なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エリック、チョン・ユミ、ソンジュンの「恋愛の発見」視聴完了


恋愛の発見(연애의 발견 )  ☆☆☆☆

2014年のKBS月火ドラマ、全16話
d0060962_2391981.jpg


演出 キム·ソンユン、イ・ウンボク
脚本 チョン・ヒョンジョン
出演者
チョン·ユミ (ハン・ヨルム役)、エリック(カン・テハ役)、ソンジュン(ナム・ハジン役)、ユン・ジニ(アン・アリム役)、ユン・ヒョンミン(ト・ジュノ役)、キム・スルギ( ユン・ソル役)

最高視聴率は7.7%(AGBニールセンによる)

このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです。

       →「恋愛の発見」は面白かった?

7年ぶりのエリックとチョン・ユミの共演が放送前から話題になっていたドラマです。
そこに加わるもう一人の男を演じるのが若手の注目株の一人ソンジュン、と、私の好きな俳優さんたちで、始まる前から期待していたドラマでした。

結婚寸前のヒロインの前に偶然現れた元彼!
ヒロインはどちらの男を選ぶのでしょうか?





というのが大まかな内容で、よくあるタイプの、単純なラブコメかな?と、始まった頃には少し、がっかりしかかったんですね。
でも、話が進むにつれ、細やかな心理描写と、丁寧な展開で、よく練られた話だと、とても面白くなってきました。

脚本家が「ロマンスが必要」シリーズの人で、チョン・ユミもソンジュンも、それぞれシーズン2と3に主演していますから、脚本家と俳優さんたちの息も合っている感じでした。

1話のあらすじはこんな感じ。
10年前に付合い始め5年前に別れた元恋人のハン・ヨルムとカン・テハ。
ヨルムは新しい恋人ができ、付き合っていて、もう結婚も視野に入っている状態です。
ただ、ヨルムの母親が、金勘定は母娘といえども、きっちりする、という方針で、普通だったら親が払うような費用を母に借金しているような状況なのね。
それが恥ずかしくって、まだ結婚したくない、などとハジンに言っているのですが、本当はお金が無くって結婚できないってことのようです。
彼、ナム・ハジンの母親の方はヨルムが気に入らず、二人の結婚に反対し、ハジンに無理やり見合いをさせようと…。
2人の共通の友人、ト・ジュノとユン・ソルからハジンの見合いの事を聞いたヨルムは、会場のホテルへと出かけます。
2人の様子を窺おうと、別の客のいるテーブルに無理やり同席したヨルムなのですが、その客が何とテハ!

一方、横のテーブルでは見合い相手に調子のいいことを言っているハジン。
とうとう切れたヨルムはなんと、テハに向かってハジンへの文句を言い始め、ついには水までぶっかけてしまいます。
なおも「私の事を愛してはいたの?」と訊くヨルムに、「愛していた」と答えるテハ。
会いたかった、と言い、もう一度チャンスをくれ、というテハです。
テハはヨルムが席に着いた時に事情を説明したコースターを手渡していたので事情は知っていたのね。
彼の言葉はそれを知りつつも、とっさに自分の気持ちを伝えた、というように見えるのですが…。

ハジンの方は、ヨルムに気付くとそちらへと行き、テハに謝っています。
でも、怒って出て行ってしまうヨルムを追いかけて行くハジン。
このハジン、実はヨルムの事は先に見合い相手に話していたようで、見合い相手も、彼が席を立つのを笑顔で見送っています。

ヨルムに追いついたハジンが彼女をなだめ、仲直りするのを見守っているテハ…。

実はこの再会の時、ヨルムとテハの携帯電話が入れ違ってしまったのですが翌日も、夜になるまで気付かないヨルム。
夜になり、ようやくテハに電話をかけて来て、会うことになるのですが、ヨルムはすでに酔っぱらってしまっています。
テハの横で眠ってしまうヨルムにハジンからの電話がかかって来るのですが、バッテリー切れでヨルムが目覚めるのを待たずにきれてしまいます。
目覚めたヨルムは戻したかと思うとウサギを見つけ大騒動、そうこうしているうちに尿意を催し、急ぎの彼女を自分の部屋へと車で連れて行くテハです。
そして、ウサギの事で一騒ぎがあり、そのまま一つのベッドで眠ってしてしまう二人…。

翌日、充電した電話にかかって来るハジンからの電話!
慌てて、いろいろ嘘をつくのですが、嘘を言うたび速攻で嘘のばれてしまうヨルム。
進退窮まり、後で話す、と言って電話を切ってしまうヨルムです。


元カップルとの再会で始まるドラマはほとんどの場合、元彼とやり直す結末になるので、このドラマもそうだろう、と思って見始めました。
元カップルは、お互いに誤解があったり、行き違いがあったりして別れたカップルなので、再会して知らなかった部分を知って行く、というところも予想通り。
ところが、驚いたのは6話だったかな?
ヒロイン父が亡くなったことを。当時付き合っていた元恋人が知らないでいた上に、ヒロインの親友も、その死の真実を知らないというところだったんです。
ここで、このドラマはそんなに単純なドラマじゃないぞ、と思ったわけです。

一方、元彼がヒロインの知らなかった過去を知ることになり、元カップルの関係が変って来ると、その理解がヒロインの現在の恋愛に対しても作用を及ぼすんですね。
現在の彼のことを今まで以上に理解することになるヒロインなんです。
ヒロインが過去の恋愛について、より深く知ることにより、現在の恋愛をより深めることになる物語のようにも見えてくるんですよ。

途中でヒロインがどちらの彼を選んでも、不思議のない展開になって行きます。
見ている私の結末予想も、元彼に傾いたり、今彼に傾いたり、と何度も揺れながら見ていました。

また、今彼ハジンは、幼い頃に養護施設で育ち、今の家には養子として引き取られているのですが、そのことは母親の意向により、ヒロインにも明かしていません。
その今彼の過去もまた、物語を動かす一つの力になっているのと同時に、彼の性格形成と行動原理に深く関わっている、というところも見えて、後半になり、とても生きてくる設定になっていました。
この設定が無かったら、結末が薄っぺらなものに終わってしまっただろうな、と思います。

また、ヨルムとハジンの間に行き違いが生まれることになるアリムの設定もいいですね。
単なるお邪魔虫にはとどまらず、彼女の存在もまた重要で、他の誰でもなく、彼女が必要なんだと思わせられるキャラでした。

こんな感じで、ストーリーは大満足だったのですが、キャスティングには多少不満がありました。
主演陣は皆さん、うまい人たちだと思うんですが、ソンジュンが他の二人に比べ、若すぎる気がして、なんだか似合わない感じがしたんですよ。
年下設定ならばそんな違和感も感じなかったと思うんですが、ヒロインと同い年で、元彼より二つだけ年下、という設定にはどうしても見えませんでした。

ところで、このドラマの特徴として、主人公たちがなぜか突然、テレビの画面に向かって語りかけるんですね。
何でこんな演出なの?と、これもあまり気に入っていなかったのですが、このことに関しては最終話で種明かしがあり、なるほど~と思いました。

また、韓国ドラマの定番ですが、サイドストーリーで別のラブストーリーも進行しています。
ヨルムの友人ソルは恋人に捨てられた!というところから一転して、その恋人を含め、3人からの求愛を受けることになるんですが、この彼女が可愛いんです!
決して顔が可愛いってタイプの人ではないのですが、彼女のキャラが可愛くって、このストーリーがメインストーリーに彩りを添えていました。

そして、もう一つ。
ヨルムの母親のラブストーリーも展開されるんですね。
正直、初めは鬱陶しいなと思っていたのですが、こちらも終盤近くになって彼女の傷も見えてくる…。
このストーリーもまた、ドラマの底を深くしていたと思います。
ただ、このストーリーは少し語りきれていない感じで、中途半端な感じが残ったような気もしますが。
でも、ヒロイン母のキャラは面白かったですね。
韓国ドラマの中で、こんなにも、娘との依存関係を拒否している母親は珍しいと思います。

そしてラストです。
幾つか、回収できていない伏線は残っているんじゃないの?と思うものの、主人公たちの結末は丁寧に描かれており、まずまず満足のいくものでした。
具体的な事はネタバレになりますので、 →きりころじっく3 の方に書きますね。

最初のあたりで挫折してしまわないで、ぜひ、最後までご覧になってみてください♪


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by みみ at 2015-11-28 19:54 x
こんばんは!
中断しながらやっと観終わりました。
☆4個でキャストは好きな人ばかりなので楽しみでした。
ストーリー、設定は良かったのですが自問自答?インタビュー?な演出に馴染めず・・・・・・
若い方はスリムで小顔ですがエリックさんは胸板が厚くガッチリした体格で良いですね。
サイドストーリーも可愛くてニッコリ出来ました。
最近はサイドストーリーも楽しみです。
最終話 工房のお客は何故?彼が?と思いましたが最強チルの共演だからかしら?

12月のテレビ愛知はのだめカンタービレと夜警日誌です。
そうそう・・・・観たいと思ってる「六龍が飛ぶ」は私が観れないKNTVで放送が決まったようでショック!!

来月の情報を楽しみにしてますのでよろしくお願いします。
Commented by kirikoro at 2015-11-29 17:38
みみさん、こんにちは。

>ストーリー、設定は良かったのですが自問自答?インタビュー?な演出に馴染めず・・・・・・

これ、引っかかりますよね。
私は最後のところで、何とか納得して収めたんですが、正直、そこまではクエスチョンマークいっぱいでした♪

>最近はサイドストーリーも楽しみです。

最近は、ありきたりではなく、それぞれ個性的なストーリーでいいですよね~~

>最終話 工房のお客は何故?彼が?と思いましたが

特別出演の人たちも、楽しみなんですよね。

テレビ愛知の新番組、教えてくださってありがとうございます。
私は、1話で挫折したんですが、「夜警日誌」を再トライしようかなあ~
BSでもやりますけどね。

「六龍が飛ぶ」残念です!
KNTVの契約も考えたんですが、長い作品だとお金がかかっちゃうんで…。
どこかで一挙放送してくれるのを待とうと思っています♪

11月ももう明日で終わりですね。
ほんの数日前に視聴状況の記事を書いたばかりのような気がするのに。
記事を楽しみにしてくださっていて、ありがとうございます。
by kirikoro | 2014-10-15 23:39 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)