なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ジョン・ヨンファ、イ・ジヌクの「三銃士」感想


三銃士(삼총사)  ☆☆☆☆
d0060962_053196.jpg

tvNの日曜ドラマ、全12話
演出 キム·ビョンス
脚本 ソン·ジェジョン
出演者
ジョン·ヨンファ (パク・ダルヒャン=ダルタニアン役)、イ·ジヌク(昭顕世子=アトス役)、ヤン·ドングン(ホ・スンポ=ポルトス役)、
チョン・ヘイン(アン・ミンソ=アラミス役)、ソ·ヒョンジン(カン嬪=アンヌ王妃役)、ユ・イニョン(ミリョン=ミレディ役)
d0060962_06370.png

*このドラマのアンケートを設けました。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです♪


    →ジョン・ヨンファ、イ・ジヌクの「三銃士」は面白かった?

アレクサンドル・デュマの小説を翻案し、朝鮮時代に移した冒険活劇。

主人公はジョン・ヨンファの演じるダルヒャン(=ダルタニアン)かと思っていたのですが、どちらかといえばイ・ジヌク演じる昭顕世子の方が中心かな?
いずれにせよ、主役は2トップって感じです。
どちらもかっこよくって、見ていて楽しいドラマでした。

イ・ジヌクはお馴染みの人で、安定感のある演技。
全然違和感が無くて気が付かなかったんですが、彼、時代劇は初めてなんですってね。

それに比べ、多少不安材料になっていたのがジョン・ジョンファの演技力。
でも、登場するなり、過去最高のカッコよさで(私の感想ですが)目を奪われました。
そして演技力の方なんですが、彼の人物設定がど田舎から都に出て来たばかりの男なんですね。
多少ぎこちない感じも、キャラ的に不自然ではない感じでしたし、なかなか頑張っていたと思います。

でも、ビジュアルだけじゃなくって、お話もとても面白かったです!
主人公たちが事件に巻き込まれてハラハラしたり、ラブラインに期待してワクワクしたり、次が楽しみでならない展開です。

原作は読んでいないんですが、いい感じにリメイクしている感じですね。
あらすじをざっと読んだだけですが、原作の面白さを生かしながらも、朝鮮時代の歴史的な実情も上手く取り入れていると思います。

ところで、原作でも三銃士にダルタニアンが含まれていないことは、ごぞんじでしょうか?
私はこのドラマを見始めて、あれ~と思って調べてみて分かったんですが、ダルタニアンが三銃士が出会って始まる物語なんですね。(私が常識無いだけ?)
このドラマでも、やはりそうです。

さて、このドラマでは三銃士の中心になっている人物を昭顕世子としている(後の二人は護衛武士という設定)んですが、これがいい!
明るい基調の冒険譚なんですが、彼が主人公になっているため、悲劇の匂いが入り込んでくるんです。
このドラマの時代は昭顕世子が清に行く前なので、ずっと先のことになるのですが、彼は王である父親に毒殺されたという説のある世子なんですよ。
噂にはいろいろありますが、この説はかなり信憑性が高いもののようですね。
一般にそう信じられているといってもいいと思います。
このドラマでは、まだまだ具体的にそれに関することは出てこないのですが、父子間の考え方にずれがあり、亀裂が入りかかっている状況がところどころに挟まれ、悲劇を予感させる作りになっていると思います。
このため、明るいだけではない味わいが、ドラマ全体にも広がっているように思います。
このドラマ、続編の話もあるようで(イ・ジヌクが語っていたとか)ぜひとも続きが見たいですね♪




お話は1780年(正祖4年)朝鮮の使臣団として清にやって来たパク・チウォン (燕巖 朴趾源). が紫禁城の書庫の隅で「パク・ダルヒャン回顧録」という一冊の本を見つけたところから始まります。(余談ですが、この人、実在の人物で「熱河日記」という本を書いているようです。)
その回顧録の内容がこのドラマの内容ですね。
1636年(仁祖14年)パク・ダルヒャンが武科の試験を受けるため、初恋の人の文を胸に、江原道の田舎から漢陽へと出発するところから始まっています。
漢陽の宿屋で事件に遭遇したダルヒャン、犯人を追ううちに三人組と偶然遭遇、力を合わせて犯人を捕まえることになるのですが、この三人組が三銃士なんです。

ところで、そのさなか、ダルヒャンは恋人からの文を落としてしまい、それを見つけた三銃士がダルヒャンが悪戯を仕掛けます。
ダルヒャン、田舎に住んでいて知らなかったんですが、彼の初恋の人は世子妃になっていたのね。
三銃士の一人、昭顕世子の妻です。

でも、昭顕世子はその妻カン嬪を飾り物のように扱い、愛情のかけらもない感じでカン妃はそれを寂しく思っているようです。
最初はこの理由が、昭顕世子が初恋の人ミリョンを忘れられないでいるためかと思われるのですが、実は違うのね。
それはおいおい明かされて行きます。

さて、ダルヒャンが三銃士と遭遇するたびに大騒ぎになる展開なのですが、武科の試験場でもそうです。
試験場は大騒ぎになり、ダルヒャンの合格を取り消されそうになるのですが、昭顕世子のとりなしで何とか合格になるダルヒャン。

一方、この時代は丁卯胡乱・丙子胡乱の直前。
この時代の王の仁祖は、親明派の政治勢力の力を集め、明を軽んじていた前王光海君を廃して王になった人物です。

その明に対立する、後金の将軍龍骨大(ヨンゴルテ)が使臣団の一人として朝鮮へ入り、漢陽に向かっています。
その彼と手を組もうとしているのは仁祖反正の功臣の一人金自点(キム・ジャジョム)。
その使いとして現れたのがどうやら、死んだはずの昭顕世子の初恋の人ミリャンのようですね。

さて、この金自点、どうやら王に隠れて後金と手を組もうと朝臣たちを動かし始めたようです。
その密談を隠し部屋で聞いていたのが三銃士の一人で、そこに男女二人が加わったところでばれてしまい、乱闘になります。
ダルヒャンや昭顕世子も加わり、助太刀し、謎の男女を追うのですが、その一人がミリャンなのね。
彼女の顔を見て驚く世子。放心状態の彼は腕を切りつけられてしまい、その隙に逃げる二人。
その二人を追って行くダルヒャンなのですが、彼の前に現れたのは後金の大軍…。

こんな感じで、国の危機が絡んでくる話に、ミリャンの謎、そして、世子とカン嬪の関係が描かれます。
このラブラインの方も楽しいんです!
演じているソ・ヒョンジンって「神々の晩餐」の時には可愛げがなくって、そこが結構苦痛だったんですが、今回の彼女。ともかく可愛いんです!
キャラもいいんですが、この人の口角がくっと上がる笑顔が好きだな、と思います。
登場してすぐ、彼女を応援して上げたくなりましたよ。

最高視聴率は1.96%(AGBニールセン)
最近はケーブルドラマの視聴率も上がっているように思いますが、この数字は小ヒット程度の感じかな?



web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2014-11-25 21:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-11-26 17:54
11-25 21:36 の鍵コメさん、こんにちは。

>初時代劇のイジヌクとても世子の気品がありました

ほんと、気品があって、似合っていましたよね!

ミリョン、くどいといえばくどかったですが、悪役らしい悪役でしたね。
ほんと、世子妃がよりかわいく見えました♪

お付きの二人もよかったし、そうそう、龍骨大!
私もじつは、カッコいいって思って見ていたんです~~
もう、最近すっかり好みの幅が広くなってしまいました。
なかなか度量の大きい男って感じでよかったです。

この先、悲しい運命を迎えることになる二人ですが、まだまだ、続きのお話で楽しいところを見たいです!

楽しみにしてくださっていて、ありがとうございます。
こちらの方こそ、これからもよろしくお願いいたします♪
Commented at 2015-02-03 21:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-02-04 08:46
02-03 21:31の鍵コメさん、こんにちは。

>こんばんは^^実は数日前にコメントをしたのですが操作の仕方が間違ったようで、送信できなかったようです。

お手数をかけてしまい、すいません。
コメントを承認制にしないとスパムがどんどん入ってしまいますので承認制にさせていただいているのですが、そのためにコメントを下さる方に多々、お手数をかけてしまうことがあるようです。ごめんなさいね。

「三銃士」ほんと、面白かったですよね~~

>時々入るヨンファの歌も時代劇に妙にあってましたよね^^
そうでした!
普通の時代劇とはちょっと違う感じの音楽もこのドラマらしくてよかったですよね♪

>龍骨様は、家門の栄光矢ファンタスティックカップル?等に軟弱な役柄で出ていますが、なんという変わりようでしょう。韓国 名優画大勢いらっしゃるのですね。

そうなんですよ!
まさか、ビリーにときめく日が来ようとは!
これだから、止められないんですよね♪

また、楽しいドラマに出会えますように!
Commented by みみ at 2016-08-20 20:45 x
こんばんは!
イニョプの道の次は?と思ってましたが・・・・
NHK BSプレミアムで放送が決まりましたね。
以前観たけど良かったのでもう一度観ようと思ってます。
Commented by 守百香廃人 at 2016-08-22 10:56 x
お久しぶりです。
9月からBSプレミアムで放送!!まさかのNHKです。
ソ・ヒョンジンつながりで知ってはいたのですが、Mnetだったので見られずにいました。作品としても面白そうなので9月が楽しみです。
Commented by kirikoro at 2016-08-23 15:29
みみさん、こんにちは。

このドラマ、BSになかなか降りてこないので、どうしてなのかしら?と思っていたのですが、NHKだったんですね~
だから遅かったのね!なんて変に納得しています。

再視聴予定ですか!
私も見たい気がしますが、時間的に無理かなぁ…。
Commented by kirikoro at 2016-08-23 15:32
守百香廃人さん、こんにちは。
ついにBS放送ですね!
評判もなかなかいいようですし、どうぞお楽しみになさってください♪
Commented by みみ at 2016-08-24 10:19 x
こんにちは!
六龍が飛ぶを期待してたのですが・・・・
このまま韓国ドラマ枠は続くのかしら?
来月の新作紹介も楽しみにしてますのでよろしくお願い致します。
Commented by kirikoro at 2016-08-24 19:19
みみさん、こんにちは。
NHKは放送までに時間がかかりますからね~~
韓ドラ枠、何とか存続してほしいですね♪

来月の新作紹介も、楽しみにしてくださっていて、ありがとうございます。

by kirikoro | 2014-11-25 00:08 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(10)