なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「根の深い木」完全版で見ました


根の深い木‐世宗大王の誓い‐(뿌리깊은 나무)  ☆☆☆☆☆
2011年のSBS水木ドラマ、全24話
公式HP
d0060962_1185959.jpg


演出 チャン·テユ、シン·ガンス
脚本 キム·ヨンヒョン、パク·サンヨン
原作 イ・ジョンミョン「景福宮の秘密コード」
出演者
ハン・ソッキュ、チャン・ヒョク、シン・セギョン、ソン・ジュンギ他

非常に評判のいいこのドラマ、ようやく視聴しました。
韓国での視聴率は最高25.4%(AGBによる)でしたが、数字以上に評判となったドラマだと思います。
評判がいいだけに、期待度マックスで見始めたのですが、満足度もマックスでした。
本当に素晴らしいドラマだったと思います。
もう、途中で止められず、3日間で一気見しました。

BSフジでも放送していますが、吹き替えカット版なので、完全版を有料動画視聴です。
→(追記:2014.12~のBS朝日版はカットはカットでも、BSフジの時とは違い24話字幕スーパー版の放送です。)
わたしは、SHOW TIMEで見ました。
近くにレンタルショップがあればいいのですが、徒歩圏内に無く、わざわざ行って貸し出し中だったらショックも大きいので、私は日本語字幕のものはストリーミング視聴することが多いです。
思いついたら、ぽちっと押しさえすればすぐに見られるのも、いいところ。

SHOW TIMEは月間基本料金がかかるので敬遠される方もいらっしゃるかと思いますが、休会すれば基本料金を払わなくてもいいので、私は休会にしておき、見るときだけ、会員状態に移行しています。
また、第1話は会員にならなくても無料で見られるので、見逃した時や、視聴を検討するときに役立ちます。
何だか、えらく宣伝臭い事を書いていますが、別にSHOW TIMEの回し者じゃありませんよ~~。
先日、有料動画配信を利用する人が少ない、との記事を読んだので、利点を主張したくなっちゃったんです。

さて、BSフジ版では各話で15分以上のカットは普通なのですが、このドラマの場合、それだけではなく、全21話と3話分がまるまるカットされています。
初めの部分が大幅にカット、この部分は本当に簡単にあらすじで紹介され、いきなりオリジナル版の4話途中から始まります。
オリジナル版は過去の因縁から語り始める韓国ドラマらしいスタイルなのですが、いきなり本題に入る日本で好まれるスタイルにした、という事でしょうか。
オリジナル版で最終話まで見た後、BフジS版の1話を見たのですが、これはこれでうまくまとめているのではないかと思いました。
とはいえ、オリジナル版のカットされた部分にも見どころはいっぱいあって、完全版の方が主要人物の行動がより深く理解できるように思います。
私の場合、もし、BSフジ版で見ていたら、ラブストーリー部分は不要、などと思っていたかもしれません。
そんなに無理矢理恋愛に持って行かなくても、などと感じてしまったかも。

ソン・ジュンギは王の若い頃を演じていますので、彼を見たいならば、このカット部分に登場です。
そして先代の政敵を虐殺した太宗を演じたペク・ユンシクや子役たちの演技もよかったです。

カット部分があった方が主要人物たちのキャラクターも、より深みを持ったものに感じられるような気がします。

カット部分に魔法陣を解くエピソードが出てくるのですが、これが、ビジュアル的にもいいのですが、国をどのように収めるかの比喩にもなっており、圧巻でした。
数学に弱い私はすぐにはこの解法が分からず、思わず調べてしまいましたけれど…。
この部分は治世に対する重要な比喩にもなっているんですね。
(ここの部分、ちょっとわかりにくいので、魔法陣の解法と絡め、その比喩の解釈などを別ブログに書きました。
       →「根の深い木」の魔方陣の解き方と比喩について

前置き部分が長くなってしまいましたが、ここからが本題です。




物語は史実をもとにそこに空想の人物を活躍させるタイプのファンタジー史劇
世宗のハングル創製は史実ですが、そこに至る過程に架空の人物や組織を織り交ぜ、ドラマティックでスリリングな話に仕立てています。
宮廷ミステリーと説明されていることがありますが、謎解き部分はほとんどなく、ハングルを世に出そうとする勢力とそれを阻止しようとする勢力との攻防が中心となります。

原作があるドラマの場合、原作に忠実なものと、大幅に変更されているものがありますが、これは後者にあたるようで、全く別物だ、という話です。
でも、ドラマ中の論争の部分などを見ていると、こういう部分は原作にもあるんじゃないだろうか、と思うところも多く、より精緻な論争などにも興味があって、小説の方もまた、読んでみたいと思いました。

ハングルを作り、それを世に知らしめようとする王とその仲間に対し、密本(ミルボン)という秘密組織が対抗、また、朝廷内でも王の勢力以外は皆ハングルの交付には反対している中、
自分の父の死が王のせいだと思い込み、王への復讐を狙って宮廷に入り込んだ武官が加わり、複雑でドラマティックなストーリーが展開されます。


エンターテイメント性の高い作品ながらも、同時に深い内容を表現している稀有なドラマだと思いました。

また、その中の登場人物のキャラもブレが無く、深みのある人物となっており、各々の人物の行動には説得力を感じます。
主要人物のどのキャラも魅力的で、脇役に至るまで個性の感じられる人物像になっていると思います。
また、キャラが良くても演技がダメなら台無しですが、俳優陣も素晴らしい演技で魅了してくれました。

世宗を演じるのは映画「八月のクリスマス」のハン・ソッキュ
このところもっぱら映画で活躍されていたようで、テレビ出演は16年ぶりだとか。
彼が名君と呼ばれる世宗のデモーニッシュで苦悩に満ちた内面を余すところなく表現しています。

もう一方の主役は武官のカン・チェユン。
彼は最初、復讐に命をかけようとするのですが、やがて、別のものに情熱を傾けるようになるのね。
強さと弱さの両極を併せ持つ人物をチャン・ヒョクが見事に表現しています。

ヒロインにあたる人物を演じるのはシン・セギョン
彼女の演技力には不安を持っての視聴だったのですが、キャラクター的に無理がなく、そつなくこなしていたと思います。

その他、イケメン若手俳優たちの参加も楽しみを添えてくれていますね。
世宗側のメンバーとして、ヒョヌやキム・ギボム、廣平大君役にはソ・ジュニョンが、敵方キラーにはイ・スヒョクがキャスティングされています。
d0060962_11185351.png


そして、ストーリーも面白いんですが、演出もとてもドラマティックでしかもきれい
自在に動き回るカメラワークに、美しいインテリア。
対立する同士はより対立を深めるような表現を駆使。
また、戦う場面ではワイヤーアクションもあったんですが、重心がちゃんと自然な位置にあり、自然でした。
その他の戦闘シーンでも、華やかさがあり、動きもきれいでした。
お話の面白さを倍増するような演出だったんじゃないかと思います。
演出家のチャン・テユは同じ原作者の小説「風の絵師」も演出している人。
この人、「風の絵師」の時にもただ一本の線を引くシーンにもドラマを感じる演出をしていた人なのですが、今回も、何でもないところをドラマティックに盛り上げる手法が生きていたと思います。

このドラマはもう、私には欠点の見つけられなかったドラマで、超お勧めのドラマです!
[PR]
Commented by selfish_007 at 2013-05-04 16:59
Kirikoroさん、こんにちは!
私もこのドラマ、昨年ハワイで放送されたものを見ていました!
物語に引き込まれるってこういうことか!というほど、毎回楽しみに見ていましたねー。
ハン・ソッキュさんの演技を初めて見たのですが、この方が名役者と言われるのが分かりました。
俳優の皆さんが素晴らしかった。シン・セギョンの役どころも好きでした。
もう1回きちんと見たいドラマです!
Commented by kirikoro at 2013-05-04 17:18
selfish_007さん、こんにちは。

ほんとに引き込まれるドラマでしたね。
おっしゃるように、俳優さんも素晴らしかったし、ほんとにいいドラマでした。
繰り返して見たくなるドラマですね!

Commented by 安野 at 2013-05-05 19:58 x
kirikoroさん、こんばんは。
「根の深い木」、ご覧になったんですね!
私も大好きなドラマでした。
ハングル創製の経緯がいかに苦難と犠牲をともなったものだったのか、
など想像もしてこなかったので、たとえフィクションにせよ、改めてその歴史的意義について考えさせられました。

できれば、「ブレイン」も完全版で見てほしかったな~。
1話が毎回75分前後あり、80分もある回もあったんですよ。
でも、kirikoroさんのおっしゃっていた通り、イ・ガンフンのキャラに入り込めるかどうかがこのドラマの鍵で、私は十分彼にはまったから楽しめたのかも^^

「イニョン王妃の男」もぜひ機会があれば見てみて下さいね。
もう最近はあまり恋愛モノは見ませんが、
これはとてもわかりやすく可愛いドラマだと思いました。
「屋根部屋の皇太子」のようにいじわる組が出てこないのが、私的には心地よかったです。
Commented by kirikoro at 2013-05-05 20:42
安野さん、こんばんは。
ぜひ見ようと思っていたこのドラマ、やっと見ることができました。

>ハングル創製の経緯がいかに苦難と犠牲をともなったものだったのか、
など想像もしてこなかったので、たとえフィクションにせよ、改めてその歴史的意義について考えさせられました。

そうなんですよね!
ハングルは世宗の創製という事を知っても、そこで思考が止まっていました。
考えてみれば、中華思想の強い朝鮮でハングルを創製したことがいかに大変だったかなんて想像できそうなものなのに…。
簡単に得られる知識の怖さをも感じました。

「ブレイン」はイ・ガンフンがダメでしたからねえ…。
「イニョン王妃の男」は見るつもりのドラマのリストの一番上にあるドラマです。
韓国で放送されたのが「屋根部屋~」と同時期で、しかも主人公役の役者さんがあまり得意でないこともあって、1話で止めちゃったんですよ。
このドラマも、相当評判のいいドラマなので、近いうちに、ぜひ、と思っています。
Commented at 2013-05-06 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2013-05-06 23:44
鍵コメさん、こんばんは。
こういうドラマは気持ちの余裕があるときに見たいですね♪
就活、気持ちが滅入ることもあるでしょうが、ファイティン!

鍵コメさんの初韓ドラマジック俳優さんがハン・ソッキュでしたか!
「接続」は未見ですが、分かる気がします。
私の初マジックは誰だったんだろう???
と思って、過去の記事を見ていたらどうやら、「ミスターグッバイ」のアン・ジェウクさんらしい・・・。
ほんと、その時だけは王子様に見えるんですよね()笑)

「金よでて来い、さっさと」、これも、面白そうと思いながらも手が回らないでいるドラマなんです。
他のドラマに比べ、男優さん達の好みという点で優先順位が低くって…(汗)
とはいうものの、じゃあ、先に見始めた「出生の秘密」のユ・ジュンサンの方が好きか?と聞かれたら、困るんですが。

時間が全然たりません!

Commented by こうくんママ at 2013-05-09 10:52 x
はじめまして。いつも楽しくブログをよませていただいています。
このドラマ、高評価だったのに・・・私はなぜか途中で挫折してしまいました。ほんと、評価は人それぞれですね 笑
SHOW TIMEおしえてくださり、ありがとうございます。(^^)
Commented by kirikoro at 2013-05-09 11:51
こうくんママさん、はじめまして!

評判がいくら良くても、合わないドラマってありますよね。
私の評価はあくまで、一視聴者の意見なので、参考程度にしていただけるとありがたいです。

SHOW TIME情報、お役にたてて幸いです。
Commented by jkoko at 2013-05-12 22:27 x
こんばんは。

ノーカット版を見ました。

このドラマを観てから、ハングル文字が簡単に
覚えられるコツをつかみました。
漢字からハングル。←まさにこれ!です。

「大王世宗」よりも、こちらが方が勉強になります。
「魔方陣」の解き方、ありがとうございます。
見ていたときは分からなかったのです。



このドラマ観る前に、チャン・ヒョク主演。「マイダス」を見ていました。
マイダスのキャストの顔ぶれを、多くお見かけしました。
カオリン役その他です。
キャストがいいですね。
ヒロインのシン・セギョンさんも。
「善徳女王」でチョンミョン子役でしたね。

視聴率が良かったのが納得です。
演技大賞を、受賞する作品だと思いました。
Commented by kirikoro at 2013-05-13 06:03
jkokoさん、こんにちは。

>このドラマを観てから、ハングル文字が簡単に
覚えられるコツをつかみました。

思わぬ効果でしたね!
私はハングルで母音を覚えるとき、口の形と舌の位置に注目すると分かり易い、と書かれているのを読んで、うまくできている言葉なあ、と思っていたのですが、このドラマでも、発音する口の形にとてもこだわっているところが出てきて、そのことを思い出しました。
人工的に作られた文字が定着するように苦心している部分で、な不ほどなあ、と感心させられていました。

「魔法陣」は私もドラマをざっと見た時には分からなくって、気になって調べなおしてみたんですよ。
ところで、昨日は電車で長距離を移動する用があったので、この原作本を1日読んでいたんですが(まだ途中)魔法陣の使われ方が原作とは違っているんですよ。
全く別の話ではなく、原作ではほんの少し語られているところを前面に出してきているようで驚きました。
原作の話もそれなりに面白いんですが、ドラマの方が私はもっと面白くって、なかなか良くできた台本だったんだな、と感心しています。

ほんとに賞をとるのも視聴率が良かったのも、納得の作品でしたね。

Commented by あおゆき at 2013-05-24 20:48 x
こんにちは。「風の絵師」の小説版を読んで、こんなおもしろい歴史ミステリーがあるのかと知り、この作品も読みたいと思っていたのですが、日本版の題名とずいぶん違ってなかなか見つけられず、先にドラマ版のほうを見つけてみてました。
一歩間違えれば地味でわかりにくい内容になりそうなのを、うまく見せ場を作りながら無駄のないドラマで。
文字が特権階級のものだった頃に、文字=知を媒介するもの、のちにはおそらく国のアイデンティティーにもつながるもの、を民に分け与えようとした王、王に協力した人間や、王に文字を作らしめた人間たちのドラマは見ごたえがありました。小説も比べて読みたいです。
この頃のハングルって今のハングルと少し違うのかしら?
王様役の俳優さんが上手いなあと思ってみてました。
Commented by kirikoro at 2013-05-24 23:19
あおゆきさん、こんにちは。
見ごたえのあるドラマでしたね。

小説の方、図書館にあったので、数日前に読みました。
ドラマとはだいぶ違うとは聞いていたのですが、想像以上でしたよ。
小説の方は連続殺人がずっと続き、それをチュヨンが追って行くことに終始します。
それはそれで面白かったんですが、この原作本はドラマを見る前に見た方が面白かったかもしれないな、などと思いながら読んでいました。
ドラマが、なかなか華やかだったので、色あせて感じられてしまったというか。これだけで詠めば面白い作品だとは思うのですが。
ところで、原作本にも方陣が出てくるんですが、ドラマに出てくるのは登場人物の一言を膨らませて描かれているんですね。
全く違う登場の仕方に驚きました。

それから、当時のハングルは現在の物とは少し違いますね。
今はない文字とかもあるようです。
Commented by ゆりよん at 2013-05-29 06:48 x
風の絵師の原作本も読みたくなってきました。
どちらもじーーーんと心に残るもので、脚本家ってすごい!と思わせるところがありますよね。
小説ではチェヨンの幼少期とかないので、創作なんでしょうけど、上手くつくられてますよね。
途中でやめられた方は、切なくなっちゃったんじゃないかなぁ?
Commented by kirikoro at 2013-05-29 21:41
ゆりよんさん、こんにちは。

私も、このドラマを見て改めて、「風の絵師」の原作本を読みたくなったんですよ。

>どちらもじーーーんと心に残るもので、脚本家ってすごい!と思わせるところがありますよね。

同感です!

」根の深い木」の方、ドラマとは全然違う話で驚きました。
これはもう、完全に脚本家さんの世界ですね。

>途中でやめられた方は、切なくなっちゃったんじゃないかなぁ?

なるほど!
そういう事もありそうですね♪

Commented by あおゆき at 2013-06-13 17:24 x
こんにちは。根の深い木、ようやく図書館で原作の本を借りられて(題名が「景福宮の秘密コード」・・・)読んでみました。

きりこさんがおっしゃるように、ドラマを見た後だと正直物足りなさを感じました。というか、脚本が、原作からよくぞここまで話をもっていった!っていう感じでした。演出も上手いのでしょうね。脚本家はチャングムも書かれた方とお聞きしたような、、、チャングムもあれだけ長いわりにはダレなくて、楽しめましたし。

関係ないですが「トキメキ成均館スキャンダル」の原作も最近読みました(ドラマは未視聴)。久しぶりに夢中になって楽しめる青春小説でした。アマゾンの書評に、ドラマ以上におもしろい、というのもありましたが、どうなのかしら。
こっちもドラマと見比べてみたいなあと思いました。
Commented by kirikoro at 2013-06-13 20:15
あおゆきさん、こんにちは。

>、脚本が、原作からよくぞここまで話をもっていった!っていう感じでした。

全く同感です!
脚本家のうち、キム・ヨンヒョンさんが「チャングム~」の人ですね。
ただ、イ・ビョンフン監督の作品は脚本家が誰であれ、同じスタイルで、盛り上がりを作っている感じがするんですよ。
力関係が相当強かったりするのかしら?(そこのあたりはよく分かりませんが)
今、「トンイ」があと4話で終わるところまで見ているのですが、これも同じ感じの盛り上がりで、なんだかんだ言っても、やっぱり面白いんですよ!


「成均館~」は原作本も人気ですね!
こちらは私の好みではなさそうで、本までは読みたいとは思わないのですがドラマの方は噂通り、面白かったですよ。
ドラマをご覧になったら、また、本との比較など、教えてくださいね♪
Commented by たんで at 2014-09-16 12:22 x
kirikoroさま

はじめまして。
いろいろ韓流ドラマブログを見てこちらが客観的で
詳しくわかりやすいので
レンタルの際 参考にさせていただいております。
それでおおむね 皆さんの評価が高かったこの物語を見ました。
日本、中国、韓国と最近見たドラマの中で
演出と俳優さんが素晴らしく
一番おもしろかったです。
韓流は特に冬ソナのせいで、長い間
おばさま受けと思っていたので男の人にも
すすめられるストーリーは珍しいと思いました。

ただ・・・
ひとつ質問なのですが、最後
王の部屋にギジュンが座っていますが
もし隠し通路の事を知っていたのなら、
なぜ最初からそこを使って
王を暗殺しなかったのでしょうか?
あまりの面白さに短い時間で飛ばしてみてしまって
理解不足か、
そこの説明をとばしてしまったかもなんですが・・・
あれ?もしかしてすごいつっこみ所?って思ってしまって。

あと私が上手く検索できていないのかもしれないですが
王女の男のレビューがありませんね。
人気があるのでこちらの評価を見てからと思ったのですが
御嫌いな傾向のドラマでしょうか?

初コメントなのに不躾な質問で
すみません。
Commented at 2014-09-16 12:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-09-16 19:07
たんでさん、はじめまして。
記事をお読みくださっていて、ありがとうございます。

?韓流は特に冬ソナのせいで、長い間
おばさま受けと思っていたので男の人にも
すすめられるストーリーは珍しいと思いました。

そうなんですよね。
韓国ドラマにも、いろんなタイプのものがあるのに、このドラマがあまりにもブームになったため、自分の好みじゃない、と敬遠される方もまた、多いかもしれませんね。

わたしも、このドラマの印象で、韓ドラを本格的に見始めるまで、時間がかかりました。

「根の深い木」への疑問は、大きなネタバレにはならないと思いますし、見ていない人にはたぶん、何の事だかわからないと思いますので、ここで答えさせていただきますね。
お気遣い有難うございます。
(長くなりますので、次のコメントに書きますね)
Commented by kirikoro at 2014-09-16 19:07
(続き)
隠し通路の事は、言われて見たら、その通りじゃないかと、私も思います。
新たに見つけたんだったらともかく、最初から知っているという設定でしたよね。
王一人を狙ったのではなかったので使わなかった、という説明もできるかもしれない、と思いますが、やっぱり突っ込みどころになるんじゃないかしら…。
とは言いうものの、私がこのドラマを見てから、だいぶん時間が経っていますので、勘違いしているかもしれませんが。
「王女の男」はじつは、昨日見終えたところなんです。
以前は1話見てリタイアしてしまっていました。
詳しい事は、数日中に記事にしますが、簡単に言うと、評判はいいし、お好きな人も多いドラマですが、私はあまり面白くは感じませんでした。
嵌った人は面白いけれど、嵌れなかった人には面白味が分からないドラマかもしれないな、と思いました♪
Commented by たんで at 2014-09-17 00:00 x
kirikoroさま

ありがとうございます。
連コメになります。よろしくお願いいたします。

せっかくの傑作がこのミスなら台無しになりかねませんね。
スタッフは誰も気がつかなかったのでしょうか?
せめてギジュンの父の幽霊?などに導かれるとか何か伏線が
あれば違和感はなっかたのに。
原作がどうかは知らないのですが、多分最後に王とギジュンの
対話をどうしてもさせたくて
作ったエピソーだったのでしょうね。
二人の俳優さんの本当にいいシーンでしたもの。

王女の男は評価が別れていて・・・。
パクシフ堪能と思えばファンは楽しめるんだろうと思います。
ただ御嬢さまと坊ちゃんのわがままに周りがふりまわされただけ
との酷評になんとなく想像がつく気が。
あとラストもちらっと読むに無理に落ちをつけた感が
あるパターンかなという気もしています。

もしかして甘すぎる時代劇がお好みではないのでしょうか?
太陽を抱く月も見る気はなかったとあったような。
私はこのドラマのお陰で韓流のおもしろさに
ハマりました(^^>

ともあれ
kirikoro さんの評価を楽しみにしております

Commented by kirikoro at 2014-09-17 00:41
たんでさん、こんにちは。

気付いてしまうと、ちょっと残念なところですね~~
実はこのドラマの原作には密本自体が登場しないんですよ。
ですからギジュンも…。

暴走系のラブストーリーは男性主人公に夢中になるか、ヒロインの気持ちに同化できれば楽しめるんですけれどね。
でないと、

>ただ御嬢さまと坊ちゃんのわがままに周りがふりまわされただけ
との酷評

ってことになると思うんです。
私も酷評とまでは行きませんが、ストーリー自体がちょっと子供っぽい感じを受けたんですよ。

ラストシーンに関しては、これ「朝鮮版ロミオとジュリエット」という宣伝文句が悪いと思うんです。
先入観がマイナスに働いたような気がします。
結末自体は元になっている説話をほぼ踏襲しているんですよ。

>もしかして甘すぎる時代劇がお好みではないのでしょうか?

見ると面白いものもけっこうあるのですが、時代劇の恋愛ものは見る前に、少し気持ちがマイナスに傾いてしまいます。
ですから、時代劇の恋愛ものは皆さんがご覧になった後、評価を見てから視聴を決めることが多いんです♪
Commented by さやを at 2014-10-28 15:28 x
こんにちは!これは本当によくできたドラマでした…カットされたという最初の数話で引き込まれました。カットってこの話なしでどうやって?と思いましたが…
特に王と本元の論戦、論戦している場以外でもお互いの考えを読みあっているところが面白かった!民が為政者を選ぶ現代と重ね合わせて考えさせられました。
アクションシーンもチェユンだけでなく、ムヒョル、ユン•ピョン、イ•バンジ、カルペイと強い男目白押しで。

最後の隠し通路問題は、交付式に向かう前に「暗殺」ではなく「放伐」である、と言っていました。なので、殺すことが最終目的ではなく、つまり民の目の前で、文字を作ったという間違った政策を取った王を、文字とともに葬ることに意味があったので、あの通路を使わなかったのではないでしょうか?
そんな風に読み取れましたが。
Commented by kirikoro at 2014-10-29 07:25
さやをさん、こんにちは。

これはいいドラマですよね。
私も、カットされた部分で引き込まれたドラマだったのですが、難しい事は考えずに見たいという人には、カット版が見やすいのかもしれませんね。

>民が為政者を選ぶ現代と重ね合わせて考えさせられました。

ほんと、そうでしたよね!
アクションシーンもおっしゃるように、かっこよかったです。

隠し通路問題、なるほど、そのように語られていたんですね。
視聴したのがだいぶん前で、すっかり忘れていました!

教えてくださって、ありがとうございます。
すっきりしました!
Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-06-14 19:11 x
お久しぶりです、Kirikoroさん!
覚えていらっしゃいますか?梅雨の真っ最中ですが、いかがお過ごしですか?

先月、BSフジで「龍の涙」の視聴が、ようやく終了し、来月からフジテレビTWOを契約して放送予定の「根の深い木」を視聴するつもりです。時代的には「龍の涙」の続きのようなので楽しみに見たいと思っています。なぜか勢いで買ったために、ガイド本は購入済みです(笑)
Commented by kirikoro at 2015-06-14 20:58
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
お久しぶりです!

「龍の涙」に続いて「根の深い木」ですか。
時代の流れに添って見ていくと、また別の発見もあっていますます楽しめますね。
ガイド本まで用意されていて、準備万端ですね!
このドラマは、皆さまの評価も高い作品、ぜひお楽しみくださいませ。

また、感想など、お聞かせください♪

Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-08-13 19:48 x
こんばんは!

お盆休み中で帰省中ですか?(かくいう俺がそうなんですけど。)
先程は、豪雨が降りまして、道路が水溜りになっている箇所も出てきました。

高校野球がたけなわの日々ですが、在住県の代表校は勝ち残っていますか?

>また、感想など、お聞かせください♪
遅めの時間から始まるので、録画しなくても大丈夫かな、その代わり、「大王 世宗」(BS-TBS)を録画しておこう。なんて思っていましたら、今月に入ったら仕事が残業で大忙し。完全に見れているわけではないんですけどね。

方陣という耳慣れない言葉が登場してきましたね。太宗は、それを国に喩えている感じです。世宗は、まだ傀儡といったところですね。国王と本元(これも初耳)の論戦なんていうのもありましたね。
Commented by kirikoro at 2015-08-14 07:00
駿河の海老太郎 さん、こんにちは

私は今日の午後から、ちょこっと規制の予定です♪
こちらは、雨で気温が下がったのはいいのですが、湿度が上がったみたいでやっぱり蒸し暑いです。

お仕事の方、大変そうですね。
御無理をなさいませんように!

方陣の例えは面白いですよね。

>国王と本元(これも初耳)の論戦

序盤からわくわくする展開で、私は大好きでした。
これからどう展開して行くか?楽しみなところですね!

Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-09-20 17:57 x
こんにちわ、Kirikoroさん!
朝は、だいぶ暑さが和らいできましたが、いかがお過ごしですか?8月終わりから、雨が降り続いていて、やっと晴れの日が続いているなあ、という印象ですね。
Silver Weekは満喫されていますか?お盆休みの約1ヶ月後に、こんな連休があるなんて、何か違和感がありますね。

>お仕事の方、大変そうですね。
そうでもないんですけどね。「大王 世宗」、「鄭 道傳」が始まり、録画視聴が忙しくなり、「生放送で見れるわい。」と高を括っていた「根の深い木」の最後のほうは見れませんでした。密本とかは初めて知りましたけどね。鄭 基準って、架空の人物なんですか?

また、お邪魔しますね!
Commented by kirikoro at 2015-09-22 07:47
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
うちはシルバーウィークは関係なくって…。

「根の深い木」、最後のほうはご覧になれなかったんですか。
残念でしたね。また、機会があれば…。
密本や鄭 基準は架空のもののようですね。
でも、実際に存在していてもおかしくない感じに描かれており、上手く取り入れられていましたね。

「チョン・ドジョン」私も視聴を開始しました。
「根の深い木」を見ていた頃には全く知らなかったチョン・ドジョンもいくつかのドラマで知るようになったので、楽しみに見ています♪

また、感想をお聞かせくださいね!
Commented by upanddown1225 at 2015-12-25 15:52 x
こんにちは。根の深い木 ようやく視聴しました。いい作品です。
「運命のように愛してる」でチャンヒョク苦手意識を克服して見始めました。BS放送の時はチャンヒョクの動きやセリフ回しがちょっと苦手でパスしてしまたんですね。でも、なぜもっと早く見なかったんだろうと後悔。2話のトルボクを守ろうと上王の前に立ちはだかる世宗と世宗を守ると決め上王に刀を向けたムヒョル この三人の場面で一気にこの作品に落ちました。この演出・構図が私のお気に入りなんです。大王世宗も主役のキムサンギョンが本当に世宗はこんな人だったんだろうと思わせるくらいはまり役でした。根の深い木はハングル創製にスポットライトを当て緊張感あふれる場面と展開、それぞれの登場人物の情熱 皆が適役と思えるキャスティングが素晴らしい作品(ほめ過ぎか?)です。原作本がある作品の方が失敗が少ないかもしれませんね。
太陽を抱く月ですか  ドラマも小説も好きですね。10回放送が終わって1週休みの時に購入して一気に読んで更にもう一度読む位お気に入りでした。ドラマは幼き日に抱いた切ない恋心と王としての理想(夢)の実現を表現していると思ったのでメッセージ性の違いでどちらも良いという判断です。NHKの監督インタビューに'12年は大統領選挙の年で政治理念とかを表現したいというようなコメントがあったように記憶しています。
チョンドジョン やっぱり見ようかなぁ 龍の涙でもチョンドジョンはちょっとヒールな感じの役者さんが演じられましたし、チョジェヒョンだし、ch銀河どうしようかと思案中
Commented by kirikoro at 2015-12-26 01:01
upanddown1225さん、こんにちは。

ほんとにいいドラマですよね。

〉「運命のように愛してる」でチャンヒョク苦手意識を克服して見始めました。

こういう事って、案外大事なんですよね~~
案外早くに見るよりも面白くご覧になれたかもしれません。
それに、私はこのドラマ、ノーカット版推奨です!
どっちみち見るんだったら、できるだけ面白く見られるようにしたいもんだと日頃思っています♪

〉ハングル創製にスポットライトを当て緊張感あふれる場面と展開、それぞれの登場人物の情熱 皆が適役と思えるキャスティングが素晴らしい作品

私も同感です。

原作小説のあるドラマですが、中には原作に引っ張られて失敗したかな?なんてドラマもあるようですが…。

〉。NHKの監督インタビューに'12年は大統領選挙の年で政治理念とかを表現したいというようなコメントがあったように記憶しています。

そうだったんですか!
歴史ドラマは現代ものに比べ、政治の影響を受けることが多いみたいですね。

「チョン・ドジョン」は私の場合、ドラマとして面白い、というより、この時代を別の角度から見る、という点で興味深いドラマでしたよ。
Commented by ソネッチ at 2016-03-19 01:11 x
こんにちは。

韓国で今放送されている「六龍が飛ぶ」の姉妹ドラマということで視聴しました。

評判のいいドラマなので、私も期待度マックスで視聴を始めたのですが、私とはあまり相性がよくなかったです。
評判作には、もれなく嵌る方なのでちょっと残念でした。

このドラマは、登場人物が自分の思いを熱く語る場面が多い。論争もよくします。
私はこれがだめでした。
ハングル公布が正しかったことは歴史が証明していますが、公布に反対している人々にも彼らなりの論理があって、ずっと平行線の論争になるのがつらかったです。

チャン・ヒョクとシン・セギョンのカップルも年が離れすぎていて、お楽しみのラブラインも私的にはちょっと・・・でした。

みなさん言われるようによくできた脚本だと思うので「六龍が飛ぶ」は是非、見たいと思います。
ムヒョルやイ・バンジがイケメンになって帰ってくるのは、楽しみですし、シン・セギョンもユ・アインとだったらラブラインが期待できそうです。
Commented by kirikoro at 2016-03-20 18:49
ソネッチさん、こんにちは。
見る前に期待度が上がりすぎて、ちょっとがっかりすることもありますが、ソネッチさんの場合もそれなんでしょうね。
どうしても、合う合わないがありますもんね。

>ずっと平行線の論争になるのがつらかったです。

そうだったんですか!
ラブラインの方は、私もいまいちだったかな。

「六龍が飛ぶ」
私はまだ、楽しみに撮っている状態です。
もうちょっと溜めてから、一気見の予定なんですよ。
面白いといいですね♪
Commented by e-tele. at 2016-12-26 20:46 x
王の護衛官ムヒュルの部下を演じていたチェ・ミンスさん、お気に入りだったのですが、大ブレークには至りませんでした。【花たちの戦い】では、嬪宮カン氏の兄を演じていました。
今、どんな活躍されているのかな。
Commented by kirikoro at 2016-12-26 21:58
e-teleさん、こんにちは。

ムヒョル部下役のチェ・ミンさん、全然記憶になくて、調べてみたら、あのドラマにもこのドラマにも出演されている!でびっくりしました。
全然覚えてなかったです(汗)

この方、コンスタントにドラマにも出演されていて、いまは「不夜城」というドラマにも出演されているようですね。
Commented by e-tele. at 2016-12-28 12:26 x
情報、ありがとうございます。
名前間違えてましたね。チェ・ミンさんでした。
【根の深い木】は、嵌りまくり、オークションで全巻揃えました。これまでで、最も嵌ったドラマです。
Commented by kirikoro at 2016-12-31 09:01
e-tele.さん、こんにちは。

もっとも嵌ったドラマ、だったんですね~~
嵌れるドラマがあるのは幸せですよね♪
Commented by チャンヒョクは下手すぎ at 2017-05-23 09:09 x
チャンヒョクの演技は最低です。演技下手で自分をどう格好よく見せるかしか考えてない。ま、韓国も日本も本当に演技下手俳優を持ち上げるの好きですね。あ、ハリウッドもか…

このドラマ観たかったけどチャンヒョクのせいで無理で観れません。真の俳優に代わって頂きたい
Commented by kirikoro at 2017-05-26 10:23
チャンヒョクは下手すぎ さん、こんにちは。

あくの強い演技をする人なんで、そのように感じる人もいるだろう、と思いますが、私は彼の大げさな演技が好きだったりします♪
感じ方はいろいろですね~
by kirikoro | 2013-05-04 11:23 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(40)