なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ドンウクとチョン・リョウォンの「風船ガム」見終わりました


風船ガム(풍선껌)   ☆☆☆
d0060962_1758478.jpg

tvNの月火ドラマ、全16話
演出 キム・ビョンス(「イニョン王妃の男」「ナイン」)
脚本 イ・ミナ
出演者
イ・ドンウク (パク・リファン役)、チョン・リョウォン(キム・ヘンア役)、イ・ジョンヒョク(カン・ソクチュン役)、パク・ヒボン(ホン・イスル役)、ペ・ジョンオク(パク・ソニョン役)
最高視聴率は1.736%

足りない部分を抱えた人たちが足りない部分を抱えたまま、今より少しだけ幸せになるという大人の童話。
兄弟のように育った男女の、癒し系ラブコメですね。
ネット記事を見てみると、視聴率はイマイチだったけれど、ウェルメイドドラマというのが一般的な感想のようでした。

主演はイ・ドンウクとチョン・リョウォンで、どちらもラブコメには定評のある人たちなのですが、カップルとなるとどうなるのか?想像できそうなのに、なぜかちょっと想像のつかないところもあって、彼らの相性もまた、楽しみでした。
始まってみると、テンポのいい掛け合いがあって、微妙な感情表現があって、しかも見ているだけで楽しくなるようなキレイ系の人たち。
素敵な主役カップルでした。




ラジオ局のPDヘンアは報道局部長のソクチュンと秘密恋愛&同棲していたのですが、仕事ばかりで、恋人らしいことをするわけでもないばかりか、ろくに顔も見られない関係に疲れ果て、別れを決意。家を出ます。
ヘンアが引越しすら一人でしたことを知り、ソクチュンの家に乗り込むのがリファンです。
彼の母はシングルで彼を生んだ後、医大に通い続けるため、やはりシングルでヘンアを育てていた、彼女の父親にリファンを預けることが多く、二人は兄弟のように育ったのね。
そして、彼らが高校生の時、ヘンアの父が亡くなり、ヘンアはリファンの家で育っています。
そんな彼らだったのですが、リファンはヘンアのことでソクチュンと争っていいるうちに自分の気持ちに気づきます。
でも、リファンの母はヘンアを引き取ることになった時、二人の間に恋愛感情など芽生えたら、すぐに彼女を追い出す、といっているのを聞いていたヘンアはリファン母を失うのが恐怖でなかなか踏み出せません。
その後、ヘンアも自分の気持ちを受け入れるのですが、ヘンアの母親の大反対が待ち受けています。
しかも、ヘンア母は若年性のアルツハイマーと診断されるのね。
そのうえ、その病は遺伝性でリファンもまた、その血を受け継いでいる可能性があります。
リファンには支えてくれる家族が必要なのだ、と財閥家の娘イスルと結婚させたいリファン母…。
リファンはヘンアへの気持ちに気づく前にイスルと見合いをしていて、彼は断ったのですが、イスルの方は彼に恋してしまい…


こんな感じのお話です。
ヘンアが勤めているのはラジオ局で、ラジオ番組が効果的に使われているのですが、このドラマの作家のイ・ミナはテレビドラマは初めてで、ラジオ作家出身の人。
ラジオ番組を知り尽くしている人ならではの魅力がありました。

ラブラインは主人公カップルのほかに、2つのラブラインが描かれています。
一つはラジオのパーソナリティーと、うんと年下の番組スタッフの物語。
年齢差のためになかなか前に進めないカップルなのですが、男の子の方がなかなか見栄えもよくって、楽しかったです。
年下君の俳優はアン・ウヨンという人でこのドラマが初出演なのかな?
来年のKBSの週末ドラマ「子が5人」に出演が決まっているようです。
相手役を演じているのはキム・ジョンナン。「君は僕の運命」や「恋人作り」でも年下君との恋愛を演じていた人です。
d0060962_1873656.png

もう一つのラブラインはヘンアの友人テヒを真ん中に置いての三角関係。
テヒはもともと、リファンの韓病院の共同経営者のジフンと付き合っていたのですが、ジフンの酒の上での過ちを赦せず別れます。
そんな彼女、お金も地位もない、草臥れた中年男のドンイルのことが好きになり…。
という感じなんですが、私はテヒのキャラがちょっと苦手だったせいか、彼女の心の動きにうまくついていけなかった感じです。

私はじつは、このドラマ、終盤に入ったあたりから、急激に退屈してしまい、そのままラストを迎えてしまったんですよ。
ラブラインの方のクライマックスともいえる部分が14話の冒頭に来てしまうんですね。
そのあたりが退屈の原因かなあ?とも思うんですが、テヒのラブラインを面白く見ていれば、終盤の退屈さは軽減されたのかもしれないな、とも思います。

その後終盤は母親の問題が中心になるんです。
しっかりと描かないといけない部分だとは思うのですが、まとめに入ってからが長すぎ?という印象はぬぐえませんでした。
主演カップルの方も、なんでもない日常の幸せが描かれていると思うんですが、なんだか興味をひかれなくって…。
頭では納得できる終盤なのに、心がついていけなかったという感じです。
それとあと一つ、いいセリフは確かに多いのですが、私の好みからすると、ちょっと登場人物に語らせすぎじゃない?という気がしました。


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by みみ at 2015-12-31 10:01 x
おはようございます。
風船ガムは星3個なのですね。
イ・ドンウクさんのドラマは数本観ましたが苦手なままです。
観るチャンスが有れば・・・・と思ってます。

NHKは奇皇后で韓国ドラマ放送を終了だと思ってましたがチェオクの剣が始まるようですが何故??

今年も色々教えて頂き楽しめるドラマに出会えました。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎え下さい。
Commented by kirikoro at 2015-12-31 23:14
みみさん、こんにちは。

イ・ドンウクさん、私は特に好きでも嫌いでもなく、です。
この人って、ドラマによってうまく見えたり、全然だめに見えたりするんですよ。
どうしてなんでしょうね?

NHKはチェオクですか。
ほんとハ・ジウォンが好きですね~~
大分昔にもNHKで放送したんですよね。
ほんとになんででしょうね。

こちらの方こそ、今年もお付き合いくださいましてありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします♪
よいお年を~~!
Commented by ソネッチ at 2016-01-01 09:19 x
あけましておめでとうございます。

初コメです。
毎日のように訪問して
韓国ドラマ視聴の参考にさせていただいています。

風船ガム、私は出演者が大好きなのでドラマの出来が気になっていたのですが、星3ですか・・・

ケーブルにしては、豪華な出演者で期待していたのですが。残念です。

イ・ドンウク、「マイ・ガール」のころからのファンなのですが、最近出演作品に恵まれませんね・・・
Commented by kirikoro at 2016-01-01 14:59
ソネッチさん、はじめまして!
あけましておめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

私は星3つだったんですけれど、ネット記事を見た感じでは、評判は悪くないので、あきらめないで、自分でご覧になってみてください♪

最近ではケーブルドラマも出演者が地上波並みになってきていますね。

私はイ・ドンウクのドラマでは「パートナー」が一番好きです。
去年は「江口物語」という短編ドラマ(残念ながら日本では未公開)の彼がとても印象に残っています♪

イ・ドンウクの演技だけでいうならば、今回のドラマもよかったですよ♪
Commented by yukaetsu at 2016-04-07 12:21 x
こんにちは。今6話まで見ています。今のところグイグイ引き込まれているんですが…終盤に注意ですね。減速しないで欲しいわぁ。
イ・ドンウクssi パートナーにマイ・ガール、女の香りと色々みているんですが、イケメンだって感じる事があまりなく(ファンの方ごめんなさい)ただ、今回の役は見守り男子?的な(でもちょっとしつこいかな 笑)可愛い笑顔に癒されます。
個人的にはヘンアの元彼役のイ・ジョンヒョクssiの方が好きですが、6話で既に想いが通じてしまったので、巻き返しあるんでしょうか?今後どうなるのか。

ちょっとふんわりしたイメージが ハート・トゥ・ハートに通じるものを感じます。

いつも色々なドラマの考察有難うございます。
次に見てみたいのはシグナルなんですが、TvNのドラマはどれも外れがなくて、要チェックですね。
Commented by kirikoro at 2016-04-08 07:30
yukaetsuさん、こんにちは。

終盤失速はあくまでも、私は、の場合ですので、yukaetsuさんには最後まで楽しくご覧になれるといいな、と思います♪

イ・ドンウクさん

〉イケメンだって感じる事があまりなく

実は私も、顔だちはあまり好きな方ではないんです。
おっしゃるように、今回のドラマでは彼の笑顔に癒される感じがしますね。

〉次に見てみたいのはシグナルなんですが、TvNのドラマはどれも外れがなくて、要チェックですね。

ケーブルと言っても、他のケーブル局とは予算の額が違ったりするのかしら?ちょっと最近、そんなことを考えています。
私も好きな作品がたくさんありいます♪

Commented by お気楽母 at 2016-12-05 23:02 x
こんばんは
風船ガム、何とか途中リタイヤせずに見終わりました。
終盤で、また重複するような話が流れるって・・・。
一瞬、見る話数を間違えたと思ってしましたよ。
足りない部分を抱えた人たちが足りない部分を抱えたまま、今より少しだけ幸せになるという大人の童話。
正にそんなお話です。
そんな人たちがなぜか集まって、一つになっていく?
リファンの母がなぜヘンアを嫌うのか?好きだった人の娘であり自分を幸せにしてくれず亡くなって逝った人の娘だから?
紆余曲折あるモノの、最後はハッピーエンドだろうなあ・・・と。
この頃の韓国ドラマの終わり方は、未来ある形で終わるやり方が主流になって来てますね。
以前のように、完璧にハッピーエンドの終わり方ではなく。
まあ、途中で散々苛め抜いたり酷かったですからね。
主役たちに語らせ過ぎ・・・、言えてるかも。
いい言葉なんでしょうが、ダラダラ感が歪めませんでした。
Commented by kirikoro at 2016-12-06 08:13
お気楽母さん、こんにちは。

>終盤で、また重複するような話が流れるって・・・。

韓国ドラマあるあるのがっかりポイントですよね。

>紆余曲折あるモノの、最後はハッピーエンドだろうなあ・・・と。

そこは最初から予想できるタイプのお話でしたね。

>この頃の韓国ドラマの終わり方は、未来ある形で終わるやり方が主流になって来てますね。
以前のように、完璧にハッピーエンドの終わり方ではなく。

ほんとそうですよね。
以前は無理矢理ハッピーエンドにおしこめるラストが多かったように思うのですが、さすがに無理がありますものね。

>ダラダラ感

同感でした!
by kirikoro | 2015-12-30 18:10 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(8)