なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コ・ス、イ・ヨウォンの「黄金の帝国」よかったです!


黄金の帝国(황금의 제국)  ☆☆☆☆☆
d0060962_815582.jpg

2013年SBSの月火ドラマ、全24話
演出 チョ・ナムグク
脚本 パク·ギョンス
最高視聴率 11.7%(AGBニールセンによる)
出演者
コ・ス(チャン・テジュ役)、ソン·ヒョンジュ(チェ・ミンジェ役)、イ·ヨウォン(チェ・ソユン役)、チャン・シニョン(ユン・ソリ役)、パク·グニョン(チェ・ドンソン役)、リュ·スンス(チョ・ピルトゥ役)、キム・ミスク(ハン・ジョンヒ役)

私は衛星劇場で見たので、ノーカット版での視聴です。
現在BSでも放送中ですが、こんな緊張感あふれるシーンの連続のドラマ、何処をカットするんだろうか、とちょっと気になっています♪


*このドラマのアンケートも作っています。
ご覧になった方に参加していただけると嬉しいです♪

        →「黄金の帝国」は面白かった?

演出家と脚本家が「追跡者-チェイサー」の人たちなんですね。
演出のチョ・ナムグクは他に「野王」「お隣さんは元ダンナ」などを手掛けています。
パク・ギョンスはソン・チナの補助作家出身だそうです。
ドラマの緊張感は「チェイサー」そのままで、私はものすごく面白かったんですが、このドラマは好き嫌いが分かれるだろうな、と思います。




というのも、ドラマの主な内容は財閥グループの会長の座を巡っての争いで、この世の大多数の人にはなじみのない世界。
(そもそも日本には一族経営で20も30もの子会社を持っている会社なんて、戦後はありませんよね?)
その上、登場人物は主人公を含め、相当ダーティーです。
主人公なんて、冒頭シーンで人を殺して、彼に恋愛感情を抱いているらしい女の人を身代わりにしていますし…。

ストーリー上では冒頭シーンから過去に戻り、半ばぐらいでこのシーンが再度出てくるんです。
ここでの印象は最初ほどひどくはないんですが、最初からこれはちょっとショックですよね。
実は私、韓国で放送された時に1話だけ見て、冒頭の主人公のイメージで、ちょっと好みじゃないかも、と視聴をストップしたんです。
(他にも、復讐物ばかり続いて放送されていた時期で、ちょっとそういうタイプにうんざりしていた、という理由もあるんですが)

でも、殺人シーンのせいで最初のハードルは高くなったかもしれませんが、全体を見た上で振り返れば、これはいい構成だったな、と思います。
もし、最初にこのシーンが無く、中盤でこのシーンが出て来たとしたら、善対悪の構図に慣れた視聴者は裏切られたような気がするのではないでしょうか。

ひどい目に遭わせた相手を倒し、自分がその世界の頂点を目指す、というタイプのドラマの場合、多くは悪人対善人の戦いになるのですが、このドラマは違うのね。
このドラマにはサイコパスも(最近はこのパターンが多い気がします)極悪人も出てきません。
どの登場人物も、もともとは普通の人間。他者への愛情もたっぷりある人たちです。
そんな人たちが、権力のトップの座を狙う中で、あくどい方法を選び取ったりしながら戦って行くんですね。

また、彼らは普通の人間ですから、トップの座を目指すのにはそれぞれの理由というか、名分があります。
でも、それもまた普通の人間であるゆえに、その名分がいつの間にか欲にすり替わったりするのも面白いところだと思います。

それに、目的のためには手段は選ばず、で、殺したいほど憎んでいる人とも利害が一致すれば手を組み、昨日まで一緒に戦ってきた人たちを簡単に裏切ったりもします。
でも、泥沼にはまりながらも、人間として生きる上で守るべき最後の砦があるのね。
ソユンは血の繋がりのない弟のソンジェを自分だ、と言っていましたが、本来自分が生きるはずの場所に立っている人、すなわち、彼女にとっての最後の良心だと思うんです。
テジュやミンジェにも同じような存在があり、ミンジェは早い段階でそれを捨てているのだと思います。
でも、その差異はそういう状況が早く来ただけなんでしょうね。
そればかりか、相手にそういう存在があるのを知ると、それすら相手のウイークポイントとして、攻撃するのがこの世界での争いです。

善人が悪人に挑むドラマもそれはそれで面白いんですが、善悪に分けられない人たちの中で、ふつうの感情を持った人たちが争うこのようなドラマは、もし、自分がそのようなたちがに置かれたら、という立場に立って見られるんですね。
それがまた、エキサイティングで面白かったです。

それと同時に、会社の実権を握るにはどうすればいいのか、が描かれているのですが、まったく知らない世界の話を垣間見せてくれる楽しみもあります。
プロキシ・ファイト(委任状闘争)あたりは他のドラマで見て知っていましたが、持ち株会社なんて、私は初めて知りました。

(調べてみると、最近よく見かける○○ホールディングという社名を持つ会社の多くがこれなんですね。
日本では敗戦後、ずっと持ち株会社の設立が禁止されていたけれど、1997年に独禁法の改正で認められるようになったようです。
道理で最近になって見かける名前なわけだ…。)

そんな、現実にはまるで縁のない世界を、あたかもそこに自分がいるかのように感じながら見る面白さもありました。

そんな殺伐とした事ばかりが進行するこのドラマの中で唯一ほっとするのがソリの存在
ラブラインの方もあるにはあるし、ドラマの進行上重要なんですが、甘いシーンなんて、期待できません。
それどころか、ソリはテジュ一筋で、ずっと愛し続けているのは確かなんですが、テジョの気持は疑問だと思うんです。
私はソリの釈放後のテジュの気持は償いでしかなかったんじゃないかしら?と思うんですよ。
彼自身、補償する、としか言っていませんしね。
それに、テジョとソユンが取引として夫婦になるのですが、彼らの姿がなかなかいいんですよね。

このドラマの魅力の一つに、登場人物が交わす会話に比喩やエピソードが多用されていることがあると思うんです。
その中でも、特にテジュとソユンの用いる比喩には古今東西の歴史や書物から引用されるものが多いんですよ。
生れも育ちも正反対と言ってもいいほどの差のある二人が、結婚翌日の家族の食事の席からもう、阿吽の呼吸で会話しているんですね。
ソユンと他の家族よりもテジュの方が近い感じがあって、彼らの会話シーンを見ているだけで楽しいです。
2人の間が決裂してから、ソユンがテジョに、友達だと錯覚していた、と言うシーンがあるのですが、2人の間には友だちよりも深いきずなができていたように思うんですね。
ソユンのソリに対する態度には嫉妬があったように見えましたし、テジュもソリのことがあるため、ぜったいに口には出せない事ですが、彼もまたソユンに恋愛感情を抱いていたのではないかと、私には思えました。
ソリが戻って来なければ二人は夫婦のままで一生主導権争いをしながらも、案外うまくやって行っていたように思えます。

役者陣にも私は大満足です。
脇役まで、すべての役者さんがいい演技をしていたと思いますし、キャスティングもよかったですね。
特に、コ・スとイ・ヨウォンは清潔感のある役者さんたちなので、彼らがあくどい事をしても、自分とは人間の種類が違う悪人とは思えず、ふつうの人間が悪事をすると言う姿に説得力がありました。
また、ソリを演じたチャン・シニョンも、他のドラマではちょっと地味な印象が(私は、ですが)あったのですが、このドラマでは、可愛くってちょっとセクシーで、とても魅力的でした。

ところで、このドラマでは母と息子を演じているキム・ミスクとイ・ヒョンジンは「風吹く良い日」で恋人を演じているんですね。
母子の方が順当に見える関係なんですが、思わず「風吹く~」が蘇り、キンダンの愛の妄想など、一瞬頭をよぎった私は…。

ラストに関しては、私はこれしかない、と思うんですが、納得できない方もいらっしゃるでしょうね。
具体的な事はネタバレになってしまいますので、別ブログに書きますね。
ネタバレOKでしたら、そちらの方もご覧ください♪

   →「黄金の帝国」ネタバレ感想

ともかく、私は夢中で最後まで楽しめたドラマです。
最初の数話で、つまらない、と思われたなら仕方が無いですが、案外いけるかも、と思われたら、ぜひ最後までご覧になってくださいね。


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by お気楽母 at 2015-02-24 10:39 x
アップされましたね。
私は☆4.5かなあ。
ストーリ、出演者何ら違和感なく面白く見させていただきました。
書かれているように、1話冒頭で殺人シーンがあるんですよね、そして物語は懐古シーンへと・・・。
ストーリー上、必要不可欠な物であるんですが、つくづく韓国ってこう言うストーリ好きよね・・・と。
テジュ・ソユン・ソリの関係は私も同じ見かたしましたね。
あの殺人が起きてなければ結婚も無かっただろうし、この展開も無かったのではと。
あらすじ・感想である方は、コ・ス君には合わない役柄でハマれなかった・・・とありました。
私もソフトなコ・ス君を見てきてるので、この役は・・・微妙です。
Commented by みみ at 2015-02-24 18:09 x
こんにちは!
私も衛星劇場で観ました。
チョット重い気がしましたが、内容の割にはキャストが少なめだったので「これ誰?」が無く一気に観れました。
イ・ヨウォンさんのスタイルの良さと衣装のセンスがステキでその点も楽しめました。
ソリ先輩の「スマ~イル」のフレーズがチャーミングで良かったと思いました。
最終話を観ながら結末はどうなる?と気になりましたが・・・・
結末はあれしか無い!のでは?
来月もドラマの紹介を楽しみにしてますのでよろしくお願い致します。
Commented by kirikoro at 2015-02-25 08:34
お気楽母さん、こんにちは。

>つくづく韓国ってこう言うストーリ好きよね・・・と。

確かに…(汗)

コ・スくんが微妙でしたか…。
そう思われた方も多いんでしょうね。

コ・スくんの事などは、ネタバレブログの方に書きますね♪
Commented by kirikoro at 2015-02-25 08:42
みみさん、こんにちは。

>内容の割にはキャストが少なめだったので「これ誰?」が無く一気に観れました。

言われて見れば、そうでしたね。
かなり濃縮した感じがありました。

イ・ヨウォンさんのスタイルと衣装センス、おっしゃる通りですね。
昔の韓国ドラマの衣装センスって、これどうなの?と思うものが多かったですが、最近では日本人でも理解可能なセンスの人が増えた気がします♪

結末は私もあれしかない!と思うのですが、こういったラストはぜったいに受けいられない人もいらっしゃると思うので、評価が分かれるところですね。

また、新しいドラマについてもどんどんアップいたしますので、今後ともよろしくお願いいたします♪
Commented at 2015-03-03 12:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-03-04 06:50
03-03 12:21の鍵コメさん、こんにちは。
最近の韓国の視聴率って、たまに高いドラマがありますが、だいたいは低調ですね~~
このドラマの場合、嵌れる人は嵌れるけれど、嫌いな人や内容に興味が無いという人も結構多い感じですね。

「パンチ」実は1話でリタイアしたのですが、後悔している作品なんですよ。
1話の印象では夫婦が離婚に向けてゴタゴタしていた印象しかなかったので、あっさりストップしたんですが、そんな話じゃなかったみたいですね~~
韓国での評判も良かったようですし、これはぜひ見なくては!
お勧め、ありがとうございます!
Commented by ただしいまち at 2015-03-06 07:14 x
黄金の帝国、ちょっと前に見ました。
好きなタイプのドラマでしたが、そこまで嵌まらず・・・。
☆3・5にしました。
>彼らは普通の人間ですから
普通の人間と思ってくれてればいいんですが、金=権力を持ってしまえば特権階級が芽生え、傍若無人の振る舞い。
あちらの国では、現実社会でもありましたね!!

>テジョとソユン、彼らの姿がなかなかいいんですよね
彼らの関係性は良かったです。
立場は違えど、性格や心的傾向も似たもの同士でした。




Commented by kirikoro at 2015-03-06 08:13
ただしいまちさん、こんにちは。
ただしいまちさんの評価は☆3.5ですか♪
嵌り具合によって評価がまちまちになるドラマでしょうね~~

>普通の人間と思ってくれてればいいんですが、金=権力を持ってしまえば特権階級が芽生え、傍若無人の振る舞い。
あちらの国では、現実社会でもありましたね!!

現実の社会のことに思い至るドラマですよね。
起業からたかだか数十年で特権意識を持ってしまい歯止めが利かなくなってしまう社会構造そのものがこちらから見ていると恐ろしくも思えます。

>立場は違えど、性格や心的傾向も似たもの同士でした。

ほんとそうでしたね♪
by kirikoro | 2015-02-24 08:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)