なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

愛憎復讐劇だけど面白かった「福寿草」


福寿草(노란 복수초) ☆☆☆☆
d0060962_2135236.jpg

2012年のtvNの朝ドラ、全108話(BS版は144話)
演出 チェ・ウンギョン(白い嘘」「ピンクのリップスティック」「金よ出てこいコンコン」
脚本 ヨ・ジョンミ(「鳴かない鳥」)
最高視聴率 5.99%(AGBニールセンによる)
出演者
イ・ユリ(ソル・ヨナ役)、ヒョン・ウソン(ハ・ユンジェ役)、ユン・アジョン(チェ・ユラ役)、チョン・チャン(チェ・ガンウク役)、ミン・ジヒョン(ソル・スエ役)

母の再婚相手の娘の罪を被せられ、恋人や家族を失った女性の復讐劇。
いわゆる、愛憎ドロドロ劇、悪女もののドラマですね。

私はこのジャンルの話が苦手でほとんど見ないのですが、近年のこのジャンルでは、最高に人気を得た話題作のようなので見てみました。(この視聴率はケーブルドラマなので、かなりのヒット作です)

でも、やっぱり苦手は苦手。
序盤からしばらく(BS版だと40話ぐらいまで)はやはり、かなりつらくって、1度は挫折。
ヒロインがともかく、弱くて、バカな女に一方的にやられているばかりでもう、苦しくって…。
再トライし、後半は絶対面白くなるはずだから、と、投げ出しそうになるのをひたすら耐えて乗り切りました。

結論から言うと、我慢した甲斐がありました!
愛憎ドロドロ劇がかなり苦手な私も、このドラマはお勧めです!
冒頭に出てくる脱獄シーンに戻ったあたりから、どんどん面白くなり、後半になるともう、止まらなくなってしまったんですよ。
次々と罠を仕掛けて真実を暴いていくヒロインにスカッとするも、彼女を陥れた女が悪あがきをして、ますます悪事を重ねてハラハラさせらる展開に目が離せません。
BSで見ていたんですが、次が待ちきれず、81話(オリジナル版では61話)からはdTVに切り替え、ご飯を食べるのもたびたび忘れて4日足らずで最後までたどり着いてしまいました。




このタイプのドラマでは、最後の最後で消化不良を起こしてしまい、今まで耐えていたのはなんだったの?となるのが心配の種。
評判を見てからの視聴だったのであまり心配はしていなかったのですが、ラストも不満の残らないもので、ほぼ満足でした。

ヒロインのヨナは、再婚で金持ちの家に入った母のお荷物とならないよう、知的障害を持つ妹と二人貧しい暮らしをしている女性。
大学時代からの付き合いのユンジェとは婚約しよう、というところなのですが、ユンジェが実はジェイ化粧品という大企業の跡取り息子ということを知らず、自分と同じように貧しい青年だと思っています。
そして、彼が社長をしているとも知らず、入社試験を受け、ジェイ化粧品に入社するヨナ。
また、ヨナたちは父が残した借金のため、借金取りから追われる生活をしていることを母に秘密にしていたのですが、そのことを知った母の再婚相手はヨナたちも面倒を見ることにし、同居することになります。
一方、ヨナ母の再婚相手の娘のユラは幼いころからユンジェだけを思い続けていたのね。
ただでさえ、再婚相手の家族が受け入れられない上に、ユンジェとのことまで知ったユラは嫉妬に狂い、ヨナへの嫌がらせを始めます。
そして、ついに自分が起こしたユンジェ妹のひき逃げ事件の罪をヨナに被せます。
ユラを守ろうとするユラ父や金を得ようとする汚職警官が手を組み、結局刑務所へと送られてしまうヨナ…。
それまで人を疑うことを知らなかったヨナは判決後、はじめてユラに陥れられたことを知ります。
そんなヨナが信じられず、彼女が妹を殺した、と思い込むユンジェ。
そして父の死後に現れた継母の息子と会社の社長の座を争うことになり、ユラとの政略結婚を選びます。

絶望の中にいるヨナのところには”ゾルバ”を名乗る人からの彼女の無実を信じる手紙が届きはじめ、ヨナはそれにより、生きる希望を持ち始めます。
そして、仮出所後は自分の汚名挽回を目指すのですが、ヨナはそれを次々に妨害、次から次へと新たな犯罪を起こしていきます。


最初は家族以外の誰からも信じてもらえないヒロインですが、誠実な姿を見せ続けることで、一人一人、と彼女の味方が増えていきます。
基本は悪女物なのですが、1対1の対決ではなく、団体戦って感じですね。
頭のいい悪女が罠を仕掛けてくるのも面白いんですが、知能派ではなく、行き当たりばったりの犯罪を犯しながらも、運と周りの人に守られている悪女を、その周囲もろとも追い詰めていくという展開が痛快でした。

そこにもう一つ、ユンジェの継母の悪事をめぐる物語が展開します。
彼女はユンジェの実母を実力行使で連れ去り、運転手と駆け落ちしたとのうわさを流して自分が後釜に座ったのですが、そのことが夫(ユンジェ父)にばれそうになると事故を装って殺そうとし、また、彼が死んだあとは、自分の息子を使っての会社の乗っ取りを画策します。
じつは、ラストに関して私はふたつほど不満があったのですが、そのひとつがガンウク母の結末なんですよ。
彼女もこれ以上はないってぐらいの天罰は受けるんですが、やっぱり、人間社会での罰もきっちり受けてほしいなあ、と私は思ったんです。

さて、そのユンジェ継母の息子というのがガンウクで、彼は最初にヨナが陥れられた事件の真相を知りながらも無視するのですが、良心が痛み、ゾルバとして彼女と文通。
次第に彼女の姿に惹かれていき、自分のすべてを捨ててまで、彼女にひたすら尽くす協力者となりいます。

ヨナが彼を選ぶのか、それともユンジェに戻るのか、というラブラインの行方にも注目です。
とことんいい人と、2度までヒロインを裏切った男なので、はた目からは元さやはありえない!と思うのですが、いい人と好きな人が一致するとは限りませんからね~~
終盤になり、ますますわからない展開になって、この部分も面白かったです。

メインストーリはこんな感じで、とても面白かったんですが、サイドのテイルとスエのストーリーもよかったです。
最初はヨナが自分の婚約者を殺したと思い、彼女を殺そうとするほど憎んでいたテイルなのですが、次第にヨナが犯人ではないことに気づき、彼もまた協力者になるんですね。
その彼がヨナに協力するうちに、彼女の妹で知的障害のあるスエと親しくなっていくんです。
知的障害者との恋愛を描くのって、なかなか難しいと思うんですが、二人のシーンにはほっこりさせられ、恋愛に発展するのも自然な感じで描かれていて、よかったです。

あと一つの私の不満は子供問題。
他の部分では、割と丁寧に結末が描かれていたんですが、この部分だけは、ちょっとイージーに話が進みすぎたかな、と思いました。

それと一つ、理解不能な部分が…。
終盤、逃走中のユラがはさみで髪を切るシーンがあったんですが、その後も髪型、変わっていませんでしたよね。
これ、もしかして、ここでショートカットに変身予定が、何か事情があって取りやめになったとしか思えないんですが、それってなんだろう?
あまりにも似合わなくって、本人が拒否、とか?

最後に豆知識
タイトルの福寿草ですが、試練に打ち勝てば幸福と長寿が 訪れるといわれる幸運の花だという言い伝えのエピソードが効果的に挿入されていたんですが、この花の名前を知らないと、韓国語では復讐の花?って感じにまず受け取ってしまうというところも重要ですね。
そして、福寿草には雪蓮花という別名があるのですが、これを韓国語で読むとソルヨナになるんですよ♪


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by ローキック at 2016-01-22 02:23 x
ほんと!このドラマ面白かったですね〜
演出が、「白い嘘」「ピンクのリップスティック」「金よ出て来いコンコン」を手掛けた方だったのですね~これらも全部面白かったです!
kirikoroさんが、ご飯を食べるのもたびたび忘れてとお書きになってて笑ってしまいましたが、次がどうなるのかと、ほんと待ち遠しいドラマでしたね^ ^
Commented by kirikoro at 2016-01-22 22:33
ローキックさん、こんにちは。

最初は苦手だったのに、後半はぐいぐい引き込まれてみていました♪
展開の上手なドラマでしたよね。

「ピンクのリップスティック」は私は見ていないんですよ。
面白いんだったら…とも思うんですが、長編は見始める時にちょっと、覚悟が要りますね。
by kirikoro | 2015-12-27 21:21 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(2)