なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ミセス・タウン」見終りました


ミセス・タウン (미세스타운 - 남편이 죽었다) ☆☆☆
tvNの2009~10年放送のドラマ、全12話
d0060962_658463.jpg

演出 イ・ミンチョル
脚本 オ・ヒョンリ
出演
オ・ヒョンギョン(ソ・ホンジュ役)、ソン・ソンミ(オ・ダジョン役)、イ・アヒョン(アン・ボベ)、チェ・ソンヒョン(ジャッキー・チョン)
クォン・ミン(チェ・ジヒョク)、イ・ソクジュン(ミン・チャンウク)、ノ・ミヌ(ジャッキーの恋人)

既婚女性なら誰もが一度は夢見る危険な想像"夫が死んだら...?"(←ほんとう?企画意図にそうあるんですが…)
そんな不埒な夢がある日現実に!?

原題には「夫が死んだ」というサブタイトルがついているのですが、まさしく、3人の女たちの夫が同時に死亡、もしくは行方不明となったところから話が始まる、サスペンスストーリー。
スタイリッシュサスペンス、といううたい文句ですが、そんなにスタイリッシュな感じは受けませんでしたね…。

女優としての最盛期に結婚、それと同時に引退したホンジュ
現在は宝石会社の代表として華々しい生活を送っているけれど、実は夫との間に愛情はなく、離婚届に判を押すばかりとなっている関係。
一人娘だけが彼女の生きがいとなっています。
金持ちの男との結婚し、贅沢三昧の生活をするジャッキーはお金も大事だけれど夫に隠れて常に浮気をしています。
だけど、どうやらそれを嗅ぎつけている感じの夫…。
時間講師を務める夫を教授にするため、また、二人の息子を育てるため、必死で働くボベ。それなのに、夫は浮気!?という状況。
そして、いつからか彼女たちの住む街にやって来て食堂を営むダジョン

うわべはラグジュアリーな生活を送る彼女たちですが、彼女たちはそれぞれ、秘密を持っているのね。
そんな彼女たちにもたらされる、事故のニュース。
一緒に釣りに行ったジャッキーとポペの夫は死亡、そしてホンジュの夫は行方不明となってしまいます。
しかも、ジャッキーの夫の体内からは毒物が検出される、という不審な点が…。

次々と容疑者が浮かび上がり、一つ一つと明らかになる秘密。
そして、彼女たちに襲い掛かる新たな問題。

事件の真相をいかに?




私はBSでの放送を見ました。
オリジナルが45分程度のケーブルドラマなので、ほとんどカットなしだったんだろうと思います。

大きな期待もなく見始め、話の大体の展開も思った通りだったのですが、次々と出てくる新たな事実が面白く、最後まで楽しく見ました。
小粒な印象は否めず、必見、とは言いませんが、欠点もなく、見てがっかりという事のないドラマでした。

ラストは一応納得したんですが、ちょっとわかりにくくて、わずかに未解決なところが残されている感じが残ったかなあ。
(以下、ネタバレ内容を含むので、白文字で書きます。)
最終話、ダジョンの元に届いたホンジュ元恋人=娘の父親の過去の問題を証明する書類はホンジュ夫本人ではなく、双子の弟が送ったんだと思うんですね。
アメリカでの出来事ですから、弟の方、偽の夫からなのだと思われます。
でも、そうだとしてダジョンに送った訳は?
娘の目に触れないように、ということはあるとは思いますが、それにしても送り先にダジョンを選んだのはなぜ?
本物のホンジュ夫が彼女とのことでホンジュを苦しめていたことを知っている弟がその罪を幾分かでも償わせようとしてしたことなのか、このことによりホンジュとダジョンの関係が修復されることを予想してのことだったのか…。
そして、本物のホンジュ夫は生きているのか?
電話がかかって来ていますし、靴を買ったのは事件後ですから生きていると思えるのですが、姿を現さないわけはなんでしょう?
結局実行はしなかったけれど、ジャッキー夫が事故で死ななければ自分が手を下していたということがネックになっているんでしょうかね?
彼が現れ、事情を説明することはできますけれど、いくら事実とはいえ、あまりにも疑われる状況でストーリー自体が収拾つかなくなるから?
街を離れたダジョンと再会するのではないかと思うのですが、ホンジュときっちりとした形で離婚を成立させた方がすっきりするように思いました。
でもまあ、主人公の女性たちがみんな、新たな幸せに向けて歩み出したので気持ちのいいラストでした。

(白文字ここまで)

俳優陣はBSのHPでは<豪華なキャスティング>と書かれているのですが、それはちょっと疑問…。

ホンジュ役のオ・ヒョンギョンは「明日に向かってハイキック!」「バーディーバディ」に出演していた人。
ソン・ソンミは一番名前の知られている人かな? 「嫁全盛時代」や烏鵲橋の兄弟たち」に出演しています。
イ・アヒョンは「メリは外泊中」や「きらきら光る」に、チェ・ソンヒョンは「検事プリンセス」や「ロマンスが必要」に出ています。

有名になる前のノ・ミヌの出演も話題ですね。
d0060962_745750.jpg
こんな素朴な感じにもなるのね…。(ちょっとダサいけど)
でも、このドラマの彼、いつの間にか消えてしまいましたよ。
「パスタ」の時期と重なっているので、そちらに集中したんでしょうかね?

視聴率はケーブルドラマなので、はっきりとは分からないのですが(正式には発表されていない?)2話で1%台後半の数字をとった、とのニュースが出ていましたから、視聴率的にも好評のドラマだったんだと思います。
[PR]
Commented by とっこさん at 2013-05-30 23:59 x
kirikoroさん、お久しぶりです。

忙しくて、撮りだめがたまる一方のなかで、挫折が続々。
この「ミセス・タウン」もです。ミヌさんって、ひょっとして、上の写真の左の女性にすがっていた年下の若い男の役ですか?!気がつかないくらい、たしかにださかったですね。

いくつか韓ドラを見て、共通の疑問が・・・

会社勤めのイケメンって、いつも、本部長。韓国独特の役職名ですね。部長ではないんですね。

焼け酒って、たいがい、緑のガラスの背の低い瓶入り。しょうちゅうでしょうか。この色以外の瓶を見たことがありません。

「ボスを守れ」ですら、プリティ・ウーマンの展開が・・・女性に服を買ってやり、試着を眺める・・。日本のドラマではありえないこの展開がとても多いですね!

前髪をあげたほうが絶対絶対ひきたつ美男美女
名前を忘れましたが、『イサン』のソヨンに、ジェジュン!
ジェジュンなんて、前髪あげたら、別の人が登場かと思ったぐらいでした。

というわけで、視聴をさぼって、HDに録画をためまくっておりますが、kirikoroさんとお話したく、つまらないコメントを失礼いたしました。
Commented by kirikoro at 2013-05-31 07:11
とっこさん、さんこんにちは。

ミヌくん・・・そうです!
ダサいですよね~~私も、ノ・ミヌが出ていると言う情報が無かったら気付かなかったと思います♪

本部長はイケメン、というより、御曹司の席ですね。
本部長は日本にもありますよ。
部長より上位の役職だと思います。

緑の小瓶は焼酎ですね。
緑色のことが多いですが、水色の瓶も見ましたよ。
いろんなメーカーがありますが、製品自体、緑色の瓶が多いですね。

>プリティ・ウーマンの展開

多いですよね~。人気のある見せ場になっている感じ?いろいろバリエーションを加え、織り込んできますね。

>前髪をあげたほうが絶対絶対ひきたつ美男美女

「イ・サン」は見ていないのでよく分からないのですが、「屋根部屋のプリンス」「復活」などのハン・ジミンかな?
彼女、前髪を重く降ろしていることが多いのですが、私も「パダムパダム」で額を見せた時の美しさに驚きました。
ジェジュンは私は前髪が目にかかるほどの長さの彼が、一番美しいと・…。
こっちの方が好みなんです♪

コメント、ありがとうございます。
ドラマを見ている時も、見ていない時も、どうぞ気軽に遊びに来てくださいね!
by kirikoro | 2013-05-25 07:06 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)