なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハ・ジウォンの「奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜」見終わりました



奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜(기황후)  ☆☆☆☆

2013~2014年MBCで放送された月火ドラマ、全51話
d0060962_18585411.jpg

演出 ハン·ヒ、イ·ソンジュン
脚本 チャン·ヨンチョル、チョン・ギョンスン

出演者
ハ·ジウォン (キ・スンニャン役)、チ·チャンウク(タファン役)、チュ·ジンモ(ワン・ユ役)、
ペク·ジニ(タナシルリ役)チョン・グクファン(ヨンチョル役)、チン・イハン(タルタル役)

NHKのBSプレミアムでも放送が始まりますが、私は衛星劇場で放送されていたものを見ました。

最高視聴率は29.2%(AGBニールセンによる)で、韓国での放送時人気になっていた時代劇です。

ラブストーリーあり、復讐譚あり、のエンターテイメント大作なんですが、主人公たちの立場がどんどん変わって行く構成で、そのステージごとに冒険譚あり、後宮争いあり、といろんな要素がちりばめられていて、見どころのたっぷりあるドラマでした。


*このドラマもアンケートを作りました。
ご覧になった方にご参加していただけると嬉しいです♪



タイトルにもなっている奇皇后は高麗出身で元の皇后になった実在の人物。
ドラマ「シンイ」の敵役だったキ・チョルは彼女の兄にあたります。

でも、実在の人物を主人公にしながらも、物語自体はほとんど創作と言っていいレベルですね。
なにせ、ストーリーの縦糸となっているのが彼女と元の皇帝と高麗王の三角関係ですし。
歴史歪曲議論なども騒がしかったようですが、ここまでやられると議論するのもアホらしいだろうな、って気がします。
どうして実在の人物の名前にこだわるんでしょうね。
架空の名前にして奇皇后にインスパイアされたストーリーとすればいいのに、と思うんですけど。

このヒロインを演じるのは「チェオクの剣」や「ファン・ジニ」のハ・ジウォン
彼女の7年ぶりの歴史ドラマ出演が話題となっていました。
さすがの演技力で、若いころから年齢を重ねた姿まで、変化しつつ時々の魅力を見せてくれていました。




物語は高麗が元の支配下に置かれ、属国状態になっていた時代。
ヒロインのスンニャンは母と共に貢女(高麗から元に、貢物としてささげられる女性)として元へと送られる途中で、まだ子供の高麗の王子ワン・ユは人質として、ともに元へと向かっています。
ワン・ユは貢女達を可哀想に思い逃がすところからお話は始まります。
貢女たちは逃げ出したものの、元の軍に追われ、次々と殺されてしまい、スンニャンの母も元国の将軍で宰相ヨンチョルの息子であるタンギセに殺されてしまいます。
なんとか逃げ延びたスンニャンは、女であることが分かれば再び元国に送られるため、男装して生きていくことになります。

そして13年後、再会するスンニャンとワン・ユ。
敵として会うのですが、スンニャンの雇い主は彼女の母を殺した人らの仲間で、スンニャンは彼に密かに復讐を狙っていますので、手を組む二人です。
そして、間もなく高麗王になるワン・ユ。
ワン・ユはスンニャンを男だと思っているにもかかわらず、恋する人のように接するワン・ユ。
そこに割り込んでくるのが高麗に流されてきた元国の王子のタファンです。
彼もまた、スンニャンを男だと思いながらも、強い執着を見せ、三角関係が形成されます。

でも彼、幼い子のようにわがままでダメダメ男(宰相のヨンチョルに命を狙われていて、馬鹿な振りをしないと生き延びられなかった、という事情はありますが)スンニャンに守ってもらうばかりで、どう見ても、スンニャンとワン・ユの間に入ったお邪魔虫君です。
でも、冒頭のシーンはスンニャンが彼の皇后となる場面なんですね。
そこからどう展開して、そうなるのか興味深いところです。

この、スンニャンを愛する二人の男を演じるのがチュ・ジンモとチ・チャンウク
チュ・ジンモは映画「カンナさん、大成功です」「霜花店」、ドラマでは「ゲームの女王」などに主演している人。
彼の演じるワン・ユは当初、実在の人物忠恵王(충혜왕)だったのですが、放送直前になり、歴史歪曲議論が沸き起こり架空の人物ワン・ユへと変更されたようです。
実在の忠恵王はかなりの暴君だったらしいですね~~。

チ・チャンウクは「蒼のピアニスト」「ペク・ドンス」「僕らのイケメン青果店」の人です。
この二人、どちらもイケメンながら、大人の男ワン・ユと、子供っぽさが抜けきらない男タクファンと、違った魅力を見せてくれて、楽しめました。

序盤では男装して少年のように生きているスンニャン。
男に負けない武力をもつのですが、特に弓の名手なんですね。
このあたりでは、彼女のアクションシーンがたっぷり楽しめます。

その後、タファンの保身のための裏切りにより、元へと連れて行かれるスンニャンとワン・ユ。
スンニャンが女であることが分かり、元の王宮の女官となるスンニャンで、ドラマは新たなステージ入ります。

タファンの裏切りにより、結局廃王となったワン・ユは復位を画策しながらスンニャンとの愛を育み、タファンはスンニャンに執着するものの宰相の意に逆らえず彼の娘タナシルリが皇后になり登場。

このタナシルリのキャラが、なかなか新鮮でよかったです!
「善徳女王」以降、史劇の悪役女性といえばミシルの印象があまりにも強烈だったためか、どうにも似たタイプの悪女が多かったんですが、タナルシリはミシルの呪縛からは完全に自由です。
歴史物なのに、なんだか女子高生のような印象があり、最初は違和感があったのですが、考えてみると、皇后になる年齢はかなり幼いはず。
そう思って見ていると、こういう悪役もアリかな、と思えてきました。
最高実力者の娘に生まれ、ちやほやと育てられたと思われる人物ですから、自分が最高の女と思っているわけで、かなり痛い行動をとるんですが、それが妙に可愛かったりします。
そして、嫉妬に駆られ、かなりの悪事を働くんですが、知恵を働かせることなく、力を背景に強引な手を使ってくるんですね。
悪女ではありますけれど、そういう家に生まれてしまった悲劇をも背負っている人物だと思い、憎み切れないところもあったんです。

演じているのは「金よ出て来い☆コンコン」や「千万回愛しています」でこのドラマとは正反対の人物を演じていたペク・ジニ
今回のキャラはシットコムの「ハイキック3」と似ているかな?

タナシルリの敵となるのはまず、皇太后(タファンの叔母)が送り込んだ高麗人の女官(のちにタファンの子を妊娠し、才人となる)で、彼女を守るスンニャンと対立するのですが、タファンの心はスンニャンに向いていますからスンニャン自身にも彼女の攻撃が仕掛けられます。
スンニャンはもう、女官ですから、このあたりから、スンニャンは主に知力で活躍することとなります。
また彼女は、異国で生きる高麗人としての自覚と誇りも持ち始めているようですね。

そうそう、スンニャンの母を殺したタンギセまで、スンニャンに関心を持っていますよ。
というか、彼女が女だと気づくのが一番早いあたり、キャラですかね~~。
d0060962_19084593.jpg
タンギセを演じるのは、「テジョヨン」で思慮深い軍師を演じていたキム・ジョンヒョン
このドラマでは彼のお得意のキャラ、智恵その他がちょっと足りない悪役キャラです。

そして、その後大きな事件があり、スンニャンはタファンの後宮になり、新たな展開を迎えます。
これだけ読めば、ワン・ユと愛し合っていたスンニャンが何故?と思われるでしょうが、ここは大きなネタバレになってしまうため、ドラマをご覧になって確認してくださいね♪

ともかく、スンニャンの母を殺したのが宰相の息子のタンギセで恨みを持っていたのですが、恨みは宰相一家全てに及び、復讐を誓っています。
一方、タファンも父を宰相に殺され、自分は王と言っても宰相の操り人形にすぎないわけで、彼もまた、宰相打倒へと動き始めます。
といっても、宰相から恐怖を植え付けられていて、すぐに逃げ出そうとするタファン。
>スンニャンは彼を励まし、成長させていく中、彼女自身も次第にタファンに心を開いて行きます。

このあたりから、宰相の手下であったタルタルがスンニャンの味方になるんですが、彼の存在感は最初からあったものの、このあたりでもう、目が離せなくなります。
この時代に茶髪はどうよ?と思うんですが、それもまた、彼の特異な存在感を出すのに一役買っているのかしらね?
演じるチン・イハンは「風吹く良い日」や「漢城夜曲」などでお目にかかっていましたが、いまいちしっくりしないと感じていた人。
今回の彼は水を得た魚って感じでしたね。
彼に対する評価は韓国でも急上昇のようで、注目される役者さんとなったようです。
その後、宰相一家が滅び、ラストステージとなるのですが…。
実はわたし、この辺から視聴意欲がかなり減退してしまったんです。

その理由の一つには、新しく登場した悪役や、悪役に転じた人物たちに魅力を感じなかったことがあると思います。
タナシルリが退場し、スンニャンがすんなり皇后になると思っていたのですが、今まで味方として動いていた皇太后とタルタルの叔父ペガンが高麗人の皇后を迎えることに大反対し、ペガンの命を新たな皇后に迎えることになるのね。
新たな悪女の登場と期待されたんですが…。
裏表のギャップの凄い人で、キャラとしては面白いと思うんですが、見ていて魅力を感じないんですね。
演じるイム・ジェウンは「紅の魂」「What's Up」「乱暴なロマンス」「相続者たち」に出演している人。
魅力的な人で演技力もあると思っていたんですが、この役はちょっと表現しきれていなかったかな?などと思います。

そして悪役化した皇太后の表情が苦手だったんです。
演じるキム・ソヒョンは「妻の誘惑」で最強悪女を演じた人ですが、あの時の彼女が蘇る…。

また、謎であったメバク商団の首領も明らかになるのですが、な~んだって感じ。
その後の争いでもあまり手ごわい感じが無かったですね。
ドラマの終りが見えて焦ったのでしょうか? 
もう少し手こずらされて欲しかったですね。

ただ、いつ消えてもおかしくない感じだった小物の悪役ヨム・ビョンスが最後まで登場していたのが案外よかったですね。
小物のしぶとさを「ラストスキャンダル」「君の声が聞える」のチョン・ウンインが演じていました。

もう一つの視聴意欲減退の原因はここで動き出した、出生の秘密。
定番の視聴者の涙を誘う設定なんですが、あまり心を動かされなかったんですね。
制作者の意図が見え見えすぎ?なんて思ってしまいました。

それと、せっかく成長してきたタファンが計略に乗せられ、スンニャンの愛情を疑い、またもやダメダメ男になってしまうのも、なんだかなあ・・・の展開でした。

そして、ラスト
それぞれに、ヒロインへの愛を最後まで守った二人の男なんですが、なぜか没入できない私…。
エピソードとしてはいい話だと思うんだけれど、何故???
意外性が無かったのかな?

それよりも、報告で知らされたタルタルの死にぐっと胸にこみ上げるものを感じた私でした。

こんな感じで、終盤になって少し気持ちが覚めてしまったドラマだったんですが、そのラストも傷がある訳ではなく、また、それまでは思わず我を忘れて見入っていたドラマ。
お勧めしてもいいレベルの作品だったと思います。






web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2014-07-21 20:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-22 07:27
鍵コメさん、こんにちは。

私は脚本も終盤までは、それなりに面白く見ていたんですが…。

スンニャンとワン・ユの年齢差はほとんどないんじゃないですか?
この二人は子供時代に会っていますから、だいたいの推測は出来ると思って見ていました。
でも、スンニャン18才でタファン13歳で出会い?
高麗に流されてきた時が出会いですよね。
となると、タファン子役を使わないと無理でしたよね。

タファの乱心は、最初は悪夢程度、その後ひどくなったのは私は薬のせい?と思っていました。
習慣性があるようなので、麻薬系?と思ったんですね。
ただ、ちゃんと覚えていないので、薬を盛られる前に乱心していたのかも…という感じもあるんですが。

メバク首領については、さらっと流し見していたので気にも留めてませんでした。
もしかしたら、終盤部分は途中で無理や方向転換したのかもしれませんね。

実はこのドラマ、もう一度見るつもりで録画はしていたのですが、終盤になってその気が失せていました。
でも、細部を指摘されると、やっぱり見てみようかな?という気になって来ました♪
Commented at 2014-07-22 17:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-23 06:50
鍵コメさん、はじめまして。


魅力がたっぷりあるドラマでしたね。

>スンニャンが弓を引く姿が凛としていて心に残りました。

私もです!
ほんとにかっこよかったですね。

>タファはアル中+薬物(漢方?)中毒だったのでは?
薬の名前は字幕に出てたと記憶してます。

そうでした。まずアル中でしたよね!
薬の名前もありましたか。すっかり忘却の彼方です(汗)
教えてくださって、ありがとうございます。

コルタ役の俳優さんはチェ・ジェユンという方で、結構いろんなドラマに出演されていますね。(「ヒーロー」「チョン・ウチ」「追跡者」「剣と花」「強力班」など)

>演技力のある俳優さん揃いだと安心して観れると思うのは私だけかしら?

フレッシュな人たちの出演もそれはそれで面白いんですが、実力のある俳優さんたちがそろっていると安定感があり、面白さが増しますね♪

こちらの方こそ、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
Commented by satomi at 2014-07-26 21:11 x
奇皇后 kirikoroさんは☆4つだったのですね^^
私は、馬医のあと引き続きBSで地道に(笑)視聴しようと思っていますが
如何せん、ハ・ジウォンさんがイマイチ苦手で(笑) 最後まで見届けられるかな?
バリでの出来事の時に、初めて見た女優さんでしたが、幸薄い主人公の役どころなのに
何故か、最後まで「イジワル顔」(笑)が気になって気になって、それ以来
彼女の作品って見ていないのです。
友人は「シークレットガーデン」が良かったわ~って勧めてくれるんですけど^^;
Commented by kirikoro at 2014-07-27 06:42
satomiさん、こんにちは。

実はわたしも、以前はハ・ジウォンさんが苦手だったんですよ。
「バリでの出来事」の彼女のキャラは今から思うと、嫌われるように作られていたキャラのように思います。
私が彼女を克服したのは「シークレットガーデン」でしたが、このドラマ自体は、嵌る人は嵌るけれど、嵌らない人はどこが面白いんだろう?と思うドラマのようですね。
人気作だからと期待しすぎると、がっかりするかもしれませんので、自分に合うドラマだったらいいな、ぐらいの気持ちでご覧になることをお勧めします♪
Commented by ただしいまち at 2014-07-27 22:52 x
奇皇后 充分楽しめました。4☆☆☆☆
ハ・ジウォンの演技力もしっかりしてるしね!!

ただ、あれだけ見下しているのに高麗の言語で会話する違和感
ドラマなんでそれを言っちゃあ、おしまいですが・・・

それと、メバク商団の頭首。
話の持っいき方がちょっと強引すぎでしょ

タルタル役のチン・イハンは良かったですね、キャラもブレなかったし


Commented by kirikoro at 2014-07-28 07:14
ただしいまちさん、こんにちは。

このドラマ、楽しクご覧になったんですね♪

>ただ、あれだけ見下しているのに高麗の言語で会話する違和感

そのあたりは目をつぶらざるを得ないですね~~
ほとんど全部中国語の韓国ドラマって訳にもいかないでしょうから…。

>それと、メバク商団の頭首。
話の持っいき方がちょっと強引すぎでしょ

これ、やっぱり変ですよね。
かなり終盤になってから、話のすじが変ったんでしょうかね~~

チン・イハンはやはり皆さん、注目ですね!
間もなく彼の出演の新ドラマが始まるので、楽しみです♪
Commented at 2014-07-30 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-07-31 06:40
鍵コメさん、こんにちは。

週一の放送は、ちょっとつらいですね。
私は「馬医」ずっと撮り溜めしていて、一気に見ました。
NHK,字幕で見られないこともないのですが、やはり普通の字幕で見たいですね。

波乱万丈の物語ですから、どうぞお楽しみください♪

>日本だって、奈良時代やそれ以前の朝廷の恋物語は、ドキドキしますもの^^

時代自体が謎に包まれていますから、自由度が高く、面白いですよね♪

パスワードですが、歪んだ字のやつはキリコロジックの方だと思います。
こちらのパスワードは削除の時用ですので、削除する時にその数字が必要になります。
こちらは確か数字オンリーの4ケタで、メルアドは拒否されたんだと思います。
どんな数字でもOKですので、覚えやすい数字を設定してくださいね。
Commented at 2014-07-31 09:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-08-01 07:15
鍵コメさん、こんにちは。

年齢とともに、以前だったら考えるまでもなく理解できたことで躓いてしまう事って、増えますよね。
老化って、こういう事なんだ、と身に染みるこの頃です・・・。
こちらの方こそ、今後ともよろしくお願いいたします♪
Commented by sawa at 2014-08-18 02:23 x
こんばんは。奇皇后、見ました!確かに、見始めるとハマってしまいますね・・。ストーリー展開がいかにも・・って感じで。。実は、初めのうち一生懸命観ていましたが、40話位から少ししんどくなってきました・・。

私が一番感動したシーンは、最終話のタファンです。
勝利したと嘘を伝えた後に、ヤンヒが「北方の方に馬で駆けませんか・・」と言った後のタファンの表情です。その言葉で、勝利が嘘であることを気付いたかのように、「皇后がそう言うのなら、望む通りにしよう・・」という言葉に、涙が出てきました。。正直、このシーンを見て、この俳優さんが好きになったかもです(笑)。
Commented by kirikoro at 2014-08-19 08:11
sawaさん、こんにちは。

やはり、40話からが少し…でしたか。

最終話のタファンの表情、ほんとに良かったですね。

>正直、このシーンを見て、この俳優さんが好きになったかもです(笑)。

結局は強くはなりきれなかったタファンを見事に演じていましたね。
演技に深みが出て、この俳優さんのこれからが、ますます楽しみになりました♪
Commented by ゆふ at 2014-09-23 21:19 x
8話まで観ました。とても面白くて何度も繰り返し観てます。先がとても気になり、インターネットで動画をチラッと見たり、あらすじも拝読しました。悲劇的なことばかりで、ローな気分です。


Commented by kirikoro at 2014-09-24 09:23
ゆふさん、こんにちは。

>悲劇的なことばかりで、ローな気分です。

確かに、いろいろと不幸がやって来ますが、スンニャンはたくましく、りりしく難局に立ち向かい、がんばります。
あらすじになると、悲しいところが強調されてしまうのかもしれませんが、そればかりではありませんので、楽しみにご覧になってくださいね♪
Commented at 2014-09-24 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-09-24 18:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-09-25 07:38
鍵コメさん、こんにちは。
俳優さんも上手い方々がそろっていますので、安心して見ていられますね。
>。ワン・ユ役の役者さん目の演技がとても上手いですね。
ほんとに、目が語っていますね~~

>タンギセ役のキム・ジョンヒョンも、なぜか魅力を感じてしまいます。

わたし、この俳優さん、結構好きなんですよ。
ちょっとおバカな役どころが多いですが、存在感のある俳優さんだと思います。

>隠し持っていた刃物で

このシーンは私は、たまたまだと思うんですね。
何だか、この人、偶然こういうことになる場面がすごく多い気がするんですよ。

>いまは女性として生きるスンニャンですが、たまには男装してかっこよく弓を放って欲しいし、操り人形でいるタファンも、賢くなって正しい政治を行えるよう成長して欲しいです。

やっぱり、二人のこういうj姿を見たいですよね♪
この後、二人がどういう姿を見せるか、お楽しみに!

えっと、メールですが、きりころじっく3の方から送って下さったのでしょうか? 届いていないようなんですけれど…。
よかったら、もう一度送ってみてくださいませ。
他の記事もお読みくださっていて、ありがとうございます♪
Commented at 2014-09-25 10:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-09-26 07:13
ゆふさん、こんにちは。

前のコメントの事だったんですね。
了解です♪

鍵コメさん、というのは、鍵コメント(非公開コメントのことです)でコメントを下さった方には、は鍵コメさん、と呼びかけさせていただいています。
内容を他の方には知られたくない、というだけではなく、コメントしたことも知られたくない、という方もいらっしゃいますので…。

次の感想、お待ちしています♪
Commented by メトロ at 2014-10-01 13:49 x
こんにちは、奇皇后、週一回のBSが待ちきれず、ヤフオクで買ってしまいました。前半から中盤はすごく良かったんです。スンニャンをめぐるワンユとタファンの関係性が目が離せず。想いあってる2人にタファンが横恋慕っぽいですが、このタファンの『雨の中で濡れてる子犬』みたいな頼りなさが憎めず(笑)
強敵ヨンチョルがあまりに強烈でドラマを面白くしてましたね。
なのでヨンチョル亡き後、ぺガンや皇太后がスンニャンを目の敵にし始めてからがなんとも・・・。後半タファンが壊れ始めるあたりから、なんだか見る気がうせてきて・・。あと5話残ってるのに最後までいけるかどうか。
『ふたつの愛』は中盤までで、後はひたすら『闘う女スンニャン』の話でした。ちょっと長くひっぱり過ぎた話のように思います。40話くらいにまとまりそうです。
この作品で、タファン演じる彼(まだ名前が覚えられない)の演技力に感心しました。これからの作品が楽しみです。
Commented by kirikoro at 2014-10-02 06:53
メトロさん、こんにちは。

ヤフオク購入に踏みきられましたか!
続きが気になって待ちきれない事ってありますよね♪

>、このタファンの『雨の中で濡れてる子犬』みたいな頼りなさが憎めず(笑)

ですよね! 普通だったら情けない男なのに、なんかとてもかわいかったです。

>なのでヨンチョル亡き後、ぺガンや皇太后がスンニャンを目の敵にし始めてからがなんとも・・・。

同じですね。
残り5話で足踏みですか…。
それぐらいだったら、無理矢理でも見てしまった方がすっきりしそうな気もしますが・・・。
終盤はだれてしまって、私も40話ぐらいで、と言うのに賛成です。

チ・チャンウク君、私はこのドラマまで、魅力はあるけれど演技力はまだまだ、と思っていたのですが、このドラマで大きな成長を遂げた人だと思います。
綿すぃも次回作に期待しています♪
Commented at 2014-11-16 17:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-11-17 07:38
11-16 17:22 の鍵コメさん。こんにちは。
いい感じで視聴を続けられていますね~~

>タファンが、嫉妬心むき出しですが、可愛いひよこのようで憎めないです。
この彼のキャラが受け入れられるか否かで、ドラマの印象は大きく変わるでしょうね。
私も可愛かったです!

15話まで、というところなら、ワンユの出演が少なくなってきた頃ですね。
チュ・ジンモ目当てに見てこられた方々にとっては最初の関門になるかも?のあたりですかね。
可哀想なワンユですが、これからももちろん、重要な役で登場し続けますので、お楽しみに!

>来週から、レンタル開始されます。

そうなんですか! 待っていらっしゃった方も多いですね。
鍵コメさんは会社を休んで視聴ですか!
うんうん!一気見がいいと思います。

無理をしないでお楽しみくださいね。
また、感想をお聞かせください♪
Commented at 2015-07-26 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-26 22:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-07-27 17:59
07-26 22:53の鍵コメさん、こんにちは。

NHKはあと1話になっているんですね~~

私も鍵コメさんと同じように、後半は失速したかなあ、と…。
タルタルの存在は救いでしたよね♪

>ヨンチョルが死んだら見なくてもいいからね!と一言いいました。

わかります!
でも、やっぱり最終回は必見、かも!?

Commented by お気楽母 at 2015-08-10 17:57 x
先ほど見終わりました。
この頃、長編ばかり見てるんですが、長いですね。
面白くついついのめり込める内容だと長いと感じず見れるんですが、ほんと書かれてるように終盤からは次から次へと登場する悪役においおい・・・でした。
初代皇后ペク・ジニさんといい2代目皇后イム・ジェウンさんお二人とも小悪魔的に見て口もと口角が片方だけ上がるんですよね。
そこいら辺が、悪女で有りつつ可愛さ満点だったのでは?と。
チン・イハンさんの最後の私も「えっ」と思いましたね。
顔立ちは抜きにして、声のトーンが低く落ち着きがあっっていい感じでございました。
ワン・ュの最後は、う~んそこまでやるか?でございました。
スンニャンを守るためと言う事ですが、内心は違うのでは?
事実2割3割残りはすべて創作のドラマ、しかも中国・元が主体なのに、なぜに韓国語でしゃべる?
いくら高麗の民を奴婢や雑役人と使っているからと言っても、やはり言葉は韓国語じゃないんじゃないでしょうよ?となった私です。
Commented by kirikoro at 2015-08-13 00:07
お気楽母さん、こんにちは。

長編は面白ければ感動も大きいんですが、気分が盛り上がらないと、ちょっと辛かったりもしますね。

>初代皇后ペク・ジニさんといい2代目皇后イム・ジェウンさんお二人とも小悪魔的に見て口もと口角が片方だけ上がるんですよね。
そこいら辺が、悪女で有りつつ可愛さ満点だったのでは?と。

そうでした! なるほど、確かにここ、可愛く見えるポイントですよね♪

チン・イハンって、顔と声にちょっとギャップがあってそこがいいなと私は思います。
ワン・ユの最期

>スンニャンを守るためと言う事ですが、内心は違うのでは?

この理由、見ていて何だか嘘っぽい感じにも見えたんですよね~~

>事実2割3割残りはすべて創作のドラマ

いやあ・・・このドラマ、事実の部分は1割もないのでは?
歴史を少しだけ借りたファンタジーだったと思います。

韓国語の件は、これ、まじめにやったら、序盤を除いてほぼ中国語で話さないといけなくあってしまいますからね~~
もっと言うなら、この頃の中国語って、現代の中国語とはまるで違うらしいし…。
仕方ないと思いはするのですが、実は私も、内心突っ込みを入れていました♪

Commented by ここまま at 2016-01-05 22:06 x
チュ・ジンモも苦手なので、タファンを応援してしまいました。
本来なら文武両道のワンユとスンニャンを応援するのだろうけど。。チュ・ジンモがどうしてもだめな私。

ワンユが違う役者さんなら良かったんだけど、個人的にはカンジファンとかが希望。。

で、全体に楽しめたのですが、長いわ。
で、最後の方、タファンがかわいそうだし。。

で、コルセだったっけ?あの宦官。。あのシナリオはもう興ざめです。

どうせ、そこら辺は創作なのだから、こう持ってこられると、長く見ていて、すべてが馬鹿らしくなるというか、、何でもありかよって。

見終わって、よかったっと思えなかったです。

前半で見終わるのも手かも。

ハジウオンはさすがでございました。
Commented by kirikoro at 2016-01-07 08:46
ここままさん、こんにちは。

チュ・ジンモが苦手でいらっしゃるんですか~
苦手な人が主人公だとちょっとつらいですよね。
しかも、結構長い作品!お疲れ様でした。

〉ワンユが違う役者さんなら良かったんだけど、個人的にはカンジファンとかが希望。。

私はカン・ジファンが最近は大分克服したんですが、基本的には苦手なんです~
でも、彼のワン・ユなんて、ちょっと見てみたいです♪

このドラマは、後半、失速した感じでしたよね。

〉前半で見終わるのも手かも。

ほんと、そうですよね。
お話自体、そういうつくりだったら、もっと満足感があっただろうな、と思います。

〉ハジウオンはさすがでございました。

それでも最後まで見られたのは、彼女のおかげなんでしょうね~~
Commented by 駿河の海老太郎 at 2017-01-01 17:30 x
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします!

奇皇后、懐かしいですね。
チ・チャンウク君に関して、こんな記事を見つけました。
“人気絶頂”チ・チャンウク、入隊時期に自ら言及「来年2月くらいに令状が届くだろう…延期は難しい」
詳しくは、Kstyleで検索してください。

芸能人といえども、軍隊の入隊は避けられないんですね。
彼は奇皇后の順帝(トゴン・テムル)役で初めて見て印象に残っていますね。

そういえば、洪 國榮がBS放送になるようです。また忙しくなりそうです。
Commented by kirikoro at 2017-01-04 07:56
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
あけましておめでとうございます。
こちらの方こそ、今年もよろしくお願いいたします♪

チ・チャンウクくんの入隊情報記事、私も読みました。
以前は役者さんたち、撮影スケジュールに合わせて延期するのが普通だったのですが、延坪島砲撃事件の時から自由が利かなくなったようですね。
あの時は撮影中のドラマなど、かなりあたふたとした対応をしていました。

ホン・グギョンは私も録画予定に入れました。
このドラマ、テレビ放送は初のようですね♪
by kirikoro | 2014-07-21 19:13 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(34)