なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シリーズ第2作「応答せよ1994」視聴完了


応答せよ1994(응답하라 1994)  ☆☆☆☆
d0060962_21523992.jpg


2013年、tvNの金土ドラマ、全21話(BSDliteでの放送及びレンタル版は全35話)
演出 シン・ウォンホ
脚本 イ・ウジョン
出演者
コ・アラ(ソン・ナジョン役)、ソン・ドンイル(ソン・ドンイル役)、イ・イルファ(イ・イルファ役)、ジョンウ(スレギ役)、ユ・ヨンソク(チルボン役)

前作「応答せよ1997」でケーブル局での最高視聴率を大きく塗り替え、シーズン2に当たる本作では最高視聴率11.9%(AGBニールセン)とその記録をさらに塗り替え、現在(2015年)でもケーブルドラマでナンバーワン視聴率の記録を保っている話題作。
私はGyaOで見ました。

前作とは違い、本作では1994年に大学入学した人たちが主なメンバーで、彼らの入学直後の大学生活から、社会人になった後までが時代のうねりの中で描かれます。
この間に韓国を大きく揺れ動かした事件、たとえば三豊百貨店崩壊事故やIMF通貨危機、2002年ワールドカップなどが、登場人物の生活と有機的に結びつく形で、ありありと描かれているのも魅力の一つになっています。



形としては2013年の現在、久しぶりに会ったメンバーが、2002年ワールドカップ最中に行われた、ヒロインの結婚式のビデオを見ながら当時を思い出していく、という構成になっています。
この結婚式のシーンではなかなか新郎の姿が出て来なくって、新郎は誰?誰?と、このシーンが出てくるたびに思うんですが、このビデオでも、少しずつ、新郎の姿がはっきりしてくるんですね。
この部分もとても楽しい部分でした。

また、ドラマの舞台になるのは新村(ソウルの学生街)の下宿屋。
下宿人同士の関係もより濃密になりますし、昔ながらのまかない付きの下宿屋なので、下宿の主人と下宿人たちの関係も濃密ですし、地方から出て来た子供たちなので、離れた両親との関係もしっかりと描かれています。
主人公たち以外のエピソードも、それぞれのキャラに従った形で、しっかりと描かれていて、彼らと共に、笑ったり泣いたり、なんて場面もたっぷりあります。

どの子も皆、キャラが明確で、キャラに従った行動をし、それぞれに魅力的だったんですが、私が一番好きだったのはドヒでした。
登場した時には顔もしっかり晒せないような内気な子なんですが、実はソ・テジの大ファンで追っかけ。
しかも、重い口を開けば出てくる言葉は罵詈雑言のオンパレード、と言うキャラです。
この子が恋に目覚め、苦手な事にも少しずつ挑戦していく姿がけなげなんですよ。
主人公たちの恋愛がなかなかはっきりしない中、恋愛中のカップルの一喜一憂を早い段階から表現しているのも彼女たちのカップルなんですね。

下宿屋をやっているのはヒロインの両親で、演じているのは1997年の時と同じソン・ドンイルとイ・イルファ。
1997以上に存在感があります。
また、1994と1997の2組の夫婦が顔を合わせる、なんてシーンもあって、小さな笑いを誘っていました。

物語を引っ張っていくのは1997の時と同様、ヒロインの夫探しなんですが、本作では最終話まで、予想はついても希望(!)は捨てられない状況。
小出しに出される情報に一喜一憂させられます。(どちらかに肩入れして見ていれば、ですが)

相手は最初は男性の下宿人全て+その友達1名の計5人。
でも、だんだんに候補から外れて行き、最終的には二人が残り、そのどちらか、という状態が長く続きます。

ひとりは「スレギ(ゴミ)」と呼ばれる医大生。
他の人たちよりは少し年上で、ヒロインの兄と親友だったのですが、ヒロイン兄が亡くなった後、ヒロインには兄代り、ヒロイン両親にとっては息子代わりになっています。
演じているのはチョンウ。「最高です!スンシンちゃん」や「素直に恋して~たんぽぽ三姉妹」に出ているようです。

もう一人は「チルボン」。
ヒロインが通う大学の野球部のスター選手です。
明せいばかりではなく、実力もある選手のようですね。
彼の涼死因は健在なのですが、離婚していて、そのどちらにも彼の居場所が無い感じの、少し寂しい生い立ちの人です。
役者はユ・ヨンソク。「九家の書」でも印象に残っていた人ですが、この後ホン姉妹作品の「メンドロントット」で主演しています。

まず、ヒロインのナジョンがスレギを兄ではなく男としてトキメキを感じるようになるところから、この3人の関係は始まります。
でも、兄として留まろうとするスレギ。
一方、チルボンはナジョンの事が好きになるのね。
野球でも、決してあきらめない努力の人なんですが、恋愛でも不屈の精神を見せるチルボンです。

包容力のあるスレギと、カッコイイだけではなく影を持つチルボン。
私はどちらかと言えばチルボン派だったのですが、スレギにも捨てがたい魅力があって、よりこの選択の行方に興味をひかれました。

ヒロインを演じているのはコ・アラで、実はわたしはこの人、今までちょっと苦手気味だった人なんです。
何を隠そう、このドラマを見るのが遅くなってしまった原因にもなっていたんですよね~
でも、実際見てみると、彼女がいいんです!
キャラ的には1997のヒロインと似ていて、うるさくって暴力的なんですが、コ・アラがやると品があるというのか、嫌味が無くて可愛いんですよね。
苦手なはずのキャラがちっとも苦痛にはならず、むしろ魅力に見えてきました。

また、小さな楽しみとしては、物語が1997年になると、1997のメンバーがちらっと登場してくるんですね。
それもまた、くすっとできて、楽しかったです。

web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2015-11-17 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2015-11-19 23:28
11-17 22:04の鍵コメさん、こんにちは。
鍵コメさんは一気見されたんですね♪

>1話のあたりでは、こういう顔の人はきらいなくらいだったのに・・・アッというまに、素敵に見えてしまうんだから、不思議????

私も、最初は素敵に見えて来るとは思ってもいませんでした。

>シーズン2の視聴率が、1よりも上、凄いですよね。でも納得の内容です。

同感です!

「六龍が飛ぶ」評判いいですね!
ますます期待が膨らみます♪

こちらの方こそ、また、ご覧になったドラマの感想をお聞かせくださいね。

Commented by ケロ at 2015-11-21 11:31 x
こんにちは。

応答せよ1994良かったですよね!
1997は、主役二人が結婚するんでしょ?みたいな感じが最初からあったんですけど(笑)、こちらは最後までどっちなのー???ってハラハラでした。
ドヒのキャラも良かったですよね。おとなしい子なのかとおもってたら、話し出したらオーマイゴット(笑)!こちらのラブラインも素敵でした。
下宿している学生たちだから、それぞれの親子の愛情話もちょこちょこ登場して、見ててスッゴク温かい気持ちになるんですよね。

1988が放送開始したみたいですが、こちらも好評みたいですね。機会があれば見てみたいな。

あ、アメリカのドラマですが、クローサーなんか良いです。主人公が女性の刑事なんですが、敏腕なんだけど、ストレスがあるとスイーツが止められないオチャメな部分もあって可愛いんです。アメリカドラマ見られる機会があれば、ご参考ください。
Commented by kirikoro at 2015-11-22 20:57
ケロさん、こんにちは。

>こちらは最後までどっちなのー???ってハラハラでした。

ほんと、うまい作り方で、最後までハラハラさせられました。

ドヒのラブラインも、家族の話もほんと、よかったです♪

1988すでに視聴率は10%を越えたようですね。
私もそのうちに…と思っています、

アメリカドラマのおススメもありがとうございます。

>敏腕なんだけど、ストレスがあるとスイーツが止められないオチャメな部分もあって可愛いんです。

このキャラ、好みです。
機械があれば、ぜひ見てみたいと思います♪
by kirikoro | 2015-11-14 22:00 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)