なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハン・イェスル、ソンジュンの「カフェ・アントワーヌの秘密」感想


カフェ・アントワーヌの秘密/マダム・アントワン(마담 앙트완)   ☆☆
d0060962_19475535.jpg


2016年JTBCの金土ドラマ、全16話
演出 キム・ユンチョル(「私の名前はキム・サムスン」「ケセラセラ」「私たち、愛し合えるかな」)
脚本 ホン・ジナ(「ベートーベンウィルス」「キング ~Two Hearts」)
出演者
ハン・イェスル (コ・ヘリム役)、ソンジュン(チェ・スヒョン役)、チョン・ジヌン(チェ・スンチャン役)、イ・ジュヒョン(ウォン・ジホ役)、ファン・スンオン(コ・ユラン役)
最高視聴率は1.058%(AGBニールセン)

女性不信の臨床心理学医と、人間観察に長けた偽占い師のロマンチックラブコメディ。
最近、ベテラン女優さんと並んでも見劣りしなくなったソンジュンと、「ファンタスティック・カップル」のハン・イェスルの競演が魅力ですね。

*このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると、うれしいです。


            →「マダム・アントワン」は面白かった?


女性心理にかけては世界的権威のチェ・スヒョンがある日、コ・へリムが占いを行っているカフェ”アントワン”の二階で診療所を開くことになるのですが、そのカウンセリングルームの名前もなんと”アントワン”です。
へリムの方は占い師といっても、霊感があるわけではありません。それなのに人気なのは、人間の小さな行動や言葉から、相手を見抜く力に優れているからなのね。
ある日、スヒョンのカウンセリングをしていた人がキャンセルを言ってきます。
へリムが解決しちゃったのね。
スヒョン派へリムに腹を立て、彼女を追い出そうと大家である化粧品会社の会長に頼むのですが、なんと、会長はスヒョンのカウンセリングにへリムを参加させることを決定!
会長もまた、へリムの占いのお得意さんなのね。
続いてスヒョンは自分の進めている心理実験のターゲットをへリムにしよう、と試みます。
へリムにはウソの説明をしているのですが、本当は女性には永遠の愛なんて無い、ということを証明するための試験です。
ターゲットに3人の男を接近させ、女性は財力のある男に惹かれることを証明し、最後には常識では考えられないような行動をとらせることを計画しています。
そして、その女性が選ぶと仮定した男として自分が接近するスヒョク。
ところが、そのうちへリムに恋愛感情?気になり始めるスヒョクです。

こんな感じで始まる話で、ハン・イェスル演じるへリムとスヒョン演じるソンジュンとの、丁々発止のやり取りにまず、惹かれたドラマでした。



ふたりとも可愛かったですし、相性も良かった感じですね。
それに、へリムに近づくそのほか2人の男たちも、見ていて楽しかったです。
また、ドラマの舞台となるカフェやクリニックなどのインテリアもいい感じで、ビジュアル的にも楽しめました。

とはいえ、ドラマとしては脚本の少女マンガのような荒唐無稽がかなりのマイナスだったかな?
漫画やアニメだったら、十分楽しめると思うんですけれど、ドラマになるとちょっとついていけなかった感じです。
だいたい、スヒョンの心理テスト自体、ありえない設定! お子様だましにもほどがある!って気持ちになってしまいました。
キャラ設定も薄っぺらいんですが、へリムが子供の母親であることなんて、薄っぺらいというより、数少ない設定ですら滑っているというか…。
近くにいるわけじゃないし、まったくなくてもよかった設定だったのではないかと思います。
スヒョンの母親に関するトラウマにしても、韓国ドラマお決まりのやつで、お決まりのように入っていますから、正直、もういい加減にしろ!なんて思ってしまいました。
結局スヒョンのトラウマは克服されることになるんですが、形だけ取り入れたイージーなもので、もうちょっとましな展開にできないの?って感じです。
これに限らず、全体的にも陳腐な設定も目立ちましたね。

それでも最後まで見続けたのは役者さんたちの魅力かな?
こんなあほらしい話で、キャラ自体も薄っぺらい設定しかされていないにもかかわらず、役者さんたちはそれぞれのキャラの魅力を引き出していたと思います。
脇役では特に、イ・ジュヒョンの演じたジホが可愛かった!
天才的な頭脳を持っているんだけれど、女性に対することなど、まったくの未発達な子なんですね。
序盤でヒロインの着替えシーンをたまたま目にして彼女に恋愛感情(?)を感じ始めるんですが、着替えを覗くのはいけないこと、という常識もない子。
ありえないキャラなんですが、彼の場合はそれが魅力でした♪
演じているイ・ジュヒョンは韓国版「のだめ」に出演している程度。
まだまだこれからの俳優さんだと思うのですが、彼の場合は、まだ俳優という職業になじんでいないと思われるフレッシュさが、魅力になっていました。

それにしても、最近心がときめくラブコメに出会えてないなあ~
そろそろまた、これは、と思えるようなラブコメに出会いたいです♪


web拍手 by FC2
[PR]
by kirikoro | 2016-03-18 19:56 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)