なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ヨニ主演「華政(ファジョン)」見終わりました


華政(화정)  ☆☆☆☆
d0060962_83519.jpg

2015年のMBC月火ドラマ、全50話(BSフジでは65話版で放送されるようです)
演出 キム・サンホ(「アラン使道伝」「私の心が聞こえる?」)、チェ・ジョンギュ(「トライアングル」「TWO WEEKS
脚本 キム・イヨン(「トンイ」「馬医」「イサン」)
出演者
イ・ヨニ(貞明公主役)、ソ・ガンジュン(ホン・ジュウォン役)、ハン・ジュワン(カン・イヌ役)、チャ・スンウォン(光海君役)、キム・ジェウォン(綾陽君)、チョ・ソンハ(カン・ジュソン役)

 *このドラマのアンケートを作りました。
ご覧になった方々に参加していただけると、うれしいです♪


         →「華政」は面白かった?

王の娘として生まれた姫、貞明公主が権力闘争の中で殺されかけるものの生き残り、身分を隠して生き抜く!
貞明公主の波乱万丈の人生を扱ったドラマ。

扱っている時代は宣祖の時代から、光海君、仁祖の時代を経て考宗の時代まで。
貞明公主は実在の人物ですが、ドラマの中の彼女の人生はほぼフィクションのエンターテイメント時代劇です。
前半では貞明は男装し、硫黄職人として大活躍します。
貞明を演じるのはイ・ヨニ。「ある素敵な日」「パラダイス牧場」「ファントム」などに出演している人です。

物語の序盤は、こんな感じ。



朝鮮王朝第14代王の宣祖は光海君を世子にしていたのですが、彼が嫡流の王子ではないために明国の承認を得られず、光海君に替り彼の幼い異母弟、永昌大君 を世子にしようとします。
それを阻止するために宣祖を毒殺したのがキム・ゲシとイ・イチョム。
そのうえ、王位についた光海君の立場を万全にするため、嫡流の永昌大君を殺害します。
知らなかったこととはいえ、自分を王に仕立て、支える人らのしたことであるため、黙認するしかなかった光海君…。
この時、貞明公主も殺されかけたものの、侍女たちの機転で一人生き残るのですが、倭国に流れ着き、鉱山で働く奴隷とにされてしまいます。
女性と分かれば女郎屋に売られてしまうため、男性として生きていくことにする貞明。
自分の弟を殺したのが光海君だと思っている貞明は、彼への復讐を誓い、過酷な労働に耐え、成長します。

そしてある時、偶然、朝鮮から来た通信使の一員、ジェウォンと知り合い、彼を助けた恩返しに朝鮮へ戻ることに。
ジェウォンは朝鮮が自前で火薬の材料である硫黄を入手する、という光海君の密命を受けて倭に来ていたのね。
実は彼、昔、貞明との結婚話も出ていた旧知の間柄なのですが、彼の方は貞明が男性だと思い込んでいるため、彼女の正体には気づいていません。
ジェウォンは朝鮮に連れてきた貞明を火器都監へと入れることにします。彼女は奴隷として働いているうちに火薬の知識を身につけていたのね。
しかし、貞明がジェウォンの話に応じたのは光海君に復讐をする機会を持てる、と思ったからです。

一方の光海君は明からの独立性を高めるため、火器都監を作り、兵力を増強しようとしているのですが、それを邪魔する勢力があります。
密かにその勢力の中心人物を探していたのですが、ついに、その正体がカン・ジュソンだと知ります。
政治的には中立、と見られていましたが、実は、自分の利益となることが彼の行動原理のすべて、という人物です。
朝廷を陰で操るカン・ジュソンとの対決姿勢を強める光海君でしたが…。

前半部で描かれる、暴君として知られる光海君の新たな人物像が見どころの一つ。
彼については、近年ではプラスの評価をされることが多いのですが、このドラマでは現実を見据えたうえで理想を追う魅力的な人物として描かれていました。
政敵となる兄弟などを次々に殺した王として有名な人なんですが、このドラマでは殺したのは彼を王にした人たちで、光海君の勢力を支える人たちだったために排除できなかった、という描かれ方をしています。
演じているのはチャ・スンウォン
「最高の愛」でもキャラのたった役を演じていましたが、今回の役でも存在感は抜群でした。

前半から中盤では貞明をめぐるロマンスも見どころになっています。
彼女を愛する二人の男を演じるのはソ・ガンジュンとハン・ジュワン。
ソ・ガンジュンは最近ブレイクした感がありますね。
俳優グループ”5urprise(サプライズ)”のメンバーで「家族なのにどうして」「ずる賢いバツイチの恋」「チーズ・イン・ザ・トラップ」などに出ています。
d0060962_884247.jpg

ハン・ジュワンは「王家の家族たち」「朝鮮ガンマン」に出演。
d0060962_89335.jpg

実は私、この二人の役者さんとキャラに違和感があって、二人を入れ替えた方が魅力的だったような気がしているんですよ。(他の諸事情でそれは無理なんでしょうが…)
雰囲気もありますが、特に終盤のソ・ガンジュンは年齢的にも無理があったような気がします。彼、1993年生まれと、まだ20代前半なんですね~~
イ・ヨニとのラブラインでは彼女が若く見える人だし、5歳差なのでさほど気にならなかったんですが、昭顯世子が登場するころになると、まったく老けない彼が気になってしまって…。彼、昭顯世子と同じ年齢の子がいる設定なんですが、年下に見える…。
イヌの役だったら、年齢もそう気にならなかったように思いますし、一見チャラ男だけれど、実は一人の女に人生のすべてをかけるって感じのイヌのキャラには彼がよりに会っていたように思います。
逆に、ハン・ジュワンって、生真面目な役が似合う気がするんですよね~私は。
ずっとそんな感想を持ちながら見ていたのですが、特に最終回のイヌはソ・ガンジュンで見たかったなあ、と思います。
(余談ですが、イ・ヨニも髪型が変わったぐらいでまったく老けメークにならなかったんですね。ソ・ガンジュンが老け顔にならないためにバランスを取っての措置かしら)

また、キム・ジェウォンの出演が話題となっていましたが、彼の登場は21話(オリジナルでは)から。
彼の演じる綾陽君はのちの仁祖で、仁祖反正の主人公。朝鮮王朝でたぶん、最も嫌われる王ですね。
そんな彼を、キラースマイルで一世を風靡したキム・ジェウォンが演じるわけですから、これもまた見どころの一つです。
綾陽君の性格は、野心は大いにあるけれど、実力の伴わない人物。
彼を担ぎ上げる勢力のおかげで王にはなったものの、思い通りにいかないことばかりで、猜疑心をどんどん育てる人物として描かれています。
キム・ジェウォンはその彼を嘲笑や皮肉な笑い以外の一切の笑いを封印して演じます。
王の駄目っぷり、自分が自分の信じたような力がないことを知る悲哀を好演していたと思います。

ただ、後半、王が彼に替ってからの話が面白くないんですね。
前述したように、思いっきり小物な王で、光海君と比べると見劣りしてしまう人物ですし、全編にわたる悪役であるキム・ジュソンは表にはあまり表れない人物として設定されています。そのうえ、新たに登場する、政治を握る人物であるキム・ジャギョムも特徴のあるキャラではありませんし、王の寵愛を受ける昭容チョ氏もよくある悪女で、彼女もまた、前半のキム・ゲシの存在感に比べて圧倒的に見劣りしてしまいます。
もうちょっと後半に面白いキャラが登場するとよかったんですけれどね~~
しかも、ストーリー自体が駆け足で描かれるため、あらすじみたいでもあったため、物語に深く入り込むことができなかったんですね。
この時期には昭顯世子の悲劇的な死の物語があるのですが、駆け足で描かれていて、そこもあっさりと過ぎてしまった感じがしました。

また、男装して活躍したヒロインの貞明公主もまた、姫に戻ってしまうため、身体を張っての活躍からは離れてしまい、ほとんど頭脳のみの参加という形になってしまいます。
この構造は「奇皇后」とまったく同じで、実在の女性をヒロインにした場合、男装させて活躍させる、ということで前半は魅力的な存在になれるのですけれど、(実際の歴史では、彼女が男装しいて活躍していいた時期、仁祖反正までは母とともに幽閉されていたようですが)ある程度は歴史に沿わさせなければいけないために、その行動力を途中で封印することががっかり感を生む原因になっているんじゃないかな?と思います。

こんな感じで、終盤失速感はあったものの、ラストは気持ちよくまとめられており、まあまあ楽しめたドラマでした。
終盤失速したので、評価はちょっと迷ったのですが、ラストがすっきり決まっていたのと、それまではとても面白く見ていたので、星4つに落ち着きました。

さて、その後の歴史上の貞明公主がどうなったか、も気になるところだと思うのですが、彼女は、結局7男1女をもうけ、長寿を全うし(朝鮮王朝時代の姫の中で一番長生きだったとか)、粛宗の時代に亡くなります。
そして、彼女の子孫からは正祖の母である恵慶宮洪氏、正祖の側近のホン・グギョンなどが現れます。


web拍手 by FC2
[PR]
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-05-28 19:51 x
こんばんは、Kirikoroさん!

春、G.Wも終わり、いよいよ夏へ向けてという季節になって来ました。(その前に鬱陶しい梅雨の時期もありますけど)いかがお過ごしですか?

いずれ「秘密の扉」(Secret Door)のことは、何れ書きます。「華政」は光海君の異母妹・貞明公主の物語なんですね。公主をHeroineに据えるとは珍しいですね。脚本は、キム・イイオンさんですか。始まったばかりですが、明の使節が来ても
恭嬪という側室の庶子であったが故に世子として承認されず、苦悩する姿が描かれていますね。王后(中殿)の子と内命婦(側室)の子では、扱いが雲泥の差のようですね。

また、お邪魔します!
Commented by kirikoro at 2016-05-30 08:02
駿河の海老太郎さん、こんにちは。
梅雨のはしりでしょうか、雨の日が多くなってきました。

「華政」BSでの放送も始まりましたね♪
確かにこのドラマの主人公は貞明なんですが、この人はほぼ想像上の人物だと思って見た方がいいと思います。

>王后(中殿)の子と内命婦(側室)の子では、扱いが雲泥の差のようですね。

そうなんですよね~
それなのに、案外正室に男児が生まれないことが多くって、いろいろと問題が発生しますね。
Commented by とっこさん at 2016-06-08 22:06 x
kirikoroさん、今晩は。

てっきり、トッコ・ジンが主演だと思っていたのですが、
イ・ヨニとかいう女優さんが主演に該当するらしいと知って、ちょっとがっかり(まだ登場していません)。光海君はよく時代劇の素材になるんですね。途中でやめた『王の女』もそうでした。私の場合、時代ものって、よほどでないと、どの人物に同情(?)するかで、最後まで見るかどうかが決まってしまうという悪い癖があるようです。よく「光海君の悲劇」という表現を目にしますが、kirikoroさんの言われるように、トッコ・ジンはたしかにそれをじっくりと演じていました。そうなると、復讐劇とか成敗のトーンになるのは辛いんですよね。最後まで見れば、そうはなっていないんでしょうか。ファンタジー時代劇のほうが気楽なのも、そこかも知れません。

ところで、日本だと、このような悲劇の人物としてよくドラマ化の対象になっているのって誰でしょうか。韓ドラ時代劇のように、くりかえし、使われるテーマって、おもいつきません。
Commented by kirikoro at 2016-06-10 08:19
とっこさんさん、こんにちは。

私もチャ・スンウォンが全編通じての主役の一人だと思っていました♪
でも、中盤までは光海君も主役の一人なので、楽しめると思いますよ。

それに、
>復讐劇とか成敗のトーンになるのは辛いんですよね。

そうはならないので、安心してください。

日本の歴史ドラマはほんと、全然知らないのですが、人気は戦国時代と幕末らしいですね。
最近では信長人気が高まっていると思いますが、以前は秀吉の方が人気があったような印象が…。
悲劇の主人公となれば、義経と新撰組?
よく知らないので、他の方に聞いてくださいね。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-06-25 19:45 x
こんばんは!
やっと雨が上がりました。まだまだ鬱陶しい梅雨の季節は続きますけどね。

>確かにこのドラマの主人公は貞明なんですが、この人はほぼ想像上の人物だと思って見た方がいいと思います。
というと話は全部作り話?流刑のごとく行かされた長崎の硫黄鉱山で働いていたとか、朝鮮通信使の中に紛れ込んで帰国を試みていたとか…。李氏朝鮮での最長寿の王女だそうですけど。

そういえば、このドラマCSの女性LaLa TV♪でも放送されるそうですね。恐らく、こちらは完全版なんでしょうね。

ファイと姿や名前も変えた貞明公主が憎悪の対象となった異母兄・光海君に対して、どのように反撃に出るのか楽しみに見させてもらいます。
Commented by kirikoro at 2016-06-25 21:14
駿河の海老太郎さん、こんにちは。

露、まだまだ鬱陶しい日が続きますね。
明日は久しぶりに晴れ間がありそうなので、洗濯しなくちゃ!

「華政」楽しまれているようですね♪
貞明公主は実際の歴史では、ずっとお母さんと幽閉されていたんじゃないかしらね?
でも、幽閉されていたら、ドラマにはなりませんからね~~

LsLaでの放送も強からスタートですが、こちらも65話版のようですね。レンタル仕様のフルバージョンでの放送ってことなんでしょうね。

さて、そろそろ貞明が正体を明かして光海君と会うあたりですか。彼らがこれからどう動くか?楽しみなところですね♪
Commented by chibimi at 2016-07-02 15:15 x
lalaTVで見始め3話めですが、まだドラマに入り込めていません。これから展開していくのかしら??
前後して「宮廷残酷史」?を流し見しているのですが・・・これもまたヒロインのヤンジョンの女優さんが悪美女というには何となく野暮ったくて・・・キム・テヒさんあたりがやるのならもっと~なんて思いながら・・飛ばし見しています。。ちょっと挫折見しそう・・・な???感じです。
Commented by chibimi at 2016-07-02 15:28 x
kirikoro-sanへ 追伸
すみません。「宮廷残酷史」・・否定的なコメントばかり
で・・引き付けられた場面がありました。。世子様の奥様の清での活躍ぶりがなかなかでした。。。
Commented by kirikoro at 2016-07-05 21:40
chibimiさん

時代劇だと、ドラマに入り込むまでに時間がかかることが多いですからね~
面白くなってくるといいですね。

「宮廷残酷史」
なんと私、4話まで録画した部分を消してしまったんですよ!
4話なら、有料でも知れてるしなあ、と思いながら、そのあとは録画し続けているんですが、まだ見ていないんです。

>ヒロインのヤンジョンの女優さんが悪美女というには何となく野暮ったくて・・・

キム・ヒョンジュさん、確かにねえ…。
でも、あまりきれいな人だと、あの王様と二人のシーンはつらいかも?
私は話の内容が苦手なジャンルっぽくって、どうかなあ、と思っているんですよ。

>世子様の奥様の清での活躍ぶりがなかなかでした。。。

そういう場面があるんですね!
楽しみにしたいと思います♪

Commented by chibimi at 2016-07-09 16:05 x
やはり宮廷残酷史、ダメでした。
あの王様とヤンジョンのギャー❗キャーが煩くて
その先の盛り上がりにも期待出来そうにないと勝手に判断しちゃいました。
ヤンジョンの恋人約役(名前忘れて)ソンギュンガンスキャンダルに出ていた
俳優さんの出番もこの先無さそうなので。。。
個人的にはあまりお似合いではなかったような感じ。。。だし。
なので、華政を取りだめしようと思っています。
Commented by kirikoro at 2016-07-10 17:13
chibimi さん、こんにちは。

駄目でしたか~~

私も、苦手タイプのドラマだと分かっていますし

>あの王様とヤンジョンのギャー❗キャーが煩くて

これは相当つらそう…。
長いしなあ…。
やっぱり私も見ないかもしれません。
Commented by 不屈の紫芋ようかん at 2016-07-23 11:10 x
カン・ジュソン役の俳優とキム・ジャジョム役の俳優が同系列の似たような顔立ちで、ガッカリした。なぜもっと明確に異なる個性を配列しないのか?
Commented by kirikoro at 2016-07-25 07:27
不屈の紫芋ようかんさん、こんにちは。

>カン・ジュソン役の俳優とキム・ジャジョム役の俳優が同系列の似たような顔立ちで

なるほど。そういう風にご覧になっていたんですね!
私はお二方とも見慣れている俳優さんだったので気にならなかったのですが、そういわれてみると、顔だち自体は同系列かもしれませんね♪
Commented by みみ at 2016-07-30 22:37 x
BSフジの放送が進んできたので観始めました。
ソ・ガンジュンさん 良いな~と思ってます。
好きなパク・ウォンサンさんが途中から出てきて楽しめてます。
CMをカットすると44分程度なので物足りなさを感じます。
放送は9月上旬迄なので追いつきそうです。
先が楽しみです。
観終わったらジックリ読ませて頂きます。
Commented by kirikoro at 2016-08-03 18:17
みみさん、こんにちは。

ソ・ガンジュンさん、魅力的な人ですよね。
パク・ウォンサンさんもいいし!

カット版1話約15分のカットはちょっとつらいですよね~
無料放送だと、カットになるか変なところで話が各話が終ることになるか、ですものね。
歴史物はやっぱりせめて話数拡大版で見たいですよね!

また、見終わられたら、感想をお聞かせくださいませ♪


Commented by とっこさん at 2016-08-10 23:55 x
kirikoroさん、今晩は。

『華政』は、結局、見なくなってしまい、気がついたら終わっていました。まあまあだったのですが・・・

別のドラマで注目している(もうすぐ終わります)イ・ハユルが、光海君の息子役であったと知り、たまたま、別の局でまた放送中なので、見てみましたが、トッコジンはとっくに退場したあとでした。残念!歴史ものだと、どんなヴィジュアルになるのか、見たかったですね。

光海君の息子は、どういう結末を迎えたのだったでしょうか。父とともに粛正されたのでしょうか。処刑の場面で終わりというチョイ役も気の毒ですね。ハユル君は、消防士その1みたいな役どころしかやってこなかったので、現在視聴中の『ウンヒの涙』が初の大役のようです。この歴史物でも、『夜警日誌』でのように、気がつかないぐらいの希薄な存在感だったのでしょうか。
Commented by kirikoro at 2016-08-12 21:16
とっこさんさん、こんにちは。

「華政」リタイアですか…。
イ・ハユル君、やはりチョイ役だった感じですね。
このドラマでも私は全然記憶に残っていませんでした。

光海君の結末については、ドラマでは光海君の廃位と追放がさらっと言及されていたぐらいでしたかね。
文献によると彼の息子も世子を廃され島流しになったのですけれど、そこから脱出を試み失敗、王命により自決したようです。
光海君は済州島で60歳代まで生きたんですけれどね…。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-09-25 21:02 x
こんばんは!

>「華政」楽しまれているようですね♪
いつの間にか終わっちゃいましたね。貞明公主が異母兄・光海君への復習へ走るのかと思いきや、そうではなかったですね。
あれだけ深く政治に関わるというのも創作物だからでしょうね。

>レンタル仕様のフルバージョンでの放送ってことなんでしょうね。
以前、衛星劇場で韓国時代劇は見たことはありますが、2時間半で2話放送されていましたので、女性チャンネルLaLa TVも同じCSですし、放送時間は変わらないでしょうね。


> 貞明公主は実際の歴史では、ずっとお母さんと幽閉されていたんじゃないかしらね? でも、幽閉されていたら、ドラマにはなりませんからね~~
どうやら、そうらしいですね。仁穆王后は西宮として不遇な時代を過ごしますからね。

そういえば、再放送と題してNHK BSの土曜日・朝に「伝説の商人」が始まっていますね。金 萬徳のことですね。医官はありましたけど、商人が中心のドラマって見たことがないので、注目して見たいですね。再放送と銘打っていることは、過去に放送されたんですかね?
Commented by kirikoro at 2016-09-26 23:09
駿河の海老太郎さん

毎日の放送だと、長いと思っていてもトントンと終ってしまいますね。

>あれだけ深く政治に関わるというのも創作物だからでしょうね。

ですよね~~

貞明公主といえば、私の方は「王の女」の方で幽閉されている彼女を見ました♪
こちらの貞明公主は光海君を恨んでましたね~~

Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-10-22 19:22 x
こんばんは、Kirikoroさん!
日本シリーズが開幕しましたけど、いかがお過ごしですか?
大谷君がtypeだったりして(笑)

>毎日の放送だと、長いと思っていてもトントンと終ってしまいますね。
そうですね。逆なのは、隣県・三重テレビの「水9」枠です。(現在は、「帝王の娘 スベクヒャン」が放送されている枠です。なぜか車中では見れます。家では見られませんけど。)以前、番組欄を見ると150話の「女人天下」が放送されていました。三重テレビは、シーズン中だと中日や阪神戦のナイターが放送されて、延長もあります。放送休止もあったかもしれないので、その穴埋めとして?、年末には2話放送していた週もあったようです。単純計算すると3年間かけて放送していたことになります。これは長~いですよね。

>こちらの貞明公主は光海君を恨んでましたね~~
そうでしたね。母・仁穆王后が西宮に格下げされたり、弟・永昌大君が蒸殺されたりと恨む材料が多かったですからね。
Commented by kirikoro at 2016-10-22 21:09
駿河の海老太郎 さん、こんにちは。
スポーツにほとんど関心のない私ですが、さすがに大谷君は最近よく耳にします(タイプじゃないけど…)

〉逆なのは、隣県・三重テレビの「水9」枠です。(現在は、「帝王の娘 スベクヒャン」が放送されている枠です。

三重テレビはうちが契約しているケーブル局では地デジに変わってから見られなくなったんですよ!
見られないにもかかわらず、一応チェックしているので、この週1で「スベクヒャン」をやるってのは驚きでした!(その前は「大王の夢」だったかしらね?)

〉以前、番組欄を見ると150話の「女人天下」が放送されていました。

スベクヒャンでも驚いたのに、その上を行きますね!
地元のぎふチャンでも、「欲望の仮面」という全82話のドロドロドラマを深夜週1でやっています♪
確か、この枠、以前は韓国時代劇だったはずで、「善徳女王」か「大王の夢」をやっていたように思います♪
私は最近では一気見に慣れてしまっているので、少しずつ見る視聴スタイルには戻れそうにありません…。



Commented by e-tele. at 2016-11-26 16:34 x
♪カスメ・・・♪で始まるMVを見ると、(T_T)なります。本当にハマりまくって見てました。再放送を切に願います。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2016-11-27 16:40 x
こんにちは!

>スポーツにほとんど関心のない私ですが、さすがに大谷君は最近よく耳にします(タイプじゃないけど…)
ハハハ、、そうでしたか。日本一のパレードは盛り上がったようですよ。

そういえば、テレビ愛知の番組欄を見てビックリ。
朝から「華政」を放送中です。こちらでは元シブがき隊・ヤッ君司会の「なないろ日和」をネットしていないので、朝から韓国ドラマを2作品、どうやら完全版で放送しているんですよ。

CS・BS→地上波、または、その逆って、どんな基準で選ばれているのか気になりますね。


三重テレビはうちが契約しているケーブル局では地デジに変わってから見られなくなったんですよ!
Commented by kirikoro at 2016-11-30 08:56
e-teleさん。こんにちは。

嵌るドラマに出会えると、ほんとに幸せなんですよね。
このドラマは地上波まで下りてきていますから、何度も再放送されることになるのでは?と思っています♪
Commented by kirikoro at 2016-11-30 09:04
駿河の海老太郎さん。こんにちは。

テレビ愛知のこの枠は1時間15分枠だし、注目作をやってくれるので、とてもありがたいです♪
9時半からの枠は最近は再放送のものが多いのですが、以前はBSより先に放送される作品もあって、韓ドラ頑張ってくれています。
ちなみに韓ドラはこれ以外に現在は(いつもではないですけれど)夜にも週1で放送されていたりするんですよ。
ほんとにありがたいテレビ局なんです!

>CS・BS→地上波、または、その逆って、どんな基準で選ばれているのか気になりますね。

同感です!
好みを置いておいても、たまに、何でこの作品?なんてのもありますし…。
Commented by e-tele. at 2016-12-02 18:36 x
それにしても、キム・ゲシに関しては光海君との若き日の初対面が描かれたりで、丁寧に1人の女性が描かれているのですが、チョ・ヨジョンに関しては、ただ上昇志向が強く、公主に敵対心を持つ人物としか描かれていないのでもの足りませんでした。「少し前に【花たちの戦い]があったから、ここではそこまで詳しくやんないよ。」でもないでしょうに。
Commented by e-tele. at 2016-12-03 14:29 x
キム・ミンソさんのチョ氏は、【花たちの戦い】のキム・ヒョンジュさんのようにギャーギャーと耳障りではなくてよかったですが、存在感では前半のキム・ヨジンさんに劣らない、チョン・ユミさん(【トンイ】の時も、目立ってました。)でチョ氏を見てみたかった・・・などと空想は膨らみ続けます。
Commented by kirikoro at 2016-12-04 00:37
e-tele.さん、こんにちは。

後半は全体的に駆け足で描かれていた感じがしますが、ヨジョンもそうでしたよね。

チョン・ユミさんでヨジョンですか!
私も「トンイ」での彼女の目立ち方に驚きました死、大好きな女優さんの一人なんです。
でも、彼女の悪役はあんまり見たくないんですよね~~
私の好みの問題ですが…。
でもでも、気に入らない俳優さんの代わりにこの人が演じていたら!なんて想像するのはドラマを見る楽しみの一つですよね♪
私もいろいろ想像したりしながら見ています。

Commented by e-tele. at 2016-12-24 13:16 x
清の皇帝ヨンゴルテを演じたのが、【花たちの戦い】ではソヒョン世子役の俳優さんだったのがとても興味深かったです。この方、【トンイ】でも出演回数こそ少ないでしたが、トンイの実の兄を演じていて、印象に残る俳優さんですね。
Commented by e-tele. at 2016-12-24 18:41 x
うれしい‼︎‼︎
テレビ東京系で2017年1月4日から、再放送スタートです‼︎
Commented by e-tele. at 2016-12-24 21:45 x
間違えました。清の皇帝は、ホンタイジでした。失礼しました。
Commented by kirikoro at 2016-12-26 10:21
>e-teleさん

ホンタイジ役のチョン・ソンウンさん、私はこちらのドラマではあまり印象に残っていなかったのですが、その後見た「花たちの戦い」では大注目でした♪
今まで見た作品でも結構出演されていたのに、覚えていなくて…。
これからは、注目して見る人になりそうです。
Commented by e-tele. at 2016-12-28 16:51 x
【華政】の再放送に加え、KBS京都では【花たちの戦い】の再放送も始まるようで、2017年は、ドラマ内、同じ役を演じた女優さん達と、女性達の華々しい対決が楽しめそうです。
Commented by kirikoro at 2016-12-31 09:05
〉e-tele.さん

「花たちの戦い」が再放送されるんですか♪

〉2017年は、ドラマ内、同じ役を演じた女優さん達と、女性達の華々しい対決が楽しめそうです。

ドラマは単独で見ても面白いですけれど、比べて見ると、面白さ倍増ですね!
Commented by e-tele. at 2017-02-04 19:37 x
地上波での再放送を見ているのですが、キム・ゲシは相当な鋭さを持つ人として描かれていて、まだファイと名乗っている公主と久しぶりに会った時も、「私を知っているのではないかと。私が誰なのか尋ねてきませんでした。」と光海君に告げているのです。穏やかながら背筋が冷たくなるという演技は、さすがのキム・ヨジンさんですね。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2017-02-04 20:26 x
こんばんは!
昨日は、喫茶店の朝食のモーニングで節分の豆をいただきました。テレビの特集番組なんかでは、そろそろ「バレンタイン・キッス♪」(国生 さゆりwithおニャン子クラブ)が流れる時期なんでしょうけど。まあ、番町キャラのさゆりちゃんを恐れて?か、歴代の女性アイドル勢もValentineの歌は歌わないので、彼女の専売特許みたいになっていますからね。もう少し経つと流れる卒業Songは世代別に分けてもたくさんあるんですけどね。Valentineに関しては…摩訶不思議ですよね。

>テレビ愛知のこの枠は1時間15分枠だし、注目作をやってくれるので、とてもありがたいです♪
確かにそうですね。いつの間にか、この枠は「朝の韓国ドラマ枠」として定着しましたね。まあ独自路線を行くテレビ東京系ならではでしょう。
Commented by kirikoro at 2017-02-05 17:19
>e-tele.さん

キム・ゲシの登場するドラマを最近いくつか見たのですが、それぞれのドラマによって全然キャラが違っていて面白かったです。このドラマのキム・ゲシ、いままでとはちょっと違うタイプで面白かったです♪

>さすがのキム・ヨジンさんですね。

同感です!
Commented by kirikoro at 2017-02-05 17:25
>駿河の海老太郎さん

ほんとだ! すっかり頭になかったんですが、もうすぐバレンタインなんですね♪
「バレンタイン・キッス♪」の話、全然気にしていなかったんですが、なるほどね~~

てれび愛知の朝の韓ドラ枠、一時は消滅の危機に陥っていたのですが、復活と同時に2枠に増えたんですよ!
ありがたいことです♪
月曜からは「秘密の扉」
これはBSフジ(だったかな?)では話数拡大なしでのカット版だったので、ますますありがたいですね。
一度見ているのですが、録画してもう一度見ようかしら?なんて考えています。
Commented by あんぶりん at 2017-02-10 01:11 x
kirikoroさま

お久しぶりです。最終回までたどり着きました。
私的には割と面白かったです。

おっしゃるように
相手役の俳優さんが入れ替わった方がしっくりきたというの

私も同感です。持ってる雰囲気が役がらと違和感がありますよね。
とはいえイヌ役の俳優さんがけっこう好きでした。

これは姫の目を通して王家の男たちの生き様を描いたと言った
方がいい感じですね。
ラブラインも控えめですし。
光海君の俳優さんは言わずもがなですが、
ヌンヤングンを演じた俳優さん。
ファンジニの目立たない相手役じゃないですか〜〜
あの時は影もうすーい感じでむしろファンジニにコケにされる方の
俳優さんんばっかり見てたんですよ。
どこがいいのか共感もできない相手役でした。
でも今回は頼りないーい感じを上手く利用して
無能な王様を楽しそうに演じてるのかなと
こちらも楽しませてもらいました。
色の白い彼に合わせて王の服も淡い色になってて
役柄は置くとしても綺麗な王様でしたよね。

それとアラァー兄上、ヤンミョン君さまの子役の俳優さんが
こんなところに。
もう子役って感じじゃないですね。いろんなところで
みたいなぁと応援してる俳優さんの一人です。
なんかひと昔前の濃い感じが心地よくて(笑

私、韓流時代劇そんなにたくさん見たわけではないですが
王様で好きなのは
今回のクァンへ
根の深い木のハンソッキュと青年時代。
王の涙のイサンですね。
最後のイサンの俳優さんは
今シークレットガーデンで見てます。
雰囲気別人で、どちらも好きです。かっこいい〜〜。

Commented by kirikoro at 2017-02-10 07:51
あんぶりんさん、こんにちは。お久しぶりです♪

>これは姫の目を通して王家の男たちの生き様を描いたと言った方がいい感じですね。

おっしゃるとおりですね!
この説明、とてもすっきりします。

ヌンヤングンを演じたキム・ジェウォンの「ファン・ジニ」懐かしいです!
おっしゃるようなキャラでしたね~
私自身は昔の彼のへらへらしたところがちょっと…だったので、今回の変身はとてもうれしかったんです♪

イ・ミヌくん、私も出ているとついつい気になる俳優さんです♪
好きなわけじゃないんですが、なぜか目に留まるんですよね~

お好きな王様、みんな印象的でしたね。
ヒョンビン、わたしは「シークレットガーデン」の頃はあまり好きなタイプの俳優さんじゃない、と思っていたのですが、「王の涙」ではすっかりヤラレテしまいました(汗)
Commented by e-tele. at 2017-02-10 18:49 x
キム・ゲシがファイが公主ではないかと嗅ぎつけるシーン。西宮との対決が見ものでした。バックの音楽も、ハープ(でしょうか?)で始まる美しさと緊張感に満ちていて迫ってきました。キム・ゲシが策略をめぐらせたり、何かに気づく時には、よくこのBGMが流れます。
Commented by kirikoro at 2017-02-13 08:51
e-tele. さん、こんにちは。

印象深いシーンのご紹介、ありがとうございます。
緊張感がよみがえります。
面白いドラマは音楽が場面を盛り上げますね♪
Commented by e-tele. at 2017-02-14 17:08 x
悪女達のテーマとでも言いましょうか、キム・ゲシ、チョ・ヨジョンそれぞれに専用のBGMがあるようですね。ヨジョン初登場時やキム・ジャジョムと策略をめぐらせている時の静かなそれでいて気味悪さのあるピアノの旋律。
猫が引っ掻いたからと毒殺するヨジョンは狂気じみていて、ゲシとはスケールが違いますね、本当に。
Commented by kirikoro at 2017-02-16 07:47
e-tele.さん、こんにちは

悪女のテーマ曲といえば思い出すのは「善徳女王」のミシルのテーマ。
この作品以降、ミステリアスな曲がよくつかわれるようになった気がします。

>猫が引っ掻いたからと毒殺するヨジョンは狂気じみていて、ゲシとはスケールが違いますね、本当に。

ここはちょっと残念でしたね~
Commented by e-tele. at 2017-02-24 21:15 x
キム・ジャジヨム初登場シーンに続いての、公主と綾陽君との考え方の激しい対立もとても好きなシーンです。緊迫感に満ちた素敵なオーケストラの楽曲もとてもいいですね。
Commented by e-tele. at 2017-02-24 21:43 x
処刑される直前の、笑って泣きそうになって笑うイ・イチョム役のチョン・ウンインさんの演技、本当に絶句するほどに素晴らしいですね。
Commented by kirikoro at 2017-02-25 08:54
e-tele. さん、こんにちは。
印象的なシーンのご紹介、ありがとうございます♪
Commented by e-tele. at 2017-02-26 13:46 x
最近になって、当初は昭容チョ氏役はチャ・イェリョンさんが予定されていたと知りました。
写真を見ると、凄味さえ感じさせる顔立ち。
Commented by kirikoro at 2017-02-26 23:46
e-tele.さん、こんにちは。

この役にはチャ・イェリョンさんの方があっていたような気がしますね♪
Commented by e-tele. at 2017-02-27 08:44 x
後金の交渉役というのでしょうか、朝鮮で光海君と、後金では捕らえられたホン校理と話し合う、辮髪の俳優さんがとても素敵で、誰だろうと気になっています。
Commented by kirikoro at 2017-03-02 09:09
e-tele.さん、こんにちは。

時代劇は登場人物が多いので、今となってはどの人だったか思い浮かびません。
お役にたてず、すいません!
Commented by e-tele. at 2017-03-13 22:10 x
見落としていた部分を見ようと、DVD25、26話と63、64話を見たのですが、あまりにも前半と後半で面白さが違い、驚きました。前半はアン・ネサンさん演じる蚊山の最期が描かれていたのですが、アン・ネサンさんは実にカッコよかったです。ところが最終回の少し前にあたる辺りは、テンポが悪く本当に面白くないのです。あれ、こんなだったっけ?と残念でした。
Commented by kirikoro at 2017-03-15 00:55
e-tele.さん、こんにちは。

長い作品の一部を取り出して見ると、続けて見ていた時と違う感想になるときがありますね。

〉アン・ネサンさんは実にカッコよかったです。

見終えてからだいぶ時間がたっていますが、説明を読んだだけで場面がよみがえりました!
Commented by e-tele. at 2017-03-29 10:22 x
気になっていた俳優さん、イン・ジョンソンさんという方でした。今見ている【商道】にも、競売をしかける一員の中で顔を見れて、ビックリです。長いキャリア。
Commented by kirikoro at 2017-04-01 21:32
e-tele.さん、こんにちは。
気になっていた方の名前が分かってよかったですね。
あの人がこんなところに!という発見はおもしろいですよね~~
Commented by e-tele. at 2017-05-20 10:03 x
こんにちは。

先日のBS11【チャングムの誓い】で、医女見習達の中に、【華政】で、公主がチョ・ヨジョンをムチでお仕置きするシーンに登場した監察尚宮の女優さんの若かりし頃を発見しました。基本的な顔立ちは、お変わりなく・・で。印象に残る役者さん達は、過去に何らかのヒット作に顔を出してらっしゃるものですね。
Commented by kirikoro at 2017-05-26 10:05
e-tele. さん、こんにちは。
印象に残る俳優さんを他のドラマで発見するのは楽しいですね♪
Commented by e-tele. at 2017-07-23 15:15 x
今、NHKBSで、【オクニョ】を視聴中なのですが、この中で、やっとチョン・ナンジョンを見れましたが、やはり【華政】のキム・ゲシが悪女として強烈ですね。普通、手下は消さないのですが、キム・ゲシは、最初の方で「あなたの役目は、ここまで」と、女官に毒を盛り、住居共々焼き払い、表情一つ変えないのですから、震え上がります。
Commented by kirikoro at 2017-07-24 07:37
e-tele.さん、こんにちは。

「オクニョ」はチョン・ナンジョンが登場ですか!
私はまとめて見ようと、ひたすら我慢して録画しています。

>「あなたの役目は、ここまで」と、女官に毒を盛り、住居共々焼き払い、表情一つ変えない

これはすごかったですよね~
Commented by e-tele. at 2017-10-13 00:39 x
こんにちは。

時折、話題になるサイコパス。キム尚宮は、まさにこれだったのではないかと。
頭脳明晰、良心がない、自分の欲求を満たすことしか考えていない(彼女の場合は、愛する光海君を王として揺るぎない地位に置くこと。) などなど。

猫を殺したチョ・ヨジョンは、ただの、貴人ならぬ狂人でしたが、やはりキム・ゲシは二味、三味違いますね。
Commented by kirikoro at 2017-10-13 09:19
e-tele.さん。こんにちは。

キム尚宮は魅力的なキャラですよね。
私はサイコパスだと愛の感情もないんじゃないかと思いますのでちょっと違うかな、とも思いますが…
by kirikoro | 2016-05-21 08:22 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(61)