なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ソ・イングク、チョ・ユニの「王の顔」見終りました


王の顔(왕의 얼굴)  ☆☆
d0060962_18564115.jpg


2014~15年、KBSの水木ドラマ、全23話

演出 ユン·ソンシク(「最高です!スンシンちゃん」、チャ・ヨンフン(「朝鮮ガンマン」共同演出)
脚本 イ·ヒャンヒ(「銭の戦争」、ユン・スジョン(「天命」共同脚本)
出演者
ソ·イングク (光海君役)、チョ·ユニ(キム・カヒ役)、イ·ソンジェ(宣祖役)、シン·ソンロク(キム・ドチ役)、キム·ギュリ(貴人キム氏役)

最高視聴率は9.1%(AGBニールセンによる)

観相と一人の女性を巡る父子の三角関係などを絡め、光海君が王位につくまでを描く歴史ファンタジー。


*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただければ嬉しいです♪


              →「王の顔」は面白かった?


光海君は暴君として知られていた王なのですが、最近の研究で再評価されている人のようですね。
また、この時代は秀吉の朝鮮出兵の時期にも当たり、ドラマや映画の素材になることが結構多いようです。
現在(2015年6月)も「華政」と「懲毖錄」が放送されていますし、近い所では「火の女神ジョンイ」や映画「王になった男」などが作られています。

史劇では預言が出てくることが多いのですが、このドラマは預言者ではなく、観相師がその役目を担います。



光海君の父であり王の宣租は、自分が王としてふさわしくない相を持っており、光海君は王の顔を持っていると知ると息子を恐れ、嫉妬し、鍼で彼の相を変えようとまでしています。
一方、別の観相師から、将来二人の王に仕えることになる相を持っている、とされたヒロインのカヒは父親により、亡くなった兄の身代わりとして男として育てられます。
でも、まだ男装をする前の子供時代に、彼女は光海君に出会い、2人は互いを愛を誓い合っているのね。
この二つの観相師の話が絡まり合って光海君とカヒ、宣租の運命が錯綜していくラブストーリーが物語の縦糸となり、激動の時代、運命に翻弄される3人の姿が描かれます。

実はわたし、終盤までカヒを架空の人物と思って見ていたのですが彼女が"キム尚宮"になったところで、あれ?と思い、調べてみました。
「宮廷女官キム尚宮」というドラマがあるんですよ。内容は知らなかったんですが、どうやらこのドラマの主人公がカヒらしい…。
彼女と光海君のストーリーはチソン主演の「王の女」にもなっています。
歴史書ではキム・ゲシと書かれている人物ですね。
父と息子の二人の王を手玉に取った女として三大悪女の一人にもなっている人物です。
でも、このドラマではその悪女を純愛ドラマのヒロインにしていますから、構造としては「チャン・オクチョン」と似ていますね。

ところが、このドラマにはもう一つの柱があります。
キム・ドジという観相師が王になろうと宮廷に入りこみ、光海君と対決するんですね。
悪役の妨害を乗り越えて、王にふさわしい人物として成長していく光海君の姿にもスポットライトを当てて描いています。


出だしはOKで、映像もきれいだし、三人の運命の行方に期待が高まり、王と王子の対立にもまた、興味をそそられました。
ところが途中から、何だか退屈に感じることが多くなってしまったんですよ。

何でだろう?と思っていたのですが、視点がコロコロ変わってしまうために、心理的についていけないって感じなのかしらね。
特に、壬辰倭乱あたりから、光海君が義勇兵のヒーローになっった話が中心になり、ラブラインがどこかに行ってしまったようで、いったい何の話だろうとなってしまいました。
このドラマはラブラインに焦点を絞って描いた方がよかったのではないかしらね。

また、父子対決にしても、光海君×ドチにしても、なんだか底が浅いんですよね…。
「秘密の扉」での親子対決に入れ込んで見ていた後、続けて見たせいで評価が一段と厳しくなっているのかもしれませんが。

役者さんに関しては、まず冒頭、イ・ソンジェの顔が王になってはいけない顔でソ・イングクが王の顔をしている、というところで違和感を持ってしまいました。
史劇の王様の顔としてはイ・ソンジェの方がそれらしく見えてしまうし、ソ・イングクの顔は三白眼気味な瞳のせいでしょうか、すこし酷薄な感じがしたんですよ。
ただ、髭を生やしてからのソ・イングクはなかなかハンサムさんに見えました♪
顎がつるっとしているのが私は苦手だったのかもしれません。
彼がかっこよく見えた(ただし髭あり限定)のが、私にとってこのドラマで一番の収穫でした♪

演技の方は2人とも、なにせ、台本の人物描写が上っ面な感じで、力を発揮しきれなかったのかもしれない、といった印象を持ちました。

チョ・ユニの男装は私は、今まで見た男装パターンで一番自然に見えたのですが、どうでしょう?
実は、最初に彼女が出て来た時に女性だと思わなくって、この人誰だろう?見覚えのある顔なのに…なんて思ってしまいました。

シン・ソンロクやキム・ギュリはいつもの安定した演技なんですが、やはり、人物造形があまりリアルでないのか、彼らもまた、見せ場があまりなかった感じです。
シン・ソンロクは初史劇ですね。
彼が演じたキム・ドチは架空の(もし歴史書に名があっても名前を借りた程度だと思います)悪役で、よくある史劇の架空の悪役パターン。
実在の人物に交えて架空の悪役を持ち込むと、どうにも矮小化されてしまう気がするんですよね。
彼は「星から来たあなた」でも悪役を演じていますが、結構悪役の似合う人のような気が…。
昔はのほほーんとした男役が多かったように思うのですが。

そうそう、付け加えるならば「星から来たあなた」で主人公がやって来た時代は光海君が王だった時代。
歴史書の中にUFOと思える記述があるらしく、UFOものでは鉄板ですね。

ところで、オープニングにも使われている、歴代王の肖像画が風にはためくシーンがとても魅力的で、これにはどういう意味があるんだろう?と思って見ていたのですが、結局最後までよくわかりませんでした。
これには象徴的な意味などなかったのでしょうか?
私の理解力が不足していたせいなのかもしれませんが、いろいろ思わせぶりな設定を設けながら、内容が乏しかった?などと思ってしまいました。
最初から面白そうだと思わなければ、そんなものだと思って見られたのかもしれませんが、なまじ、スタートのところで期待が膨らんでしまったので、逆に評価がさがってしまったドラマでした。




web拍手 by FC2
[PR]
Commented by みみ at 2015-06-26 10:11 x
こんにちは♪
私はまあまあ楽しく観れました。
秘密の扉と続けてご覧になったので星の数が減ったのでしょうか?
観始めた時「これは良さそう!」と思いました。
テンポは良かったのですが全体の流れがちぐはぐで中途半端さを感じました。
シン・ソンロクさんは「ありがとうございます」と「星から来たあなた」しか観てませんが、あの眼差しは悪役にピッタリだと思います。

7月のテレビ愛知は「ずる賢いバツイチの恋」「お金の化身」「九家の書」と変わらず頑張ってるようです。
でも、どれも視聴済みですが・・・・・
来月の新作紹介が楽しみです。
Commented by kirikoro at 2015-06-27 07:12
みみさん、こんにちは。

ドラマが始まった直後の感じは「秘密の扉」と同じぐらい面白そうに思えたんですけどね…。

それほど期待感が大きくなかったら、星3つぐらいにはしていただろうな、と思います。

シン・ソンロクさん、

>あの眼差しは悪役にピッタリだと思います。

ほんと、あの目つきは悪役にぴったりですよね!

テレビ愛知は新し目の物をどんどんやってくれるのが嬉しいですね♪

Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-07-04 06:44 x
おっは~、Kirikoroマ~マ~!

「王の顔」見られたんですね。羨ましい~!実はCS(旧e2byスカパー!)は契約しているんですが放送している肝心の衛星劇場は、料金が高いこともあり「Select5」に加入していません。ということで貧乏人の俺は視聴を断念…。「王の女」を見たという経緯もあり、同局放送の「秘密の扉」と共に注目していたんですけどね。「奇皇后」が衛星劇場→NHK BSという流れがあったので、密かに期待しているんですけどね。

女性が鍵を握ると言っても過言ではない李氏朝鮮のドラマですが、「なでしこ達の戦い」もいよいよ最終章!難敵なのは間違いないですが、U.S.Aを倒して「W杯連覇」を達成してもらいたいですね!
Commented by kirikoro at 2015-07-04 08:56
駿河の海老太郎さん、こんにちは!

うちは地デジ化以前に電波が渡大退きにくい場所だったため、ケーブルなんですよ。なので、ベーシックプランに衛星劇場をプラスするか、CS放送を見られるプランにするかの選択なんですよ♪ うちでもやはり、両方の契約は贅沢です!

>「奇皇后」が衛星劇場→NHK BSという流れがあったので、密かに期待しているんですけどね。

「奇皇后」が8月の初めに終わりますので、総集編の後という事だと9月スタートってところでしょうか?
じつはわたし、「秘密の扉」の再放送が無いので期待していたのですが、LaLaでの放送なんですね~~
「王の顔」は衛星劇場での再放送が7月中に終わりますから、ぴったりかも!?
キャストから言っても、こちらの方が受けがよさそうですしね。 
さて、どうなりますか?

女子サッカーも盛り上がっているようですね。
とはいえ、私は全く疎くって…
でも、頑張ってもらいたいです♪

Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-07-05 13:59 x
こんにちは、Kirikoroさん!

いつの間にか、高校野球の夏の選手権大会の予選の時期になりました。
昨日は、高校野球、岐阜県大会の開会式を見に行きました。開会式を見に行ったのは初めてです。細江・岐阜市長、上手・岐阜県副知事なんかも来賓で来られていて「自治体の首長クラスも来るんだ。」と驚きましたね。母校は女子高でしたか?(続く)
Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-07-05 14:01 x
「秘密の扉」…。
niceな情報Thank you!で~す、ということで。7月の月刊TVガイドを見たら、「秘密の扉 ガイド」という15分番組が掲載されていました。LaLa TVに問い合わせたら、「8.3~週2話放送にて、24話=約3ヶ月」とのこと。幸運なことにLaLa TVは「Select5」に加入しているので申し込みすれば見られますね。かつて、この局って杉浦 幸ちゃん主演で、怖~い、おばあちゃん役の初井 言榮さんも出演していた「ヤヌスの鏡」を放送していたんですよね。「女性チャンネル」と謳っていることもあり宮中の女性が中心のドラマになるのかな?と想像します。(続く)
Commented by 駿河の海老太郎 at 2015-07-05 14:04 x
元々、スカパー!の月刊冊子「ヨミナル」では「同伊とイ・サンを繋ぐドラマ」と謳っていたので、非業の死を遂げた荘献世子の人生を含めて、楽しみに見させてもらいます。

先程、FIFA 女子W杯は銅メダルを懸けた独英決戦が行われ、延長戦にもつれ込んだ戦いはEnglandが勝利を収めました。早起きして、気楽に?後半戦から見ましたが、素人目に見ても独が押しているようにみえたんですけどね。EnglandがPKを上手くモノにしましたね。疎い…。そんなこと仰らずに家族、Girl's Talkに乗り遅れない程度にはしといてくださいね(笑)
Commented by kirikoro at 2015-07-07 09:07
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
高校野球の県大会の開会式に行かれたんですね~~
実はわたし、高校野球は大嫌いです!
というのも、うちの息子くんが高校野球出場常連校に通っていたんですが、応援に行くのが強制で(いかないと欠席扱い)行ったら高野連が応援の子たちの服装だとか態度のチェックがあって、とな~んか、嫌な雰囲気だと思っちゃったんですよ。
私自身は共学でしたが思いっきり弱い学校だったので、まったく知りませんでしたが。

「秘密の扉」はご覧になれるんですね!
初めは取っ付きにくいかもしれませんが、面白かったので、ぜひ期待なさってください♪
このドラマは、父と子の対立がテーマのドラマで、宮中ドロドロ劇の要素はきれいさっぱりありません。

女子サッカーは準優勝で終わってしまったようですね。
でも、よく頑張ったと思います。
Girl’s Talkは嫌いじゃないのですが、スポーツ関係はまあ、いいや、と…。
家族もサッカーは見ますが、女子サッカーは関心ないみたい。家に女の子がいないせいでしょうかね。
家族では、以前はマイナーな音楽の話で盛り上がっていたのですが、最近は夫くんが離脱して、AKBが~とか、指原が~なんて言っております♪


Commented by くりくり at 2015-07-21 16:17 x
kirikoroさん、こんにちは。
王の顔、ようやく終了しました。けっこう時間がかかってしまいました。
概ねkirikoroさんと同じ感想を持ってしまいました。
なんというかとてもサバサバした内容だった気がしました。
結局作者が光海君自身を描きたかったのであれば23話では足りなかったのかもしれません。序盤はそんな感じでもなかった気がしたのですが。
でも終わってみればわりと好きでした。
やはり王の女を思い出しましたが、今回のは光海君のいいとこどりですよね。
キム・ドチはちょっとしつこかったかな。私的にはいなくてもよかったような?
ついでながら、宮廷残酷史も見ちゃいました~。
こちらはあっという間の50話でした。もちろんヴィジュアル的には劣ります。
不思議と女たちの争いを中心に据えているとの印象は受けませんでした。
キム・ヒョンジュさんが堂々としているせいか、ドロドロ感もなかったです。
前半は仁祖と昭顕世子の関係も大きく取り上げられています。三銃士でのかっこいい世子とは大きく異なり、どちらかというと覇気のない我の弱い世子ですが、こちらもなかなかの適役だと思いました。後半の仁祖は裸の王様的でますます影が薄いですが、さきの宣祖よりはよほど情も深く愛嬌がありました。
このあと時代劇はしばらく見られそうもなくさみしいですが、
kirikoroさん、また素敵なドラマをぜひ教えてくださいね。
Commented by kirikoro at 2015-07-22 07:56
くりくりさん、こんにちは

わりと好き、と思えるドラマとなって、よかったですね。

>サバサバした

言われて見ると、そんな感じですね。

>結局作者が光海君自身を描きたかったのであれば23話では足りなかったのかもしれません。序盤はそんな感じでもなかった気がしたのですが。

同感です。

「宮廷残酷史」もご覧になったんですね!
私はタイトルからして苦手なドロドロ物、と思ってはなからパスしたんですが、ドロドロ感、なかったんですか!
それなら、私も大丈夫かもしれませんね!
次の機会に見てみます♪

>このあと時代劇はしばらく見られそうもなくさみしいですが、

わたしも時代劇は日本語字幕がたよりなので、しばらく新作はお預けになりそうです。
くりくりさんもご覧になったドラマのことを、また、教えてくださいね♪


Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-01-30 14:47 x
Kirikoroさん、お久しぶりです!

今頃になりましたが、明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします!

>実はわたし、高校野球は大嫌いです!
なるほど、そういうことというか理由があったんですね。まあ地上波、BS、CS問わず全国ネットで応援席も映るわけですから、そういった規制・統制も致し方ないのかもしれませんね。発表があったばかりですが、今春の選抜大会にも選ばれていますか?サッカー、バレー、ラグビー…他の団体球技に比べて、特に厳しい気がしますね、高野連という組織は。昔は「連帯責任により出場停止」なんていうのもありましたからね。

現在、こちらでは「王の顔」(テレビ愛知)が放送されています。朝のワイドショー(情報番組)って、全部、全国ネット化と思いきや、テレビ東京だけは関東ローカルなんですね。「なないろ日和」の枠で、放送されていますけどね。どうやら既にテレ東で放送された分の再放送のようですね。衛星劇場がCSのSELECT5に加入していなかったために視聴を断念していましたが、ようやく地上波での放送となりました。

人の顔には過去、現在、未来が表れる→人間社会は顔が支配する、ということからきているtitleのようですね。観相という顔とかの相を観るという職業の人も出てきますね。

「王の女」では、親子丼しちゃったことになっている金 介屎、「宮廷女官 金尚宮」でjはイ・ヨンエちゃんが演じたキム・カヒも出てきましたね。

母が王后(中殿)ではなく恭嬪という側室であったために、なかなか世子になれず苦労した光海君の人生、運命を見守って生きたいと思います。この時代は、同母、異母と問わず兄弟でも色々とあったわけですからね。
Commented by kirikoro at 2016-01-31 10:19
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
こちらの方こそ、今年もよろしくお願いいたします。

駿河の海老太郎のところでもテレビ愛知をご覧になれるんですか!
私はこの前の「夜警日誌」を見ていました。

今回の金介屎、色気がないところがこのドラマのいいところかもしれません。
親子丼…
史劇は何でもアリですが、最近見た現代もので親子丼設定が出てきてビックリでした。

光海君はドラマの主人公になりやすい人物ですね。
ドラマごとに違う光海君像を追っていくのも楽しみの一つだと思います♪
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-02-21 18:56 x
こんばんは、Kirikoroさん!

>こちらの方こそ、今年もよろしくお願いいたします。
いえいえ、こちらこそ!
また色々な話題・ドラマのことなどを綴ってくださいね!

昨日は、帰省+αの所用があったこともあり、静岡・愛知県跨ぎで、一部区間ですが、開通したばかりの新東名高速に乗りました。昨日は、雨が降っていて、特に東三河地方は、午後6時過ぎには豪雨に。織田・徳川連合軍vs武田軍の戦いで有名な「長篠の戦い」の跡地近くにある「長篠設楽原PA」に立ち寄ったのですが、まあ大変。トイレのある建物には、開閉式の出入り口があるのですが、そこに豪雨の影響の泥水が流れ込んできていました。白い床に、黄土色の泥水が流れ込んできたものだから目立ちます。隣の飲食店の建物から、従業員の人が来てモップで左側の下り坂の床のほうに泥水を掃き出していましたけど。余程、低い位置に建てた?それとも設計ミス?この先、梅雨時、台風襲来時が思いやられます。

>「宮廷残酷史」もご覧になったんですね!
私はタイトルからして苦手なドロドロ物、と思ってはなからパスしたんですが、ドロドロ感、なかったんですか!
う~ん、覚悟しておいてくださいね!男の俺でさえ、「相手を貶めるなら、ここまでやるか!」と思いましたからね。

>史劇は何でもアリですが、最近見た現代もので親子丼設定が出てきてビックリでした。
現代劇でもあるんですか!それは驚きですね。

確かに今回の金介屎、色気が無いと言えるかもしれませんね。宣祖への刺客という見方もできますけど。

>光海君はドラマの主人公になりやすい人物ですね。
そうですね。李氏朝鮮王朝では2人しかいない「君」付けの国王ですからね。結末を注目していきたいです。
Commented by kirikoro at 2016-02-22 09:23
駿河の海老太郎さん、こんんちは。
新東名、もう行ってこられたんですね。
豪雨、大変でしたね。こちらでも春先だとは思えないぐらいの雨でした。
それにしても、新しい建物でどういう事だったんでしょう?

>男の俺でさえ、「相手を貶めるなら、ここまでやるか!」と思いましたからね。

「宮廷残酷史」やはりそうでしたか!
これはどうも、私には無理そうです…。

「王の顔」どうぞ最後までお楽しみください♪
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-02-27 22:46 x
こんばんは、Kirikoroさん!
早いもので2月も間もなく終わりですね。今年は、「五輪year」なので閏年ということで29日までありますが。明日からは東京マラソンを皮切りに、リオ五輪のマラソン代表選考レースが3週連続でありますし、なでしこJAPANのアジア最終予選も始まるので、テレビ視聴が忙しくなりそうです。何か注目競技とかはありますか?、

>新東名、もう行ってこられたんですね。
そうですね、一部区間だけしか走っていませんが。従来の東名高速に比べて、山の中を走るので、予想通りトンネルが多かったですよ。

>それにしても、新しい建物でどういう事だったんでしょう?
このことは珈琲休憩しながら見つけた「お客様からの意見・要望」というNEXCO中日本宛ての葉書が置いてあったので、投書しておきましたよ。

>「宮廷残酷史」やはりそうでしたか!
昭顕世子・孝宗の母である仁烈王后が早くに亡くなったために起きた
貴人趙氏vs愍懐嬪姜氏(嬪宮)という構図の対立なんですけどね。
まあ「残酷史」というのがドラマ名に入っている訳ですから、ご自身で想像してくださいね(笑)

>「王の顔」どうぞ最後までお楽しみください♪
宣祖の最期は、金尚宮(金 介屎)による毒殺死でしたね。彼女は、なかなか世子として明の承認を得られなかった愛する光海君を王座に就けた代わりに声を失いましたね。父王に謀反の疑いをかけられた光海君は最後のほうで「父上が見るべきなのは王の顔ではなく民の顔です。」とか言っていましたね。後金の創始者にて清の初代皇帝とされるヌルハチは初めて聞きました。                 (続く)
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-02-27 22:46 x
気になったのが、文禄の役(壬辰倭乱)・慶長の役(丁酉再乱)の際に出てきた、あのほらっ、シブがき隊のヤッ君に似た俳優が演じていた木下という武将です。日本軍の総大将である豊臣 秀吉は、もともと、木下姓を名乗っていて、正室おね(北政所)の実家のほうでも木下姓を名乗らせました。おねの実家の誰かかな?とも思ったのですが、どうやら秀吉本人でしょうね。後ろの豊臣家の家紋を見ても。実際には、秀吉は肥前名護屋城止まりで朝鮮には渡っていませんが、まあドラマだから、そうなっているんでしょうね。

Blogでcommentを出させてもらっている方からの紹介です。
http://news.walkerplus.com/article/71258/

どうやらNHK BSの「日9」の韓国時代劇枠が復活するようですね。また視聴が忙しくなりそうです。
Commented by kirikoro at 2016-02-29 08:52
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
PAの件、苦情はちゃんと伝えるのが一番ですよね。

木下…秀吉なんでしょうね。
日本のドラマだとありえないと思うんですが、韓国しい劇を見ていると、このへん感覚が鈍ります(汗)

「イニョプの道」私も楽しみにしています。
またBS11では「王の顔」と同じメンバー登場、チソン主役の「王の女」が4月?から放送予定なんて情報もありまして、(ドラマ自体の評判は良くないんですが)楽しみにしています。
それに加え、KNTVが史劇特集を組んだので、私もとうとう3月から契約しました。(出費が痛い!)
私も視聴が一段と忙しくなりそうです♪

Commented by かげ at 2016-05-05 22:22 x
皆さんは、辛口が多いでしたが、もう3回も借りて北は見ました。台詞が共感するところがあって、光海の躍動感に惹かれました。あまり見ない韓ドラですが楽しんでいます。
Commented by kirikoro at 2016-05-06 19:07
かげさん、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。
お気に入りの作品をいろいろけなしてしまって、ごめんなさいね。
セリフに共感、光海君の躍動感でしたか!
私はできれば、どの作品も面白く見たいと思っていますのでスが、どうしても良さの良く分からないドラマもあります。
私には面白さが今ひとつわからなかった作品に、こういったお勧めポイントをお聞かせ下さると、とてもうれしいです♪
ありがとうございました♪
Commented by ゆかりん at 2016-05-30 19:02 x
はじめまして。
私も楽しく見ました。
もともと時代物は苦手で、他のも見てみましたが、内容が難しく面白さが分からず..
だけど、ソイングクくんびいきだからでしょうか(笑)内容も分かりやすく、それよりなによりイングクくんが素敵で毎日が楽しみでした。
カヒとも、たとえ結ばれなくても国を守るといった同じ志を持った同士のような、お互いを思いやる、そんな関係も好きでした。
イングクくんのアップが多かったのがやっぱり一番かな。。
すみません、ミーハーな感想で(笑)
Commented by kirikoro at 2016-06-03 06:53
ゆかりんさん、こんにちは。
はじめまして♪

私も昔は時代物は苦手で、全部パスしていたんですが、今では好きなジャンルの一つになっています。

ソ・イングク君、素敵でしたね~
私は実は彼が苦手だったんですが、このドラマではとても素敵に見えました。
お話も大事ですけれど、素敵な俳優さんを存分に楽しみたいですものね。
Commented by お気楽母 at 2016-06-06 09:40 x
今、王の顔見終わりました。
最終的には、こうなるであろうと予想は着いてましたが、えっこうなるん?でしたね。
主人公は、光海君でも宣祖でもキム・ドジでもないカヒだったのでは。
実在する人物だったんですね。
「女官キム尚宮」の主人公ですか?
何話か見たような気もしますが・・・。
ラストがああなるとは思いもしませんでしたね。
途中でもしや死なないのではと思ったり、夢に出て来た時にはああ・・・亡くなったんだあ・・・と思ったり。
そうそう違和感が一番あったのは、倭寇が攻めて来た時から日本の武士がバリバリの韓国語喋ってるんですよね。おかしくないですか?
何でも有の商人が、片言の日本語喋ってるのに武士同士が韓国語で喋るって・・・。
そこそこの役者さんが出てるんだから、監督も脚本家ももうちょっと考えるべきでは?
韓国で放送するからいいか?ではあまりにずさんでは?
光男君を王に着かせるにあたりすんなりと着かせるわけにはいかず、いろいろ盛りだくさんにしたんでしょうが、盛りだくさん過ぎたような・・・。
微妙でございました。
Commented by kirikoro at 2016-06-08 07:41
お気楽母さん、こんにちは。

>主人公は、光海君でも宣祖でもキム・ドジでもないカヒだったのでは。

そういうとらえ方もできるドラマでしたね。

>何でも有の商人が、片言の日本語喋ってるのに武士同士が韓国語で喋るって・・・。

日本語の扱いには、ほんとがっかりすることが多いですよね。
でも、ここで下手な日本語を聞かされると、それもがっかりしますし…。

>光男君を王に着かせるにあたりすんなりと着かせるわけにはいかず、いろいろ盛りだくさんにしたんでしょうが、盛りだくさん過ぎたような・・・。
微妙でございました。

同感です…。
by kirikoro | 2015-06-24 19:02 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(23)