なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ナヨン、ヒョンビンの「アイルランド」再視聴しました


アイルランド(아일랜드) ☆☆☆☆
2004年のMBCドラマ、全16話。
d0060962_94837.png


演出 キム·ジンマン(「キルミー、ヒールミー」「エデンの東」「威風堂々な彼女」
脚本 イン・ジョンオク
出演者
イ·ナヨン (イ・ジュンア役)、キム·ミンジュン(イ・ジェボク役)、キム·ミンジョン(ハン・シヨン役)、ヒョンビン(カン・グク役)

私が韓国ドラマを見始めて間もない頃に1度見たんですが、とても惹かれるものがあったものの、よく分からなくて、もう一度見直そうと思いながら、長い月日が経ってしまいました。
韓ドラ視聴が絶不調の今こそ、このドラマを見るべきだ、と突然思い立ち、探して見ました。
(5月の視聴状況でも書きましたが、私が利用したのはdTV
31日間の無料期間を過ぎても月額500円だし、古いドラマは割と充実しているのでなかなか使えるかもです)

嵌りはしませんでしたが、心臓を素手で握りしめられるようなヒリヒリ感があって、やはり、この時期に見たのは、正解だったかな、と思える作品でした。

視聴率は10%程度だったらしく、あまり数字は取れませんでしたが、ネットの検索順位ではドラマ部門で1位を取るなど、いわゆるカルトドラマで、一部のファンからは圧倒的に支持されていた、という作品です。
実際、かなりわかりにくい作品で、テレビで一回するっと見たぐらいでは、なかなか訳が分からないんじゃないかな、と思います。
しかも、以前私が見たのはカット版! この作品でカット版はかなり無理があったのではないかと思うんですよ。




このドラマが扱っているのは、ざくっというと、お互いに別のパートナーがいるのに恋に落ちる男女のお話
いわゆる不倫に当たる愛なのですが、それから想像する物語とはまるで違ったものです。
不倫ものの定番といえば、<この泥棒猫!>と言って髪の毛を引っ張り合ったり、怒りをストレートに拳に込めて殴りつける、という感じかと思うのですが、このドラマでは怒りや嫉妬は自分に向かい、自分を傷つけるんですね。
殴りかかったり、なんてこともありますが、屈折していて、別のことにかこつけて殴ったりするんです。

また、心とは裏腹な言動を取ったりするのですが(特にジュンアとグク)、これがまた、分かりにくい!
多くのドラマでは心と違う行動をとっても、ドラマのパターンのようなものがあって、割と簡単に本心を読み取れるのですが、このドラマでは既成のパターンには全く依存しないんですね。
この人は何を考えているんだろう?と、常に考え続けながら見て、彼や彼女が発する言葉の中から本心の吐露だと感じられるものを選び取り、ようやく理解できるかな、という感じなんです。
しかも、その場で分かることは少なく、ドラマが進行していく中で、ああ、あの時の言葉はこういう意味だったんだ、などと気付きます。(結局分からないことも多いけれど)
分からないと言えば、ジュンアとジェボク、実は兄妹ではないか?という展開になるのですが、この結果にしても、視聴者には判断ができないようになっていると思います。
ジェボクは書類を見ずに捨てていますし、ジュンアは親子ではなかった、と言ってはいるのですが、結果は画面には出て来ず、その後のジュンアの行動を見ていても、どっちとも取れる感じだったんですよね…。

その上、主演陣のキャラ設定がかなりぶっ飛んでます
ヒロインはアメリカに養子に出されたのだけれど、養親がアイルランド移民で彼らが帰国するのに伴って移り住んだため、アイルランド国籍です。しかもその家族がIRA(アイルランド全島の独立共和国化をめざすカトリック系の非合法組織)のメンバーで彼女の目の前で殺されるところから話が始まっているんですね。
その後も、マフラーを編んでいたかと思ったら突然川に飛び込んでみたりと、理解し辛い行動の連続です。
彼女が結婚した相手は警護の仕事をしている人で、最初のうち、彼は唯一まともに見えるのですが、次第に彼の心の傷の深さも明らかになって行きます。
そして、ジュンアが気付いたら愛してしまっていた男ジェボクはポルノ女優シヨンのヒモです。
彼、ジュンアをバイクに乗せたくってシヨンにお金をもらおうとしたりするんですが、ダメダメ男なのに、憎めないんですよね。
シヨンの家族のところに転がり込んで同棲しているのですが、その家族にも愛されています。
シヨンの両親が彼の同居を拒否できなかったのは、彼女の稼ぎで両親と弟妹4人が養われているから。
主人公たちの状況がみな、かなり特殊なため、ますます定番の感情の表現とはかけ離れた表現となっているのね。
そんな感じで、かなり真剣に見ないと訳が分からないドラマではあるんですが、パターンに乗っ取らない感情表現のため、その吐露の一つ一つが見ているこちらの心に直に触れてくるんです。
魂が体の中に留まっていられなくなって、思わず飛び出してくる、って感じかしら。

そんな中、少しずつ、自分の本当に求めることがはっきりし出してラストに繋がって行きます。
その展開も、登場人物の一人一人に寄り添うようにして視聴者も味わうことになります。

若い頃って、死にたくなるぐらい孤独で、そこから逃れようとして、人と会ってますます孤独になって、と袋小路に入り込んでしまう事ってあると思うのですが、そんな時代を思い出すドラマでした。

俳優陣もよかったなあ、と思います。
ジュンアを演じるイ・ナヨンは、こういうエキセントリックな人物、ぴったりですね。
そして、初見の時にはジェボクが好きすぎて(こういうどうしようもない感じの男に弱いです)あんまり注目していなかったヒョンビンなんですが、何年も心の中で温めているうちに、この彼、すごく良かったのでは?と思うようになっていたんですね。
再視聴してみても、やはり、このドラマの彼、ほんとに良くて、彼の出ていたドラマの中で最高じゃないか、と思うんですよ。
傷ついた表情をする彼、本当にいいです!
d0060962_953110.jpg
キム・ミンジュンも私はこのドラマの彼が好きなんですよね~~
その後、いろんなドラマでお見かけしていますし、他のドラマの彼の方がたぶん好きだとおっしゃる方が多いんでしょうけれど、私にとってはこのドラマの彼の印象をずっと保ち続けていたように思います。

キム・ミンジョンの方は、このドラマの時にはまだ、幼い感じが残っていますね。
このドラマの設定では子役出身のポルノ女優という事になっているのですが、彼女自身も子役出身の女優。
子役のイメージが残っている彼女ならではのキャスティングだったと思います。

脇役キャラで面白かったのはパク社長。
彼の内面が主人公たちと通じるところが多いんですね。
彼とグクとのかかわりも面白かったです。
演じているのはソン・スンファン。
「テロワール」で主人公の元雇い主を演じていたのが印象に残っていた人でした。
「私の心が聴こえる?」にも出ていますね。

そうそう、このドラマにはシヨンの弟役でソ・ジソクも出演していました。
キム・ギドクの「弓」よりも前に作られたドラマなので、まだまだあか抜けない感じがあって新鮮でした♪


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by yuma at 2015-05-14 14:15 x
ずっと読ませていただいていますが思わずコメントを…

私も韓ドラ視聴初期にカット版で見たこの作品。
実はとても好きでした。たぶん同じ局かと思います^m^(今はもう愛知を離れました)
子役から活躍していたキム・ミンジョンを除いては、まだ無名に近かったヒョンビンとキム・ミンジュン(ややこしい…)もkirikoroさんが書かれている通り、印象としては私も一番良いかも。
まだ注目されてないのが却って彼らを自由に演じさせていたというか、自分の名と関係なく演じていた気がします(うまく書き表せずお恥ずかしい…)。

最近は、明るくふるまっているが実は悲しみがある…というキャラが蔓延していて辟易としているのですが、このドラマにはもっと人間の行動や感情には深みがあることを見せてもらった印象が残っています。

人は誰かを愛してる(愛する)ことで自分の欠けた部分を埋めようと無意識にしていることが、きれいごとでなく描かれていたのではないかな。そうでないと兄と妹でありながら(私はそう思いました)惹かれあい、けれどグクの子を宿しているジュンアが納得できない、というよりそう考えると常識からは外れるかもしれませんが納得できたんです。

今の私の状態であの時のようには4人の感情を拾う自信がないので、私はkirikoroさんのレビューを読ませていただいて再視聴気分を味わわせていただきました。

これからもコッソリ?読ませていただきます。
Commented by ゆずか at 2015-05-14 17:31 x
kirikoroさん、こんにちは。
「アイルランド」懐かしいドラマですね。といっても私は挫折したのでいろいろとは語れませんが・・。
随分前にヒョンビン見たさに観たのですが、何だかさっぱりわからず、良さがわからないままリタイアしました。
テレビでのカット版だったので、余計わからなかったのかもしれませんね。
このときのヒョンビンはちょっと幼さも残っていて可愛いですね。
新しいドラマが次々放送され、なかなか古いドラマを見る機会がありませんが、たまには古いドラマを見るのもいいかもしれませんね。
以前観た時と自分の環境や感じ方も変わってきていると思うので、案外心に響くドラマに出会えるかもしれませんね。
Commented by kirikoro at 2015-05-15 10:24
yumaさん、こんにちは!
yumaさんもこのドラマ、お好きだったんですね~~

>まだ注目されてないのが却って彼らを自由に演じさせていたというか、自分の名と関係なく演じていた気がします

おっしゃるとおりですね。
まだ、自分のイメージを確立する前で迷いがなかったんでしょうね♪

>最近は、明るくふるまっているが実は悲しみがある…というキャラが蔓延していて辟易としているのですが、このドラマにはもっと人間の行動や感情には深みがあることを見せてもらった印象が残っています。

同感です!

>常識からは外れるかもしれませんが納得できたんです。

一般常識からは大きく外れても、その必然性を感じさせられる行動でしたね。

ドラマと視聴者の相性には自分の心理状態との相性もありますから、いいドラマはベストの状態で見たいですね♪

コメントありがとうございました。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
Commented by kirikoro at 2015-05-15 10:28
ゆずかさん、こんにちは。

ゆずかさんはリタイアでしたか!
何気なく見始めてしまうと、分からないところばかりが気になるかもしれませんね。

>このときのヒョンビンはちょっと幼さも残っていて可愛いですね。

そうでした!
幼さ! 「ハイド、ジキル、私」でちょっとおっさん臭い(失礼!)彼を見た後だけに、いっそう新鮮でした♪

古いドラマを見なおすのもいいものですよ。
おっしゃるように、環境や感じ方も変化してい要るので、今まで気付かなかったところに目を奪われたりします。
よかったらまた、お気に入りのドラマなど、再視聴なさってみてください♪

Commented at 2015-06-12 21:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-06-13 06:51
06-12 21:28の鍵コメさん、こんにちは。
urlは任意なので、大丈夫ですよ♪

ところで、このコメントに続いていただいたコメント、公開設定になっているのですが、非公開コメントのつもりでくださったのかな?
私の思い違いでしたら、公開しますので、言ってくださいね♪

いずれにせよ、お役にたてて、よかったです。
また、コメントをお寄せくださいね。
Commented at 2015-06-14 14:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-06-14 20:44
6-14 14:43の鍵コメさん、こんにちは。

同じ脚本家の「勝手にしやがれ」俳優さんも魅力ですよね!
ヤン・ドングン×イ・ナヨン、それにイ・ドンゴン、コン・ヒョジンにキム・ジェウクまで!

英語字幕のものはRuler of Your Own Worldで検索すればあるのですが、最後まで見られるかどうか…。
Commented at 2015-06-19 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-06-19 23:55
06-19 10:50の鍵コメさん、こんにちは。

「勝手にしやがれ」いつかきっと見る機会が巡って来るでしょうね。

>一気見が好きなのでGyaoに戻れなくなりそうです。

GyaOは無料で基本、ノーカット字幕版が見られるのが嬉しいのですが、視聴のペースを自分で決められないのがつらいんですよね。
リストに見たいドラマが溜まって行くのはうれしいですよね。
私はdTVの韓ドラは見たいものは見てしまった感じで、現在はアメリカドラマをぼちぼち見ています♪

Commented at 2015-06-20 19:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kirikoro | 2015-05-14 09:55 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(11)