なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キム・ソナ、イ・ジャンウの「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」感想


アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり(아이두 아이두 ) ☆☆☆☆

MBCで2012年放送の水木ドラマ 全23話(オリジナルは16話)
MBC公式HP
d0060962_539484.jpg


演出 カン·デソン
脚本 チョン・ジョンファ
出演者
キム·ソナ (ファン・ジアン役)、イ·ジャンウ(パク・テガン役)、パク·コニョン(チョ・ウンソン役)、イム・スヒャ(ヨム・ナリ役)

ブランドシューズのデザイナージアンは公私共に認める仕事の鬼。
30代後半で理事を務め、社長の座も射程距離に入り、仕事は絶好調。
でも、家族や恋はついつい後回しに…。
そんな彼女、身体も体ぼろぼろで、閉経間近と診断されています。
ところがそんな彼女が一夜の過ちで妊娠して…。
相手は、父親の作ったブランド靴のコピー商品を売る、フリーター男のテガンです。
一方、妊娠に気づく前に見合いした相手は産婦人科医のウンソン。
ルックス財力ともに申し分ないのですが、彼もまた、結婚しようなんて気はまるで無く、互いに親の顔を立てて見合いの席に出てきただけ…。
お互いの利害が一致して、付き合っているふりをしていくことにする二人ですが、いつの間にかジアンに対する愛情が芽生えてくるウンソンです。

一方、ジアンの仕事も会長の庶出の娘ナリが副社長として現れジアンと社長の席を争うことになります。
会長の妻は会社の最大株主で、ナリが社長になることを嫌い、ジアンを社長につけようとバックアップするのですが…。
子供を産みさえしなければ、夢を叶えることのできるジアンですが、深い悩みに陥るジアンです。

子供をどうするか?
子の父であるテガンの方は自分の会社の新入社員としてやって来たのですが、彼に打ち明ける?
そして、ジアンの結婚はどうするか?
山積みの問題の中、ジアンはいったいどういう選択をするのでしょうか?


最高視聴率は10.5%(AGBニールセンによる)と、あまり高くありませんが、裏で反日ドラマの「カクシタル」とソ・ジソプの「ファントム」が放送されていたため、数字が伸びなかったと思われます。

オリジナルは16話なんですが、私は地上波の23話版を見ました。
話数が増えると、話の終りが変なところに来て、がっかりすることも多いのですが、このドラマではあまり気になりませんでした。
はじめの数話はオリジナル版で見ていたのですが、むしろ、45分程度と短い方が集中できて良かったような気もしました。




「私の名前はキム・サムスン」「シティーホール」「女の香り」と女性たちの気持ちを代弁するような役を演じ、ラブコメの女王とも呼ばれるキム・ソナ
今回は30代後半のキャリア女性の等身大の悩みを演じています。
コミカルな演技では思いっきり弾けながらも、まじめに人生を考える女性を演じていて、やはりラブコメの女王の名はだてではないなあ、と思う存在感でした。

韓国では、晩婚化及び少子化の問題は日本以上に深刻で、30代後半になり、自分はこのまま子供を産まない人生を送るのだろうか、などと考える人も多いのだろうな、と思います。
韓国でのことは知りませんが、日本の子の世代の人たちって40歳ぐらいまだったら、いつでも好きな時に子供を持てる、と思って来たんじゃないでしょうか。
それが最近になり、乱視の老化、などという事が広く知られるようになり、考えるところも多いのではないでしょうかね。
とはいえ、子供は遅くとも35歳まで出ないとうめないだろう、と思っていた私たち世代にしても、周りを見渡して見れば思い通りに子供を持った人なんて、むしろ少数派ではないかと思うぐらいなんですね。
子供をいつでも自分の思い通りに産めるなんて若い頃の考えは全くの幻想だった、と思うことしきりです。
そんなわけで、世代的にはかなり上だし、キャリアにはまるで無縁だった私も、とても共感して見ていたドラマでした。

相手役のイ・ジャンウは「栄光のジェイン」で心に問題を抱えたお坊ちゃま役を演じていた人ですが、このドラマでは、明るいけれど頼りない感じがとても役柄に合っていて、いいキャスティングだと思いました。
このテガン、実はジアンとの"過ち"が初めての経験っていう設定もなんだか可愛いです。
彼がヒロインとハッピーエンドになるには、彼がどれぐらい成長するかがカギをに行っている感じ。
頼りない男の子の成長をどう描くかも見どころですね。

もう一人の男は韓国ドラマに良く登場する、いい人過ぎるぐらいいい人でヒロインに尽くすけれども報われない(最後はどうなるかは秘密ですが)2番手君。
常識的に考えれば、彼を選ぶのが絶対に正解と思えるようなタイプの男です。
けれどもドラマの中の世界は恋愛至上主義。
ヒロインが彼を選ぶためには、彼に心を動かされるかどうか、がポイントとなりますね。
こんないい人なんだからときめいちゃえよ、と外野がいくら思っても、恋は意のままにはなりませんからね~~
彼の思いは通じるのでしょうか。
演じているのはパク・コニョン。「風の国」「シンドローム」に出演している人です。

そして、ジアンの仕事上のライバルとして登場するナラのキャラもいいんです。
彼女、母親を亡くし、会長である父から副社長の座をもらったものの、彼の制裁からは嫌われ、父ともほとんど会うことができず、寂しい人なんですね。
家族の愛情が欲しくて、会社で認められたい、とジアンと対立するのですが、彼女のバックグラウンドもちゃんと描かれており、根はいい人なのだ、と分かるんです。
そんな彼女ですから、最終的にはジアンと手を結ぶことになると思えるのですが、彼女、テガンに恋愛感情を持ち始め、ますますジアンと対立して行きます。
彼女とジアンがどうなるか、というところも見どころとなると思います。
ナリを演じるイム・スヒャは私は未見なのですが「芙蓉閣の女たち」に主演、「パラダイス牧場」「アイリス2」にも出演されていたようです。

実はわたし、イ・ジャンウもパク・コニョンもまったく素敵に見えなくて、主人公たちの恋愛には全くときめかなかったんですが、ストーリー自体が面白くて楽しみに見ていたドラマなんです。
単純なラブコメだと、登場人物のキャラや役者さんの好き嫌いで面白くなくなってしまうこともあるのですが、このドラマでは内容自体が興味深いもので、それにもかかわらずの高評価となりました♪
[PR]
Commented at 2014-02-28 20:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-03-01 01:41
鍵コメさん、jこんにちは。

「天上女子」はKBSで「天使の罠」のタイトルで放送予定の奴ですね。
緩~いマクチャンですか!?

>ありふれた展開・魅力のない主役たち・ホームコメディー?

それで嵌るなんて、変な魅力があるんでしょうね。
ちょっと見てみたい気もしますが、朝ドラまではちょっと、手が回らないなあ…。
また、その後の展開なども、教えてくださいね♪
by kirikoro | 2014-02-27 05:47 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)