なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お勧めの短編ドラマ「演奏者たち~Page Turner~」


演奏者たち~Page Turner~(페이지터너)  ☆☆☆☆
d0060962_993763.jpg

2016年KBSの土曜ドラマ、全3話。
演出 イ・ジェフン(「チョン・ドジョン」共同演出)
脚本 パク・ヘリョン(「君の声が聞こえる」「ピノキオ」、ホ・ユンスク
出演者
キム・ソヒョン(ユン・ユスル役)、ジス(チョン・ジャシク役)、シン・ジェハ(ソ・ジンモク役)

青春の只中にいる人たちの、夢と挫折と成長の物語。
私はKBSの短編の場合、1話完結に比べて連作物はちょっと残念な出来のことが多い、と思っていたのですが、このドラマは文句なく、面白かったです。



ページターナーとは、ピアニストの横で譜面をめくる人。
絶妙なタイミングを選んで譜をめくることによりピアニストを助けるけれど、
決して目立たず、黒子のような存在。
そのような存在は他の場面にも、ある。
d0060962_9103282.jpg

物語の主人公は天才的ピアニストだったけれど、事故で視力を失った少女ユスルと、
彼女ににはずっとかなわないままでやって来た万年2位の少年ジンモク、
そして、棒高跳びで新記録を出したものの、負傷で選手生命を断たれた少年ジャシクの3人です。

ジャシクは母一人子一人の家庭に育った少年で、母親のためなら実力以上の力を発揮できるタイプ。
棒高跳びでの記録もまた、母親のために出した記録です。
でも、負傷により、突然にやって来た選手生命の終わり。
それまで棒高跳びがすべての人生を送ってきたジャシクは死も考えます。
そんな彼を見て、他にも才能がある、ジャシクの父親は有名なピアニストだ、と話す母です。
さっそくピアニストになろうと、音楽科のある高校へと行くのですが、門前払い。
ところがそこで、事故で視力を失った少女ユスルの生活を支援する人物を求めていることを耳にして、その役に立候補するジャシクです。
でも、もう一人の立候補者が現れます。
それまでユスルとはずっとライバル関係だったものの、1度もユスルには勝てなかったジンモクです。
ジンモクはユスルに勝てないだけではなく、ユスルの傲慢な態度に腹を立て、彼女の不幸を神に願い、偶然その願いがかなってしまったような形で事故が起こったことに心を痛めていたのね。
ユスルはジャシクに支援してもらうことを選ぶのですが、ジンモクもまた、ユスルには秘密で彼女を見守り始めます。

ユスルとジャシクとはまるで、無関係な世界に生きてきたようなジャシクですが、実は彼、負傷した時に入院していた病院で二人に会っています。
絶望して死を考えていたジャシクは、なんとか自殺を思いとどまり屋上から降りてきたところでユスルに声をかけられています。
屋上への行き方を聞かれたジャシクは彼女を駐車場へと連れて行き、彼女の自殺を未遂に終わらせたのね。
その場にジンモクも来ていて、3人が顔を合わせていたわけです。

一方のユスルなのですが、ジャシクを支援者に選んだものの、実は形だけの支援者でいてほしいと思っていたのね。
支援者を選ばないことには母親がその役をすることになり、四六時中彼女のそばにいることなるのを避けたかったのです。
ユスルの母はユスルにピアノの才能があることを知った日からこれまで、自分の人生をすべてをかけてユスルをピアニストに育て上げようとしてきた人。
事故で視力を失った直後ですら、彼女の心の状態を思いやることもなく、ピアニストとして再起するためのプログラムを準備している人です。
ユスルもずっと、母に逆らうことなく、彼女の敷いたレールの上を歩いてきたものの、少し前からそれに疑問を持っていたところ。
視力を失ったことにより、一流ピアニストになる道は絶たれたと現実的な判断をするユスルは母親の変わらぬ期待が重いばかりです。
ジャシクにつらく当たるユスルでしたが、献身的に彼女を助けようとするジャシク。
邪険にしても、傲慢なことを言っても明るく返すジャシクにしだいに心を開いていくユスルです。

ジャシクはピアノなんて全く弾けないのですが、本気でピアニストになろうと思っています。
無茶なことなのですが、ジャシクはそんな無茶なことを棒高跳びで成し遂げた、という自信があります。
そのうえ、父親が天才的なピアニストだという母の言葉がありますから、できる、と信じているのね。
そんなある日、ユスルがピアノをやめてしまうつもりだ、と知ったジャシクはユスルと連弾の大会に出て、優勝したらユスルがピアノをやめるのを思いとどまる、という賭けを提案します。

ところで、もう一人の主人公ジンモクもまた、ピアノを続けることに疑問を持ち始めています。
彼も自分の天分を信じてピアノを始めたものの、一度としてユスルに勝てたことがなく、限界を感じ始めていたのね。
そのうえ、彼の父もまた、彼の進路変更を望んでいます。
ピアニストになれなければ10年後はしがないピアノ教師の道しかない、という父の言葉に心が揺れるジンモクです。

そんな複雑な心理を抱えて連弾コンクールに突入する3人。
さて、コンクールの行方は?


こんな感じの話なんですが、ラストをどう収めるのか、想像ができませんでした。
ジャシクがすんなり優勝しちゃえば、あまりにも夢物語で説得力がありませんし、負けたとしたら、いったい何を言いたいのかわからなくなりそうだし…。
でも、素敵なラストが用意されていました!

ただ、ラストで、一つだけこれは無いな~と思ったこともあるにはありました。
ネタバレになりそうなので、ドラマを見ていない人には何のことかわからない表現になってしまいますが、さらっと書くと、
ピアノの演奏って、引く人の個性が強く表れますから、ユスルが気付かないのは無理があるんじゃないかと思ったんですよ。
でも、それでも大満足のラストでした。

これもまた、見られる機会が限られそうな作品ですが、ご覧になれる機会があれば、ぜひご覧になっていただきたいと思ったドラマでした。

web拍手 by FC2
[PR]
Commented at 2016-04-20 04:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2016-04-21 07:33
04-20 04:07の鍵コメさん、こんにちは。

このドラマ、韓国メディアでは青春3部作、と書かれていますので、直訳だと3部構成の1部だと思いますよね。私も一瞬、そういう事かと思いました。
でも、韓国でエピソードを数える時には基本、部を用いるので3話完結物語だ、と。
おっしゃるように、将来のお話も可能ですし、面白そうですね♪

〉ジャシクが2,3ヵ月であれだけ弾けるようになる? いくら思い込みでもねぇ~~ 

しかも、棒高跳びの選手でしたからね。
体重を支えるために手を使っていますから、実際にはますますありえないかと思います。

〉でも、まぁ、彼のキャラクターが面白かったので、良しとしましょう!

ほんとに、彼のキャラはよかったですよね~~

〉それから、手に動き、体、音楽がきちんとマッチしていて、本当に、彼らが弾いているのかしら、と思うくらいでした。

大事なところを記事に書いていませんでしたね!
ほんとにその通りだと思います。
最初のシーンから、ユスルとジンモクが明らかに違うタイプの音を出していて、おお!っと思ったんですよ!
音楽が主要な要素のドラマはここがしっかりしていないと見るに堪えなくなってしまうのですが、このドラマは文句なかったです♪
Commented by ソネッチ at 2016-07-17 08:17 x
おはようございます。

ずっと見たいなあと思っていたこのドラマ、昨日ネットで見つけて「ラッキー」と叫びながら視聴しました。面白かったです。

キム・ソヒョンは、子役時代の作品を本当にたくさん見ています。彼女はとっても美少女ですが、キム・ユジョンと違って結構、意地の悪い役もしていますよね。目力があるので、今回のちょっときつい役もあってました。最近の活躍は嬉しいです。

ジスは、「不躾にゴーゴー」の2番君が初見でした。主役の
イ・ウォングンがお気に入りだったで、ジスにはときめかなかったですが、印象には残っていました。彼も、パク・シネの「ドクターズ」にも出演しているし、8月から始まるイジュンギの新作にも14皇子で出演! よく見かけるようになりました。(お顔はあまり好みではないですが・・)

これから活躍する俳優さんを見られるところも、ミニシリーズのよいところですね。
Commented by kirikoro at 2016-07-17 16:20
ソネッチさん、こんにちは。

動画が見つかって、よかったですね♪

>彼女はとっても美少女ですが、キム・ユジョンと違って結構、意地の悪い役もしていますよね。目力があるので、今回のちょっときつい役もあってました。最近の活躍は嬉しいです。

同感です!

「不躾にゴーゴー」は1話リタイアなんです~~
彼、2番手くんだったんですか!
続々と新作に出演するようですし、これからが楽しみです♪

ほんと、新人さんたちの発見もこのシリーズの魅力ですね!
by kirikoro | 2016-04-17 09:12 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(4)