なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

チョン・ドジョン( 鄭道傳)の感想です


チョン・ドジョン( 鄭道傳=정도전)  ☆☆☆
d0060962_20585192.jpg

2014年のKBS週末大河ドラマ、全50話。

演出 ガンビョンテク、イ・ジェフン
脚本 ジョンヒョンミン
出演者
チョ・ジェヒョン (チョン・ドジョン役)、ユ・ドングン(イ・ソンゲ役)、イム・ホ(チョン・モンジュ役)、パク・ヨンギュ(イ・イニム)、アン・ジェモ(イ・バンウォン役)、キム・ミョンス(恭愍王役)、ソ・インソク(チェ・ヨン役)
最高視聴率は19.8%(AGBニールセンによる)

高麗末期から朝鮮建国期を、キングメーカーであり、また、朝鮮王朝の礎を築いたチョン・ドジョンを中心に描いたドラマです。
同時代を扱ったドラマとしては他に、「龍の涙」「大風水」「開国」などがあります。
また、現在韓国では「六龍が飛ぶ」という、やはりこの時代を扱った全50話予定のドラマが放送中です。

私の場合まず「大風水」を見て、描かれているチョン・ドジョンがあまりにも小物で違和感を抱いたんですね。(結局、架空の主人公にその業績を奪われる形になっていたと思います)
でも、その前に見ていた「根の深い木」では、直接は登場していなかったのですが反対勢力の思想的な源流が彼だったはず。
立場は違っても、とても尊敬できるような人物として描かれていたと思うんですよ。
次に見た、「龍の涙」では世子にバンソクを推すチョン・ドジョンにが理解できず(だって、「龍の涙」ではバンソク母の欲に色惚けイ・ソンゲが惑わされて第一王子の乱が起こったような描写なんですもの)にいたため、チョン・ドジョンを主人公としたドラマならどうなるのか、と非常に興味がありました。



見終えた感想としては、今回はやはり、主人公が彼自身という事もあり、疑問に感じていたところはきっちり解消されており、彼が民本主義(政治の目的は民衆の利福にあり、政策の決定は民衆の意向に従うべきという思想)という彼の信念に沿って生き抜いた人物として描かれていたと思います。

その反面、私自身、わりとイ・バンウォンが好きで、王建強化のためには彼の悪行も必要悪であった、という見方を今までしていたのですが、今回のドラマでは「民本主義」を潰し、チョン・ドジョン(およびイ・ソンゲ)の理念を捻じ曲げてしまった人物としてほんと、悪人として描かれていたと思います。

もちろん、歴史と言うのは正解が一つというものではありませんから、それはそれとして楽しむべきものなんだろうな、と思います。
バンウォンにしても、イ・ソンゲにしても、それぞれのキャラは納得できるものとして描かれていたと思います。
何よりも、主人公のチョン・ドジョンが悪事に走ることはあっても、民のことを第一に考えて行動した政治家としてきっちりと一貫した姿で描かれており、興味深く見終えることができました。
もしもバンウォンをチョン・ドジョンが殺してしまっていれば…などと夢想もしながら見ていました。

また、信念と友情のせめぎ合いも面白かったですね。
チョン・ドジョンとチョン・モンジュのそれぞれの思いには泣かされました。

ただ、やはりこのドラマでも、チョン・ドジョンが書物の形で残した業績はあっさりと描かれていました。
やはり書物というものはいくらすごい物でも、ドラマにはなりにくいんでしょうかね。

また、現代の嫁姑問題を時代を移して取り入れたような展開が無かったことも好感が持てたところです。
神徳王后康氏にしても、理性的な女性として描かれていますね。
彼女とイ・バンウォンは最初から反目し合っていたのではなく、むしろバンウォンは彼女を実の母以上と思えるぐらいに慕っていたと描かれています。
でも、神徳王后康氏が自分の実の息子にも王位の可能性が見えた時にバンウォンを推さずに少しばかりの欲を見せたことでその関係に亀裂が入った、といった描かれ方なんですよ。
そのためバンウォンの心にも葛藤が生まれ、単に母の仇のような存在と描いているので出ない陰影が生まれていて、その部分も面白かったです。

全体的な印象としては、最近の歴史ドラマの中ではちょっと地味目な印象ですね。
ヘタに話を盛っていないのは好感が持てるものの、ちょっと退屈にも思える部分かもしれません。
私はもう少し華やかな歴史ドラマが好きなので、評価が星3つになってしまったのだと思います。

「大風水」や「龍の涙」をご覧になった方には、同じ時代を別の角度から見るこのドラマの面白さ、というものもあり、比べて見るのもまた、面白いと思います。


web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2016-05-17 16:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-05-19 21:05
05-17 16:14の鍵コメさん、こんにちは。

そうですね。
地味な役者さんの多いドラマでしたね。

「Happy Together」にもチョ・ジェヒョンさん、出ているんですか♪
私はこのドラマ、名前しか知らないんですよ~
Commented by chibimi at 2016-05-24 17:50 x
にやけたチンピラ役なんですが、優しいところもあり・・な役柄だったような??。。
やはりそのイメージが強すぎて、だからおじさんウィジャ王子の登場場面とかぶっちゃって(笑)
演技の幅が広いのはわかります。
映画の「清風名月」では、この俳優さんだってことわかりませんでした。
私はチェ・ミンスさん見たさに観たのですが・・。
Commented by kirikoro at 2016-05-28 08:58
〉chibimi さん

おしえてくださって、ありがとう!
by kirikoro | 2015-11-10 21:05 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)