なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

韓国版「ライアーゲーム」見終わりました


ライアーゲーム(라이어 게임)  ☆☆☆☆
d0060962_1103341.jpg

2014年のtvN月火ドラマ、全12話
演出 キム·ホンソン
脚本 リュ・ヨンジェ
出演者
イ·サンユン (ハ・ウジン役)、キム·ソウン(ナム・ダジョン)、シン·ソンロク(カン・ドヨン役)、チョ・ジェユン(チョ・ダルグ役)、イエル(ジェイミー役)
d0060962_1165022.png

甲斐谷忍の漫画「ライアーゲーム」を原作にしたリメイクドラマ。
最高視聴率は1.250%(AGBニールセンによる)。
ケーブルドラマなので、まずまずと言ったところでしょうか。
最近のケーブルとしては、あまり高くはありませんでしたが、マニア受けしたドラマとの評判です。

勝てば億単位の賞金、負ければ億単位の借金を抱えてしまうゲームが繰り広げられるテレビのリアリティーショー番組に出演することになったお人よしのダジョン。
天才心理学教授のウジンの助けを借りて、このゲームを勝ち抜けるのでしょうか?
そして、ゲームの裏側には巨大な闇が…。


韓国ドラマで、日本でドラマ化されている物を扱っている場合、中途半端に日本ドラマの引きずられ、がっかりすることが多かったので、このドラマも相当危惧して見始めました。
が、このドラマはいいです!
日本版よりも緊張感にあふれた展開で、私はこちらの方がずっと好きでした。(日本版はシーズン2の途中までしか見ていないけれど)




最初は原作に近い感じで始まるのですが、途中からは原作を用いながらも、そこにとらわれることなく、どんどん独自の世界へと視聴者を連れ込んでいく展開。
最初からラストに至るまで、息もつかせない展開で、ともかく面白かったです!
オリジナリティに富んだ、このドラマ独自の作品世界を堪能しました。

韓国版のオリジナルとして、かなり効果的に使われているのが、このライアーゲーム自体をテレビ番組のショーとして設定していること。
この設定により、日本版が密室でのゲームを主体にストーリーが展開されたのに対し、外との関係が複雑に絡まって来るんですね。
むしろ、外での戦いをゲームに持ち込んできた感じで、かなりアクの強いストーリーに仕上げています。

また、主人公たちの立ち位置もだいぶん違います。
日本版では、直と秋山が助け合ってゲームを戦って行くのが基本的な構造だと思うのですが、韓国版では秋山に当たるウジンと、最初から見えている敵のドヨンとの対決が主で、その勝敗の行方に決定的な要素となっているのが直に当たるダジョン、というのが基本的な構図になっています。

原作や日本ドラマでも、ドヨン(秋山)の母の死が話のバックにはありましたが、韓国版では、このバックを掘り下げ、韓国的なストーリーに仕立てているのね。
過去の因縁の物語にもなっています。

ヒロインのダジョン(直)も、やはり、お人よしなのですが、ずっとリアリティーのある人物像になっています。
ヒロインも、私はこちらの方が好きだなあ。

一回戦ではヒロインが高校時代の恩師と大金を奪い合う、というゲーム内容は日本ドラマと同様なんですが、ヒロインは日本ドラマほど能天気ではありませんね。
彼女自身、父親の抱えた多額の借金を抱えて取り立て屋に悩まされる日々を送っており、父親は失踪している、という設定です。
ウジン(秋山)は国内最高大学の最年少の心理学教授という設定。
秋山よりもずっとスマートで、(私の目からすると)ずっとかっこいい!

そして、彼らの敵となるドヨンは番組司会者でありながら、投資家であり、番組の出資者でもあります。
視聴者受けのする笑顔の裏に大きな秘密があるって感じの登場です。
また、彼らの戦いはテレビで放送されますから、視聴者も彼らの中に割り入って来ますし、番組制作者たちには各自、彼らの目論見がある、と複雑に入り組んだ関係が持ち込まれるんですね。

二回戦、敗者復活戦は、「少数決ゲーム」「リストラゲーム」という日本ドラマと同じ素材が用いられ、ゲームの進行は似ているのですが、登場人物間の人間関係がより緻密に描かれています。
日本ドラマでは秋山(ウジン)をヒロインに紹介したのは交番の巡査で実はゲームの主催者側の人間でしたが、韓国版では紹介したのはヒロインの借金の取り立て屋なんですね。
でも、長く彼女と時間を過ごすうちに心情的には彼女の味方になっている、という人物として描かれ、彼が積極的にヒロインの側の人間として動き始める様子が描かれます。

そして、三回戦で「大統領ゲーム」というオリジナルのゲームが登場。
ここからドヨンが本格的に敵として動き始める、という展開になって行きます。
その後、「密輸ゲーム」や「ロシアンルーレット」など、同じ名前のゲームが出ては来ますが、内容は大きく違ってきますよ。

ウジンを演じるのは「いとしのソヨン」「美しき人生」のイ・サンユン
この人、見るからに頭のよさそうな人物が似合いますよね。(実際にソウル大卒業の頭脳派俳優として有名ですが)
でも、それだけではなく、クールに振舞っていても温かさがにじみdてくる感じがこの人の魅力だと思うんですよ。
ほんとにぴったりのキャストだったと思います。

ヒロイン役には「花より男子」「千回のキス」「風吹く良き日」のキム・ソウン
この人このドラマでもそうですが、、前向きで明るい女性を演じることが多いし、似合う人だな、と思います。

そして注目は悪役のシン・ソンロク
「パパ3人、ママ1人」や「恋するハイエナ」など、少し前まではちょっとユーモラスなキャラの印象が強かったんですが「トロットの恋人」(私は途中で挫折したんですが)で普通にかっこいい男の役を演じていてあれれ?と思っていたところに今回のサイコパスって感じの悪役で、演技の幅の広さを感じさせられました。
(「星から来たあなた」でもサイコパスな悪人を演じているそうなんですが、私は1話リタイアなので…)
笑顔の裏にある悪人の顔をところどころで見せるのですが、この表情演技も見どころですね。

その他の登場人物も、みんなリアリティーがあって、俳優さんたちも皆、それぞれの個性を生かす役を演じていたと思います。

キム・ホンソンは「ヒーロー」や「ペク・ドンス」の演出家。
ユ・ヨンジェは「オオカミと犬の時間」の共同執筆者のようですね。

そしてドラマの最後の最後は、ドヨンもまだ、ラスボスではなかった、ということが分かり、新たなゲーム参加者が集められ、彼らを救おうとするウジンが登場するんですね。
シーズン2の製作を期待する声もあるドラマですが、充分可能なラストですね。
シーズン2があるなら、ドジンに変る新たな敵との戦いとなるんでしょうかね?
ぜひ、見たいです♪

web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2014-12-01 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2014-12-03 02:17
鍵コメさん、こんにちは。
「ライアーゲーム」
ゲームの内容についてはかなりいい加減に見ていました(汗)
だって、計算とか、苦手なんですもん。

「銭の戦争」は私はあまり好きじゃなかったんですよ。
でも、サラ金業者の話で、私の苦手なジャンルだったからかもしれません。評判は良かったドラマだと思いますが。
「任侠ヘルパー」は、知らなくって…。
「ミスターBACK」私はまだ見ていますが、かなり退屈しつつ見ています。
主役の2人はどちらも一人一人はいいのに、2人になるとなんか、も一つ感が漂うんですよね。ミスキャストって感じがしています。チャン・ナラ、息子くんの方ともなんだか似合ってないし…。

新しいドラマは、まだチェックしていないんですよ。
なかなか取りかかれませんが、そろそろ終わりそうな「悪い奴ら」をみ始めたいな、と思っています。
「私の心~」は主役二人が撮影直前に出演を取りやめたってドラマなんですかね。家族ドラマは最近、あまり気が乗らないんですが、この二人だと、ちょっと見てみたい感じがします♪

Commented by みみ at 2016-07-17 21:35 x
BSフジの編集版を観ました。
日本のドラマとは知らなかったです。
テンポが早くてゲームの内容が分かった時点で次のゲーム!!
このジャンルのドラマの編集版はキツいわ。
イ・サンユンさんの優しい笑顔が好きなのでちょっと残念でした。
シン・ソンロクさんの悪役 トロットの恋人、星から来たあなたは観ましたがよりパワーアップでラストはゾ~~~~ッでした。
緊張した内容でドキドキでしたがチョ・ジェユンさんのとぼけた表情で息抜き出来ました。
エンディングでTo be continued・・・・?と出たので期待しちゃいます。

連日蒸し暑いのでドラマに集中出来ません。
とは言え今夜からミセンのリメイクドラマが始まるので観なきゃ!
韓国版を録っていて見始めたので丁度良いかも?
多分日本版はリタイヤしそうですが・・・・それなりに楽しみです。
Commented by kirikoro at 2016-07-19 22:20
みみさん、こんにちは。

こういう、目いっぱい詰め込んだ感じのドラマはカット版ではちょっとつらかったかもしれませんね。

〉エンディングでTo be continued・・・・?と出たので期待しちゃいます。

続編が期待される作りですよね♪
でも、続編の話はいまだにありませんね。
視聴率があまり伸びなかったためかなあ、
私も続編、見たいです♪

ミセンのリメイクも始まりましたね。
わたしは見ていないんですが、どんな感じなんでしょうね~~


by kirikoro | 2014-12-01 01:19 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)