なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チョ・ウンイン主演の「ラブインメモリー~パパのノート」見ました


ラブインメモリー~パパのノート(러브 인 메모리2 - 아빠의 노트) ☆☆☆☆

SNSドラマ、全8話
HP(韓国語オンリーですが無料で動画が見られます)

演出・脚本 パク・ソンジェ
出演
チョン·ウンイン (ヒョンス役)、ユン·ジュヒ(ヒョンス妻・ジウン役)、ユン・ソヒ(ヒョンス娘・スジョン役)、キム・ヒョンボン(ヒョンス友人・ジョンウォン役)、ペク・ヒョン(スジョン婚約者・ジョンナム役)、カン・ジュウン(スジョン子役)
d0060962_8463224.jpg

SNSドラマとはFacebookやYouTubeなど、ポータルSNS環境でのオンラインストリーミングをベースにした新しい放送形式だという事です。
テレビ放送用に作られたものを2次利用するのではなく、最初からストリーミングでの公開用に作られているドラマですね。
インターネットでの公開を前提とした漫画のウェブトゥーンなどは、独自の進化をとげているようですが、ドラマの方はまだ、独自性というところまでは行っていないように思います。
各エピソードに費やす時間の自由度が大きい、という事はあると思いますけれど。
このドラマの放送時間は1話あたり15分程度が基本だと思うんですが、短いものは8分ちょっと、長いものは20分を超える、というばらつきがありました。

私が視聴したきっかけは直近に見た「食事にしましょう」のユン・ソヒと、「ミミ」のアンブレラマン役のペク・ヒョンが出演しているから。
d0060962_8465597.png
実はこのドラマは生命保険会社が企画したドラマなのね。
1話が15分程度の話で、死を前にした男の話、となると、宣伝臭いドラマじゃないのかな?などと、危惧しながらの視聴だったのですが、案外しっかりと作られているドラマでした。

テーマ自体はよくあるものですが、子供のころに見た、父親の亡くなる直前の姿を、大人になった娘が大人の目で再発見する、という視点が面白いと思いました。
重すぎず、かといって軽く扱っている訳ではないストーリー展開がいい感じ。
各話毎に一つエピソードが語られ、それが合わさって一つのストーリーとなっている、というスタイルです。
好評のようで、すでに10万ヒットを越えたとか。

お話は、父が亡くなった時にまだ幼かった娘スジョンがが成長し、結婚が決まった時点から始まります。



父親はスジョンが6歳の時に亡くなったのですが、娘がそのことを知ったのは12歳になってからだったのね。
リムジンに乗って外国に旅立ったとばかり思っていた押さないスジョン…。

亡くなった父は娘に向け手紙を残していました。
父親は娘に、結婚することになったら、課題を解いて、自分の残した遺産を探すように、との手紙を残していたのね。
手紙には未来の婚約者にもメッセージがあり、課題を解き、遺産を見つけたら娘との結婚を許可する、と書かれています。
手紙を手掛かりに、一軒の家にたどり着く二人。
そこはスジョンが幼い頃に住んでいた家です。
その家が16年間、そのまま残されていたことに驚くスジョンでしたが、そこで父の残した一冊のノートを見つけます。
そして、そこに挟まれた1枚の写真。
タンゴを踊る男女の写真で、その裏には"エリカ、永遠に愛している…"との言葉があります。
スジョンはエリカと言う人から、誕生日ごとにお祝いのビデオが送られてきたことを思い出します。
でも、そのビデオの主人公はいつも父だったのね。
不倫だった?などと思いながら日記を開くスジョン。
ノートは父の日記のようで、それを読みながら、婚約者と共に父の秘密に迫って行くスジョンです。

ドラマの方は、エピソードごとに父親の死の直前の、父親本人、友人、妻の視点で描かれ、それを現在のスジョンが受け止める、という形で描かれます。

娘はノートを開いて初めて知るのですが、父を死に至らしめた病気は原発性(?)脳萎縮症。
治療法がないばかりではなく、脳の機能がだんだんと失われて行く病気なので、かなりつらい最期を過ごすことになります。
それを知られないよう、妻と娘に精いっぱいの思い出をプレゼントする父。

妻は夫がその病を告白する前に、そのことを知ってしまうのですが、知らないふりをしながら、夫のやろうとすることを助けようとします。

そして友達。
彼は病気のことを早い段階で打ち明けられます。
悲しみをこらえ、淡々と友人が家族に送る最後の贈り物の日々を助ける男…。

そんな思い出の中にはいつも、父親の病気の事はちっとも知らず、ひたすら明るい幼いスジョンがいます。

主人公の父親を演じるのはチョン・ウンイン。
「烏鵲橋の兄弟たち」「ラストスキャンダル」「君の声が聞える」の人。
「君の声~」の悪役も良かったですが、父性愛溢れる役柄もいいですね。
妻役のユン・ジュヒは「神のクイズ」のヒロインです。

キム・ヒョンボンは多数のドラマに出演されているので、顔を見たら、この人、と分かるんじゃないかな?
d0060962_848565.png

コンパクトに仕上げられた、なかなか面白い作品でした。
1話が短いので、ちょっとした暇に見られる感動ドラマだと思います。
[PR]
Commented by ふれんどひる at 2015-06-21 09:47 x
お久しぶりです。kirikoroさんのツイートで知った、同じくチョン・ウンインさん主演のアモーレ・ミオを見た後、このドラマを見ました。
主人公の妻はバレエダンサーだった筈なのに何故にタンゴ?どうせなら妻役の女優の鼻プロテーゼのアップ(笑)でなく、ちゃんとタンゴを踊ってみせてくれたらいいのに…など、色々と言いたいコトはあったのですが、それなりに楽しめました。保険会社がスポンサーだなんて、聞かなければ分からない出来だったと思います。
お顔的には「胡散臭い」感満載?のチョン・ウンインさんですが、両方のドラマでカッコよかったですね。
良いドラマを教えていただいて、ありがとうございました。ちなみに「パパのノート」は、現在、シネマートチャンネルで全話無料で見られます。私もそこで見ました。
Commented by kirikoro at 2015-06-21 18:54
ふれんどひるさん、こんにちは、お久しぶりです♪

何度もコメントをいただいていたみたいですいません。
私が承認するまで反映されないので、お手間をかけてしまったようです。

>主人公の妻はバレエダンサーだった筈なのに何故にタンゴ?どうせなら妻役の女優の鼻プロテーゼのアップ(笑)でなく、ちゃんとタンゴを踊ってみせてくれたらいいのに…

まあ、細かいことを言えばきりがないですからね~~

>お顔的には「胡散臭い」感満載?のチョン・ウンインさんですが、両方のドラマでカッコよかったですね。

おっしゃる通り! 同感です♪

>シネマートチャンネルで全話無料で見られます。

そうなんですか!
それはいいですね。
最近は動画配信もいろいろありますね~~
Commented by ふれんどひる at 2015-06-21 21:34 x
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。コメントを投稿後に「確認する」ボタンを押しても確認ができず、comment数もカウントアップされていなかったので、投稿を繰り返してしまいました。以前はカウントアップだけはされていた様に記憶していたので、投稿自体が出来ていなかったのかと思ってしまいました。以後、気をつけます。
チョン・ウンインさんは、現在「華政」に出演中で、しかも週4で舞台もあるそうです。「華政」は今のところ次週予告が無くなっているとの事なので、撮って出しの状態なのでしょうね。韓国人俳優の体力と気力には頭が下がります。
Commented by kirikoro at 2015-06-24 07:24
ふれんどひるさん、こんにちは。

エキブロの方で仕様変更があったのですが、分かりにくい変更ですよね。
どうぞ、お気になさらず!

チョン・ウンインさんはドラマと舞台を同時にこなされているのですか!?
ほんとにすごいですね!
by kirikoro | 2014-03-22 08:50 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)