、最後に満開の桜は、よかったです!

皆さんがそろって、絶賛するドラマではないかもしれませんが、原作があるにもかかわらず、ノ・ヒギョンらしい作品に仕上がっており、彼女の作品が好きな方にはお勧めのドラマでした。
[PR]
Commented at 2013-04-09 13:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-04-09 13:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みう at 2013-04-09 16:08 x
チョ・インソンの演技のわざとらしさ、モデルの立ち位置かっこに服装も普通の人が着ないモデルのチョ・インソンということで駄目でした。
ソン・ヘギョ益々綺麗になって苦手だけど好きな俳優さんです???
Commented by selfish_007 at 2013-04-09 17:42
Kirikoroさん、こんにちは!
ハワイでも昨日ようやくスタートしました、こちらのドラマ。
しかし、日曜は仕事なので微妙に間に合わず泣
昨日は激務で帰宅が遅くて見れませんでした(>_<)残念!
市井に生きる人たちの哀しみ、美しい映像、私も好きな世界です!
キャッチアップして見ますー☆
Commented by mahiro at 2013-04-09 20:47 x
初めまして!!初コメントです。とても期待していたドラマでたのしめました。ただ日本版の原作のほうがラスト2話は泣けましたし好きです。あとキム・ボム氏の役柄は
とても需要な役なのに軽く描かれた感じがして残念でした。
このドラマは10年前の原作を見てる方で好きだったかたは不満が
残るかもしれません。インソン氏とへギヨ氏の演技は素晴らしかったとおもいます!!!
Commented at 2013-04-09 20:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-04-10 00:08
鍵コメさん、こんばんは

チョ・インソンの演技はやはり、最初は気になりましたか。
そう言われて見ると、彼に対して、ソン・ヘギョはかなり抑えた演技でしたね。
そうそう、自然で心に染み入るような演技。
美しかった、と言うのも同感です。
すごい美人じゃないのに、何でこんなに美しく感じるんだろう、と思いました。

グッバイソロは私も、見た当初は同じような感想だったんですが、その後、どんどん心の中で膨らんでしまったドラマなんですよ。

何だか、この作家さんのドラマは心に沁み込む感じがするんです…。
それで、気がついたら私はファンになっていました♪
Commented by kirikoro at 2013-04-10 00:11
みうさん、こんばんは。

チョ・インソンがダメでしたか…。
それも分かるんですよね。

>ソン・ヘギョ益々綺麗になって苦手だけど好きな俳優さんです???

そうなんですか!
分かったような、分からないような…。
Commented by kirikoro at 2013-04-10 00:12
selfish_007さん、こんばんは。

ハワイでは、もうスタートですか!早いですね。

どうぞ、楽しみに、ご覧下さい!
Commented by kirikoro at 2013-04-10 00:20
mahiroさん、はじめまして!

日本版がお好きだった方にとっては、不満が残るものだったんですね。

>あとキム・ボム氏の役柄は
とても需要な役なのに軽く描かれた感じがして残念でした。

日本版では、彼の役は韓国版以上に重要な役のようですね。
韓国版では、日本版とは違う結びつきを描きたかったんじゃないかと思うのですが、それでもやはり、不満でして、日本版の話を知って、なるほど・・・と思いました。原作のあるもののマイナス点が出た感じはありますね。

おっしゃるように、私も主演二人の演技は、ほんと、よかったと思います♪




Commented by kirikoro at 2013-04-10 00:26
鍵コメさん、こんばんは。

役者さんはそれだけでも見たくなる配役でしたね。

>特に、チョ・インソンは除隊したにもかかわらず、
不運な時間だけが流れ

そう言えば、除隊から、大分時間が経ちましたね。
おっしゃるように、このドラマに出演されたことは、彼にとって大きな幸運になったと、私も思います。

>最終回は結末の内容よりも、とにかく「よかったね」というチョ・インソンへの思いで涙・涙でした。

チョ・インソンのドラマを待ち望んでいた方々は同じような感想を持たれたでしょうね♪

すこし残念だったのは、キム・テウの扱いが、最後はぞんざいになったことでした。
最初は特別主演ということで、すぐ消える?予定だったとか。
しかし役がハマりすぎて、脚本家?が気に入り、彼の出演が増えたそうで。

そういう事情があったんですか!
最後はぞんざいでしたかねえ…。

韓ドラマジックに嵌ったのは、私も同じでした!
Commented at 2013-05-08 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-05-09 05:56
鍵コメさん、こんにちは。

いい作品でしたね。

>脚本と演出とキャスト。これが重要だと思いました。

ほんと、その通りですね。

「彼らが生きる世界」は私は好きな作品だったんですよ。
最後のエピソードで、どーんと気分がそがれちゃいましたけれど。

>あれだけの豪華な俳優さんが出ていたけどそれぞれ中途半端。

言われて見れば、そうかもしれません。
オム・ギジュンやチェ・ダニエルなんて、いいところをあまり見せられなかったかもしれません。

演出はピョ・ミンスとこのドラマのキム・ギュテの共同演出だったはず。
どういう分担だったんでしょうね。

「フルハウス」とかぶるところ、というのは私は気付きませんでした。
また、見直す機会があれば、そこにも注目して見たいな、と思います。
Commented by 韓流T.O.P販売部 at 2013-05-09 17:19 x
写真集のようなハイクオリティインタビューマガジン
『韓流T.O.P』 6月号(VOL.26)5月16日(木)発売!特集!チョ・インソン
月刊980円(税込)
★表紙特大ポスター(A2サイズ)+フォトカード4枚セットがもれなくもらえるプレゼントキャンペーインも実施中です。
詳しくはMENTOR SHOP
http://www.mentorshop.net/products/detail.php?product_id=84


貴重なスペースお借りします。
素敵なブログ拝見させていただきました。
この度、私どもの販売する雑誌『韓流T.O.P』VOL26をご紹介をさせていただきたくお邪魔させていただきました。お時間のあります時に是非一読いただけたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Commented by うんじラブ at 2013-08-30 16:08 x
ウンジの役柄の事悪く言わないでほしいです。
期待してみたのに大分期待はずれでした。
こんな期待外れなのは初めてです。
Commented by さやかご at 2013-08-30 22:08 x
バリ出来ファンとして待ちに待ったチョインソン主演ドラマ!TBS韓流セレクト始まりました。原作も好きだったので楽しみです。渡部篤郎さんのこと考えてもそんなにチョインソンさんの演技に違和感ないですが(^_^;)
Commented by kirikoro at 2013-08-31 06:16
うんじラブさん、こんにちは。

すいません。

今回は彼女の魅力が分かりませんでした。
次回作を期待しています。
Commented by kirikoro at 2013-08-31 06:19
さやかごさん、こんにちは。

東京地方では地上波でのスタート、うらやましいでs。
いぜんは韓流セレクトの作品は東海地方の系列局でもほとんどの作品を包装してくれていたのですが、最近はすっかりストップしてしまったんですよ…。


楽しみにご覧くださいね!

Commented at 2013-09-25 23:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-09-25 23:45
〉CS アジアンTV 10月15日放送開始です。

鍵コメさん、お知らせくださって、ありがとうございます。

スカパーやケーブルで契約している人はご覧になれますね♪

インソンくんの赤いパンツ!
あれ、印象的でしたよね。
私も、何で赤いパンツなんだ~~と思いましたよ。
でも、似合っちゃってるんですよね。
Commented by tm at 2013-12-02 17:34 x
遅れましたが私も見終わりました。そして、最終回ほっとしていますなんて優しい作り方なんでしょうか・・素敵でした。。おっしゃるように最初のインソンさんたちの演技はわざとらしくて いかにもやくざがキザでしたね。恋を追うごとに愛に目覚めた二人の容姿が秀逸でした。ヘギョさんはこんなに美しい方でしたっけ? なんでヒョンビンと別れたんだろう・・でもインソンさんのほうがお似合いでした^^
Commented by kirikoro at 2013-12-02 18:00
tmさん、こんにちは。

素敵なラストでしたね!

>恋を追うごとに愛に目覚めた二人の容姿が秀逸でした。

ほんと、同感です。

ソン・ヘギョ、私も、このドラマを見て、やはり同じように、こんなに美しかった?と思っていたんですよ。
齢を重ねるにつれ美しくなっていく人って、素敵ですね。

ヘギョ×ヒョンビンよりヘギョ×インソン、これも同感です!

Commented at 2014-11-04 00:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-11-04 09:20
鍵コメさん、こんにちは。

韓国ドラマって、純愛ドラマのイメージが強いんですが、案外作品数は少ないんで、貴重ですよね。
このドラマでのチョ・インソンの演技スタイルは独特で、ちょっと入って行きにくかったかな?
最近韓国で放送された「大丈夫、愛だ」は同じ脚本家さんで、彼が主演なんですが、まったく違う演技を見せてくれているんです。
そちらもまたお楽しみに!
最終回は視聴者に考える余地を残したラストなので、あいまいで分かりにくいですよね。

ノーカット版、ぜひご覧くださいませ♪
Commented at 2014-11-05 12:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-11-06 10:28
鍵コメさん、こんにちは。

「大丈夫、愛だ」の日本での公開はまだ先になるかと思いますが、その時には、是非!

韓流ドラマって、恋愛ドラマがメインじゃないドラマにも、恋愛要素が盛り込まれることは多いんですが、ラブコメ以外の恋愛ドラマは少ない気がしています。
でも、これからご覧になる「雪の女王」も純愛ドラマですね♪
私も大好きだったドラマ、どうぞ、楽しくご覧になってくださいね。♪
Commented at 2014-11-06 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-11-07 09:08
11/06 12:12にコメントを下さった鍵コメさん、こんにちは。

「雪の女王」はかなり初期に記事を書いたので、あまり書いてはいませんが、http://kirikoro.exblog.jp/4545827/
に少し書いています。
私のブログ内で記事を探す時は左の欄にある、「アイウエオ順韓国ドラマ一覧」から探していただけると、一番便利なんじゃないかと思います。よかったら、利用してみてくださいね♪
by kirikoro | 2013-04-09 11:10 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(28)